トレーニング日記(1年と9か月&新しいヨガの形)

久々のトレーニング日記。

このところは、DRSの方に集中していたから更新していなかったが

トレーニングは続けていた。



ボディクリエイトを始めてから1年ほど。

これまで、自分が何をしてきたかが解ったので記しておく。



スポーツクラブに行くと、決まって向かうのは

ストレッチスペース。


それから、1~2時間は

ほぼ、そこから出ない。



まずは、足のマッサージ。

手と足の指で握手をし、足の指の間を開く。


そのまま、足裏を揉んだり

足の筋を伸び縮みさせたり。



次に、足首・脹脛・太腿のマッサージ。

骨とアウターマッスルの間にある、インナーマッスルを解していく。



次は、上半身のマッサージ。

怪我の後遺症の残る右肩を中心に

首・肩・腕・背中・腋を解す。



そして、ここからが本番。

トレーニングチューブを使ったストレッチ。


とにかく、ありとあらゆる筋肉やスジに抵抗を掛けるが

これは、チューブを引っ張ることで筋肉やスジに負荷を与え

無意識の内に、インナーマッスルを反応させることが目的である。



この時に大切なのが、集中と呼吸。

目を閉じて意識を集中し、深呼吸を繰り返しながら

体の声を聞く。



チューブで抵抗を掛け、ゆっくりと関節を動かしていくと

その内、痛いながらも気持ちの良い場所に行き当たる。

(これを略して、痛気持ちいい=イタキモチイイと言う(笑)


そこが、筋肉やスジが硬くなってしまっている場所なので

しばらく、その状態を維持する。


そうすると、気持ち良さが薄れ

痛みだけが残る瞬間が訪れるが

それが、筋肉やスジが解れた合図である。



こんな、

傍から見ると「何やってんだろう?」なんてトレーニングを続けて

ほぼ1年。


まず変わったのは、体調。

昔は、体調の良くない日が殆どで

良いと、「あ。今日は体調がいい!」なんて喜んでいたが

今は、完全に逆になり

体調の良くない日は、殆どない。



それを痛感したのは、

足の指を折って、まともに歩けなかった2週間。


直ぐに胃腸の調子が良くなくなり、がっくりと体調が崩れたが

体調が良いのが当たり前になっていたので、精神的にも辛かった。



次に、持病である坐骨神経痛と怪我の後遺症。

完治までは遠いが、腰は殆ど気にならなくなってきたし

右肩と左足首も治癒の方向にある。


そして、それと共に

姿勢が良くなっているのを、自分でも感じる。


骨盤が締まり

背骨がS字カーブを描き

胸を張り

胸郭が上がった

良い姿勢。

それが、自然に出来るようになった。



最後に、筋力。

足の指の骨折も癒え

バイクに本格的に乗り出した。


最近は、なんとなく06’WRに乗ることが多いが

前よりも、パワーやサスの硬さを感じない。


そして、

体も疲れ難くなっている。



この1年は、

上記の様なマッサージやストレッチだけで

ランニングやウエイトトレーニングは殆どしていない。


それでも、

体調や姿勢が良くなり、筋力が上がったのは

硬くなってしまっていた筋肉やスジが解れ

インナーマッスルが鍛えられたからだと思う。



目を閉じ、意識を集中する=瞑想

深呼吸を繰り返す=呼吸

トレーニングチューブで筋肉やスジに負荷を与える=刺激


瞑想・呼吸・刺激

これは、新しいヨガの形かもしれない(笑





4/11(木)~5/22(水)トレーニング日記(1年と4か月&背骨のS字&「自主」と「継続」)

4/13(土)は、相模川で走行。

4/14(日)は、相模川で走行。

4/17(水)は、ボディクリエイト60(32回目)

4/21(日)は、相模川で走行。

4/24(水)は、ボディクリエイト60(33回目)

4/28(日)は、糸魚川でウオーキング(笑

5/1(水)は、ボディクリエイト60(34回目)

5/2(木)は、市営体育館でボディコンディショニング。

5/3(金)は、相模川で走行。

5/4(土)は、相模川で走行。

5/5(日)は、相模川で走行。

5/6(月)は、相模川で走行。

5/8(水)は、ボディクリエイト60(35回目)

5/12(土)は、相模川で走行。

5/15(水)は、ボディクリエイト60(36回目)

5/18(土)は、相模川で走行。

5/19(日)は、相模川で走行。

5/22(水)は、
ボディクリエイト60(37回目)
パーソナルトレーニング


ということで、
今月は(4/10~5/9)
スポーツクラブ5日
市営体育館1日
走行7日
ウオーキング1日
合計14日


これで1年と4か月。

スポーツクラブは、完全に週一くんになった(笑



まあ、これも自然な流れ・・・

っていうのを、つい最近感じた。


19の日曜は、

06’WRに乗って、けっこう体に負荷を掛けたんだけど

そんなに疲れなかった。



が、

月曜は、やけに体がダルかった。



そして、火曜。

ちょっと重い荷物を持って、体を捻ったら・・・

グキっ!と腰に激痛が。


その後は、咳をするだけでも痛くて

体を動かすのが辛かった。



水曜になって、やっと痛みが引いてきたので

腰を動かしてみると・・・


何故か、

骨盤を立て、背筋を伸ばしていると楽になる。

(普通は、痛くて腰を伸ばせない)


それと、これまでは片側だけに来ていた痛みが

両側の、それも奥の方にきていた。



この時に、今回の腰痛の意味が解った。



前にも、

落ちていた右肩が、急に上がったということがあったが

今回も、それと同じだと思う。


その時は、ストレッチで解れていた肩周りに

バーベルを担ぐという刺激が入り、急に肩が上がったが

今回は、バイクに乗って負荷を掛けたことにより

腰周りに刺激が入ったのだろう。



その証拠が、

「骨盤を立て、背筋を伸ばしていると楽になる」

ということ。


そして、

これまでになかった感覚が、それを確かなものとした。



それは、

背骨のS字を感じられるようになったこと。



今までも、骨盤を立てるように意識はしていたが

更に、その先があった。


骨盤を立てても、肝心な背骨がS字にならず

C字になってしまっていたのである。




水曜は、この報告とお礼も兼ねて

ボディクリエイトインストラクターのパーソナルトレーニングを受けてきた。


今回は、体の調整をしてもらったが

体中に激痛が走った。


これも、体が治るには必要な痛み。

そう思って我慢した(笑




<あとがき>


ここまで来るのに、

ボディクリエイトを始めてから7か月掛かった。


でも、良くない姿勢(猫背)を30年以上も続けていたのだから

早い方だろう。



それも、

「毎日、自主的にトレーニングをしていた」

からこその結果。



「自主」と「継続」

それが、最も大切なことだと改めて思う。





3/20(水)~4/10(水)トレーニング日記(1年と3か月&まだまだ、変わり続けるぜ!)

3/20(水)は、相模川で走行。

3/21(木)~3/22(金)は、お休み。

3/23(土)は、相模川で走行。

3/24(日)は、相模川で走行。

3/25(月)~3/26(火)は、お休み。

3/27(水)は、ボディクリエイト60(29回目)

3/28(木)~3/29(金)は、お休み。

3/30(土)は、相模川で走行。

3/31(日)~4/2(火)は、お休み。

4/3(水)は、ボディクリエイト60(30回目)

4/4(木)~4/5(金)は、お休み。

4/6(土)は、ビヨンドパワーヨガ60(7回目)

4/7(日)は、相模川で走行。

4/8(月)~4/9(火)は、お休み。

4/10(水)は、
ボディクリエイト60(31回目)
パーソナルトレーニング



ということで、

今月(3/10~4/9)は、
スポーツクラブ7日
相模川で走行7日
合計14日



ほぼ、

相模川で走ってるか、ボディクリエイト60に出てるか、休んでるかの3択。


毎日のようにスポーツクラブへ行ってた頃を思えば、

えらい変わりようだ(笑



でも、

これも、自然な流れであり

続けているからこその変化。


そんなことを、

今日(4/10)のパーソナルトレーニング(略してPT)で実感した。



この、

ボディクリエイトインストラクターPTを受けるのは3回目。


ボディクリエイトに専念してから半年。

体がどう変わり、これからどういった方向へ進んだらいいのか。

その相談から、話は始まった。



バイクに乗るのを再開してから、1か月ほど経つが

疲れ方が、以前と違うこと

背筋を使うようになったこと

その痛みが、普通の筋肉痛と違うこと

体に負荷を掛ける練習をしたくなること


そして・・・

以前のように、ボディクリエイトを毎日したくならないこと。


それらを話したら、

大よその見当はついたみたいだ。



答えは、自分の考えていた事と同じ。

「筋力アップのトレーニングをする時期」

である。



ただ、この筋力アップというのも

普通に考えられるものではない。


普通に考える筋力アップというと

マシンやダンベル等を使ったウエイトトレーニングだが

これは、主にアウターマッスルを鍛えるもの。


さらに、最近流行のコアトレーニングという物もあるが

一般に知られているものは、その効果がほとんどない。


それは、自分の体で感じてきた。

ただ苦しいだけで、

インナーマッスルを使っている実感がなかったからだ。



こちらとしても、

そんな、どこにでも転がっているような情報は要らない。


何処を探しても

誰に聞いても見つからない

本物の情報


それを探しているのだから。




そして・・・

その情報は、ここにあった。



トレーニングの内容は、いつものごとく

「それ何やってんの?」

みたいな、特異なもの(笑


だけど、

その効果は、驚くべき物だった。



例えば、

体力トレーニングを始めた、一つの切っ掛けである

「立てているつもりなのに、骨盤が寝ている」

という自分のウイークポイント。



トレーニングを終わり、足を伸ばして座ってみると

勝手に骨盤が起きてる。


イメージで言うと、なんだかロボットになったみたい(笑

力を入れて骨盤を立てようとしなくても、勝手に立ってる感じ。



この、骨盤を立てる筋肉は腸腰筋らしいが

これこそが、インナーマッスル。


それを鍛える方法を、

いくつか得てきた。




体力トレーニングを始めてから1年と3か月。

まだまだ、変わり続けるぜ!

(笑







2/23(土)~3/19(火)トレーニング日記(1年と2か月)

いや~、書かなきゃならないこと大杉(笑

(この後に、3/17の練習会日記も控えてるし)



2/23(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/24(日)は、お休み。

2/25(月)は、市営体育館で
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/26(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/27(水)は、
ボディクリエイト60(27回目)

2/28(木)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

3/1(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分
グループパワー45(51回目)

3/2(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

3/3(日)は、
凸凹ランドで、ウオーキング(笑

3/4(月)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

3/5(火)~3/9(土)は、お休み。

3/10(日)は、相模川で走行。

3/11(月)は、お休み。

3/12(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

3/13(水)は、
ボディクリエイト60(28回目)
ウオーキング30分

3/14(木)は、お休み。

3/15(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

3/16(土)は、お休み。

3/17(日)は、相模川で走行。

3/18(月)は、お休み。

3/19(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分



ということで、3/9で1年と2か月。

今月(2/10~3/9)は、
スポーツクラブ15日
市営体育館1日
合計16日



3/5(火)~3/9(土)の5日間は、連続で休んだけど

10日の日曜に走る予定だったから。


なんとなく、

体を休めた方が良いかと思った。



それはそれで正解だったようで、

調子が良かったし、後の疲れも少なかった。


あと、その流れは今でも続いていて

なんとなく、インターバルを取るようになった。



体の変化については、ライテクメモの方で書いちゃってるから省くけど

今後のトレーニング予定については、迷い中。


しばらくは、毎週バイクに乗ろうと思ってるし

水曜のボディクリエイトは外せないんだけど

それ以外をどうするか。



週一でバイクに乗るだけじゃ、足りないのは解ってるんだけど

今の体には、バイクに乗って負荷をかけるのが最も効率が良い気がする。



ま。いつもの通り「なんとなく」を待つかな(笑

続けていれば、体が教えてくれるだろうから。





2/16(土)~2/22(金)トレーニング日記(変化&積み重ね)

2/16(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/17(日)は、お休み。

2/18(月)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/19(火)は、お休み。

2/20(水)は、
ボディクリエイト60(26回目)
ウオーキング30分

2/21(木)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/22(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング15分
グループパワー45(50回目)




で、近況。


今日は記念すべき(笑)50回目のグループパワーだったんだけど

また変なことが起きた(^_^;)



チェストのパートで、仰向けに寝てウエイトを手に持ち

腕を開いたり閉じたりする、フライっていうトレーニングがあるんだけど

今度は、右肩じゃなくて左肩に違和感が・・・


いつものごとく、それは痛みに変わり

肩甲骨から左わき腹にまで広がった。



で。これもいつものごとくストレッチしようと思うんだけど

肩甲骨から左わき腹なんて、これまで痛くなったことなんてないから

どうしていいのかわからずに、のた打ち回ってるだけだった(笑



次は鬼門のモアレッグス(^_^;)


前回は足首が痛くて流しちゃったけど

今回は、手で太ももを押さえて補助を入れ少し頑張ってみた

ら・・・

足の付け根に来た(笑



自分の場合、ここもウイークポイント。

足の付け根の靭帯が硬く縮んでしまっていて、ストレッチすると痛みが来る。


今回のは、それのもっと酷いので

最後のストレッチのパートで、足を動かすのも辛かった。




なんだか、このところは回を重ねる度に辛さが増していくが

それを上回るほどの嬉しいことが、帰ってからあった。

(右肩が上がったのと同等か、それ以上)



手を洗おうと思って、洗面台で屈んだら・・・

なんかいつもと様子が違う。


背中を丸めたままで、体を支えていられる・・・

(これまでは、足の付け根から体を折って背中を少し反ってた)


意識してみると、腰周りに力が入ってる。

それも、脊柱起立筋に!



思えば・・・

脊柱起立筋に力が入るのを感じたなんて、初めてじゃないだろうか。

(子供の頃にはあったかもしれないが(^_^;))


やっと、

この壺の水も、あふれる寸前まで来たようだ。


ここまで1年と1か月ちょい。

いや~、でかい壺だった(笑




で。最後に。


足の指&手の指握手とマッサージを続けていたら

こっちも徐々に変化してきた。


足の甲のアザが段々と薄くなると共に、痛みが引き

足の指が曲がってきた(笑



人間の手足っていうのは、役割は違うものの

基本的な構造は同じ。


指先から、

第一関節・第二関節・指の付け根と、3つの関節がある。


手の指を見れば解るが、指というのは力を入れなければ曲がっているもの。

それは足の指でも同じことである。



が・・・(笑

自分の場合、この関節から指を曲げられず

いつも指が真っ直ぐのままだった(^_^;)



それが、足の指&手の指握手とマッサージを続けることにより

指が動くようになったので、自然な状態に戻ったのだろう。


指が曲がってきて、

はっきりと関節から動かせるようになった。




<あとがき>


このところ思うが・・・

「努力の壺」っていうのは無数にあるみたいだ。


なんとなく、

「大きい壺が一つあって、それに水が溜まっていく」っていうイメージだったけど

本当は、小さな壺がいっぱいあって

それがあふれた順番から、大きい壺に移していくような。


今回の自分の場合で例えれば、

坐骨神経痛や怪我の後遺症の一つひとつ、っていうのが小さな壺で

バイクに乗って上手く速く走るっていうのが、大きな壺なのかなと。



だから、

「大きなことを成し得るには、小さなことを積み重ねるしかない」ってこと。


なんでも一緒だな(笑





2/2(土)~2/15(金)トレーニング日記(1年と1か月&心を無にできる場所)

2/2(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング15分

2/3(日)は、お休み。

2/4(月)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

2/5(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

2/6(水)は、
ボディクリエイト60(24回目)

2/7(木)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/8~12(金~火)は、お休み。

2/13(水)は、
ボディクリエイト60(25回目)
ウオーキング10分
ウエイトを少し

2/14(木)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

2/15(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分
グループパワー45(49回目)


今月(1/10~2/9)は、
スポ-ツクラブ22日
市営体育館1日
合計23日




2/9で、1年と1か月。

少し休みが多くなったけど、これも必然なのかと思う。


ボディクリエイトは、ウエイトやグループパワーのようなハードトレーニングではないが

体に刺激を与え続けているわけだから、それなりに体力を使うのだろう。


これまで、ほとんど休みなしで来たが

体が、もうそろそろインターバルを取る時期だと言っているような気がする。



で、近況。

今日(2/15(金))は、1週あけてグループパワーに出てきた。


またキツイんだろうな~なんて、覚悟はしていたが

やっぱりキツかった(^_^;)


今回は、前に肩の痛みが来たレッグスでは何も起こらなかったが

次のチェストで来た(笑


チェストは、腕立て伏せとベンチプレスがメインで

主に胸のトレーニングをするパート。


なんだけど・・・

ベンチプレスで、仰向けになってバーベルを上げ下げしていたら

また、右肩に違和感が・・・


前回と同じように、それは痛みに変わり

他の人が胸のストレッチをしている間、一人で肩のストレッチをしていた(^_^;)



それと、その後のモアレッグス(2回目の足のパート)もキツかった。

先のパーソナルトレーニング以降、

後遺症の残る左足首を、重点的にマッサージしたり刺激を与えたりしているが

日に日に痛みが増している。


おまけに、モアレッグスはつま先立ちになることが多いので

足首が痛くて、ほとんどトレーニングにならなかった。



が、

不思議だったのは、最後のコアトレーニングのパート。

メニューは前回と変わらないんだけど、何故か楽に感じて

最後までやり切ることが出来た。



そう考えると・・・

コア(腰周り)の回復が最も早く、

次に肩、そして足首と来ているような気がする。


それぞれの、トレーニングを始めた時期や内容を思い返してみると

やっぱりその順番になっているから、それで合っているのだろう。


改めて、体は正直だと思う。




最後に。


2/8~12(金~火)は、出張とその疲れのためにクラブを休んだが

滞在先では、何もやる気が起きなかった。

(足のマッサージだけはしていたけど)


別に時間や場所がなかったわけじゃない。

ボケーっと数時間もテレビを見ていたし

部屋には、そのスペースもあったから。



なかったのは、集中力。


クラブに行けば、

2時間半の間、何も考えずトレーニングに集中できる。


それは、

外界と遮断された非日常の空間だから。



「程よい緊張感の中で、心を無にできる場所」

それが、自分にとってのスポーツクラブなのだと思う。





1/19(土)~2/1(金)トレーニング日記6(あとがき「夢中」)

1/19(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/20(日)は、お休み

1/21(月)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング60分

1/22(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/23(水)は、
ボディクリエイト60(22回目)

1/24(木)は、
ボディコンディショニング
スイム30分

1/25(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/26(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/27(日)は、お休み

1/28(月)は、市営体育館で
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/29(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/30(水)は、
ボディクリエイト60(23回目)

1/31(木)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

2/1(金)は、
ボディコンディショニング
グループパワー45(48回目)




<あとがき>


最近はトレーニング日記ばかりだから、

前から読んでいる人は、こんな風に思っているかもしれない。


どこに向かっているの?

何のためにやっているの?



答えは一つ。

「バイクに乗って、上手く速く走るため」


今は体力トレーニングに集中しているけど

芯はブレていない。


それが、自分にとって大切なことだからやってるだけだ。




アントニオ猪木の「馬鹿になれ」って言葉が好きだ。

それは「集中」って事と同じ意味だから。


人は、歳を重ねると馬鹿になることが出来なくなる。

子供の頃は、何も考えず夢中になることができたのに

物心つくと、なんだかんだと理由をつけて

やろうとしなかったり、途中で止めてしまったりする。



だから、大人になっても何かをやり続けることができる人ってのは

ある意味、子供のままなんだと思う。


自分のやりたいことだけ考えて

それに必要のないものや邪魔になるものは、全て捨てる。


何かを成し遂げるには、

それが必要だって解っているから。



何もせずに、グチばっかりこぼしているジジイにはなりたくない。

いつまでも、何かに夢中になってる子供でいたい。





1/19(土)~2/1(金)トレーニング日記5(マッサージの本質)

今回のパーソナルトレーニングでも、多くのことを学んだ。



特に印象に残ったのは、マッサージの方法。

今までは筋肉と神経しか頭になかったけど

それ以外にも、腱(スジ)や靭帯も揉み解さなければならないということを知った。


実は事情があって、この話を聞いたのはパーソナルトレーニングの一週間前。

その間に、ポイントとなる場所を毎日揉んでいたら

パーソナルトレーニングの日には、体中が痛くなっていた(笑


その中には、これまで全く痛みがなく

揉み始めてから痛みが出てきた部分もあるが

これも、体が刺激に反応して治癒の方向へ動き出したからだろうと思う。


マッサージの本質を理解できる日も近いのかもしれない。



つづく





1/19(土)~2/1(金)トレーニング日記4(筋肉の増えるペース&言葉)

グループパワーに出てみた訳は、もう二つある。




数か月のブランクで少し足が細くなっていたが、

ウオーキングを再開してから、スネとふくらはぎに筋肉が戻ってきた。


が・・・

また不思議なことが起こり始めた。



明らかに、前よりも筋肉の増えるペースが早い。

風呂に入っている時に観察しているが、見る度に足の形が変わっていく。


これは、他の筋肉でも同じことだと思う。


今はウエイトを休止しているので、

それを確かめるため、手始めにグループパワーへ出てみたわけだ。



そしてもう一つ。


グループパワーに出なくなった一番の理由は、自分自身が無理を感じたからだが

ボディクリエイトインストラクターの話も一因にあった。



それは、「誤魔化した体の使い方では効果が薄い」ということ。


これまでの自分が良い例。

初めてグループパワーに出てから46回、一度もギブアップしたことはなかった。


でも、これは体の使い方で誤魔化していたから可能だったこと。

誤魔化すことが出来ずに辛く苦しい思いをしている今が、それを証明している。



そして、最後に自分の背中を押してくれたのは

「誤魔化さない体の使い方であれば、グループパワーは効果的なトレーニング」

「自分も最後までは出来ない。無理だと感じたらそこでストップすればいい」

というボディクリエイトインストラクターの言葉だった。



つづく





1/19(土)~2/1(金)トレーニング日記3(辛くても苦しくても)

次に、グループパワーに出てみた訳。



去年の暮れから、ウエイトとウオーキングを再開し

1/24(水)には、かなり久々に泳いでもみた。


が・・・

これ等もグループパワーと同じようにボロボロ(笑


全てにおいて、以前の半分以下のパフォーマンスしかなくて

何をしても、直ぐに疲れてしまう。



1/30(水)に、

2回目となるボディクリエイトインストラクターのパーソナルトレーニングを受けた。


その時に、この話をしたら・・・

「それを意図していた」とのこと。


体が変わると、パフォーマンスは必ず落ちる。

そこで踏ん張れるか否かが、勝負を分ける。

続けるしか道はない。

そう言われた。



だから、

辛くても苦しくてもグループパワーに出た。



つづく





1/19(土)~2/1(金)トレーニング日記2(ある日とつぜんできるようになる)

そして、右肩が上がった理由。



先に書いたように、腰・肩のスジや筋肉が柔らかくなったのはもちろんだけど

それがいきなり来たのは、バーベルを使うトレーニングによって刺激が与えられたから。


これは、先日のボディクリエイトによる腰の痛みと同じ。

あの時は、

初めてのトレーニング方法で、それまで刺激が入っていなかった部分に痛みが来た。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見えないけれど必ず水は増えている

ある日とつぜんできるようになる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それを、身をもって感じた。



つづく





1/19(土)~2/1(金)トレーニング日記1(右肩)

取り急ぎ。



今日(2/1(金)は、また1か月ちょいぶりにグループパワー(45分)に出てみた。

その訳は、ちょっと置いといて。


例によって、序盤からキツイ。

腕や足じゃなくて、胴体の芯が。

中からジワジワと来る感じ。



そして、二つ目のパートであるレッグスでそれは起こった。


レッグスは、バーベルを担いでのスクワットや足を前後に開いてのランジが中心のパート。

まあ、普通に考えれば足腰に何かあるはずだが・・・


右肩に違和感があるなと思っていたら、しばらくしてそれは痛みに変わった。

感覚的に言えば、肩を無理やり捻られている感じ。


それでもトレーニングを続けていたら、最後にはバーベルを担いでいるのも辛くなってしまい

次のパートまでの間は、ずっと肩のストレッチをしていた。



その訳は、体の歪み。


自分の場合、坐骨神経痛による腰痛と、肩の骨折の後遺症が右側にある。

そのために右上半身のスジや筋肉が硬くなってしまい、体が右に傾いている。

(=右肩が落ちている)


帰って、風呂上りに鏡で自分の体を見て驚いた。

右肩が落ちてない・・・


と同時に、

下を見ると、右を向いていたはずの胸が前を向いている。



そこで、肩の痛みの理由が解った。


自分は、胸と共に肩も右を向いてしまっているが

ストレッチやマッサージを続けることによって、腰周りのスジや筋肉が柔らかくなり

胸までは前を向くようになった。

だが、肩はまだそこまでいっていないので無理が生じたのである。



今は、右半身が上がってしまっているような違和感がある。

壺の水が、また一つあふれたようだ。



つづく





12/25(火)~1/18(金)トレーニング日記5(まとめ&自分を信じて)

<まとめ>


トレーニングを始めてから、転機が2回あった。


一度目は、スタートから3か月後。

4月初めのグループパワー。


ここでは多くのことを学び、瞬発力、持久力共にUPした。

また、その後のスタジオプログラム参加やウオーキングを始める礎ともなった。



二度目は、4月初めから5か月後。

9月初めの、ボディクリエイトインストラクターのパーソナルトレーニング。


これが、今の流れの始まり。

ボディクリエイトでは、体調管理の大切さやストレッチ&トレーニングの本質を学んだ。




そう考えると・・・

1年という区切りで、状況を判断しない方が良いのかもしれない。


次の転機は、いつやって来るのか?

ということである。



例え、スタートラインに立てていないとしても

変わり続けてきたことに間違いはない。


三度目の転機は、必ずやって来る。

そう自分を信じて進もう。



自分を信じることが出来なくなった時。

=自信を失くした時。


それは、終わりを意味することだから。





12/25(火)~1/18(金)トレーニング日記4(坐骨神経痛&ギブアップ)

次に、坐骨神経痛について。



これも、

古傷同様、治癒の方向へ変化してきている。


ストレッチの本質に気付いたお蔭で、

やらなければいけないことが見えてきたし

それと共に、腰や足の痛みも減っている。



が・・・

(笑


前回のボディクリエイトで、

かなりショックなことがあった。




それは、

新しいメニューのコアトレーニングをしていた時のこと。



ボディクリエイトのトレーニングというのは

通常の動きに一捻りを加え、より効果を出すもの。


効果が出るということは、

それだけトレーニングがキツくなるということでもある。



例によって、

そのコアトレーニングもキツかった。


まず、一つ目の動きをこなし

二つ目の動きに入った時に、それは起きた。



腰に、今までに経験したことのない痛みを感じたのである。



そのトレーニングは、右半身と左半身を分けてするものだが

右半身のみでギブアップ。


他の人達が、トレーニングを続けている間中

一人でのた打ち回りながら、腰のストレッチをしていた(^_^;)



これは、グループパワーでギブアップした時と同じ。

これまで、20回ボディクリエイトに出てきたが

トレーニングを中断するなんて初めてのことだ・・・



幸いにも、最後のメニューだったのでプログラムに影響はなかったが

スタジオの外に出てからも、10分ほど同じストレッチを続けていた。


腰への刺激が強すぎて、

その後処理をしなければ、どうにも収拾がつかなかったのである。



つづく





12/25(火)~1/18(金)トレーニング日記3(古傷&「落ちた気力」の理由)

グループパワーへ出てボロボロになったのも

ウエイト&ウオーキングを再開したのも

ボディクリエイトを続けて、体が変わったから。



そして、もう一つ変わったことがある。


それは、

バイクでの古傷と、坐骨神経痛。



まず、

バイクでの古傷に関して。


ご存知の通り、自分は

右肩骨折

右ヒジ骨折

右足首靭帯損傷

左かかと骨折

といった大きな怪我をしている。



この中で、最も後遺症の残るのが

左かかと骨折。


正確には、

バイクに押し潰された足の甲の痛み。



また、これは大怪我ではないが

左腕の神経も痛めている。


バイクというのは、

転んだ時に、地面へ手を着くことが多い。


おまけに、左へ転ぶ確率が高いから

必然的に左手を打撲するのである。



最近になって、この足の甲の痛みと

左腕の神経痛が酷くなってきた。


だが、

これも、良くないことではなく

むしろ良いこと。



人間の体には、

自然治癒力というものがある。


例えば、

風邪をひけば熱が出る。


これは、体が風邪を治そうとしているからであり

良くないことではなく、良いことである。



それは、

怪我の後遺症でも同じ。


体に刺激を与え、活性化しているから

自然治癒力が働き、痛みが出てくるのである。




が・・・


これは、今の自分にとっては

かなり辛い。



トレーニングを始めてから1年。

体力を向上させようと、必死に頑張ってきた。


でも、怪我の後遺症が治らない限り

スタートラインにも立てない。


その現実を

突きつけられてしまっているようなものだから。




本質を理解するっていうのが、

こんなにも辛く苦しいものだとは・・・

初めて知った。



それが、

「落ちた気力」の理由である。




つづく





12/25(火)~1/18(金)トレーニング日記2(1年を振り返って)

ここで、この1年を振り返ってみよう。


<1/10>

トレーニングスタート。

ウエイトをメインに、スイムをちょこちょこと。


<4月初め>

グループパワーに出始める。

+スイム。


<5月初め>

グループパワーのみに集中。


<6月初め>

グループパワーに加えて、ウエイト+スイム。


<6月終わり>

グループパワー以外のプログラムにも出るようになる。

ボディクリエイトに初めて出るが、腰痛を引き起こす。


<7月終わり>

ウオーキングを始める。


<9月初め>

勝沼で腰を痛める。

そのため、9月終わりまでウオーキングに特化。

勝沼の翌日に、ボディクリエイトインストラクターの

パーソナルトレーニングを受ける。

ボディコンディショニングを始める。


<9月終わり>

ボディクリエイトへ出始める。


<10月半ば>

グループパワーに出なくなる。

ウオーキングで膝を痛める。

ボディコンディショニングを本格的に始める。

12月終わりまで、ボディクリエイトとコンディショニングに特化。


<12月初め>

ボディクリエイトを、自分に合わせてアレンジし始める。


<12月終わり>

2か月ちょいぶりにグループパワーへ出て

ボロボロになる(笑

ウエイト&ウオーキング再開。


<1/9>

1年経過。




最初は、とにかく続けるのが目標だったから

特に何も考えず、やりたいことをやってた。


それが変わり始めたのは、

4月初めに、スタジオプログラムのグループパワーに出始めてから。


これに見事はまって、

そこから3か月はグループパワーに集中。


ここが、

第一の転機。



6月終わりには、

新たな展開を求めて、他のプログラムに出まくる(笑


この時に、初めてボディクリエイトへ出るが

弱い腰が負荷に耐えられず、腰痛を引き起こしてしまった。

(そのため、次にボディクリエイトへ出るのは3か月後になった)



7月終わりには、

ウオーキングを開始。


走る前に、まず歩こう!と思ったが

未だに走っていない(笑



9月初めに、勝沼で腰を痛める。

その翌日に、

予約を入れていた、ボディクリエイトインストラクターのパーソナルトレーニングを受ける。


ここが、第二の転機。

腰に負担が掛からない程度で、ボディコンディショニングを始めた。


9月終わりには、腰痛も癒え

本格的にボディクリエイトへ出始める。



10月半ばになると、

ボディクリエイト以外のプログラムに負担を感じるようになり

グループパワーにも出なくなった。


また、ウオーキングで膝を痛めたこともあり

12月終わりまで、ボディクリエイトとコンディショニングに集中することになる。



12月初めには、

ボディクリエイトを、自分に合わせてアレンジし始めた。


この切っ掛けとなったのは、

ストレッチの本質に気付いたこと。


基本を続けることにより、その延長線上にある応用が出来るようになった

ということである。



12月終わりに、2か月ちょいぶりにグループパワーへ出て

ボロボロになった。


だが、これは良くないことではなく

むしろ良いこと。


これも、ボディクリエイトを続けることにより

インナーマッスルが使えるようになったからである。



その後、

ウエイト&ウオーキングを再開した。


「なんとなく」体を動かしたくなったからだけど

これは、「体が変わった」というサインだったのだと思う。




で。

話は、「落ちた気力」に戻る。



つづく





12/25(火)~1/18(金)トレーニング日記(1年&落ちた気力)

12/25(火)は、
ボディコンディショニング

12/26(水)は、
ボディクリエイト60(19回目)

12/27(木)は、
ボディコンディショニング

12/28(金)は、
市営体育館でボディコンディショニング

12/29(土)は、
市営体育館で
ボディコンディショニング
ウエイト45分

12/30(日)は、
市営体育館で
ボディコンディショニング
ウエイト30分

12/31(月)は、
自宅でボディコンディショニング

1/1(火)は、
市営体育館で
ボディコンディショニング
ウオーキング30分
ウエイト30分

1/2(水)は、
市営体育館で
ボディコンディショニング
ウエイト30分

1/3(木)は、お休み

1/4(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分
ウエイト30分

1/5(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

1/6(日)は、
市営体育館で
ボディコンディショニング
ウオーキング40分

1/7(月)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング10分
ウエイト30分

1/8(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング15分
ウエイト30分

1/9(水)は、
ボディクリエイト60(20回目)

1/10(木)は、お休み

1/11(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/12(土)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

1/13~14(日~月)は、お休み

1/15(火)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング30分

1/16(水)は、
ボディクリエイト60(21回目)

1/17(木)は、お休み

1/18(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分



今月(12/10~1/9)は、
スポ-ツクラブ21日
市営体育館7日
自宅1日
合計29日


1/9で、体力トレーニングを始めて丸1年経った。

まずは近況から。


年末年始は、ちょこちょこと休んだけど

それでも週一以下だから、まあ普通以上か(笑


でも、

なんとなく気力が落ちていて、ブログを書く気にならなかった。



この「なんとなく」にも、深い理由がある。



これまでの数か月は、ボディクリエイトのプログラムに出るのと

そのセルフ版であるボディコンディショニングしかやってこなかった。


が、

これも「なんとなく」体を動かしたくなって

年末からウエイトやウオーキングを再開した。


それが、今の「更に落ちた気力」に繋がる。



つづく





12/22(土)~12/24(月)トレーニング日記(体力トレーニングの本質&普通の体)

12/22(土)は、
お休み

12/23(日)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

12/24(月)は、
ボディコンディショニング



22日は、前日の疲れを癒すため

久々にトレーニングを休んだ。


23~24は、通常に戻ったが

そこで気付いたこと。



やっぱり、酷い筋肉痛や腰痛は来ないんだけど

軽い筋肉痛の残ってたフクラハギが、なんか変な感じ(笑


表の大きい筋肉は全く筋肉痛がなくて

奥の、骨に近い筋肉が痛い。


この筋肉は「ヒラメ筋」て言うんだけど

これが、いわゆるインナーマッスルである。



それは、

コア(体幹)にしても同じ。


腰の奥の方が、重い感じがするだけで

他に筋肉痛らしきものはない。


これもストレッチと同じく

「体力トレーニングの本質」に、近付きつつあるのかな?

と思う。



それと、

これは書き忘れてたんだけど・・・


1週間ほど前に電車に乗った。

(あまり出掛けないし、いつも車移動だから1年ぶり(笑)


そしたら、

つり革や手摺りに掴まってなくても、立っていられる!



この話を人にすると、へっ?って顔をされるんだけど・・・

実は、これまで電車の揺れに耐えられなかった(^_^;)


ヒザや股関節を動かしてバランスを取ろうと思うんだけど

おっとっと!ってなって、倒れそうになる。


それが、いつの間にか

無意識の内にバランスを取れるようになってた。



その理由は、「足腰が強くなったから!」

ではない(笑


もちろん、トレーニングによって足腰は強くなってるんだけど

最も大きな違いは、「足の指」。



電車に乗ってる時に、

「何でバランス取れてるんだろうな~」なんて考えてたら

あることを思い出した。


それは、

このところ凝ってる「足の指握手&足裏マッサージ」



足裏マッサージってのは、一般的だから誰でも知ってるだろう。

が、

聞き慣れないと思うのは、足の指握手。



例えば、

左足だったら、自分の右手で。


足の指の間に、手の指を入れて

足と手で握手する。


そうすると、

いつも、靴下や靴でピタっとくっついてしまっている指同士が離れる。



単純に考えてだ。

人間というのは、もともと靴下や靴なんて履いていない。

それが自然で、何かを履くのは不自然。


ただ、現代では

裸足でいるわけにはいかないから、そうしてるだけ。



だから、

「足の指を、自然な状態に戻してやる」

ってこと。



足の指が、パッと広がって

クニクニと良く動く(笑


それが自然であり、

その状態に足の指が戻ったから

「足の指を動かして、バランスを取れるようになった」

というわけだ。



ま。

それでも、普通の人は歩いたり電車に乗ったりってのが日常だから

自然な状態に近いんだろう。



これでまた、普通の体に1歩近づいたぞ!

(笑





12/12(水)~12/21(金)トレーニング日記(努力の壺から水があふれる時)

12/12(水)~12/18(火)は、
ボディコンディショニング

12/19(水)は、
ボディクリエイト60(18回目)

12/20(木)は、
ボディコンディショニング

12/21(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング10分

と、
久々の・・・
グループパワー!
45分(47回目)



グループパワー、と言うか

ボディクリエイト以外のトレーニングは、2か月ちょいぶりなんだけど

ボディコンディショニングをやってたら、なんとなく歩きたくなって

歩いてたら、これまたなんとなくグループパワーに出たくなった。



この「なんとなく」っていうのを待ってた。


「なんとなく」っていうのは、特に理由もなくってことだけど

それを探っていくと、潜在的な理由が必ずある。



今回の場合は、

「ボディクリエイトを続けることによって、体が変わった」

ってこと。


体が、「そろそろ、グループパワーに出てみれば?」って言ってる

そう感じたからである。



が・・・(笑


実際に出てみたら、もうボロボロ。

途中で体が動かなくなって、ギブアップ。


これまでグループパワーに46回出たけど

こんなことは初めて。


最初に出た時よりも、キツかった(^_^;)



この結果を端的に見れば、

「2か月ちょいのブランクによる、体力の低下」

だろう。


だが・・・

この理由も、もっと深い所にある。



その理由とは、

「インナーマッスルを使えるようになったから」

だと思う。



ボディクリエイトのインストラクターが、よく言う。

「一流のアスリートほど、インナーマッスルを使えるから

同じトレーニングをしていてもキツく感じる」

と。


もちろん、自分はそこまでのレベルじゃないが

本質は同じ。



それは、グループパワーに出ている時も

その後も体感できた。


意識しなくても、体幹に力が入り

フォームがピタっと決まって、体がぶれることがない。



そして、それを最も強く感じたのは

最後のコアトレーニング。


今のプログラムでは、

斜めの台に寝転がって、腹筋や足を動かしたりするトレーニングがメインだが

ズルが出来ない(笑


ズルって言うのは、コア(体幹)だけでなく

他の筋肉も使ってしまうこと。



人間というのは、

無意識の内に、楽な方向へ動く。


例えば、姿勢。


子供の頃は、みんな姿勢が良い。

これは、体格なりの筋力を持っているから。


それが、歳を取るごとに姿勢が良くなくなっていき

最後は、背中や腰が曲がったままになってしまうが

それは、筋力を使わずにいた方が楽だからである。



トレーニング中にも、それと同じことが起こる。


インナーマッスルを使うことを体が覚えていないと

アウターマッスルや、全身の筋肉を総動員して楽をしてしまう。


そうすると、コア(体幹)のトレーニングにならず

全身運動になってしまうのである。



感覚的には、足や上半身に全く力が入らず

体幹のみで体を動かしてる感じ。


「これは腰が壊れる!」って思って

トレーニングを途中でやめた(笑



で、

その、後日談。


プログラムの後は、もうフラフラ。

真っ直ぐ歩けない(^_^;)


が、

疲れの種類が違う。


前は、息が上がって苦しいのと

体の外側の筋肉が疲労している、って感じだったが

今回は、内側の筋肉と全身に疲労感がある。


それは、翌日の今日になって決定的になった。


これまでの経験と、その疲れ具合から

「明日は、酷い筋肉痛と腰痛が来るだろうな~」

なんて思っていたが・・・

ほとんど来ない。


軽い筋肉痛と、

心地よい疲労感があるだけだ。




<あとがき>


前にも何回か書いたことがあるが、

この類の「なんとなく」は、

「努力の壺から水があふれる時」なんだろうと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何かをするとき体の中に壺ができる

練習するたびに壺の中の水が増える

壺が水であふれるとそれができる

毎日練習してもあまり変わらない

見えないけれど必ず水は増えている

ある日とつぜんできるようになる

何をやるかで壺の大きさが違う

同じことでも人によって大きさが違う

練習をさぼると水が蒸発して減る

また練習をすれば水は増える

いつかはそれができる日が必ず来る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そういうことだ。





12/1(土)~12/11(火)トレーニング日記(11か月&変な人(笑)

12/1(土)~12/4(火)は、
ボディコンディショニング

12/5(水)は、
ボディクリエイト60(17回目)

12/6(木)~12/9(日)は、
ボディコンディショニング

12/10(月)は、
市営体育館でボディコンディショニング

12/11(火)は、
ボディコンディショニング



これで、体力トレーニングを始めてから

丸11か月!


今月の出勤は

スポーツクラブ 28日
市営体育館 2日
合計 30日

また休みなし(笑



で、近況。


前のトレーニング日記で、「ストレッチの本質&集中」について書いたけど

最近は、それが更に進んでかなり変な人になってる(^_^;)


まあ、プログラム以外でボディクリエイトをやってると

もうそれだけで、じゅうぶん変な人なんだけど

自分なりにそれを模索していったら、もっと変な人になってた(笑



具体的には、

「ヨガの行者みたいな人」

(笑


筋肉が硬くなってて、痛い所を探していくと

だんだんと、普通のストレッチのポーズから外れていく。


例えば、

寝転がって足を組み、それを胸に引き付ける

なんてポーズがあるんだけど


そこから更に、

腕を絡ませて、上半身を起こして、腰を捻って、首を曲げる

とか。


もう、自分でもどういうポーズになってるのかわからないんだけど

傍から見たら、すごい体勢になってるんだろうなと。



その状態で、しばらく動かなくて

たまにウニョウニョと動いたと思ったら、また動かなくなっての繰り返しだから

動物の「ナマケモノ」のように見えるかもしれない(笑



でも、

ストレッチの本質を追求してったら、そこに行き着いたんだな。


だって、ストレッチにおいて何が大切かって言ったら

セオリー(基本)やポーズ(形)じゃなくって、筋肉を伸ばすことなんだから。



基本や形なんてものは、万人向けに作られてるものだから

自分に全てが合う訳もないし、筋肉が硬くなってるところも違う。


スキルの高いトレーナーであれば、それを指導してくれるかもしれないが

本当のところは、自分にしかわからない。



だから、

本質を見極められるようにならないと、トレーニングしても効果は薄い。


方法なんてのは、情報に過ぎなくて

それをベースに、どう自分に応用するかってとこが肝心

てことだ。




さて、

あと1か月で、体力トレーニングを始めて1年になる。


その時に、何をやっているのか

体がどう変わっているのか

今は、まったくわからない。


全ては、日々の積み重ねだから。





11/28(水)~11/30(金)トレーニング日記(ストレッチの本質&集中)

11/28(水)は、
ボディクリエイト60(16回目)

11/29(木)と11/30(金)は、
ボディコンディショニング



また更新が早めだけど

すごく嬉しいことがあったので(^_^;)


それは・・・

「ストレッチの本質を理解できた」

ってこと。



具体的には、

「筋肉の解れる瞬間が、わかるようになった」


同じポーズでも、

体の角度を少しずつ変えていくと、痛みが来るポイントがある。


そこが筋肉の硬くなってしまっている場所で

そのままジーっとしていると、徐々に痛みが薄れてくる。


その時が、筋肉の解れた瞬間なんだけど

早くても2~3分、長い時には10分以上やってたりもする。

(それでも、解し切れないこともある)



普通のストレッチっていうのは、

まず、一つのポーズで1分もやってないし

ボディクリエイトとは決定的な違いがある。


それは、

「器具を使わない」ってこと。


ボディクリエイトでは、

トレーニングチューブ・ダンベル・バーベルウエイト等の器具を使い

体に抵抗を掛けたり、重さを加えてトレーニングする。



これが、

ボディクリエイトのアイデンティティー(独自性)であり

特殊性。


もしも、このボディクリエイトと出会わなかったら

一生、ストレッチの本質を理解できなかったかもしれない。




<あとがき>


これが、

「気付く」っていう事と、「変わる」ってこと。



その根底にあるのは「集中」


ボディクリエイトに出ること連続16回。

約2か月の間、

毎日、自主的にボディコンディショニングを続けた。



だから・・・

気付けたし、変れた。


この充足感は、

懸命に努力した者のみに与えられる褒美だ。





11/16(金)~11/27(火)トレーニング日記(柔軟性&「必要なこと」と、「大切なこと」は違う)

11/16(金)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング15分

11/17(土)は、
ボディコンディショニング

11/18(日)は、
ボディクリエイト60(13回目)

11/19(月)11/20(火)は、
ボディコンディショニング

11/21(水)は、
ボディクリエイト60(14回目)

11/22(木)~11/24(土)は、
ボディコンディショニング

11/25(日)は、
ボディクリエイト60(15回目)

11/26(月)は、
ボディコンディショニング(市営体育館)

11/27(火)は、
ボディコンディショニング



あっ!

という間に時が過ぎるな~(笑



で。

最近の変わったこと。


いつの間にか・・・

体が柔らかくなってる。



前屈や股割りしたりすると

あれ~、まだいける、まだいける・・・

俺って、こんなに柔らかかったっけ?

って不思議になるほど(笑


と、いっても

一般的に柔軟体操と言われることは、トレーニングを始めてからやってないし

普通のストレッチやヨガも、この数か月やってない。

毎日、ボディクリエイトをやってただけ。



たぶん、これは

股関節と、腰周りの筋肉が柔らかくなったからだろうと思う。


ボディクリエイト凄し!

この一言だ(笑




で。

ちょっと前に書いた、「最も大切なこと」に関して。


これも、ライテクと同じで

単純に考えた方が良いのかな、と。



だって、こちらとして一番うれしいのは

「オフロードを、走り続けてくれること」

だから。



そのためには、

「その人にとって、何が最も大切なのか?」


それを察して、指し導いてあげるのが

自分の役目なのかな、と。



「必要なこと」と、「大切なこと」は違う。


それを、

スポーツクラブに通うことで、学ばせてもらっている。





11/12(月)~11/15(木)トレーニング日記(「気付く」っていう事と、「変わる」ってこと)

11/12(月)は、
ボディコンディショニング

11/13(火)は、
ボディコンディショニング

11/14(水)は、
ボディクリエイト60(12回目)

11/15(木)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング10分



このところのパターンからすると

トレーニング日記を書くには早いんだけど・・・

(まだ、DRS練習会ライテクメモの続きも書いてないし(^_^;))

ちょっと特筆事項があるので。



今日(木曜)は、仕事してたらもの凄く疲れた。

目が痛くて

頭がボーっとして

体がだるくて

何もやる気が起きない。

(前だったら、こんな日は間違いなく寝てた(^_^;))


でも、

今日は、それを押してスポーツクラブに行ってきた。



最初は、動くのも辛かったし

あまり体調も良くならなかった。


が・・・


それが、劇的に変化したのは

肩周りのストレッチをしていた時。


肩の筋肉やスジが解れていくと共に

頭がハッキリしてきて、体のだるさも取れていく。



その時に気付いた。

「この疲れの原因は、肩こりだったんだ・・・」って。

(笑


まあ、

今日なんかは、一日中パソコン仕事してたから

肩がこってて当たり前かもしれないけど

あんなに疲れてしまう程だとは思ってなかった(^_^;)



その後、体調が良くなったので

久々に10分ほどウオーキングしてみた

(ちゃんと歩いたのは、一か月ぶり)


ら・・・


何かが変わってる。

(笑


まず、意識しなくても

踵から着地して、小指から親指へと体重が移動する。


それと、

背中に、一本の棒が入ってるみたい。


足や手は動いているんだけど

胴体がブレない。


なんか、

すごく不思議な感じだった。



でも、

実は、この変化には予兆があった。


それは、

脊柱起立筋が、妙に発達していたこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脊柱起立筋ていうのは、腰の後ろ側にある筋肉で

背骨の周りにあり、上半身を支える役割をしている。

(「背骨を固定したり動かしたりする筋肉」と言っても良いかもしれない)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この脊柱起立筋は、背骨に沿って縦にあるんだけど

その幅や厚みが、明らかに増えてる。


ボディクリエイトには、コアトレーニング(体幹トレーニング)が多いから

それを繰り返すことによって、自然と発達したのだろうと思う。




<あとがき>


いつも思うけど・・・

「気付く」っていう事と、「変わる」ってことほど

「精神的な充足感」を得られるものはない。


気付いた瞬間には、

「ハッ!あ~、そういうことね~!」って感じだし

変わった瞬間には、

「背中がゾクゾク」ってするほど感動する。



それは、

バイクでもトレーニングでも同じ。


気付いたり変わったりするまでは、辛く苦しいけど

その喜びは、絶対に他の事では得られない。



だから、

やめられないんだ。


前に進むことが。






11/5(月)~11/11(日)トレーニング日記(10か月&そこから全てが始まる)

11/5(月)は、
ボディコンディショニング

11/6(火)は、
ボディコンディショニング

11/7(水)は、
ボディクリエイト60(10回目)

11/8(木)は、
ボディコンディショニング

11/9(金)は、
ボディコンディショニング

11/10(土)は、
ボディコンディショニング

11/11(日)は、
ボディクリエイト60(11回目)



で、

いつものごとく・・・

気付いたら、10か月経ってた(^_^;)



今月の出勤は、

スポーツクラブ29日
市営体育館1日
相模川1日
合計31日

だから・・・


1日もトレーニングを休んでない!

もう生活の一部に組み込まれてるな、これ。

(笑



まあ、それも必然なんだろう。


だって・・・

「いくら疲れてても、トレーニングすると体調が良くなる」

ってことを体が覚えちゃったから。



これまでは、

疲れたら、横になるとか寝るとかしてたけど

一時しのぎに過ぎなくて、体調は戻らなかった。


それに、いつも体調が悪くて

たまに、今日は体調が良いな~なんて思ってたのが

逆になった。



バイクに乗るんでも、仕事するんでも

始めに必要なのは、健康。


そんな当たり前のことに

45年生きてきて、やっと気付いた。




物なんて言うのは、そのうち朽ち果てるが

自分の体は、死ぬまで付き合うもの。


だから、

自分の体に、金と時間を掛けろってこと。


そこから全てが始まる。





10/7(日)~10/14(日)トレーニング日記(9か月&本物・本当に有用な情報)

10/7(日)は、相模川で走行。

10/8(月)は、ちょっと疲れたんでお休み。

10/9(火)は、
グループパワー60(45回目)
クライムウオーキング15分

10/10(水)は、ボディクリエイト60(4回目)

10/11(木)は、
クライムウオーキング20分
カーフレイズウオーキング20分

10/12(金)は、
グループパワー45(46回目)
カーフレイズウオーキング10分

10/13(土)は、
ヨガ60(2回目)
クライムウオーキング30分
カーフレイズウオーキング10分

10/14(日)は、
ビヨンドボディメイク ヨガ40(8回目)
カラダ・うごく15(13回目)
脚カル脚ラク20(2回目)
クライムウオーキング30分
カーフレイズウオーキング10分



で、

近況。


メニューは同じだけど

ウオーキング2種類の比率を、ちょっと変えてみた。


クライムウオーキングは、10分増やして30分 。

カーフレイズウオーキングは、半分に減らして10分。


これは、

カーフレイズの時に、少し膝に痛みを感じたから。

いくら負荷が少ないといっても、600回は多過ぎたみたいだ(^_^;)



その分、クライムの方を増やしたんだけど

こっちは、まだまだ余裕があるから

何かしら変化していくだろう。



で、

気付いたら、9か月経ってた(^_^;)


今月の出勤は、26日。

(笑



今のメインは、

怪我の後遺症のリハビリと、腰痛の治療なんだけど

その繋がりで、ボディコンディショニングに興味が移ってきた。


ボディコンディショニングっていうのは

身体のバランス調整なんかのことで、

自分でやる整体みたいなもの。



代表的なのは、

ヨガやストレッチ。


なんだけど、

今やってるのは、かなり特殊。



前にパーソナルトレーニングを受けたトレーナーが

ボディクリエイトっていう、スタジオプログラムを持ってるんだけど

とにかく、やることが変わってる。



傍から見ると、なにやってんの?って感じなんだけど

実践してみると、すべて理に適ってる。


どれもこれも、今まで聞いたことがなく

探しても、どこにもない情報。


暫くは、

これに集中することになるだろう。




<あとがき>


上記は、自身が体の不調を経験してきているって事と

飽くなき探究心の結果なんだろうと思う。



自身が経験してきているから、人の痛みが解り

そのために、本質を追求しようとする。


それは、

「商売=金のため」

ではなく、

「気持ち=人のため」



そんな人が、

「本物」

であり、

「本当に有用な情報を持っている」


そう思うと共に

自分も、そうありたいと願う。





9/16(日)~10/6(土)トレーニング日記(心拍数&継続は力なり)

9/16(日)は、ウオーキング30分。

9/17(月)は、ウオーキング30分。

9/18(火)は、ウオーキング30分。

9/19(水)は、ウオーキング45分。

9/20(木)は、ウオーキング30分。

9/21(金)は、ウオーキング30分。

9/22(土)は、ウオーキング30分。

9/23(日)は、
カラダ・うごく15(10回目)
巻くだけシェイプ20(10回目)
ウオーキング30分

9/24(月)は、市営体育館でウオーキング30分。

9/25(火)は、
カラダ・うごく15(11回目)
巻くだけシェイプ20(11回目)
グループパワー60(41回目)
ウオーキング20分

9/26(水)は、
ビヨンド美メディテーション ヨガ40(6回目)
ボディクリエイト60(2回目)
ウオーキング30分

9/27(木)は、
クライムウオーキング20分
カーフレイズウオーキング20分

9/28(金)は、
グループパワー45(42回目)
クライムウオーキング20分
カーフレイズウオーキング10分

9/29(土)は、
ビヨンドパワーヨガ60(6回目)
クライムウオーキング20分
カーフレイズウオーキング20分

9/30(日)は、
ビヨンドボディメイク ヨガ40(7回目)
カラダ・うごく15(12回目)
巻くだけシェイプ20(12回目)
クライムウオーキング40分
カーフレイズウオーキング20分

10/1(月)は、
カラダ・うごく15(13回目)
脚カル脚ラク20(1回目)
クライムウオーキング20分
カーフレイズウオーキング20分

10/2(火)は、
グループパワー60(43回目)
クライムウオーキング20分

10/3(水)は、
ボディクリエイト60(3回目)
クライムウオーキング30分
カーフレイズウオーキング20分

10/4(木)は、
クライムウオーキング30分
カーフレイズウオーキング20分

10/5(金)は、
グループパワー45(44回目)
クライムウオーキング30分

10/6(土)は、
ヨガ60(1回目)
クライムウオーキング30分
カーフレイズウオーキング10分



久々のブログ更新。

「なんか複雑な気分・・・」が

自分でも、よく解らなくて

なんでなんだろう?

なんて考えてたら

2週間以上経ってた(^_^;)


ま。

練習会の方も、転機が来てるってことかな。

答えは、そのうち出るだろう。



で、

本題のトレーニング日記。


9/9から今日(10/6)までの28日間

休みなし!(笑


腰痛も癒えて

9/23からは、スタジオプログラムにも復帰。


更に、ウオーキングを

クライムウオーキング

カーフレイズウオーキング

この2つに分けてみた。


カーフレイズの方は、前にも書いたように

左足首のリハビリ用である、つま先立ちだけど

クライムっていうのは、簡単に書くと山登り。


今時のランニングマシンには、傾斜をつけられる機能があって

坂道を上ってるように歩ける。

(15度まで)



これを始めた切っ掛けは、

そろそろ、本格的に持久力をアップさせる時期がやってきたかな

と、思ったから。


持久力の目安は、「心拍数」

この心拍数ってのは、

1分間に、何回心臓が動くかってことなんだけど

普通は70~80

110程度までが、純粋有酸素運動

110から150程度の範囲では、有酸素運動

150を超えると、無酸素運動になる。


持久力をアップさせるのならば

本来は、走ってしまうのがいいんだけど

それは、まだまだ苦しいからやらない(笑



で、

歩きながらも、心拍数を上げる方法を模索してみた。


最初にやったのは、

斜度を付けずに、スピードを上げる方法。


時速5キロ(早足程度)で20分。

心拍数は上がるんだけど

120程度までしかいかないし

何より、時間が掛かる。


で、

先のクライムウオーキング。


斜度は1度から15度まで、

スピードは3キロから5キロまで。


両方をリンクさせて、徐々に上げていくと

10分程度で、心拍数が130を超えた。


そこから、更に追い込むと

150を超え、最後には170に。


20分歩いた後は、

汗ダラダラの息はゼーゼーだった。

(笑



これも、筋トレと考え方は同じ。

自分の限界を超えなければ、体が必要性を感じない

=持久力も上がらない

ってこと。


しばらくは、これを続けてみようと思う。



あと、

腰痛(坐骨神経痛)の治療の方も

少しずつだけど、進んでる。


これは、腰周りの筋力アップとも連動してるから

あれこれ方法を変えながら、毎日30分以上

長い時には1~2時間やってる。



足首の痛みも減ってきてるし

スネやフクラハギも、更に太くなってきた。


「継続は力なり」

この言葉を信じて、進み続けよう。





9/12(水)~9/15(土)トレーニング日記(今できることを続ける)

9/12(水)は、ウオーキング40分。

9/13(木)は、ウオーキング40分。

9/14(金)は、ウオーキング60分。

9/15(土)は、ウオーキング30分。



勝沼で腰を痛めてから、一週間。

スタジオプログラムや筋トレは控えてきたけど

クラブには行ってた。


そうやって続けていると、

何かしら見えてくるもので・・・


また、別の世界にいる(笑



まず、

ウオーキング。


歩いていて、ふと思った。

左足首の筋力アップとリハビリのために

左足に体重を乗せてウオーキングしてるけど、

もう、それだけでは足りないんじゃないか?

って。


で、

あれこれ試してみる。


そこで思いついたのは、

歩きながら、カーフレイズというトレーニングをしたらどうか?

ってこと。



カーフレイズってのは、

簡単に書くと、つま先立ちを繰り返すトレーニング。


足首を動かすのは、スネやフクラハギの筋肉なんだけど

自分の場合は、左踵骨折の後遺症で左足の筋肉が少ない。

(=左足が細い)


これを、右足とバランスを取れるようにするには

左足だけのトレーニングが要る。



前にも、そのトレーニング方法として

静止した状態での、つま先立ちを勧められたこともあったんだけど

それだと、2~3回しか出来なくて挫折していた(^_^;)

(それだけ左足首の筋力が弱かった)


実際に、歩きながらのカーフレイズをしてみると

不思議なことに、何回でも出来る。


最初は、ランニングマシンの上でだから

ベルトが後ろへ下がる力で、つま先立ちを補助してくれているんだろう

なんて思っていたが、

一回一回、しっかりとつま先立ちをしても

何回でも出来る。



これを、少なくても20分。

多い時は、60分続ける。


それを回数にすると・・・

2秒で1回として、1分で30回だから

30回x20分で600回。


60分だと、

1800回になる(笑



難しいことは解らないけど

これは、歩くという動作を伴うために

足首や筋肉に掛かる負担が少ないのだろうと思う。


そう考えると、効果も薄いということになるが

最も大切なのは、続けること。


静止した状態でのつま先立ちで、三日坊主になるより

遥かに効果的だということになる。



次に、

右肩骨折後遺症のリハビリ。


これは、パーソナルトレーニングを受けた

トレーナーから指導された方法だが、

鉄棒に両手でぶら下がり(逆手の状態)

体を捻ったり、反ったり丸めたりするだけ。


気付いてしまえば簡単なことだが

これが、効く効く。


自重で、筋や筋肉が引っ張られて

気持ちよ~く伸びる(笑



最後に、

坐骨神経痛の治療。


これも、先のトレーナーの話や

トレーニング方法に大きなヒントがあった。


自分の腰痛の根本的な原因は、筋力不足。

だが、それに伴う二次的な要素もある。



それは、

筋や筋肉の硬化。


これまでにも、

伸びる側の筋や筋肉を、ストレッチやマッサージしていたが

縮む側までは頭が回らなかった。


これも気付いてしまえば簡単なことだが・・・

伸びる物の反対側には、縮む物がある。


坐骨神経痛の場合は、

体の裏側(太ももの後ろ~お尻)が、伸びる物。

体の表側(太ももの前)が、縮む物。



この、体の表側(太ももの前)を

ストレッチやマッサージしてやることにより

痛みが少なくなったのはもちろん、

次のステップへ進む要因ともなった。



次のステップとは、

「骨盤を立てる」

ということ。


このブログでは、お馴染みの言葉だけに

「何を今さら」って感じかもしれないが(^_^;)



これについては、長いこと考えてきてはいるから

意識したり、負荷が掛かっていなければ立てることは出来る。


でも、筋力の不足や筋や筋肉の硬化の影響で

無意識であったり負荷が掛かると、寝てしまうのも事実。


その改善方法と言うものが

ここへきて、やっと見つかった。



これも、先の「歩きながらのカーフレイズ」と

基本的な考え方は同じ。


少し前までは、

その根本的な原因である、筋力不足を補うために

トレーニングしなければ・・・

という考えしかなかった。


でも、

それは、辛く苦しいもの。


相当な精神力がなければ

続かない。



続かないものをやろうとするのは

「無理」


現状では、

理に適っていないということ。



だったら、

どうすればいいのか?


続けられる方法を考えることである。



その方法は、

「強制的に骨盤を立て、更に前傾させる」


壁に背を付け、足を伸ばして座る。

この時に、骨盤が寝ていると

お尻と壁の間に隙間ができる。


その隙間がなくなるように、

後ろへお尻をずらしていくのである。


これで、骨盤は完璧に立つ。



更に前傾させるために、そこから前屈。

額を足に着けるつもりで、腰を前に折る。


その状態で、しばらく我慢する。

そうすると、

少しずつだが、骨盤が前傾していく。



最後に、

姿勢を正し、胡坐を組んで座る。


深い呼吸を繰り返し

体幹に力を入れ、それを維持する。


所謂、座禅である。

これを30分から1時間続ける。



話が堅くなってしまったが(^_^;)


まあ、

壁にお尻を押しつけるように座ると、自然に骨盤が立つ。


そこから、更に前屈すると

骨盤が前傾する。


そうすると、

楽に、背筋を伸ばした良い姿勢が作れる。


その姿勢を維持することで

骨盤を立てる筋肉を鍛えられる。


ってこと。



壁に背中を押しつけたり、

前屈したりする時は、ちょっと痛かったりするけど

別に、辛くも苦しくもない。


考え方は、

走ったり自転車を漕いだりするのが辛いなら

歩けばいいんじゃないの?

ってのと同じ。



無理はしなくていい。

それは、理に適っていないってことだから。


「今できることを続ける」

それが、最も大切なことだ。


続けていれば、

必ず、何かが見えてくる。





<追記>

そのうち、山寺へ修行に行くかも(笑





9/6(木)~9/11(火)トレーニング日記(8か月&「時」)

9/6(木)は、訳あってお休み。

9/7(金)も、訳あってお休み。

9/8(土)は、クロスパーク勝沼で走行。

9/9(日)は、パーソナルトレーニング。

9/10(月)は、クラブの定休日で市営体育館。

ウオーキング30分。

9/11(火)は、ウオーキング60分。



で、

9/9で、いつの間にか8か月経ってた(^_^;)

(今月の出勤は、23日(笑)

これに関しては後述。



まず、9/6と9/7のお休み。

前の日記で、セルフマッサージの件を書いたけど

盛大に、その揉み返しが来た(笑


体が火照ってだるくなり、

何もやる気が起きない。


9/5にペアストレッチを受けていたから

それも拍車をかけたのかもしれない。


何事も、過ぎたるは・・・

だ(^_^;)



次に、9/9のパーソナルトレーニング。

(個人指導)


前日の勝沼で痛めた腰のままで行ったんだけど

ここが、また転機になりそう。


指導を受けたトレーナーは、

「なんで、ここにいるの?」

ってぐらいレベルの高い人。

(クラブと契約しなくても、独立して十分にやっていける)


その話は、理にかなっていて

興味深いことばかり。


坐骨神経痛の治療方法や、肩のリハビリについて

有益な情報をもらった。


それについては、現在進行形なので

また後日。



で、

本題の8か月。


最初は、

バイクに乗るための体力・筋力アップがメインだったけど

それが、いつの間にか怪我の後遺症のリハビリに。


更には、

坐骨神経痛の治療へと、形を変えてきた。



でも、

それも必然なんだと思う。


バイクに乗るための体力・筋力アップには

正しいトレーニングが必要だし、

それには、バランスの取れた体が必要。


「何が本当に必要なのか?」

ってところを掘り下げていったら、そこに辿り着いた。

それだけの話。


「来るべき時が来た」

っていうことか。



それと、

「このところは、バイクに乗る気が起きない」

その理由っていうのが、なんとなく解ってきた。


先日の勝沼での腰痛再発ってのが、いい例。

意識は、バランスを取る方向に進んでるんだけど

体が追い付いてない。


怪我の後遺症も、

坐骨神経痛も。



まだまだ、体のあちこちが硬く

縦のバランスも、横のバランスも崩れている。


だから、

バイクで走った時に、無理が来た。


体が、

「まだバイクに乗る時期じゃない」

って、信号を出してるんだろう。



「なんとなく」

そう、

なんとなく、バイクに乗りたくなった時。

それが、絶好のタイミング。


前に進んでいれば、

「その時」は、必ずやって来る。





8/26(日)~9/5(水)トレーニング日記(セルフマッサージ&「怪我のリハビリ&腰痛治療日記」(笑)

8/26(日)は、ウオーキングを30分。

8/27(月)は、クラブが休みだったので市営体育館へ行ってウオーキングを30分。

8/28(火)は、

カラダ・うごく15(8回目)

巻くだけシェイプ20(8回目)

グループパワー60(37回目)

ウオーキング20分。

8/29(水)は、

ビヨンド美メディテーション ヨガ40(4回目)

ウオーキング60分。

8/30(木)は、ウオーキングを60分。

8/31(金)は、

グループパワー45(38回目)

ウオーキング30分。

9/1(土)は、

ビヨンドパワーヨガ60(5回目)

ウオーキング60分。

9/2(日)は、

グループパワー60(39回目)

ビヨンドボディメイク ヨガ40(6回目)

カラダ・うごく15(7回目)

巻くだけシェイプ20(7回目)

ウオーキング40分。

9/3(月)は、

ビヨンドボディメイク ヨガ40(7回目)

ウオーキング40分。

9/4(火)は、

カラダ・うごく15(9回目)

巻くだけシェイプ20(9回目)

グループパワー60(40回目)

ウオーキング15分。

9/5(水)は、

ビヨンド美メディテーション ヨガ40(5回目)

ウオーキング30分。




こうして書き出してみると

また休み無しだな~

ブログも書く気にならんし、ちょっと疲れてるかも(^_^;)



あと、

このところは、違う疲れもあったりする。


それは、

マッサージ疲れ。

(笑



ちょっと前までは、

足首のリハビリで、歩くことをメインにしてたんだけど

もう違うところに行ってる。

(笑



いつものようにストレッチしてたら

あることに気付いた。


寝転がってバンザイした時に

左右の手の上がり方が違う・・・


そこで、色々と腕を動かしてみたら

可動範囲が狭く、無理をすると痛みもある。


右肩を骨折した時の後遺症だ・・・

(^_^;)




そこから、マッサージ漬けの日々が始まった。

(笑


それまでにも、左足首や甲をマッサージしていたから

理屈は解っていたんだけど、

体を、押したり揉んだりして痛い所は

筋肉や筋が硬くなっている。


体が「そこを解してくれ~」

ってサインを出してるのである。



そこで、

体中を押したり揉んだりしてみると・・・


もう、そこら中が痛い。

(^_^;)



左踵骨折

右肩骨折

右ひじ骨折

坐骨骨折

右足首靭帯損傷


大きなものでこれだけ。

打撲や捻挫なんかは、数知れず。


おまけに、坐骨神経痛。

もう、ボロボロである。

(笑




とりあえず、

これらは、日常生活にさほど影響はないし

バイクに乗っても、支障は出ない。


だから、

これまで放ってきた。


が・・・


この先、もっと歳をとれば

痛みが出てくるかもしれないし

何より、直近の体力トレーニングに制限が付き纏う。



それは、

バイクに乗れる時間が短くなる、と言うことであるし

レベルアップに時間が掛かる、ということでもある。




そんなこんなで、

このところは、毎日1~2時間

欠かさず、全身のセルフマッサージをしているが

押したり揉んだりするほど、痛みが増す。



でも、それは

体が再生している証拠。


その痛みが無くなった時が・・・

新たなスタートである。




<追記>

もう、トレーニング日記じゃなくて

「怪我のリハビリ&腰痛治療日記」にタイトルを変えた方がいいかも。

(笑





8/19(日)~8/25(土)トレーニング日記(前進していることの証明&楽しみに、苦しみは伴うもの)

8/19(日)は、

ビヨンドボディメイク ヨガ40(5回目)

カラダ・うごく15(6回目)

巻くだけシェイプ20(6回目)

ウオーキング40分。

8/20(月)は、

ビヨンドボディメイク ヨガ40(6回目)

ビヨンドマーシャル40(3回目)

ウオーキング20分。

8/21(火)は、

カラダ・うごく15(7回目)

巻くだけシェイプ20(7回目)

グループパワー60(36回目)

ウオーキング15分。

8/22(水)は、ウオーキング20分。

8/23(木)は、ウオーキング40分。

8/24(金)は、

グループパワー45(37回目)

ウオーキング40分。

8/25(土)は、

ビヨンドパワーヨガ60(4回目)

ウオーキング40分。




今週の特筆は、

月曜のビヨンドマーシャル40。


これは、格闘技系のダンスプログラムなんだけど

前に出たのは7/13だから、一か月ちょいぶり。


最近は、思うところあって

ダンス系のプログラムに出るのは控えてたんだけど

なんとな~く参加してみた。

(「思うところ」に関しては後述)



うん。

持久力は確実に上がってるし

左足も強くなってる^^


が、

(笑


途中からキツくなってきて

左足に異変が・・・



これも後述するが、

このところは、左足首のリハビリに専念してて

両方の足へ、均等に体重を乗せられるようになってきた。


なので、

弱い左足が、先に破綻。


それでも、ダンスを続けていたら

左膝を痛めてしまった(T_T)



短い間だったら良かったが

まだ、長い時間は耐えられないようだ。




で、

後述の話。


ちょっと前までは、色んなプログラムや運動を試してたんだけど

今は、グループパワーとヨガ

それと、ストレッチ系のプログラムに限定してる。


その訳は、

色々と試すことによって、本当に大切なものが見えてきたから。



それは、

「正しく歩く」ってこと。


当然だけど、

ウエイトトレーニング以外の運動っていうのは

歩くことが基本。


ちゃんと歩けなければ、

走ることにも、ダンスすることにも支障が出る。



そのために、最近は毎日ウオーキングをしてるわけだけど

自分の場合は、左踵骨折の後遺症があるので

それを考慮してトレーニングしなければならない。


その方法は、

「上半身を固定して歩く」って事と

「足の動きに集中する」ってこと。



前者は、

ランニングマシンの手摺りに掴まり

上半身が動かないようにして歩く。


こうすると、体を傾けて歩くことが出来ないから

両足へ均等に体重が乗る。



後者は、

同じように、ランニングマシンの手摺りで体を支え

目を閉じて歩く。


踵から着地し

体重が、土踏まず→小指→親指へと移動し

つま先で蹴るようにして抜ける。


この動きを、左右の足が確実に行うように

目を瞑って集中するのである。



このトレーニングをしていると

左足が、ものすごく疲れて痛む。


でも、

それは、変化の証。


前進していることの証明である。




<追記>


左足を庇って歩けば、疲れないし痛くもない。

楽に歩ける。


だが、

それでは、永久に左足は強くならないし

正しく歩くこともできない。


それは、バイクに乗っても同じ。

楽で楽しいことばかりしていたって

上手くも速くもなれない。


「楽しみに、苦しみは伴うもの」

っていうことだ。






  1. 無料アクセス解析