FC2ブログ

数量限定!29999円セール! ショウエイ X14 Z7 カスタムペイント ヘルメット 塗装 グンヘル レプリカ バリバリ伝説 巨摩 郡 CB750F

ショウエイ Z7ベースの、バリバリ伝説主人公の巨摩 郡レプリカ(通称グンヘル)です。

原作を忠実に再現するため、SHOEIロゴはペイントで入れてあります。

他のレプリカヘルメットもペイントできますので、お気軽にお問い合わせください。


CA3I3136.jpg
CA3I3135.jpg
CA3I3134.jpg


前回分は完売いたしましたが、好評につき再セールです。
この機会に、あなたの夢を叶えてください!

参考ペイント料金 通常35000円~(税別)が・・・
なんと、数量限定(3個)で29999円~(税別)になります!

ベースヘルメットは、当店でお買い上げ・持ち込み共に可能です。
※新品でなくてもOKですが、キズ無し/ホワイトに限ります。
※他の色は4000円アップになります。
※カラーリングモデルは6000円アップになります。

Z7なら、
ヘルメット本体(ルミナスホワイト) 40049円x1.1=44054円
ペイント代 29999円x1.1=32999円
合計 77053円(税込み)
です。

X14なら、
ヘルメット本体(ホワイト) 52800円x1.1=58080円
ペイント代 29999円x1.1=32999円
合計 91079円(税込み)
です。

他のショウエイ・アライ・OGK等がベースでも可能です。
※ネオテックⅡは6000円アップ、GT-Air IIは3000円アップになります。
※アライRX-7X等のホルダー(シールド端のカバー)付きは3000円アップになります。
※OGKは、メーカーロゴの上にクリアが塗られています。
それを研ぎ落して塗り直す手間が増えるので4000円アップになります。
(全て税別価格となります)

色替えも可能です。
※価格は色によって異なりますので、別途お問い合わせください。

納期は通常2~3週間。
(忙しいと、少し延びることもあります)
行きの送料は元払い、帰りの送料は着払いです。
ペイント代のお支払いは、前払いとなります。

メール ghost-garage@angel.ocn.ne.jp で、ご注文ください。
(不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください^^)


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://42ghost.web.fc2.com/sub1.htm





9/21(月)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、敬老の日さいたまアタックツーリングでした。

参加者は6名様で、サポート隊の2名を併せて8台でのツーリングとなりました。

秋を感じさせる涼しくて良い一日で、
皆さんにアタックを楽しんで頂きました。

DSC_0041b.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





8/22(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、さいたまアタックツーリングでした。

参加者は4名様で、サポート隊の1名を併せて5台でのツーリングとなりました。

夏真っ盛りの暑い一日でしたが、大きなトラブルもなく
皆さんにアタックを楽しんで頂きました。

DSC_0014b.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





<2020年度、お盆時期営業のご案内>

<2020年度、お盆時期営業のご案内>
(8/8~8/16)
休みなしで営業です。
在庫商品であれば、お盆中も発送可能です!





アライ GP-5W カスタムペイントヘルメット

ロータスでサーキット走行をされている、TさんのアライGP-5Wです。
(オーナー様、写真をありがとうございます)

3枚目の写真は、以前にペイントさせていただいたEさんのヘルメットとの2ショットですが
シンプルで記憶に残る良いデザインかと思います。

ちなみに。
Eさんは、ユーチューブで走行動画を配信中なので
よろしければ、ご覧ください^^
https://www.youtube.com/channel/UCzrwycFutB8MS8Kl0e2Uz0Q/featured

97009589_248941586187102_629251208950841344_nb.jpg
96517942_1508135179366440_3798307478437888000_nb.jpg
96374608_1673834152770470_279032729457131520_ob.jpg


参考ペイント料金32000円~(税別)

本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://42ghost.web.fc2.com/sub1.htm





さいたまアタックツーリング 2020年8月22日(土)

DSC_0001b.jpg


<内容>
経験者の方はもちろん、アタックが初めての方も歓迎します
(オフロード初心者の方はご遠慮ください(^_^;))

<初参加の方は、以下のリンクページをご一読ください>
「アタックツーリングと、さいアタの難易度について」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2929.html
「アタックツーリングの持ち物とバイクについて」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2886.html
「サポート隊&装備のご紹介」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2877.html

<場所>
埼玉県北部のお山
(某メジャーな地域ではなく、誰も知らないマイナーなところです(笑))
(場所を知りたいだけ等の方は、ご遠慮願います(^_^;))

<参加費>
無料です
怪我と弁当は自分持ちです
(傷害保険等には加入していません)

<持ち物等>
オフロードバイク
(125cc~350cc程度で、保安部品とナンバー登録は必須です)
オフロード用の装備一式
キャメルバッグ
(持っていない人は水分2L以上)
身の回りの物
(携帯電話・免許証・お金・タオル・ティッシュ等)
上記を入れるデイパック・ウエストバッグ
(バイクに積むと落とします)
工具は車載工具+αで充分です
(タイラップ・金属パテ・テープ・針金等)
お昼ご飯
(昼に駐車場所へ戻らないこともあるので、おにぎりやパン等の携行できるもの)

<タイムスケジュール>
「午前の部」
現地近くのコンビニに8時半までに集合
集合場所から、ベースとなるトランポの駐車場所へ移動し
ミーティング・走行準備をして、10時までにスタートします
昼頃にベースへ戻り、30分ほど休憩
「午後の部」
状況によって変わりますが、概ね3時~4時頃まで走ります
(遅くとも5時頃には終わります)
※上記は、天候等によって変動します
※午前中のみや、途中離脱もOKです
※雨天の場合は、翌週に延期になります

<定員>
最少催行人員は1名様です
状況によって変わりますが、
定員は8名様とさせていただきます
(サポート隊の2名を併せて10名)

<参加資格>
下記の規約に同意いただければ、どなたでも参加可能です
(営利目的ではありませんので、礼節を欠く場合はご遠慮頂く場合もあります(^_^;))
走るのは、メジャーな場所ではありません。
地元の方が、大切に守ってきた場所です。
私達は、その意思を受け継ぎ
次世代の人達も、その場所を利用できるようにする責任があります。
よって、参加は以下を約束できる方のみとさせていただきます。
○場所の表現は、「埼玉県北部」までにしてください。
○写真・動画の撮影はOKですが、SNS等の公の場所への投稿は控えてください。
※情報量が多いので、特にヘルメットカメラはNGです。
○同場所を走るのは、さいアタのイベント時のみにしてください。
※量が増えれば質が落ちます。
場所を独占するものではありません、これも守るためです。

<参加方法>
メールでご連絡ください
ghost-garage@angel.ocn.ne.jp
複数人での参加も可能ですが、その場合は個別にご連絡ください
(誘われての参加の場合、主旨を理解されていないことが多いためです)
聞いてみたいことがあれば、
お気軽に、お問い合わせください

<備考>
便宜上、俱楽部としていますが、継続する必要はありません
一度のみの参加でもOKです
以上、ご参加をお待ちしています^^
さいたまアタックツーリング俱楽部主宰 ゴーストみやざわ





8/1(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、さいたまアタックツーリングでした。

参加者は7名様で、サポート隊の2名を併せて9台でのツーリングとなりました。

梅雨明けギリギリだったため、路面はウエットでかなり苦戦する場所もありましたが
皆さんにアタックを楽しんで頂きました。

DSC_0001b.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





<さいたまアタックツーリング参加者の新規募集について>

次回のツーリングは8/1(土)の予定で、参加者の新規募集再開を考慮していましたが
さいアタグループメンバーと仲間の紹介で、定員(8人)の枠がほぼ埋まってしまいました。

今後、定員に余裕があればイベント立てをして告知いたしますが
参加希望のメッセージを頂いている方を優先とさせていただきますm(__)m





6/20(土)さいたまアタックツーリングのご報告

一昨日は、フェイスブックさいアタグループメンバーとコロナ自粛前に連絡を頂いていた方限定のアタックツーリングでした。

参加者は9名様で、サポート隊の2名を併せて11台でのツーリングとなりました。

季節は、いつの間にか冬から夏へと変化していましたが
山は前と変わらず、皆さんにアタックを楽しんで頂きました。

DSC_0086b.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





ショウエイ GTエアー2&Z-7 バリバリ伝説 グンヘルレプリカ

新旧ホンダ車のグンヘルレプリカ二連発です。
(オーナー様、写真をありがとうございます)


20200320_152105b.jpg
20200320_151950b.jpg

まずはCBRとGTエアー2。

ツーリング時の写真ですが、
湖と空のブルー、それに富士山をバックにしたコントラストの綺麗な写真です。
CBRとグンヘルの色が冴えてます。
これからも、ツーリングにバリバリ使ってあげてください^^

参考ペイント料金38000円~(税別)
(セール時32999円~(税別))



image0b.jpg
image1b.jpg
image2b.jpg


次に、CB750FBとZ-7。

ダイマグのホイールとオーリンズのリアサスで、
センス良くカスタムされた、超綺麗なCBです。
色合いも、FBカラーのキャンディーレッド&ブラック&ゴールドで統一されていて
もの凄くカッコいいです。
グンヘルと共に、これからも綺麗に乗ってあげてください^^

参考ペイント料金35000円~(税別)
(セール時29999円~(税別))


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://42ghost.web.fc2.com/sub1.htm





さいたまアタックツーリング再開予定について

3/7にイベントを開催してから、二か月経ちますが
現在は、新型コロナウイルスの影響でイベントの開催を自粛中です。

開催場所の埼玉県は、未だ緊急事態宣言の対象地域で
外出自粛が要請されています。

このため、イベントの再開は宣言解除後となります。

また、
再開後も、当面は参加者の新規募集を行わない予定です。

以上、よろしくお願いいたします。





<2020年度、ゴールデンウイーク営業のご案内>

<2020年度、ゴールデンウイーク営業のご案内>

(4/29~5/6)

休みなしで営業です。

在庫商品であれば、ゴールデンウイーク中も発送可能です!





3/7(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、フェイスブックさいアタグループメンバー限定のアタックツーリングでした。

参加者は5名様で、サポート隊の2名を併せて7台でのツーリングとなりました。

午前は開拓で、午後はちょっと遠めの場所へのツーリングを楽しんで頂きました。

DSC_0085b.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^






2/15(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、フェイスブックさいアタグループメンバー限定のアタックツーリングでした。

参加者は3名様で、サポート隊の2名を併せて5台でのツーリングとなりました。

午前も午後も、開拓三昧の一日を楽しんで頂きました。

CA3I6321b.jpg


参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





アタックの魅力と暗黙のルール

CA3I6251b.jpg



バイクに乗り始めてから、そろそろ38年が経ちます。

この間に、手元にバイクがない時期はありませんでしたし
オフロードはもちろん、色々なオンロードバイクにも乗りました。

普通のツーリングにも行き、レースに出たりもしましたが
今は、ほぼアタック一本です。


そこで、アタックの魅力についてちょっと考えてみました。


山を初めて走ったのは、もう10年以上前のことになるでしょうか。

その頃は、何も知らず
エンデューロタイヤやノーマルタイヤで、ツルツル路面や木の根に苦労していました。


それが変わったのは、セロー225を手に入れてトライアルタイヤを履かせてからです。

山を走るために作られた、セローの走破性は高く
これに、トラタイヤの組み合わせは自分にとってベストでした。

回数を重ねる内に、道を覚え
バイクもアタック向けにカスタムしていく中で、いつしか先頭を走るようになりました。


バイクで、森や山の中を走るのは楽しいです
コースの様に決められたルートを走るのではなく、自由気ままに走れます。

なので、私にとっては相模川を走る延長線上にアタックがあるのです。

そして、その広さは相模川の比ではなく、まだ走ったことがない道も沢山あります。


更に、コースや相模川よりも難易度が高いです。

基本的に、いつも上ってるか下ってるかですし
他では経験できない、斜度が急で長い坂も多くあります。

バイクを操るという基礎テクニックを養うには、絶好の条件です。


また、これも相模川と同じく安全です。

道が狭く曲がりくねっているので、飛ばすといっても絶対的なスピードは遅いです。
(たぶん、30キロぐらいしか出てないです(笑))

ちょっとアクセルを捻れば100キロ以上出てしまい、
鉄の塊の四輪と一緒に走る一般道よりも、遥かに安全です。


そして、開拓の面白さ。

走るのは、ほとんどが道なき道です。

これは、道を作るという意味ではなく
今は使われなくなった廃道や獣道を探すことです。

この感覚は、アタックというよりも冒険=アドベンチャーです。

家で地図を見て考えを巡らし、実際に行って道を探す
子供の頃に日が暮れるまで野山を駆け回った、あの感覚です。


最後は、バイクを作る楽しさです。

走破性だけを考えれば、トライアルバイクがベストです。
軽くてトルク重視のエンジン特性や、スタンディングしやすいポジションは
正に、山を走るために作られた様なものです。

また、KTMのフリーライドやベータのクロストレーナーなどは
シッティングで走ることも考えられていますし、何よりセロー等のトレールよりも軽いです。

ですが・・・
私が上記の様なバイクに乗らず、セローに拘るのは
カスタムする楽しみがないからです。

一般公道で使われた、廃棄寸前の車体を引き取り
エンジンを載せ替えたり、アタック向けのカスタムを施して再生させる。

私のセロー2台は、そうやって出来ています。


バイクには、色々な楽しみ方があります。

アタックも、その内の一つですが

自由に走れて
比較的に安全で
難易度が高くて
冒険心を満たせられて
バイクカスタムも出来る

これほど、自分の条件に合っているものはありませんでしたし
38年のバイクライフの中で出た、答えでした。


山をバイクで走るという事には、賛否両論あるでしょう。

私有地・ハイキングコース・登山道等を荒らしてしまったり
地元の方に反感を持たれてしまったり・・・

関東では、
そういった理由で、実際に走れなくなってしまった地域もあります。


昔から、山を走る人は少数ながら存在していました。

ですが、そこには暗黙のルールがありました。

山で仕事をしている人や、ハイカーの人から見れば
バイクは邪魔者で、迷惑でしかありません。

その人達に配慮して、
「出来るだけ、目立たず、騒がず、ひっそりと」
というルールがあるのです。

これは、案内する人からされる人へと受け継がれてきたものですが
インターネットの普及により、それを知らない人が増えています。


特に、SNSやヘルメットカメラのデメリットは大きいです。

20台以上の多人数で走り、
ヘルカメで動画を撮って、SNSで一般公開する。

数が多ければ目立ちますし、周りに威圧感を与えます。
また、情報量が多いので一度でも行ったことがあれば場所はわかります。

それを見た、山で仕事をしている人やハイカーの人達は
どう感じるでしょうか?


ただでさえ、邪魔者で迷惑なのに
それをネット上でも見せつけられるわけです。

自分たちにとっては楽しいことですが、
反対に、他人には不快なことなのです。

そう考えれば、自分のしていることの愚かさに気付くと思います。


誤解の無いように書いておきますが、
その楽しさを否定するものではありません。

台数を制限し、
動画は限定公開にして、非公開コミュニティの中で仲間と楽しめば良いのです。

それが大人としての責任であり、配慮という物です。


これも時代ですから、その流れを止めることは出来ないでしょう。

ですが・・・
私が受け継いだ場所だけは、同じ轍を踏ませたくないのです。


そういった意味では、私も表に出ない方が良いのですが
それでは、上記の様な注意喚起も出来ません。

そんな経緯から、さいたまアタックツーリング倶楽部を作りました。


この記事を読んだ方が、少しでも事情を理解して頂けることを望みます。

また、私が走れなくなった後も、誰かがその意志を継いでくれることを切に願いますm(__)m





1/25(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、さいたまアタックツーリングでした。

参加者は6名様で、サポート隊の2名を併せて8台でのツーリングとなりました。

午前は、レベル1~3の初級ルートで楽しんで頂き
午後は、新規ルートを3本開拓してきました。

CA3I6250b.jpg


参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





さいたまアタックツーリング 2020年1月25日(土)

CA3I6140b.jpg


<内容>
経験者の方はもちろん、アタックが初めての方も歓迎します
(オフロード初心者の方はご遠慮ください(^_^;))

<初参加の方は、以下のリンクページをご一読ください>
「アタックツーリングと、さいアタの難易度について」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2929.html
「アタックツーリングの持ち物とバイクについて」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2886.html
「サポート隊&装備のご紹介」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2877.html

<場所>
埼玉県北部のお山
(某メジャーな地域ではなく、誰も知らないマイナーなところです(笑))
(場所を知りたいだけ等の方は、ご遠慮願います(^_^;))

<参加費>
無料です
怪我と弁当は自分持ちです
(傷害保険等には加入していません)

<持ち物等>
オフロードバイク
(125cc~350cc程度で、保安部品とナンバー登録は必須です)
オフロード用の装備一式
キャメルバッグ
(持っていない人は水分2L以上)
身の回りの物
(携帯電話・免許証・お金・タオル・ティッシュ等)
上記を入れるデイパック・ウエストバッグ
(バイクに積むと落とします)
工具は車載工具+αで充分です
(タイラップ・金属パテ・テープ・針金等)
お昼ご飯
(昼に駐車場所へ戻らないこともあるので、おにぎりやパン等の携行できるもの)

<タイムスケジュール>
「午前の部」
現地近くのコンビニに8時半までに集合
集合場所から、ベースとなるトランポの駐車場所へ移動し
ミーティング・走行準備をして、10時までにスタートします
昼頃にベースへ戻り、30分ほど休憩
「午後の部」
状況によって変わりますが、概ね3時~4時頃まで走ります
(遅くとも5時頃には終わります)
※上記は、天候等によって変動します
集合場所等の詳細は、個別に連絡します
※午前中のみや、途中離脱もOKです

<定員>
最少催行人員は1名様です
状況によって変わりますが、
定員は5名様程度とさせていただきます
(サポート隊の2名を併せて7名程度)
※1/14追記
現在の参加希望は4名様です^^

<参加資格>
下記の規約に同意いただければ、どなたでも参加可能です
(営利目的ではありませんので、礼節を欠く場合はご遠慮頂く場合もあります(^_^;))
走るのは、メジャーな場所ではありません。
地元の方が、大切に守ってきた場所です。
私達は、その意思を受け継ぎ
次世代の人達も、その場所を利用できるようにする責任があります。
よって、参加は以下を約束できる方のみとさせていただきます。
○場所の表現は、「埼玉県北部」までにしてください。
○写真・動画の撮影はOKですが、SNS等の公の場所への投稿は控えてください。
※情報量が多いので、特にヘルメットカメラはNGです。
○同場所を走るのは、さいアタのイベント時のみにしてください。
※量が増えれば質が落ちます。
場所を独占するものではありません、これも守るためです。

<参加方法>
メールでご連絡ください
ghost-garage@angel.ocn.ne.jp
複数人での参加も可能ですが、その場合は個別にご連絡ください
(誘われての参加の場合、主旨を理解されていないことが多いためです)
聞いてみたいことがあれば、
お気軽に、お問い合わせください

<備考>
便宜上、俱楽部としていますが、継続する必要はありません
一度のみの参加でもOKです
以上、ご参加をお待ちしています^^
さいたまアタックツーリング俱楽部主宰 ゴーストみやざわ





1/13(月)猿ヶ島アドベンチャーツーリングのご報告

昨日は、 猿ヶ島アドベンチャーツーリングでした。

猿ヶ島の奥地とコースをご案内。
オフロードバイクテクニックやマシンセッティングのアドバイスをさせて頂きました。

CA3I6177b.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





1/4(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、フェイスブックさいアタグループメンバー限定のアタックツーリングでした。

参加者は4名様で、サポート隊の2名を併せて6台でのツーリングとなりました。

午前は、レベル1~3の初級ルートで楽しんで頂き
午後は、新規ルートを2本開拓してきました。

CA3I6140b.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





<2019年~2020年度、年末年始営業のご案内>

<2019年~2020年度、年末年始営業のご案内>

暦通りの通常営業です。(12/28・29と1/4・5は休業です)

在庫商品であれば、年末年始中も発送可能です!





2019さいたまアタックツーリング&猿ヶ島アドベンチャーツーリング

2019年も、あと一日となりました。
今年一年、一緒に走ってくれた皆さんありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします^^







セロー250(DG11J)カスタム アタック仕様 セロッカー

セロー250(DG11J)カスタム アタック仕様 セロッカー

セロー250のフレーム・外装・ホイールに、
トリッカーの下記パーツをスワップした、アタック仕様です。
(エンジン・電装・アンダー&アッパーブラケット・フォーク・スイングアーム・リアサス・フロントフェンダー・フロントディスクローター)

基本的にはノーマルで、軽量化をメインとしたアタックに必要なカスタムを施してあります。

CA3I6099b.jpg
CA3I6100b.jpg
CA3I6101b.jpg
CA3I6102b.jpg
CA3I6103b.jpg
CA3I6104b.jpg


ガスガスTXTタイプライトカウル
アルミハンドガード
レンサルバーパッド
ステルスMXタイプハンドルバー
ウインカー埋め込み
CA3I6105b.jpg

自作スタックベルト
アチェルビスネオプレーンゲーター
CA3I6106b.jpg

97’CR125R純正ニッシン11mmフロントブレーキマスターシリンダー
CA3I6107b.jpg

97’CR125R純正レバー&ホルダー
キジマユニバーサルハンドルスイッチ
CA3I6109b.jpg

アクセルホルダー反転
CA3I6111b.jpg

メインスイッチ移設
サイクルメーター
タカツトライアルミラー
自作ゴム製タンクキャップ
CA3I6110b.jpg

自作ブレーキセイバー
自作ワイドステップ
CA3I6112b.jpg

アンダーガード
DRCスキッドプレートフォーム
CA3I6126b.jpg

自作ワイドサイドスタンド
フロントスプロケットカバーカット
CA3I6122b.jpg

フロントスプロケット13丁
アルミリアスプロケット50丁
チェーン128リンク
XAMスプロケットキャリア
チェーンカバーカット
チェーンガイドカット
前後タイヤIRCツーリスト
CA3I6123b.jpg

マッドガード反転
自作ローダウンリンクプレート
(穴間84mm→90mm)
CA3I6128b.jpg

スーパートラップサイレンサー
CA3I6113b.jpg

デカール&ステッカー
シート張替え
CA3I6117b.jpg
CA3I6118b.jpg

リアフェンダーカット
テールランプ加工
ウインカー埋め込み
CA3I6114b.jpg





トリッカー(DG10J)カスタム アタック仕様 フルサイズトリッカー

トリッカー(DG10J)カスタム アタック仕様 フルサイズトリッカー

セロー225の前後ホイールとYZ125のシュラウドを取り付けた、アタック仕様です。
(セロッカー製作のために解体されました(^_^;))

CA3I5334b.jpg
CA3I5354b.jpg
CA3I5414b.jpg
CA3I5497b.jpg





セロー250を増車した理由(真の225の後継機)

最後に、225と250の違いです。

225は、二輪二足で山を走るために作られたバイクです。

125をベースにした、小さく軽い車体。
転倒時にも役立つ、前後のスタックバー。
そして、他車よりもギア比を低く設定されたスーパーロー。
前後タイヤをツーリストにするだけで、大概の場所は走破してしまいます。

そんな設計者の想いが籠った225が好きで、乗り続けてきました。

更に詰めていくと、こうなりますが(^_^;)

CA3I3006.jpg


そんな立場からすると、250は受け入れがたい物でした。

小回りが効かず、重いハンドリングで
そのままでは、山を走る気にはなれません。

ですが・・・
225は基本設計が古く、
故障は多いし、スムーズさにも欠けます。

そこでの乗り換えを考えると、
小回りが効き、軽いハンドリングのフルサイズトリッカーになるのは必然でしょう。

CA3I5789b.jpg


ただ・・・
ベースとなるトリッカーは、プレイバイクとして作られているので
タンクやシートは、座って走ることを考えられてはいません。

これは、トライアル的なスタンディングであれば好都合なことですが
ニーグリップを必要とするシッティングでは、デメリットとなります。

私は、元がモトクロス&エンデューロ系なので
それを強く感じて、今回のセロッカー製作に至りました。

CA3I6019b.jpg


話は最初に戻りますが、
225は、二輪二足で山を走るために作られたバイクです。

二輪二足とは、=シッティングです。

そのコンセプトを受け継ぐのならば、
ホイールベースが短く、立ったキャスター角を持つセロー250
=セロッカーが、真の225の後継機だと私は思います。





セロー250を増車した理由(素材ゲットと外観の変遷)

これはラッキーでした。

タンク&シートに加えて、前後のホイールも同時にゲットです。
(フルサイズトリッカーのホイールは、225の物でしたので(^_^;))

CA3I5723b.jpg


素材が揃えば、後は料理するだけ。
直ぐに、セローとトリッカーをバラして合体させました(笑)

CA3I5886b.jpg


この仕様で一回乗り、
デカールを剥がしてシートを張り替えた仕様で、もう一回乗り・・・

CA3I5914b.jpg


今は、こうなったわけです(笑)

CA3I6021b.jpg


次で最後です(^_^;)





セロー250を増車した理由(フルサイズトリッカーにシュラウドの後付け)

この時点では、まだセロッカーのことは頭にありませんでした。

トリッカーは、スタンディングで走りやすいバイクなので
シッティングメインの自分の走りが変わるかな~?ぐらいにしか考えていませんでした。

しかし・・・(笑)

実際に山を走ると、
これまで通り、ほとんどスタンディングはしません(^_^;)

そうすると気になるのが、トリッカーの細いタンク。
ニーグリップし難くて、特に下りやハイスピード時に困ります。

そこで考えたのは、シュラウドの後付け。

YZ125の廃品を加工して装着しました。
CA3I5789b.jpg


この仕様で、だいぶ良くはなったのですが
まだ幅が足りず、思い切り前乗りしないとニーグリップ出来ません。

そこで、
250のタンク&シートを流用することを検討して、パーツ探しをしましたが
バラで揃えると高くつくし、加工にも手間が掛かる・・・

そんな時に舞い込んできたのが、格安での過走行車購入話でした。





セロー250を増車した理由(セロッカー乗りへの道)

セロー250に初めて乗ったのは、初期型(05)が発売された頃なので
もう14年ほど前になります。

その時の印象は、大方の225乗りの方と同じく
「これはセローじゃない!」でした(^_^;)

大きくて重く、ただの林道ツーリングバイクに成り下がってしまった。
それが正直な感想でした。

その数年後、トリッカーにも乗りましたが
評価は正反対でした。

跨った瞬間に、
「これこれ!これが225の真の後継機だ!」
って思いました。

それは、走ってみても変わらず
よく曲がるし、全てがスムーズだしで
何で250がこうならなかったのか?と疑問でした。

巷では、
このトリッカーにセローの前後ホイールを履かせた、フルサイズトリッカーが流行りだしていましたが
自分は225が有ったので、特に気にしてはいませんでした。

それが変化し始めたのは、さいアタをスタートさせて直ぐの今年の6月ごろでした。

一緒に走った人の中に、250乗りの方がいて
その人とセローについてやり取りをしている内に、フルサイズトリッカーに興味が湧いてきたのです。
(半ば洗脳された様なものでしょうか(笑))

そんな時、
初期型04の長期放置車ながら、走行4900キロというトリッカーを見つけてしまい
セロッカー乗りへの道を歩き始めたのです(笑)

CA3I5063b.jpg





セロー250カスタム(セロッカー)&トリッカーカスタム(フルサイズトリッカー)

長らく、アタック用のバイクはセロー225でしたが
思うところあって、セロー250を増車しました。

といっても・・・
すんなりと、ここまで来たわけではなく
間にフルサイズトリッカーを挟んでの話です。

始まりは、今年の7月ごろ
初期型04の長期放置車ながら、走行4900キロのトリッカーをゲット。

最初は、こんな感じでフルノーマルでした。
CA3I5063b.jpg

キャブ掃除したり、各部を整備したり、保安部品を外したりして
相模川で初走行した時の写真です。
(ホイールは225からの借り物で、すでにフルサイズになってます(^_^;))
CA3I5174b.jpg

その後、何回かのアタックでの使用を経て
最終的には、この形になりました。
CA3I5789b.jpg
CA3I5788b.jpg

このフルサイズトリッカーは、乗りやすくて気に入っていたのですが
シッティングメインの私の乗り方だと、タンクが細くてニーグリップがし難く
その対策のために、YZ125のシュラウドを加工して付けました。

が、(笑)

それでも、足りなかったので
セロー250のタンクシート移植を考えるようになりました。

そんな時、
運良く、格安での過走行車購入話が・・・

そしてゲットしたのが、これです。
(こちらも05の初期型です)
CA3I5723b.jpg

すぐさま、バラバラに(笑)
CA3I5735b.jpg

続いて、トリッカーもバラし
セローのフレームと外装に、トリッカーのエンジン・電装・前後足を組んで
セロッカーが出来上がりました。
CA3I5885b.jpg
CA3I5886b.jpg

そして、現在の姿(笑)
CA3I6019b.jpg
CA3I6007b.jpg
CA3I6021b.jpg
CA3I6020b.jpg

正直なところ、
250は、225の後継とは成り得ないと考えていました。

それが、何故に増車となったのか?を次で書こうと思います。





ショウエイ Z-7 バリバリ伝説 グンヘルレプリカ

DSC_1403.jpg
DSC_1406.jpg
DSC_1408.jpg


ペイントさせて頂いた、ショウエイ Z-7ベースのグンヘルレプリカです。
(オーナー様、写真をありがとうございます)

思いの外、このカラーのCBRに似合ってます。
ガレージやマシンも素晴らしく、なんかショップの広告写真みたいです。
ご満足いただけたようで良かったです^^


参考ペイント料金35000円~(税別)
(セール時29999円~(税別))


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://42ghost.web.fc2.com/sub1.htm





12/14(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、さいたまアタックツーリングでした。

参加者は5名様で、サポート隊の2名を併せて7台でのツーリングとなりました。

午前中は、レベル4のヒルクライムを含めたコースをご案内。
午後は倒木処理に新規ルート開拓と、充実の一日でした^^

CA3I5966.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^






  1. 無料アクセス解析