ムービー解説 急坂上り編

まずはこちらのムービーをどうぞ。

初級者(-_-)|くんの場合

中級者の下ghostの場合

この坂は、ムービーで見るよりも急な上に、石がゴロゴロしていてグリップしないので、難易度は高いです。

特に初級者が転んでしまった辺りから角度が急になっていて、よほどの上級者で無い限り、止まったら最後、再スタート出来ないほどです。

バイクは同条件のCRM80ですが、なぜこうも差が出るのでしょう。

・・・・

答えは簡単ですd(゜▽+゜)

・・・・

初級者は「加速(上り)に対応したポジション」が出来ていないのと「左右の振られに対してのボディーアクション」が出来ないからです。

私のムービーを見てもらえればわかると思いますが、初級者に較べて肘が上がり、体が大きく左右に動いています。

これは、バイクが左右に振られた力を「自分の体を左右に動かす事」によって相殺しているからです。

しかし、この「左右の振られに対してのボディーアクション」は、まず「加速(上り)に対応したポジション」が出来ていないと不可能な事なのです。

それは何故かと言うと、この「左右の振られに対してのボディーアクション」は「足の付け根から正しく体を曲げ、肘を上げたポジションでハンドルに力を加えずに乗る事」が必要だからです。

・・・・

結果的に、私は初級者よりも速いスピードを維持できるため、楽に登る事が出来るのです。



(-_-)|くんと相模川

本日も晴天温暖な気候の中、相模川で練習です。

今回は、3回目の(-_-)|くんのために、基本練習を一日みっちりとやりました。

(-_-)|くんのインプレ

やはり、最後に指摘した通り、加速・減速(上り・下り)の姿勢を作る時に、体全体を移動するのでは無く、「足の付け根から体を曲げる」という事が今後の課題ですね。

体全体を移動してしまうから肘が下がってしまい、結果的に横振れに対して体を動かせなくなってしまっているのだと思います。

下の2枚の写真を比較して参考にしてみて下さい^^

CA2800990001.jpg


CA280105.jpg


本日は、写真と動画をいっぱい撮りました。
本家HPのオフロードムービーの小部屋にUPしてあります。

埼玉のNさんと相模川

今日は、レンタル走行会初参加の埼玉のNさんと相模川で走ってきました。

本日も、秋晴れの最高の天気の中、気持ちよく汗をかいてきました。
私は久々のCR125を出したんですが、やっぱりレーサー125をクロカンで使うのは難しい・・・と、痛感しました。

が、

やはりCRM250には無い、車体の軽さと、ピックアップの良いエンジンは捨てられませんね。
無くなったら禁断症状が出そうなので、当分はCR125とCRM250の2台体制が続きそうです(^^;

埼玉のNさんのインプレ

今回は、新しい基本練習を導入してみました。

まあ、新しいと言っても、ただ坂を上り下りするだけなんですが・・・

でも・・・

これが、かなり効果的な練習方法だという事がわかりました。

Nさんによると「基本的なポジションの作り方」や、「ステップへの加重の仕方」、「ハンドルをフリーにする事の重要性」等が、平地で練習している時よりもわかりやすく体感できたとの事でした。
(私も見本で何回も走って、練習になりました(^^;)

この時の動画が、本家HPのオフロードムービーの小部屋にUPしてあります。

この練習成果が出たのが、前回KEYくんが苦戦した急坂登りでした。
トルクのあるCRM250でも、気を抜いていると登れない坂を、CRM80で、一発でクリアしてしまったのです・・・

正直なところ、「いくらなんでもコレは登れないだろう・・・」と思っていたので、ビックリでした(笑

Nさんへ

機会があれば、また一緒に走りましょう。
私でよければ、またお相手しますよ^^

CA280092.jpg



試乗(私情?)記録 W1SA

*第一印象

古くて乗りにくそう・・・

*ポジション

なんか自然とお行儀のよくなる感じ(笑

アップハンで、ステップが下気味・前寄りだから?

*シート高 (実車はアンコ抜き仕様)

シート高自体は高くないが、幅広なのでがに股気味。

足を付こうとすると、ステップがすごく邪魔。

キックペダルもたまに邪魔になる。

身長175センチのテスターで、両足の踵が少し浮くぐらい。

*エンジン

振動が凄いと聞いていたが、それほどでもない。
前に乗ったXS-1の方が凄かった。
確かに回せば振動はあるが、XS-1に較べれば快適。

ビッグツイン特有のトルク感も、XS-1と較べるとおとなしい感じ。
マイルドなトルク感で、意外と乗りやすい。

*ミッション

シフトストロークが多くて、ガチャコンと入る感じ。

クラッチが凄く重いが、慣れてしまえばこんなもんかなぐらい。

*コーナリング

変なクセはないが、古いんで、まあこんなもんでしょうレベル(笑

*ブレーキ

リアは、まあまあ効いてコントロールしやすいが、フロントはカックンのうえに効かなくて怖い。
(カム周りのOH後はカックンが無くなったが、やはり制動力は弱い)

*総評

車両が古いのと、XS-1での経験から、もっと乗りにくいと思っていたが、意外とマイルドな乗り味で、乗りやすかった。

ズバズバズバッというビッグツインならではの音は、他のバイクでは味わえない物かもしれない。

でも・・・

欠品パーツだらけなので、もしも壊れた時を考えると・・・

怖くて乗れない(笑

CA280089.jpg



疲れない走り方・・・

レンタルバイクをやっているので、初級者の方と一緒に走る機会が多いのですが、そこでよく感じるのが、疲れ方の違いです。

同じ道を同じ時間走っても、私は軽く運動した程度なのに初級者は腕がパンパン、足はガクガクになってしまうのです。
(当然ですが、私の方がアベレージスピードが速く、追いついてくるまでの休憩時間があるのですが・・・)

思えば、私もそうでした。
ちょっと走っただけで、直ぐに腕上がりを起こしてしまったり、妙に疲労したり・・・
(今でも、上級者と走ったら同じ様になってしまうのでしょうが・・・(^^;)

それがなぜ、今の様に疲れないで走れるようになったのか?

それは「バイクから受ける力や路面からの衝撃」を

「力ではなくポジションやバイクの操作方法」

によって、和らげる事が出来るようになったからです。

KEYくんと相模川

本日は晴天の中、KEYくんと相模川で走ってきました。
暑くも寒くも無く、だいぶ草も少なくなってきているので、最高に走りやすい一日でした。

KEYくんのインプレ

前回から日が経ってしまったので、感覚を思い出すまでに時間が掛かってしまったようです。

写真のガレ場登りでは10回近くチャレンジして、成功は1回だけでした。
(このガレ場は、写真の見た目よりも急で、グリップも悪いですが・・・)
ここでの走りもそうなのですが、全体的に見てボディーアクションが小さいですね。
自分では動いているつもりでも、傍から見ると全然動けていないもんです。
次回は、とにかく「ボディーアクションを大きめに」ということを頭に入れながら走ってみてください^^

CA280087.jpg


CA280088.jpg



CRM80ピストンリング交換

今日は、この所パワーダウンが気になっていたCRM80のピストンリング交換をしました。

「交換前」

キックが軽い。

始動性が悪い(暖気に時間が掛かる)

エンジン音が大きい。

パワーダウン(1、2速は良いが、3速に入れるとパワーがガクンと落ちる)

「交換後」

キックが重くなった。

始動性が良くなった。

エンジン音が小さくなった。

3速に入れてもパワーが落ちなくなった。

総評

酷使している割に、シリンダーにもピストンにもキズは無く、キレイなものだった。
リングも見た目はそんなに減っているようには見えなかったが、上記のように確実な変化が体感できた。

やはり、2ストのピストンリングは消耗品である。
パワーが落ちてきたかも・・・と感じたら、リング交換がオススメです。

CA280081.jpg


crm80.jpg




  1. 無料アクセス解析