ワイパーのびびり対策と調整

ウチのハイゼットジャンボも、新車から3年経って
ワイパーのゴムが切れてしまいました。

なので、新品のブレードと交換したものの・・・
何故か、びびり音が酷い。

それも、左右とも。


そのうち馴染んで、音がしなくなるかも?と思ったんですが
全く変わらず。

そこで、ネットで色々と調べてみると
びびり防止のケミカル類は、殆ど効果がないとのこと。

そんな時に行き当たったのが、このページ。
http://minkara.carview.co.jp/userid/1669626/car/1240169/2127741/note.aspx

みんカラに投稿されているものですが、
この通りに、ワイパーアームを調整したら
思わず「あう!」なんて変な声が出てしまうほど、劇的に音が消えました(笑)

先人の知恵に感謝ですm(__)m

CA3I2351.jpg





Amilliastyle CREE製 18W LED作業灯

荷台にLED作業灯を装着。
CA3I0237.jpg

ホームセンターで売ってるクランク金具?と、ねじり金具?を使ったら簡単についた。
CA3I0238.jpg

必要以上に明るいんだけど、
18Wしかないからリレーをかます必要もなく、電源もカーステの常時電源から取った。
CA3I0203.jpg

スイッチは、ミサイルスイッチ。
カバー付きだから誤操作がないし、LED付きだから消し忘れも防げる。
CA3I0235.jpg
CA3I0220.jpg



本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm





ダイソー滑り止めシート改ダッシュマット

作ったのは春先なんだけど、
知り合いに、夏の暑さで溶けると脅されていたので
実際に、ひと夏すぎてからアップ(笑

006 (4)


結論を書くと、特に問題なし。
同じ滑り止めシートでも、熱に強い物と弱い物があるようだ。

012 (2)

このダッシュマットの良い所は、
とにかく安い!(もちろん100円)
物を何処に置いても滑らない!(滑り止めシートだから当たり前だけど)

そして、使ってみて解ったのが
デフロスターの穴を開けなくて済む!(網目状になっているから)
(笑


007 (4)


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm





カーメイト(CARMATE) RAZO GTスペック ペダルセット MT-S カーボン&レッド RP104RE

軽トラのペダルは、もの凄く小さいので装着。
色で選んだら、シフトノブとお揃いの高級品?になった(笑

ただ、軽にはサイズが大き過ぎて
ギリギリなんとか装着できるレベルだから
あまりお勧めしない(^_^;)

装着前
012_2014041002045772f.jpg

装着後
013_2014041002045914a.jpg


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







MOONEYES アンテナボール

車高2m制限の駐車場で、天井に当たらないようにセッティングしたら
目立たなくなった(^_^;)

010 (2)

011_2014041001512507e.jpg


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







MOONEYES Speeding.there is no excuse / Back off For Safety ライセンス フレーム

ブラックフレームに赤い筆記体の文字がポイント。
意味はよく解らないけど(笑

009 (3)

003 (5)


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







AutoGauge SM60Φ スモークレンズ

飛ばしてる時はタコメーターなんて見てないけど。
いちおうマニュアルだし、安かったからインテリアとして(笑
(送料込みで3200円)

002_20140410012841542.jpg


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ダイハツ(純正) メッキドアミラーカバー

これも定番のメッキミラーカバー

029_2014041001332996e.jpg


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ダイハツ純正メッキグリル

ハイゼットジャンボ弄りでは定番中の定番。
これがないとウーパールーパーみたいだし(笑

030_20140409225449543.jpg


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ハイゼットジャンボ アクセルを鈍く重くする加工

ハイゼットジャンボに乗り換えてからの、なんだか運転してて落ち着かない感じ。
その原因の一つは、フットスペースの狭さだったんだけど
これは、シートを後ろに移動させることでほぼ解決した。

が、
もう一つの原因の方が重大だったりする・・・


それは、アクセルペダルの敏感さと軽さ。

アクセルっていうのは、ある程度鈍さと重さがあった方が操作しやすい。
ペダルを踏んで直ぐに反応してしまうんじゃ、走りがギクシャクするし
軽いと、足の重さを乗せただけでエンジン回転が上がってしまうので
いつも足に、重さを抜く力を入れていなければならないから。

これが元気な時ならいいんだけど・・・

疲れてる時にも、足に力を入れていなければならないし
ギクシャクしないようにするにも気を遣う。

それになにより、定速走行が辛い。

足をペダルに乗せっ放しにしておくと
急加速したりスピードが出過ぎたりしてしまうから
いちいち足を離して、また乗せての繰り返し。

こんなんじゃ、いくらポジションを弄っても
リラックスして運転できない。

ということで、アクセルが鈍く重くなるように加工してみた。


まず思い付いたのは、先代ハイゼットS200P。
(売りに出す準備中なんで、まだウチにある)

これはオートマなんだけど、すごくアクセルが鈍くて重くて操作しやすかった。

なので、
その違いがどこにあるのか、アクセル周りを分解して較べてみた。


意外なことに、ペダル周りの部品はほぼ共通。
フロアからの高さや角度なんかも変わらない。
(ペダルのリターンスプリングの巻き数が違うが、張力は同じぐらい)

ハイゼットジャンボS201P
001_201404062249081e5.jpg

ハイゼットS200P
002 (2)

唯一違うのは、内部にあるレバー。
(ワイヤーを引く白い樹脂製の部品)
これの、ペダル側の穴の形状が違う。
004 (3)

アクセル周りを外した状態で動かしてみると、
S201P用(写真右)は遊びがなくてダイレクトにレバーが動くが
S200P用(写真左)は、少しガタがある。

これが違いか!っと思って、部品を入れ替えて試乗してみると・・・
(穴以外の形状も微妙に違うが、互換性はある)

確かに、ちょっと足をペダルに乗せても回転数が上がらなくなったが
重さは変わらない。


そこで、外したワイヤーを手で引っ張ってみると・・・
明らかにジャンボの方が軽い。

う~ん。
これは、エンジン側のリターンスプリングの張力の違いなのか・・・

そこまでだと手間が掛かり過ぎるので、他の方法を考えてみる(^_^;)


ペダルのリターンスプリングを張力の強い物に換える
張力が強くなるように、スプリングストッパーの引っ掛かる位置を変える
スプリングをもう1本追加する
etc・・・

が、
どれも失敗(笑


そして最後に考え付いたのが・・・
ゴムを追加して重くする方法。
(ものすごくチープで簡易的だけど(^_^;))
バイクのタイヤチューブを切って、片方をペダルの棒に引っ掛け
もう片側をカバーと車体の間に挟んで止めた。
006 (3)


この状態で試乗してみると・・・
これが中々いい(笑

適度な重さで、
足をペダルの上に乗せっ放しにしていても加速したりしないし
重さの調整も自由自在(笑


樹脂製レバーをオートマ用にすることで、敏感だったものが鈍感に
ゴムチューブを追加することで、軽かったものが重くなり
結果として、リラックスして運転できるようになった。


<追記>

後日、荷物(100キロ程度のバイク)を積んで走ってみたら
発進時のクラッチワークが難しくなってた。
(ペダルを踏んでから回転が上がるまでにタイムラグがあるので
アクセルを多めに踏まないとエンストしそうになる)

やっぱり、
軽トラは、荷物を積んだ時に丁度良くなるように設計されているみたいだ(^_^;)


<追記2>

更に後日、
試しに、レバーはノーマルでゴムの張力を強くしてみた。
(エンストしそうになるのが気になっていたので)

が、
やっぱりアクセルが敏感すぎて走り難いので
元に戻した。

その後は、いつの間にかエンストしそうにならなくなってた。
足が勝手にタイミングを覚えたらしい(笑



本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ハイゼットジャンボ シートを後ろに移動する加工

ハイゼットジャンボは、
現行軽トラックの中では唯一、シートがリクライニングする車種なんだけど・・・
実際に乗り始めてみると、なんだか運転してて落ち着かない。

その一つの原因が、フットスペースの狭さ。
(先代ハイゼットS200Pよりも狭い)

シートとペダルの間隔が短いために
足を折る角度が急で、窮屈に感じる。
(筆者は身長175cm)

それを改善するために、あちこち調べたら
シートスライド金具とシートベース(兼エンジンカバー)を止めているボルト穴を
後ろへずらすという事例が出てきた。

その例に倣い、ドリルで穴開け。


こんな感じ。
004 (2)


これで、シートが27mmバックした。
(元のシートスライド量が60mmだから、合計87mm)

008 (3)


たった27mmの差だけど、座ってみると大違い。
だいぶ足が楽になった。


でも・・・
まだ先代ハイゼットよりも狭い。

シート本体は、まだ後退させる余裕はあるから
シートスライド金具を加工すれば、もう1cmぐらいはいけそう。

それは、またそのうちやる予定。


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ジョイロード TOUR RX1 165/65R13

大陸製だと思う。
(製造国表記なし(笑)
4本で送料込み9320 円の激安タイヤ。


028_20140402202735b52.jpg

027_201404022027365e3.jpg

けっこうグリップするし
乗り心地も悪くない
バランスウエイトは多めだけど(笑


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ホイールリムラインステッカー&ホワイトレター

艶消し黒でホイールを塗り直して
ヤフオクで買ったホイールリムラインステッカーを貼って
ペイントマーカーでホワイトレター化。
(ホイールリムラインステッカーは、予めホイールのRに合わせてカットしてあるし
四分割になってるから普通にラインテープを貼るよりも簡単)


028_20140402202735b52.jpg

027_201404022027365e3.jpg


これで、タイヤ付き4本で19800円のメーカ不明アルミホイールが
ちょっとナスカー風に変身(笑


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm




メーカー不明アルミホイール

前の車からの引き継ぎ。

13インチ 4.5J オフセット+43

だけど、そのまんまじゃなくて
ちょっとお化粧(笑

028_20140402202735b52.jpg

027_201404022027365e3.jpg


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







カインズホームオリジナル 光る灰皿(笑

先代ハイゼットよりも、灰皿が更に遠く下の方になってしまったので。

003_20140327214030555.jpg

004_2014032721403112d.jpg

298円(税込)だけど、ソーラーだし自然消化だし何気に使える(笑


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







アルミ工具箱

前の車からの引き継ぎ。

今は大量生産で安いのがあるみたいですけど
10年前は手作りで3万ぐらいしました(^_^;)

010_2014032622395652e.jpg

軽くて丈夫です。
011_20140326223957fe1.jpg

ちなみに、荷台へボルト止めしてあります。
012_20140326223958112.jpg


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







100円ショップ ネックパッド

クッションタイプカバー取り付けのボロ隠しに使った、ネックパッド(笑

006_20140324022520c52.jpg


セリアっていう100円ショップで売ってた。

普通は、安くても1000円ぐらいするけど
105円(税込)

使用に問題なし(笑


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







荷台ゴムマット・あおりガード&鳥居アングル

軽トラへ荷物を積むのに必需品。


装着前
062_20140318005351737.jpg

装着後
052.jpg


その他にも、びっくりするぐらいの防音効果を併せ持つ(笑
(なんたって、5mm厚で重さ20kgもある)

これから、またデッドニングをしようと考えてるんだけど
たぶん、これがいちばん効いてるだろう(^_^;)


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ベッセル(VESSEL) トランスフォーマースポーツ ダブルクッション 8445

これは前から予定してたんだけど
ハイバックタイプのシートカバーの上に、赤黒のクッションタイプカバーを重ねた。
(黒グレーじゃ地味だし、クッションタイプのみだとサイド部分がカバーできないから)


装着前
069.jpg

装着後
008_20140324021315d3c.jpg


このクッションタイプカバーは、ハイバックタイプのシートには対応してないから
それなりに加工が必要。
(座面は問題ないけど、ヘッドレスト部分が固定できない)

これを解決するために、手近にあった太めのゴムバンドで縛り
100円ショップで買ったネックパッドでボロ隠しした(笑

006_20140324022520c52.jpg


で、実際の使用感。

もう、ずれるずれる(笑

裏が滑りやすい生地なもんだから
前後左右にズルズル。

ポジションやフィッティングがどうのと言う前に
落ち着かなくて仕方がない。

これを解消するために色々と考えたが
結論は、普通にシートへ固定しようとしても効果が薄いということ。

そこで、これも100円ショップで買ってきた滑り止めマットを座面の下に敷き
背もたれとの間にも貼ってみた。

そしたら、ピタっとずれが止まった。


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







ハイゼットトラックジャンボにバイクを載せてみる

一台積み。
これは、事前にネットで下調べしといたから
ノープロブレム(笑
003_20140322195437d7b.jpg


で、問題の二台積み。
ごく普通に積むと・・・
なんとか載ってる?
005_201403221952001bf.jpg

と思いきや
ディスクが当たってた(^_^;)
004_201403221951584a2.jpg

セローのハンドルをフルロックまで切って
WRのハンドルもフルロックまで切って
ちょっと寄せたら・・・
なんとか許容範囲内に。
(ラダーがちょっと飛び出ちゃうけど(^_^;))
009_20140322201648137.jpg
010_201403222016494cc.jpg

ちなみに、リアタイヤの位置はこの辺。
006_20140322195201a61.jpg

まあ、前も二台積みの時はあおりを半開きにしてたしノープロブレム(笑


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







RAZO GT SPECシフトノブ RA125

ハンドルに合わせてシフトノブも赤。

赤いのは、アルミなんかの金属であれば安いのがゴロゴロしてるんだけど
冬は冷たいからレザーのやつを探した。

その中で納得のいくものを選んだら
レースなんかでも使えるような高級品?になった(^_^;)


装着前
053.jpg

装着後
054.jpg

シフトパターンはメーターパネルに貼った。
055_201403212243508cc.jpg


純正は樹脂で軽いんだけど、
これはダイキャスト合金で270gある。
(単体で持つとズッシリしてる(笑)

で、実際のシフトフィールは
中々良い。
(流石に高いだけある(笑)

純正だと、半ば力を入れて押しこむ感じだけど
手の平や指先を使い、軽く押し引きするだけでスコスコっとシフトが決まる。


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







Airカーフ 編み上げハンドルカバー

軽トラなのにエアバッグ付きで、ハンドル交換は面倒だし
かぶせるだけのカバーだと、なんか太すぎるし
ということで、編み上げハンドルカバー。


装着前
074.jpg

装着後
075.jpg

今回は、小物に赤を入れていく予定。


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







VESSEL ノームシートカバー

シートを汚したくないのと、なんかミイラみたいだからカバーを装着(笑

今どき、ハイバックタイプのカバーなんてどこにも売ってない。
(ジャンボ専用品があるけど、1万円以上する)
あちこち探しまわって、やっと見つけた。


装着前
066.jpg

装着後
069.jpg

パッケージ
067.jpg


ヘッドレスト部分がダブついてるけど許容範囲内。
座り心地も良い。

まあ、一脚分で1380円と安かったし(^_^;)


本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm







NEWマシン導入!(笑

トランポを、ハイゼットトラックからハイゼットトラック「ジャンボ」に乗り換えました。

(色も同じ(笑)

前回同様、色々といじる予定なので

随時UPしていきます。

(本家トランポの部屋は、こちらhttp://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm


新旧2台並べて。

061_20140318005349dbe.jpg

062_20140318005351737.jpg





パイオニア カロッツェリア USB/チューナーメインユニット MVH-390

10年以上使ったソニーのMDX-C5200が、MDを読み込まなくなってしまった・・・

013_20140109204019828.jpg


ということで、最初はFMトランスミッターを買って

手持ちのiPodを使おうかななんて考えてたんだけど

色々と調べてみたら、今はもっと便利なものがあった。


それが、これ。

main01.jpg

パイオニア カロッツェリア USB/チューナーメインユニット MVH-390


定価7350円が値引きされて4739円。

FMトランスミッターも3000~4000円するから、殆ど変わらない。



で、早速買って

こんな感じで装着。


100円ショップ製のUSB延長コードを使って、フラッシュメモリを繋いだり

024_20140109212210d7b.jpg


これまた、100円ショップ製のステレオミニケーブルで

iPodを繋いで使ってます。

025_20140109212212ca9.jpg


ナイトシーン(笑)

018_20140109205507824.jpg



で、

ここでちょっと情報。

(自分も悩んだので(^_^;))


まず、

フラッシュメモリを繋いでいる100円ショップ製のUSB延長コード。


とりあえず使えますが・・・

たまに音飛びします(^_^;)

(直挿しの時にはなかったので、たぶんコードが原因)


次に、iPod。

ウチのiPodはシャッフルの第3世代なんですが、これがクセもの。


まあ、持ってる人ならご存知の通り

イヤホンコードの途中に操作部があるので

専用のイヤホンしか使えない。


ということは・・・

これをデッキとステレオミニケーブルで繋いでも

音量調節や選曲が出来ないってことでもあるわけで。


それを解決するのが、これ。

iLuv iEA15WHT iPod Remote with Third-party Headphones Adapter for VoiceOver

(すごく長い名前だけど、要はリモコン付ヘッドホンアダプタ)

51i6mE+DkrL__AA1500_.jpg

1580円で購入。



ということでした^^





軽トラック用自作サンシェード

構想3か月

製作1日

(笑


012b_2013082923315040a.jpg



軽トラは、

コストパフォーマンス高いし

使い勝手は良いし

で、重宝してるんですが・・・

難点は、日陰を全く作れないこと。


これまでは、

自立式のタープや、ビーチパラソルを使ったりしてましたが

設営と撤収に時間や手間が掛かったり

風で倒壊したり、飛んでいったり

日陰が少なかったり・・・

で、満足できるものではありませんでした。



そこで考えたのが、

荷台を覆ってしまうタイプの日除け。


課題は、

設営と撤収に手間が掛からないこと

風に強いこと

そして、

安く、簡単にできること(笑



ベースは、1980円で買った

壁に立て掛ける方式のサンシェード。

a06444-002.gif

生地がメッシュなので、風に強く

(風が通るので、はらまない)

ステンレスのポール付きなので、縦方向の支柱がいらない

そして、安い!

ということが、導入の決め手でした(笑



これを、試しに荷台へ乗せ

考えること、3か月。


前側は、車の鳥居へ乗せてしまえばいいとして

後ろ側の支柱をどうするか。


いつも積んでる、折り畳み式のラダーを利用するとか

市販のイレクターパイプを組むとか

木で作るとか

色々と考えたんですが・・・


ふと思い出したのが、

物置で肥やしになってる、10年物ドームテントのフレーム。

それを、荷台の内側に立てたらどうか?



ということで、こうなりました。

009_20130829233345100.jpg



強度を高めるために二本まとめて、ゴムバンドで固定。

(ゴムバンドは、古チューブを切って再利用)

008_2013082923334303f.jpg


外側から見ると。

006_2013082923342843d.jpg


天井部分も、ゴムバンドで固定。

007_20130829233341e7b.jpg


前側は、真ん中のポールだけゴムバンドで固定。

(横は、100円ショップの自転車用ゴムひもで固定)

011_2013082923335146e.jpg


ドームテントのフレームは、ぜんぶ繋がったまま折れるので

かさばらなくて良いです。

015_20130829233157569.jpg


収納時。

(ドームテントのフレームは、中に巻き込んじゃいます)

016_20130829233159715.jpg




これで、

荷台は無加工で

支柱を製作することもなく

何より、安く作ることができました(笑


013_20130829233153535.jpg


014_20130829233155116.jpg




使ってみた感想は、

日陰が多く、風通しが良くて快適!

(居心地が良過ぎるぐらい(^_^;))

設営と撤収が簡単!

(慣れれば、設営・撤収共に数分)

風に強い!

(メッシュ生地と、しなるフレームが効いてるみたいです)

でした。


軽トラをトランポにしていて

「日陰が欲しい~」っとお思いの方は、

これを参考に、自作してみて下さい^^





スピーカー取り付け

ここんとこ仕事ばっかりだったから、ちょっと気晴らし。

ハイゼットに、もらったドアスピーカーを取り付けた。

(オイル交換と車検以外では、車をいじるなんて久しぶり)


で、

またまた、カテゴリーを増設(^_^;)

「トランポの部屋」の続き。



元は、こんなしょぼいスピーカー。

(純正の10cm)

CA360775.jpg


付けたのは、これ。

CA360773.jpg

乗用車用みたいで、かなりでかい。

(13cmぐらい)


穴の大きさが合わないし、取り付けビスの間隔も違うから

最初は、無理かな~・・・なんて思ったけど

CA360774.jpg

タッピングビス&電動ドリルドライバーで、ギュイ~ンと。


ポンで付いた(^_^;)


なんか間違ってるような気もするけど・・・

気晴らしだからOK(笑


もらいものだけど、ちゃんとしたスピーカーになったし

デッドニングなんかもしてあるから、

軽トラにしては良い音になったんじゃないかと思う。


ちゃんと、高音も聞こえるようになったし。




さて、

夜は長い。


明るくなるまで仕事だ。




ハイゼットのバッテリー

DSCF0008.jpg

ハイゼットのバッテリーですね。

上が新しいので下が古いのです。

H14年式だから5年ほどがんばってくれたんですが、ここのところの冷え込みに耐えられずお役御免です。

セルが回らなくなってもJAFを呼んだりお湯を掛けたり騙しながら使ってたんですが、最後にあがった時はWRと繋いで充電しました(^^;

元々付いていたバッテリーは28B17L。

新しいのは40B19L。

サイズが違います。

車に詳しい方ならご存知だと思いますが、バッテリーは汎用品なので端子の極性位置と箱のサイズが同じなら使えちゃうんです。

書くのが面倒なんで詳しくはこちら

DSCF0006.jpg

更にハイゼットは寒冷地仕様があるのでステーさえ変えればもっと箱が大きくても載るみたいですね。

まあこれ以上大きくしてもあまり意味ないですが(^^;

それと40B19Lというのは乗用車でよく使ってるサイズのようで、価格が安いんです。

28B17Lだと安くても4400円のところが最安は1400円でした。

(1400円はバッタ物なので使いませんが)

私の買ったのはリビルト品(外国産新品を越えた国産コア使用「還元液混入」リビルトバッテリーだそうです)で2100円でした。

それにしても車の部品てバイクの部品に比べると激安ですよね。


もう一つ、ちょっと前の話ですけどステッカーを増やして飾ってみました。

リアガラスにスモークフィルムを貼って、おなじみのトレードナンバー。

リアゲートには屋号を。
CA281966.jpg

ここにもちょこっと。
CA281969.jpg

1年?ぶりに車の洗車をしたので記念撮影(笑
CA281967.jpg

やっとこ35000キロを超えたところなので、まだまだがんばってもらいましょう^^




  1. 無料アクセス解析