17/09/21(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





17/09/20(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





17/09/19(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩)=30分





なんとなくヤマハ(笑)

CA3I3019.jpg


手前から、

17’WR250R

18’YZ125X

17’YZ250X

15’YZ250FX

ブルー一色(笑)


自分が、03’WR250F・06’WR250F・15’YZ250FXと乗り継いできてるから

なんとなく、ヤマハが性に合う人達が集まって来るんだろうな~と思う。

(お山用もセロー225だし)



外車はもちろん良いし、国産他メーカーも良いとは思う。


でも・・・

オフロードの世界に限ると、なんだかんだでヤマハになっちゃうんだな。


日本人には、日本人が造った物が一番合うと思うし

その中でも、造った人達の心を感じることが出来るメーカーだから。



工業製品だし、メーカーだって商売だから

コストを掛けられなくて、足りない部分も多々ある。


それでもヤマハに乗るのは、メーカーや造った人達の心意気を感じるから。

無機質な機械という物の性能だけじゃなくて、心が籠ってるからである。



YZ250FXローダウン&リバルビングインプレと、YZ125Xインプレに続く。





17/09/18(月)走行日記

CA3I3020.jpg


相模川(猿ヶ島)

YZ250FX

2時間ほど。


詳しくは、ライテクメモで。





チャンバー修正始めました!(笑)

オフロードバイクには転倒が付き物。

4ストだったり、左に転ぶ分にはいいですが

2ストで右に転ぶと・・・

チャンバーがベッコリと凹んで、人間も凹む(^-^;


が、

チャンバーは高いものなので、大概は凹んだままで我慢するっていうことになると思います。



そこでのチャンバー修正です。


修正前

CA3I3002.jpg

修正後

CA3I3004.jpg


完全に元通りと言うわけにはいきませんが、

大きな凹みは、ほぼ治っていると思います。


修正代は、1か所3000円(税別)から。

後は、凹みの場所や大きさによってというところでしょうか。

(写真の物は、かなり酷いんで9000円ぐらい)


ちなみに。

純正・社外問わずで、ロードバイクでもOKです。


お気軽にお問い合わせください^^



〒252-0201
神奈川県相模原市中央区上矢部3-12-8-102
ゴーストガレージ 代表 宮澤健輔
TEL 042-753-6022
FAX 042-785-5339
携帯 090-8306-4564
メール ghost-garage@angel.ocn.ne.jp
お問い合わせフォーム





17/09/16(土)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





セロー225ダウンフェンダー

なんとなく思い立って、セローのフロントフェンダーをダウンタイプにしてみた。

CA3I3006.jpg


ちなみに、元はこんな感じ。

CA3I0979.jpg


材料は、ガレージに落ちてたTLM220(多分)のフェンダー(笑)

それと、ガラクタパーツの中から見つけたキャブ用バンド。

CA3I3009.jpg


これに、100円ショップで買った小さなL字ステー4個(確か2個で100円)と

カラー・ボルト・ナットを組み合わせた。

CA3I3008.jpg


フォークとキャブ用バンドの間に、L字ステーを差し込んで締めただけなんだけど

けっこう、ちゃんと付いた(^-^;

(製作費200円(笑))



乗ってみると、やけにハンドリングが軽い。

慣れなくて、なんかフラフラする。


元がそんなに重い物じゃないから、大して変わらないだろうと思っていたが

重さが半分以下で、更に位置も下がってるから影響は大きいみたい。


それと、これまであったものが無いのは心許ないし

路面が良く見え過ぎて、なんだか変な感じ(笑)



このダウンフェンダーっていうのは、トラ車なら当たり前の装備。

理由は、

泥詰まりの少ない場所を走るのと、タイヤの行き先を目で確認できるようにするため。


お山では、この2点が当て嵌まるし

更にフロントが軽くなったから、間違いなく走りやすくなるだろうと思う。



あと、ダウンフェンダーにしようと思った最大の理由は・・・

下りで転んだ時に、フェンダーとタイヤの間に木が挟まって動けなくなる事があるから。

(バイクの重さが乗っちゃってるから、一人だと引っこ抜けなかったりする(^-^;)


まあ、転ばなきゃいい話なんだけど(笑)





17/09/15(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





17/09/14(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩)=30分





17/09/13(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





タカツトライアルミラー改バーパッドINミラー(笑)

今週末のお山に向けて、セローを整備した。

そこで、なんとなく始めたのがミラーの変更。


あーでもないこーでもないと、考えたり試したりした末に行き着いたのが・・・

このバーパッドINミラー(笑)

CA3I2996.jpg


元は、こんなタカツのトライアルミラーだったんだけど

ハンドルにクランプする部分が壊れて、ミラーとステーの部分だけ残ってた。

1729.jpg



それを、バーパッドに突き刺し

タイラップで縛って完成(笑)



この位置じゃ後ろが見えないんじゃないの?、と思われるかもしれないが

体を捻ると、意外とよく見える。


どっちにしろ、ちゃんとした物でもお山に入る時は折りたたんじゃうし

スタンディングじゃ見えない。


舗装路を移動する時だけに要るものだから、これで十分だし

たぶん、いちばん壊れ難いと思う。

(既に壊れてるという話もあるが(^-^;)



別に新品が買えない訳じゃないけど、

それじゃつまらないから、考えたり試したりしていじくりまわす。


そんな楽しみがあるのも、

オフロードバイクならではだと思う。





17/09/12(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





オールスタンディング&ノークラッチ&ノーフロントブレーキ

昨日の相模川では、本当はFXに乗りたかったんだけど

まだサスのモディファイが上がってきてないので、セローに乗った。


まあ、

それはそれで、来週のお山に向けての最終チェックになったから良しとしよう(^-^;



で、タイトルの「オールスタンディング&ノークラッチ&ノーフロントブレーキ」

逆に言うと、「座らずに、シフトチェンジとリアブレーキだけで走る」(笑)

その練習を2時間半続けた。


この練習をしていて思い出すのは、左足首をケガした時のこと。

ちょうど、この動画を撮った翌週だった。

(2013年12月30日)





それまで、すごく調子が良くて乗れてた。

足腰に力が入り、お山の急な九十九折れをスタンディングで全て下れた。

それも、自分にとって最も速いスピードで。


だが、

左足首をケガしてからは、それが出来なくなった。


更に、2015年8月には右足首の骨折。

1年後に、プレートを抜く手術をしたが

今年(2017年)の初めには、歩くのも辛いぐらいの両膝の痛みが・・・



膝の痛みがなくなり、スタンディングが出来るようになった今だから言えることだが

全ての原因は、足の筋力の低下。


実際、脹脛と太腿は一回り太くなったし

足腰に力が入るようにもなった。


それも、

諦めずに、スポーツクラブに通い続けた結果だと思う。



動画を撮った時から、4年弱。

やっと、あの頃に戻れそうな気がする。





17/09/10(日)走行日記

CA3I2986.jpg


相模川(猿ヶ島)

セロー225

2時間半ほど。


詳しくは、ライテクメモで。





17/09/08(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩)=30分





17/09/07(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





17/09/06(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





17/09/05(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩・前腕)=30分





17/09/04(月)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋・前腕)=30分





セロー225新品タイヤ(IRCツーリスト)&スーパートラップマフラーのインプレ

CA3I2959.jpg


まず、新品タイヤ。


すげーグリップする。

アクセルを開けるとフロントがポンポン浮いて、

なんだかパワーアップしたみたい(笑)


まあ、それは当たり前なんだけど

これまでは、真っ直ぐ走っててもリアタイヤがスリップしてたっていうこと(^-^;


リアタイヤがスリップすれば、

縦方向だけじゃなくて、横方向にも滑ることになるから

アクセルを開ける→横に滑る→車体が傾く→真っ直ぐ走らない

となるわけで。

中洲エンデューロコースでも走りやすくなってた。



次に、スーパートラップマフラー。


だいぶ前から持ってたんだけど、

お山では出来るだけ静かな方がいいから封印してた。


正直なところ、性能はイマイチで

高回転でのパワーも、低速トルクも落ちてると思う(^-^;


ただ、軽さとエンジン特性の変化はメリット。


ノーマルマフラーと比べると、2キロ近く軽いし

ギクシャク感が無くなって、エンジンがスムーズに回るようになる。



この2つを、お山でも試したくなってきた。

その日は近いか?(笑)





17/09/03(日)走行日記

CA3I2961.jpg


相模川(猿ヶ島)

セロー225

1時間ほど。


詳しくは、ライテクメモで。





17/09/01(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





セロー225(前後タイヤ(IRCツーリスト)&リアディスクプレート交換)

CA3I2954.jpg



セローの前後タイヤとリアディスクプレートを交換した。


これまでは、人のお古ばかりだったから

新品を履くなんて、もう何年ぶりだろう?

(前過ぎて忘れた(笑))


あと、

これも忘れるぐらい前からグニャグニャに曲がってたリアディスクプレートを、新品に交換した。


そろそろ、お山も復活かな~





17/08/31(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩・前腕)=30分





17/08/30(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋・前腕)=30分





17/08/29(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・前腕)=30分





YZ250FX(ローダウン&リバルビング(メリットとデメリット)と、「前後の重量バランスの中心」に乗ること編)

先の日曜は、中洲エンデューロコースでローダウン&リバルビング済みのFXを試乗させてもらった。

そこで感じたこと。



コースに入って直ぐに気付いたのは、石や小さなギャップを拾わないってこと。

跳ねるかな?とか、振られるかな?って体が構えるんだけど

何事もなく、スッと通り過ぎてしまう感じ。


これは、リバルビングで動きが良くなってるのと

軟らかめにセットされてるからだろうと思う。



コーナーでは、よく曲がる。

曲がり過ぎちゃって、イン側に倒れそうになるぐらい(笑)


バイク1台分の幅で、Uターンを繰り返すような場所では

足着きの良さもあって、非常に楽。



と、ここまではメリット。

当然ながら、デメリットもある。


結論から先に書くと、

ストローク感と、軽快感の減少。



まず、ストローク感。

これは、言い換えると「サスの余裕」みたいなもの。


ローダウンすれば、それと共にサスの長さが短くなるわけで。

そうなると、動き始めてからボトムするまでの時間も短くなる。


これが、小さいギャップであればいいが

大きなフープス状のギャップになると、辛くなってくる。



感覚的に言うと、

動きが速くなって、忙しない感じ。


前後のピッチングモーションが大きくて、

スピードを上げると、それが更に強調される。


そうなると、足のサスペンションでカバーしなければならないから

アクセルワークだけで、気を抜いて走るようなことが出来なくなってくる(^-^;



次に、軽快感。

これは、スタンディングで切り返しの多い場所で顕著に感じる。


ステップに加重して切り返しをしようとするんだけど、

思うように寝ないし、曲がらない。


ワンテンポ遅れる感じで、

ストックよりも、体重移動を多くしなければならない。




まあ、

この2つは、ストックのサスと比べての話だし

自分がメインで走るコースだと、コーナリングや足つき性の方が重要。


要は、どう使うかってこと。


ハイスピードで大きなコーナーが多いなら、ストックでもOKだが

ロースピードで小さなコーナーが多い場合は、ローダウン&リバルビングした方が良いと思う。




あと、一つ書き忘れてたんだけど

先々週の日曜には、最終型のWR250Rにも試乗した。



これと同型。

(リアサスがヤマハ製からカヤバ製に変わったらしくて、なんか動きが良くなってたような気がする(^-^;)

wr250r_price_2016.jpg



その時に思ったのが、

ローダウン&リバルビング済みのFXって、フィーリングが似てるってこと。

なんか、軽くてパワーがあるWR250Rって感じ(^-^;



その理由は、やはりマスの集中化にあるのかと思う。



これは、初めてWR250Rに乗った時も感じたんだけど

「前後の重量バランスの中心」に乗ることが必要。


それがバチっと決まれば乗りやすいが、

そのポイントを外すと、途端に上手く走れなくなる。



改めて、それに気付いたのは

前後バランスの崩れてる、ウチのセロー225に先に乗ってたから。

(フロント周りだけ軽くなってるから、重心がリアに偏ってる(^-^;)


その乗り方(リア乗り)のまま、FXで走ったら

上手く走れなくて、かなり焦った(笑)





17/08/27(月)走行日記

CA3I2938.jpg


相模川(猿ヶ島)

セロー225

1時間ほど。


詳しくは、ライテクメモで。





YZ250FX(ハンドルポスト位置とローダウン&リバルビング編)

先の日曜は、Mコースと中洲エンデューロコースを走ってきた。

そこで気付いたこと。



まず、ハンドルポスト位置。

CA3I2900.jpg



画像の様に、ポストを前に出したんだけど

タイトコーナーの多いMコースや中洲だと、

抑えが効かなくて、曲がり難いのが更に曲がらない(^-^;


ただ、

ストレートメインだったり、

コーナーのRが大きいモトクロスコースでは、こちらの方が走りやすいと思う。



あと、ハンドルが遠く高くなるので

スタンディングが多い人にもお勧め。


ポスト下のナットを外すだけで変更できるし、

試してみる価値はあると思う。



次に、ローダウン&リバルビング。


CA3I2909.jpg



また、画像のFXに試乗させてもらった。

曲がり難い自分のFXと、コースで格闘した後ということもあって

「楽しい!」の一言(笑)



今回感じたのは、サスの軟らかさ。

アクセルを戻すと、スッとフロントが入ってくれて

それにリアが付いてくる感じ。


更に、そこからグッと踏ん張ってくれるので

曲がりながらアクセルを開けていくことも出来る。



あと、意外だったのがスタンディングのしやすさ。

(前回は、振られの件でそれどころじゃなかった(^-^;)


これは、ローダウンで重心が下がった事と

目線が下がることによっての、精神的な安心感から来るものだと思う。

(足が着く安心感と、同じようなもの)



ということで。

もう我慢できないので、ローダウン&リバルビングのモディファイに出すことにした(笑)


CA3I2932.jpg


次に乗るのが楽しみである。






  1. 無料アクセス解析