FC2ブログ

町田コンディショニングジム健介 主催リアル筋力セミナー 20代女性バドミントン、肩が上がらない

いつも行ってるリアル筋力ジムの動画がアップされたので紹介。






町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/





冬眠からお目覚め?(笑)

セロー225&YZ250FX

CA3I4302.jpg





「生きててよかった」

今週は、筋トレ日記を上げてなかったんだけど
実は、インフルエンザで寝込んでた(^-^;

土曜の夜から咳が出始めて、
日曜と月曜の二日間は、咳・悪寒・痛み・高熱との闘い。

週明けにはなんとか回復したので、仕事に支障は出なかったが
まだ、体力や胃腸の調子が戻ってない。


その中で感じたことを、ちょっと。


熱でうなされてる間は、色んなことを考えてた。

ほとんど覚えてないが、
印象に残ってるのは、メリットとデメリットの話。


自分は、「物事には必ずメリットとデメリットがある」っていう考え方なんだけど
この苦しみにも、なんかメリットがあるんじゃね?なんて思ったわけ(笑)

まあ、その時には答えが出なかったが
熱が下がってしばらくして、ふと気付いた。


熱があった時は、何も食べられなくて
スポーツドリンクと栄養剤だけ。

その時点では、何も思わなかったんだけど
二日ぶりに食べた小さなクリームパンが、もの凄く美味しかった。

恥ずかしい話だけど、涙が出るほど。
食べられるということが、こんなにも幸せなことなのかと。


そして、こう思った。
「生きててよかった」

で、また涙が出た。


昔は、同じようなことがあっても何も感じなかったから
歳を取ったということなのかもしれない。

でも、
歳を取るというのは、こう言うことなのかもしれないとも思う。


若い時っていうのは、色んな欲を満たすことで幸せを感じる。
簡単なところだと、物とかお金とか。

それはそれで、良いことだとは思う。

だが、「生きててよかった」とまで思うだろうか?

少なくとも、自分は思わなかった。
どんな欲を満たしても。





青春ごっこを今も 続けながら旅の途中
ヘッドライトの光は 手前しか照らさない
真暗な道を走る 胸を高ぶらせ走る
目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ
壊れたいわけじゃないし 壊したいものもない
だからといって全てに 満足してるわけがない
夢の中で暮らしてる 夢の中で生きていく
心の中の漂流者 明日はどこにある?
生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった そ
んな夜を探してる
年をとったらとるだけ 増えていくものは何?
年をとったらとるだけ 透き通る場所はどこ?
十代はいつか終わる 生きていればすぐ終わる
若さはいつも素裸 見苦しい程ひとりぼっち
生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった そ
んな夜を探してる
生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった そ
んな夜はどこだ
僕が今までやってきた たくさんのひどい事
僕が今まで言ってきた たくさんのひどい言葉
涙なんかじゃ終わらない 忘れられない出来事
ひとつ残らず持ってけ どこまでも持ってけよ
生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった そ
んな夜を探してる
生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった そ
んな夜はどこだ
いこうぜ いこうぜ 全開の胸で
いこうぜ いこうぜ 震わせていこうぜ
もっともっと もっともっと見たことない場所へ
ずっとずっと ずっとずっと種をまいていく
全開の胸 全開の声 全開の素手で
感じることだけが全て 感じたことが全て
生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった 生
きててよかった





「自分の未来は、自分の力で作るもの」

下の動画は、鹿児島のリアル筋力ジムがUPしたもの。

コンディショニングジム TRY
https://www.facebook.com/conditioninggymtry/



リアル筋力トレーニング開始前




リアル筋力トレーニング開始後3ヵ月




同じく、リアル筋力トレーニング開始後3ヵ月





トレーニング開始前は、右手右足に全く力が入っていないけど
3ヵ月後には、しっかりと力が入るようになってる。

あと、自分で歩けるようになる兆しも見えてる。


ちなみに。
何故に、この記事を書いたかというと
自分の親父が、脳内出血で半身不随だったことを思い出したから。

52の時に倒れて、
70過ぎで亡くなるまで、ほぼ寝たきりだった。

もちろん、リハビリなんかはしていたとは思うが
こんな変化は無かった。

あの頃に、リアル筋力を知っていたなら
違う展開になっていたかも・・・と思う。

今更だけど(^-^;


それと、もう一つ。

自分も、
今年で、親父が倒れた時と同じ歳になる。

一度倒れたら、二度とは元の体には戻れない。

20年近く、そんな親父の姿を見ていたから
同じ轍は踏まない。

強くそう思うから、
コンディショニングも筋トレも、努力して続ける。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人でも身体を鍛える事で元気になれると言う現代人が無くした思考を戻したいです。

誰かに頼っても、医療的治療で身体の動作を変えることなど出来ないのです。

その身体の動きの無理が老化による動作の疾患に繋がっています。

それを薬で手術で治そうなんて思考は本末転倒なのに何故多くの人がこんな単純な思考を失ったのでしょうね。

自分の身体は自分で元気になる努力をする。
リアル筋力ジムはそのサポートをする為のものであると思います。

株式会社鍛錬 大岡明尋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「自分の未来は、自分の力で作るもの」

そう思う。





「リアクションレジスタンスとマッスルライン」

リアル筋力の元は、リアクションレジスタンスとバーベルやダンベルを使ったフリーウエイトの筋トレ。
自分も、そこから入った。

その後、リアクションレジスタンスはコンディショニングに特化し
筋トレ向けに新しく開発されたのが、マッスルラインとなる。


簡単に書くと、
リアクションレジスタンスは、ウエイトスタック式のマシンにスプリングの負荷を追加したもので
マッスルラインは、プレートローディング式のレバレッジマシン。

この2種類のマシンは、全く違うような気がするが
そこには、フリーウエイトのリアル筋力という共通した考え方がある。


その共通した考え方というのは、
「効率よく、筋力を上げる」
ということ。

具体的に言うと、
ケガをし難い
筋損傷を起こし難い
この2点。


筋トレにケガは付きもの。
世間には、そんな風潮がある。

ベンチプレスで肩を痛めた
アームカールで肘を痛めた
デッドリフトで腰を痛めた
etc・・・

それが更に進むと、
腱や靭帯や筋肉を断裂したり。

ボディービル等の競技であれば、それも仕方のないことかと思うが
楽しみでやるには、代償が大き過ぎる。


リアル筋力では、
「筋力は、筋肉の伸縮ではなく緊張によって発揮する」
と定義される。

筋肉が最大限に緊張するのは、
筋肉が最も縮んだ、最大筋力位。

筋力を発揮できない位置は、反動を使って回避するし
力が入らなくなったら、粘らない。

なので、ケガをし難い。


筋損傷を起こし難いというのは、
筋肉痛になり難い、ということ。

ボディービルの世界でも、
「筋肉痛になったからといって、筋肥大するとは限らない」
と言われているし、出来れば無い方が良い。

この理由も、上記と同じ。


しかし・・・
ボディービルのフリーウエイトと同様に、
リアル筋力でも、テクニック・体力・精神力が要る。


反動を使って、ウエイトを上げ
トップで静止させて、最大筋力位で受ける。

反動を使うには、足腰の筋力が必要だし
静止させたり受けたりするには、テクニックが要る。

そしてなにより・・・
体力の消耗に伴う疲労や、心肺能力の低下に打ち勝つ
精神的な強さがなければいけない。


この難点を解決したのが、
リアクションレジスタンスとマッスルライン。


リアクションレジスタンスは、初動がもの凄く軽く
最大筋力位のみに重い負荷が掛かる。

マッスルラインは、また違った感じで
余計な体力を使うことがないので、疲れにくいし
可動範囲や軌道に気を使うこともない。


つまり、
テクニック・体力・精神力が足りなくても、
誰でも、リアル筋力トレーニングが出来るマシン。

それを、大岡さんは作りたかったのだと思う。


そして、
マッスルラインに続く、イージーマッスルラインの登場。

大岡さんとリアル筋力が追い求める、
コンディショニングと筋トレの、究極の形。

その完成が近づいていると感じると共に、
リアルタイムで立ち合えて良かったと思う。





「マッスルラインで筋肉痛にならない&疲れない理由」

3日間、銀河アリーナで普通の筋トレをして
1日の休みを挟み、またコンディショニングジムでマッスルラインを使った。

前に書いたように、普通の筋トレだと筋肉痛になったが
やはり、今回は筋肉痛が来ない。


これで、何故にマッスルラインだと筋肉痛にならないのか?
ということがはっきりした。


ポイントは可動範囲。

フリーウエイトのリアル筋力で言う、フルレンジとパーシャルレンジだが
マッスルラインは、このパーシャルレンジと同じで
とにかく可動範囲が狭い。

フリーウエイトだと反動を使って回避する範囲が、無いように設計されているので
筋力を発揮できない部分で無理をする必要がない。

ここが、従来の筋トレマシンと明確に違うところで
だから、筋肉痛にならないのである。


加えて、
普通の筋トレよりも疲労が少ないのも、この特性が故。

前に、
「腰の力が弱いから、
上手く反動を使えずに、上腕二頭筋や肩の筋力で上げてしまっているのだろうと思う」
と書いたが、
この部分が元から無いのだから、疲れないのは当たり前である(^-^;





「筋肉痛の原因」

いつものコンディショニングジムが、年末年始の休みだったので
晦日から3日間、銀河アリーナ(市営のアイススケート場)のトレーニング室に行ってきた。

久々に、バーベルやダンベルを使ったら
これも久々に筋肉痛になった(^-^;


もちろん、無理な可動範囲ではやってないし
マッスルラインの感覚で、反動を使って受けるだけ。

なのに、筋肉痛になるのは何故なんだろう?
と考えてみた。


特に酷いのは、上腕二頭筋と肩(三角筋)。

種目は、上腕二頭筋がダンベルアームカールとハンマーカール
肩が、ショルダープレスマシン・リアレイズマシン・ダンベルサイドレイズ・ダンベルリアレイズ。

肩はサイドが痛いから、マシンじゃなくてダンベルが原因だと思う。
(ダンベルサイドレイズは、正確に書くとベンチへ横に寝たライイングサイドレイズ)


思い当たるのは、反動。

トップで静止させて、最大筋力位で受ける。
この時の感覚は、マッスルラインを使ってる時と同じだが
ダンベルを持ち上げる時に辛い。

この時に、マッスルラインだと体全体を無理なく使えるが
ダンベルだと、腰の力が中心になる。


つまり・・・

腰の力が弱いから、
上手く反動を使えずに、上腕二頭筋や肩の筋力で上げてしまっているのだろうと思う。


う~ん、
ポイントは、やはりここか
という感じ。


最近は、
コンディショニングラインの立ち上がり訓で、腰の強化をしているが
まだまだ足りないということ。

まあ、これも時間が掛かることなので
気長に続けていこうと思う(^-^;





昨日の大晦日は、銀河アリーナでトレーニング納めをしてきた。


他の市営体育館やジムは休みに入ってるから、けっこう混んでたんだけど
その中でも、一際体が大きくて目立つ人がいた。

特に胸と背中が凄くて、たぶん胸囲は120cm以上じゃないかと思うが
隣り合った時に思わず、「イイ体をされてますね」と声を掛けてしまった。

歳を聞いてみると、なんと71歳とのこと。
これも思わず、「その歳まで、そんな体でいるのが目標です」と言ってしまった(^-^;


そこまで、あと20年。

その時に、同じ様に人の心を動かせるようになっていたい。
そう感じると共に、この志を持ち続けようと思った。


2018年最後の日。
心に残る、良い物と出会えた。





鍛錬マッスルラインを、約2ヵ月使ってみての感想(妄想というか・・・希望(笑))

前の記事の繋がりで、ちょっと妄想(^-^;


いま使ってるマッスルラインは10台だが、
足りない物や、追加で発売されたものもある。

なので、
次に導入されるなら、どのマシンがいいか考えてみた。


結論から先に書くと・・・
マッスルラインじゃなくて、マッスルスタッフが欲しい!(笑)

無題

詳しい機能については、こちら
http://reaction-resistance.com/TANREN-HP/musclestaff.html



これを書くと、話が変な方向へ行っちゃうんだけど・・・

リアル筋力マシンの始まりは、
コンディショニングラインに採用されている、リアクションレジスタンス。

簡単に言うと、
普通のウエイトスタックマシンに、スプリングの負荷を追加したもの。

初動は軽く、最後に重くなるので
軽いウエイトでも、最大筋力位で効率よく効かせることが出来る。


このリアクションレジスタンスの、筋肉への刺激は独特で
フリーウエイトはもちろん、どんなマシンとも違う。

感覚的には、ハンマーでタイヤを叩いてるような感じ。
(ブンッ!と振り回して、ドン!と衝撃がくるみたいな(笑))

前は、部位別のマシンもあったが
諸々の事情で無くなり、残っているのはマッスルスタッフだけになった。


今も、腕振り訓なんかは筋トレに使ってるけど
上から下への動きしか出来ないので、種目が限られてしまう。
(例えば、アームカールやショルダープレスなんかは無理)

今の鍛錬やジムの経営方針からは外れるので、かなり望み薄だが
ここがリアル筋力の本質なので、是非とも導入を検討してしてもらいたいと思う。


という、妄想というか・・・希望でした(笑)





鍛錬マッスルラインを、約2ヵ月使ってみての感想(マッスルラインでの筋肥大と、応用&効かせ方&追い込み)

マッスルラインに集中して2ヵ月、
確実に筋肥大した。

ルーティーンと食事は変えたが、
鍛錬のマシンのみで、バーベルやダンベルを使っていないということは同じ。


ただ・・・
それが、全ての人に当て嵌まるかどうかは解らない。

その理由が、
タイトルの、応用&効かせ方&追い込み。


まず、応用。

行ってるコンディショニングジムには、10台のマッスルラインがあるが
当然ながら、全部の種目が出来るわけじゃない。

出来る種目の方が少ないので、並べてみると・・・
プッシュダウン(上腕三頭筋)
アームカール(上腕二頭筋)
サイドレイズ(肩)
フライ(胸)
プレス(胸)
ローイング(背中)
デッドリフト(背中)
クランチ(腹)
スクワット(足)
エクステンション(足)

各部位の基本種目を抑えてはいるが、
筋トレをしている人なら、もっと沢山の種目があることは解るだろう。


例えば、
肩(三角筋)なんて、フロント・サイド・リアとあるので
サイドレイズだけじゃなくて、フロントレイズやリアレイズもあるし
プレスやフェイスプル、僧帽筋のシュラッグなんかもある。

それぞれの種目は、筋肥大に有効だから存在するのであって
筋トレを知らない人でも、サイドレイズだけじゃ足りないことは理解できるだろう。


そこで必要になってくるのが、経験=効かせ方。

自分の場合は、スポーツクラブとゴールドジムで2年ちょっとの経験があったし
何でも試してみる方針なので、多分やったことがない種目は無いと思う。


その経験があるから、他の種目のマシンで応用が出来た。

例えば、
マッスルプッシュダウンで、フロントレイズ
イージーマッスルラットで、リアレイズ
ポジティブベンチで、ショルダープレス
マッスルプッシュダウンで、フェイスプル
イージーマッスルデッドでシュラッグ
とか。


経験のもっと長い人や、コンテストビルダーほどではないが
どんなフォームで、どの関節を動かしたり固定したりすれば、どの筋肉に効かせられるのか?
ということを、体が覚えているからである。


そして最後が、追い込み。

自重であろうが、どんな機材を使おうが
精神的な限界を越えて、筋力を使いきらなければ
筋肥大は望めない。


精神的な限界とは、言い換えると心肺能力。

息が上がって苦しくなっても、まだ筋肉は動く。
そこで一息入れて、また動作を始める。

重さにもよるが、
それを何回か繰り返していると、目的部位の筋肉が痺れて
本当に動かせなくなる時がやってくる。

それが、筋力の限界であり
精神的な限界の先にあるもの。


どんなことでもそうだが、
死に物狂いにならないと、結果は出せないのである。


上記の、「応用&効かせ方&追い込み」
この3点のポイントを抑えられる人なら、
マッスルラインのみでも筋肥大すると思う。





鍛錬マッスルラインを、約2ヵ月使ってみての感想(スーパーセット&高頻度&食事)

この2ヵ月で、確実に筋量は増えているが
マッスルラインを使う以外に、ルーティーンと食事も変えた。


まず、ルーティーンだが
ある情報からヒントを得て、スーパーセットを取り入れた。

ちなみに、スーパーセットとは
例えば、胸と背中とか上腕二頭筋と三頭筋とか
対になる筋肉を、交互に鍛える方法。

あんまりメジャーではないんだけど、
学者の研究によると、他の方法よりも効果があるらしい。


あと、高頻度。

背中&胸・上腕三頭筋&二頭筋・肩の3つに分けて
それを週に2回。

1日に、同じ部位を2種目3セットずつなので
6セットx2回で、週に12セットやってる。


次に、食事。

元々、ちゃんとした朝食は摂らないから
夕方と夜中の2食なんだけど、
間食をするようにした。

例えば、
朝起きてから昼過ぎまでに、バナナとゆで卵を食べて
トレーニングの合間に、ドーナツを食べて
帰ってから、またバナナを食べて
夜に小腹が空いたら、お菓子を食べるとか(笑)

ちゃんとした食事は2回だけど、
間食を1食とするなら、日に7食ほどになるので
総摂取カロリーは増えてると思う。


ちなみに。
マッスルラインに集中する前から、プロテインは飲んでない。

確かに、筋肉の材料はタンパク質なんだけど
プロテインは、あくまで栄養補助食品。

肉や魚や卵といった食べ物を摂り、
それで足りない分を補うものなので、
必要がなければ飲まない。

飲まなくても、筋量は増えているのが
その証。


それよりも、糖質や脂質の方が大切。

減量するなら、少なめにしなければならないが
筋量を増やすには、多くしなければならない。

先の、バナナやドーナツやお菓子というのは糖質だし
自分みたいに、元から小食の人は
とにかく総摂取カロリーを増やさないと、筋肉も付かない。


ボディービルの世界では、「デカくなりたいなら食え!」と言われるが
それは、プロテインを飲むことでもなく
1回の食事量を増やすことでもない。

まずは、
エネルギーとなる糖質や脂質を、間食として摂ることである。


長くなったので、続く(笑)





鍛錬マッスルラインを、約2ヵ月使ってみての感想(ゴールドジムのインプレ&「ボディービルとコンディショニングは違うもの」)

ゴールドジムに行ってたのは、約5ヵ月。
その間は、ほぼ毎日通った。


その前の、普通のスポーツクラブと比べると
設備は、かなり差があった。

自分の中で大きかったのは、
ケーブルマシンとベンチプレスの有無。

スポーツクラブには両方とも無かったので、
今思えば、そればっかりやってたような気がする(^-^;


あと、来てる人の意識が高くて
モチベーションを保てたし、イライラすることも少なかった。
(スマホをいじってたり、お喋りをしてたりする人は、ほぼいない)

24時間ジムも検討していたが、
ゴールドジムにして正解だったと思う。


意外だったのは、ガリガリに痩せた人が多かったこと。

行ってたのが、昼間の時間帯だったこともあると思うが
10代後半から20代前半の学生が多く、その殆どがガリガリだった(^-^;


それと、
コンディショニングジムに通うようになって、改めて思うのは
ボディービル系のトレーニングは、必ずしも体に良い物ではないってこと。

ほどほどにしとけばいいんだけど、それじゃ筋肉は付かないし
かと言って、頑張るとケガをする。

コンテストビルダーなんかは、みんなケガだらけらしいし
そうじゃなくても、そんな話はよく聞く。


最も印象に残ったのは、60代~70代ぐらいの人達。

大きくてイイ体をしてるんだけど、
足を引き摺るようにして歩いてる。

そのことからも、
「ボディービルとコンディショニングは違うもの」
ということが解ると思う。





鍛錬マッスルラインを、約2ヵ月使ってみての感想(ゴールドジム退会&筋トレ開始から、2年と4ヵ月)

181228a2.jpg

181228d.jpg


また、デカくなった(笑)


ちなみに、
この1ヵ月は、バーベルやダンベルは触っていない。

プレートを使って、フリーウエイトっぽいこともやるが
基本は、鍛練のマシンだけ。


そのうち戻るかも・・・と思って、ゴールドジムは休会していたが
こうなってくると、微妙(^-^;

休会中も540円の維持費は掛かるし、
バーベルやダンベルを使いたくなったら、1回260円の市営体育館に行けば済む。

ということで、
12月いっぱいで、退会してきた。


ゴールドジムに通ったのは、実質5ヵ月。

今ほどではないが、確実に筋肉は付いたし
何より、色々と勉強になった。

次で、その辺りについて書いてみようと思う。





人生をコンディショニング

人生をコンディショニングか~
いいフレーズかもしれない。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cray4と業務提携をしています、「町田コンディショニングジム健介」のご紹介です。
あなたの人生をコンディショニングしませんか?

人は身体を鍛え基礎体力+αの力を身に付けようとします。
しかし基礎体力・能力が安定していないと、普段の生活にすら支障を来す事があります。

本来持つべき基礎体力・能力を正しいレベルに引き上げ、そこから+α鍛錬する事で人は健康で豊かな生活を送る事ができます。

それは人が生活する上で常に気にすべき課題であり、当然維持すべきコンディションです。

「町田コンディショニングジム健介」はアナタの人生をコンディショニングします。

・初回体験無料
・Cray4紹介特別割引

体験する事ですぐに効果が実感できます。

ご本人、ご家族、ご友人、グループ、法人
無料体験ご希望の場合は、ご返信ください。

Webサイト
https://www.cg-k.com

YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCE_rdqeuJ_dFsVvdQai-nSw

Cray4 | Crazy About You





鍛錬特集 池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース 筋トレ、長寿、町田コンディショニングジム健介

リアル筋力ジムの本店が、テレビ東京の『池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース』で紹介されたらしい。
(他のマシンと違うってことは説明されてないけど(^-^;)



町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/





町田コンディショニングジム健介  町田市根岸に鍛錬社筋トレマシンを導入したフィットネスジムのご紹介

最近は、
ここに、ほぼ毎日行ってる(笑)



町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/





猫背、反り腰改善!  2018.10.21 町田コンディショニングジム健介主催 リアル筋力セミナー

10/21に参加した、リアル筋力セミナーの動画がUPされた。




この人は20代なので、直ぐに腰楽訓で反れるようになったけど
50代で坐骨神経痛持ちの自分なんかだと、苦しくってこんなに反れなかった(^-^;

最近は、マシンに頭が付くまで反れるようになったが
そうなってみて、なんで苦しかったのかが解った。


人間の体っていうのは、
曲げる方の筋肉が縮んで、反対側が伸びる。

反るという動作で言うと、
「背中と腰の筋肉が縮んで、お腹の筋肉が伸びる」ということなんだけど
日常生活では、体を反るなんてことは殆どしないので
どんどん、縮んだり伸びたりしなくなっていくのである。

(それがもっと酷くなったのが、腰の曲がってしまった老人(^-^;)


そう考えると、リアル筋力のコンディショニングマシンというのは
単に、体操の補助具のような気もしてくる。

(この体を反るという動作にしたって、自力でここまで行くのは難しい)


難しく考える必要はない。
本質というのは、単純なものなのである。





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(「受ける、受ける、受ける」&筋トレ開始から、2年と3ヵ月)

先に、「ゴールドジムに通ってた頃よりも、早いペースでデカくなってる」なんてことを書いたが
それには、マシンの違い以外にも理由があると思う。


それは、この時のリアル筋力無料セミナーでのこと。
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2756.html

大岡さんが、セミナー終了後にマッスルラインの使い方を説明してくれたんだけど
補助をしながら、「受ける、受ける、受ける」と繰り返し言ってた。

これは、重りを戻す時(いわゆるネガティブ)で粘るってことだが
フリーウエイトのリアル筋力を実践してきた身からすると、???って感じだった。

何故なら、
フリーウエイトのリアル筋力における定義は、最大筋力位での静止であり
ネガティブでの負荷は、ボディービル系筋トレのテクニックだからである。


だが、その疑念は直ぐに晴れた。

他には何も意識せず、受けることを繰り返していると
軽い重りでも、これまでとは全く違うように効く。


その理由は、
マッスルラインというマシンが、最大筋力位の範囲でしか動かないように設計されているからだと思う。

つまり、
同じネガティブの負荷でも、全く質の違うものであり
「自然に、最大筋力位で重さを受けることが出来る」ということ。


その時に、
何故に、フリーウエイトのリアル筋力では筋肥大しなかったのかということが解った。


頭では、最大筋力位で重さを受けるということを理解していても
体が付いてこなかった。

具体的に書くと、足腰の強さ。


当然だが、
フリーウエイトだと、軌道が不安定になるし体を支えるものが殆どない。

なので、それを補うのに足腰の筋力を使うが
目的の筋肉に重さを乗せようとしても、先に足腰が負けてしまっていたのである。


これは、マッスルラインを使い込んで更に実感した。

なので、最近は腰の強化のためにデッドリフトなども始めたが
それには、イージーマッスルデッドが役立ってる。


足は、まだまだだが
それも、時が来ればやる気になるだろう(^-^;

筋トレ開始から、2年と3ヵ月。
このマッスルラインとの再会が、大きなターニングポイントとなる気がする。





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(汎用性)

マッスルラインの、もう一つの特徴は
シンプルが故に、汎用性があること。

例えば、先のイージーマッスルラットなら
手の向きをパラレルにして脇を締めると、三角筋後部に入るし
画像のマッスルプッシュダウンなんかは、
上腕三頭筋用のマシンなのに、肩や背中や上腕二頭筋まで出来る。

muscle13.jpg


おまけに、このコンディショニングラインも筋トレに使えるから
工夫すれば、バリエーションは無数にある。

conditioning-gym-kensuke20180906_1.jpg



もちろん、ウェイトスタック式のケーブルマシンやハンマーストレングスでも
追い込めるし、筋肥大もするとは思う。

だが、負荷の掛かり方や関節への負担は明らかに異なる。

経験が浅いと無理かもしれないが、
筋トレ歴が3年ぐらいある人なら、このマシンの良さが解るだろうし
一度使ったら、病みつきになると思う(笑)





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(ハンマーストレングスとの違い)

マッスルラインの最大の特徴は、
プレートローディング式の、レバレッジマシンであること。
(一般のスポーツクラブにあるのは、ウェイトスタック式のケーブルマシン)

簡単に書くと、シーソーみたいなテコの原理を使ったものだが
下記ページを読んでもらうと解りやすいと思う。
http://www.aeon-mall.co.jp/FitnessShop/news-m4.html


代表的なのは、
ゴールドジムや、コアなジムにしか置いていないハンマーストレングス。

通ってたゴールドジム南大沢東京にも、下記の4台があった。
ワイドチェスト、インクラインプレス、フロントプル、ロウイング

img-1534833080.jpg


ただ、同じプレートローディング式のレバレッジマシンなのに
見た目や使用感は、かなり違う。

例えば、背中を鍛えるマシンだと
ハンマーストレングスでは、このフロントプルだが

frame_color_6931,second_frame_color_436,upholstery_color_7126


マッスルラインだと、このイージーマッスルラット。
(画像は、こちらから拝借https://std-andante.jimdo.com/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E7%B4%B9%E4%BB%8B-%E2%85%A2/

image.jpg

小さいし、シンプルだし、飾り気はないしで
ホントに、これで効くの?って感じ(^-^;


見た目だと、力点が手か肘かの違いだけだが
使用感は、まるで違う。

ハンマーストレングスのフロントプルは、ゴールドジムでよく使ってたんだけど
イージーマッスルラットを使い込んだ後に、改めてやってみたら
何だか疲れるだけで、効いてる気がしない。

軽い重りだと、スカスカで効かないし
かといって、重くすると凄く疲れるみたいな。


それは、ウェイトスタック式のケーブルマシンでも同じで
このラットプルダウンなんかも、やる気がしなくなった(^-^;

20160314233549.gif


前の記事で、背中が発達したと言う様なことを書いたが
それも、このマシンのお蔭かなと思う。





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(デカくなった?&ゴールドジム休会)

CA3I4135.jpg


う~む。
間違いなくデカくなってる。

それも、
ゴールドジムに通ってた頃よりも早いペースで。


CA3I4131.jpg


特に、三角筋の前部と後部が発達して
肩がデカくなると共に、肩幅が広く見えるようになった。


あと、人からよく言われるのは背中。
自分では見えないけど、脇の下を触るとモッコリしてる(笑)

胸は前からあったから、正面から見ると逆三角形だったんだけど
後ろからでも、そうなってるらしい。


こうなると、もっと続けたくなる。
なので、とりあえずゴールドジムに休会届を出してきた(笑)

次は、マシンの使用感などを書いてみたいと思う。





鍛錬マッスルラインを、約2週間使ってみての感想(疲れ・筋肉痛・ケガ)

まず、やはり疲れない。
余計な体力を使わなくて済むというか、効率が良いというか。

それを、更に実感したのは
久々にゴールドジムでボディービルトレーニングをした時。

前は、ベンチプレスからスタートして色んなマシンを使ってたんだけど
その気が起きなくて、ベンチばかり10セットやって帰ってきた。

疲れるのがわかってるから、なるべくやりたくないって感じ(^-^;


次に、筋肉痛が来ないこと。
これも、ゴールドジムでのボディービルトレーニングの後に実感した。

マッスルラインだと、どんなに追い込んでも筋肉痛にならないが
先のベンチの翌日から、胸が酷い筋肉痛になった。
(中二日空けた今日も、まだ痛い)

筋肉痛が来ないと、なんだか不安になるが
筋肉痛になったからといって、筋肥大するものでもないし
目的部位の筋肉の張りや疲労は感じているので、問題ないと思う。


それから、ケガをしないこと。

自分の場合は、リアル筋力を知っているので
筋力を発揮できない位置で粘るようなことはしない。

なので、他の人よりもケガは少ないと思うが
それでも、バイクでのケガの後遺症が残る右肘なんかは
上腕二頭筋や三頭筋のトレーニングで、慢性的に痛かった。

それが、マッスルラインに集中するようになってからは
ほとんど気にならなくなった。


続く





町田コンディショニングジム健介主催の、リアル筋力無料セミナー。

それともう一つ、ついでに?(^-^;

ちょっと前の話になるけど、
10/21に、町田コンディショニングジム健介主催のリアル筋力無料セミナーに参加してきた。

44393582_346929886061345_1581861679459729408_n.jpg


様子は、動画で見てたし
自分も、大岡さんにやってもらったことはあるんだけど
実際にセミナーへ参加するのは初めて。

そこで思ったのは、
やっぱり、大岡さんは技術者であり物理学者でもあるってこと。

それは、筋トレマシンの設計や製作から始まって
体のことだけを考え続けてきた、結果なんだろうと思う。


とにかく、話に筋が通ってて
曖昧なところがない。

外傷以外のケガでは、病院には行かないで下さい!なんて言ってたけど
本当に、その通りだと思う。


盲目的に何かを信じることほど、愚かなことはない。
例えば、地位とか名声とか資格とか。

極論を言えば、そんな物は金で買える。

信じるのは、自分が経験したことのみ。
自分の目で見て、耳で聞いて、体で感じたことだけ。

そう思えない人が、偽物に騙される。


と、話が変な方向に行ってるけど(笑)
真面目に、大岡さんもリアル筋力も本物だと思う。

それも、超一流の整体師。
(自分では、そう言ってないけど(^-^;)


そして、リアル筋力のコンディショニングマシンは
その手技を再現したもの。

自分は、そう思う。


嘘だと思うなら、セミナーに参加してみればいい。
無料だし、勧誘やもちろん洗脳もない。
(その気配があったら、逃げればいいだけ(笑))

重ねて言うが、信じるのは自分だけ。
そう思える人だけが、本物と出会えるのである。





鍛錬マッスルラインを使って驚いたこと。

あと、もう一つ。
マッスルラインを使って驚いたことがある。

それは、
疲れない事と、筋肉痛や腱の痛みが治ってしまうこと。


例えば。
今は、2時間ほどトレーニングしてるが
ゴールドジムでそんなにやったら、ヘロヘロになって何もやる気が起きない。

だが、マッスルラインだと殆ど疲れがなくて
逆に、調子が良くなる。


それを如実に感じたのは、
訳あって、昼間と夜の2回トレーニングした時。

昼間は、ベンチとフライでけっこう胸を追い込んだのに
夜に上腕三頭筋のプレスダウンをやったら、やけに軽く感じる。
調子に乗ってウエイトを増やしていったら、上限まであと少しの70キロまでいってしまった(笑)


それと、
先週の金曜日は、ゴールドジムで上腕二頭筋のトレーニングをしたんだけど
その時に、インクラインダンベルアームカールでもの凄い筋肉痛になった。
(腕を完全に伸ばせないくらい)

それが、土・日・月と治らなかったのに
月曜の夜に、軽くイージーマッスルカールをやったら
次の日の朝には、ほぼ筋肉痛がなくなってた。
嘘みたいだけど、ホントの話(笑)


この二つの理由は、
たぶん、マッスルラインの動きが自然な体の使い方だからだと思う。

これは、ボディービルを本格的にやってる人なら解ると思うが
特定の部位に効かせようとすればするほど、不自然な動きになる。
例えば、アームカールで反動を使わずに肩を固定して肘だけ動かすとか。

それはそれで正解だとは思うが、
日常生活で物を持ち上げる時は、必ず反動を使い肩も動かす。

つまり、不自然=健康には良くないということである(^-^;


もうちょっと言えば、日常生活以外のこと
例えば、スポーツ全般は体には良くない。

プロスポーツ選手が、ケガをして引退なんて話はよく聞くし
アマでやってても、もちろん同じ。


そんな風に考えると、
たとえ筋肥大が期待できなくても、ボディービルトレーニングのケアには最高だと思う(^-^;





久々に鍛錬マッスルラインを使った感想。

続いて、マッスルライン。

まずは、この動画からどうぞ(笑)




このマッスルラインは、前にリアル筋力ジムに通ってた時にもあったんだけど
いま使ってみると、その時とは全く感覚が違う。

その理由は、
多分、ボディービル系のトレーニングに集中し色々なマシンを経験したから。

つまり、
効かせ方や追い込み方なんかを、体が覚えたってこと。


そう思うには、他にも理由がある。

先の動画の中で、マッスルラインを絶賛している人達もそうだが
フリーウエイトのリアル筋力トレーニングが効いたという人達も、
ボディービルトレーニングの経験があるから。

裏を返せば、
リアル筋力トレーニングを否定する人達は、
経験が浅くて、効かせ方や追い込み方を知らないか
それが長くても、本質を理解できていないかのどちらかだと思う。
(自分がそうだったので、よく解る(^-^;)


ただ・・・
このマッスルラインが、どれだけ筋肥大に有効かは未知数。

ゴールドジムに通って5ヵ月、
この間に、確実に筋肥大はした。

特に、肩が大きくなり腕も太くなったが
それも、豊富な種類のマシンや器材で様々な刺激を与えたからだと思う。

その答えも、やってみないと出ないので
しばらく、集中して続けてみるつもりである。





町田コンディショニングジム健介に入会を決めた、もう一つの理由。

あと、入会を決めた理由はもう一つある。

それは、嫁さんにトレーニングさせたいから。

自分よりも3歳年上で、おまけに普段は何も運動をしないから
体に相当なガタが来てるはず。

それに、同居家族1名追加につき10,000円でOK!なので
自分が入会して追加すれば、一人月々2000円ちょっとの出費で済む。
(普通のスポーツクラブでも、こんなに安い所はない(^-^;)


整形外科や整体に行ったら、1回でそれ以上掛かるし
何より、予防なのだから全く質が違う。

つまり、
痛い思いをしてから治すんじゃなくて、
痛い思いをせずに、健康でいられるってこと。

それが、最もお金の掛からない方法でもある(^-^;


参考(笑)

1_20181103172813dfc.jpg





鍛錬コンディショニングマシン&町田コンディショニングジム健介入会

まず、コンディショニング。

それが、どういうものなのかは
この動画を見てもらえると解りやすいと思う。




動画の中に出てくる人達は、高齢者が多いし
介護予防マシンと謳われているので、若い自分には関係ないと思うかもしれない。

だが、
成長が止まった時点で、老化は始まっているし
腰痛などの関節痛は、体が発する危険信号。

その症状は徐々に進むから、
自分で気付かないだけなのである。


特に自分なんかは、元々腰痛持ちだし
バイクで転んで、体中が後遺症だらけ(^-^;
坐骨神経痛、肩こり、膝痛なんかに悩まされてきた。

もちろん、整形外科や整体にも通ったが
一時的には良くなっても、直ぐに元に戻る。
そんなことを繰り返していた。


そして出会ったのが、リアル筋力。

自分は、筋トレからその存在を知ったが
実際にマシンを使ってみると、動画の中にあるような不思議なことが次々に起こる。

それから3ヵ月は、
毎週の様に、車で片道2時間半かけて大田区大森のジムまで通った。

それが、2017年の2月頃から5月頃の話。
体の調子が良くなってしまったのと、
遠いこともあり、足が遠のいてしまった。


一時は、ジムの経営を考えたこともあったが
(自分が使いたいので(笑))
諸々の事情で断念。

それから1年半ほど。
ウチから車で10分なら、行くっきゃないでしょう!って感じ(笑)


ここも無料体験をやってるので、久しぶりにマシンを使ってみたら
体が前の感覚を思い出したようで、ムズムズして仕方ない。

ということで、直ぐに入会を決めた(笑)





筋トレ開始から2年と2ヵ月&町田コンディショニングジム健介

筋トレ開始から、2年と2ヵ月経った。

CA3I4063.jpg
CA3I4064.jpg


ちょっと前までの、ベンチブレスブームは去って
今は、コンディショニングとマッスルラインブーム(笑)

というのも、
9月の半ばぐらいに、ウチから車で10分ぐらいの所にリアル筋力ジムがオープンしたから。

それが、
このところの筋トレ日記に書いてる、町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/

次で、ちょっとその辺のことを書いてみようかと思う。





猿ヶ島を走るとバイクが壊れる(笑)&リムずれ。

今週末も走るので、バイク整備。


CA3I3894.jpg

タイヤの空気入れて、チェーンオイル塗って、エンジンオイル交換して
フロントブレーキのタッチが良くなかったので、フルード交換して
ってやってたら、何やら違和感が。



自作のリアディスクガードが割れてた(^-^;

CA3I3891.jpg


これは、ステーを作ってセローのチェーンガイドが付くようにしたもの。
けっこう強度があるので、それが割れるとは思ってなかった。


ちなみに。

この数か月は転んでないし、岩にぶつけた覚えもない。
もちろん、前回走った時もそう。


では、何で割れるのかというと・・・

石が敷き詰められた河原を飛ばしてると、
たまに、フロントタイヤが石を巻き上げる。

これが、リアディスクに当たるのである。


見ている人の話によると、
薄暗くなると、火花が散っているらしいし
そのせいで、リアディスクを何回も曲げた(^-^;

なので、YZ250FXにはアルミのシャークフィンを付け
パーツの売っていないセローは、自作した次第。


ガードが割れてくれたおかげで、ディスクは無事だったので
ストックのチェーンガイドを付け直した。

CA3I3892.jpg


誰かが、「猿ヶ島を走るとバイクが壊れるから嫌だ」って言ってたらしいが
確かに壊れる。

転んだりしなくても(笑)



あと、こんなのも見つけた。

CA3I3893.jpg


口金が斜めって、リムに当たった跡。


ビーストニ個付けなんだけど、
タイヤをリムにビス止めでもしない限り、ずれるものはずれる。

なので、口金のナットを上にあげて固定してる。


こうすれば、チューブの口金部分が裂けることはないんだけど
ここまで行ったのを見るのは初めて(^-^;


ちなみに。

口金が斜めになってるからって、直す人がいるが
特に必要はない。

何故かというと、
加速でずれても、ブレーキングでまた元に戻るから。

というか・・・
走ってる間は、常に動いてるから
直しても意味がないのである(笑)





筋トレ開始から1年と11ヵ月&ベンチプレスブーム(笑)

筋トレ開始から、1年と11ヵ月経った。

ちょっと前までは、上腕三頭筋と肩(三角筋)ばっかりやってたけど
今は、ベンチプレスブーム(笑)


ただ、これも上腕三頭筋と肩に繋がってはいる。

何故なら、
ベンチプレスは、胸だけじゃなくて三頭と肩も使うから。


ケーブルマシンで、これでもかっていうぐらい三頭と肩をストレッチ&パンプさせて
ベンチプレスで、重いのを乗せる。

ケーブルで三頭と肩がヘロヘロになってるし、肩を痛める可能性が高いから60キロまでだけど
それでも他の種目と比べると高重量ではあるし、追い込みもしやすい。



そのせいか、肩は大きくなってきてると思う。
特にフロント。

CA3I3873.jpg



上腕は、相変わらずって感じだけど
それも、三頭が下まで伸びてくれば変わるかな?と。

CA3I3874.jpg




最近はバイクにもよく乗ってて、ちょっと集中できなくなってる感じだけど、
それも、インターバルを取るっていう意味では良いことかもしれない。

筋トレ開始から2年まで、あと1ヵ月。

行けるところまで行こう。






  1. 無料アクセス解析