07/07/29ベストテク練習会

今日は某ベストテク研究会の練習会へ参加してきました。

気温33度 晴れのち大雨 風 北1
 CA281719.jpg

今週は火曜日のコソ練から体調が悪く、ゆっくりとお昼頃から参加しました。

ですが・・・
本格的に走り始めたのは、他の人達が終了した午後4時頃から(^^;

そこから暗くなる7時頃まで走ってました。


で、

道も見えなくなったし、もうそろそろ帰ろうかな~と思っていたら・・・
降りだした雨が次第に強くなって大雨に。

土砂降りの中、なんとか帰り支度を済ませて周りを見渡してみると・・・

道がぜんぶ川になってました(笑
CA281723.jpg
ムービーも撮ってあります。
(雷で一瞬光って見えますが、みんなが車を停めていたところです)

その後、事故渋滞に巻き込まれて迂回したり知り合いの所で雨宿りしたりしながら帰ってきたので、自宅に着いたのは11時頃になってしまいました(^^;


雑記

何かに気付き、その壁を乗り越える時。

その瞬間は自然とストイックになるようです。


誰かに教えてもらうのではなく、自分で考えて試して体得する。


今がその時なのかもしれません。



今日も最高に楽しかったです^^ 参加の皆さんありがとうございました&おつかれさまでした^^ノ



忘れないようにメモ

本コース脇のサンド。

サンドを走る練習なんかしていないのに、何故か上手く走れるようになっていた。

以前はパワーにまかせて走っていて行きたい所へ行けなかったが、行きたい所へ自由に行けるし何より疲れない。

サンドを走るのがこれほど楽しい事とは思わなかった。



今日のツボ

ハンドルは押して切る。

切れようとするハンドルを押して修正。

ハンドルとステップを使い分ける。

フェイント(当て舵)を入れない。

アクセルオフでターン。

前後の動きを忘れずに。

ベストは操り人形。





07/07/24コソ練

昨日はあるところで走ってました。

いつものところでトラテク系・・・って言えば、鋭い人ならわかるでしょう。


ジャンルや体裁に拘らず経験値を増やす

それが私の考え方なんですが、今回も勉強になることがたくさんありました。


モトクロス・エンデューロ・トライアル

スタイルは違っても、オフロードを走ることに変わりはありません。







上手い人はどんなバイクでもどこを走っても上手い

それは頭ではなく身体が考えているから。



目標は高く遠く果てしなく

その境地に辿り着ける日まで。









07/07/22練習会

本日の参加者は・・・

ghost(CR125)
しいなさん(YZ250F)
ジョチュウさん(CRM80)
郁さん(ジェベル200)
マークンさん(セロー225)
ロッシさん(CRM250)
tamaさん(YZ125)
BALさん(KLX250)
たけまんさん(ジェベル200)
のびエモンさん(KLX250)
モーミンさん(XR250)
とみさん(KX80)
まっちさん(CRF250X)
Nortonさん(セロー250)
かずさん(XR250)

 
の15人でした^^

気温29度 曇り 風 北東2

CA281706.jpg
前日までの天気予報では雨だったんですが、当日は時折陽も射すぐらいでした。
この季節の天気予報は当てになりません(^^;

本日の練習メニューはアクセルターンでした。 (クロカンで早速役に立ちましたね)


バイクを降りた場合でも乗ったままでも、コツは同じです。


左回り

バイクを思い切り寝かす
(骨盤を立て、背筋を伸ばし、膝を曲げる)

バイクにもたれかからない

クラッチを直ぐに切れるように調整

左腕でバイクを吊るすように支える

人差し指1本でクラッチレバーを操作し、中指・薬指・小指の3本でバイクを吊るす

バイクを体の周り(体の下)で回す


最初は力を使ってしまうので疲れますが、慣れてくると力を使わず楽にできるようになります^^


雑記

今日は久々にCR125を出しました。

みんなでゾロゾロとクロカンをした後に、まっちさん(CRF250X)tamaさん(YZ125)しいなさん(YZ250F)の4台でハイスピードクロカンに行ったんですが・・・

まっちさんが上手くてちょっとヤバかったです(^^;


CR125はWR250みたいに流して走ることができないんで、ずーっとギンギン状態。

体調が良かったのと、マル秘テクでなんとか面目を保ちました(笑


このマル秘テクについては、まだ実験中なので後日書きます。 (これはけっこう画期的かも・・・)



今日も最高に楽しかったです^^ 参加の皆さんありがとうございました&おつかれさまでした^^ノ





リベンジ

リベンジって何の?という感じだと思いますが、先日のミーティングのリベンジです(^^;

本当は次の日に走る予定だったんですが、雨が降ってしまったので今日リベンジしてきました。


あの日はもう、体調は悪いわCRM80の調子は悪いわパンクするわでストレスが溜まりにたまってました。

ちょっと遅い4時ごろから走り始めて基本練習をメインに3時間ほど。

最後は暗くなりかけて人気のない河原をハイスピードクロカンしてストレス解消してきました。


余談

見たことのあるランツァが近づいて来るな・・・と思ったら、お久しぶりですの蒼い槍改めきんくまさんでした。

今日はお散歩?装備だったので一緒に走れませんでしたが、またご一緒できるといいですね^^

CA281705.jpg




07/07/16ミーティング

本日の参加者は・・・

ghost(CRM80)
しいなさん(YZ250F)
ジョチュウさん(CRM80)
たけまんさん(KX100)
モーミンさん(XR250)
ロッシさん(CRM250)
rinderさん(XR250)
BALさん(KLX250)
チューさん(XR250)
KOZYさん(RMZ250)
りゅうさん(CRM250)
とみさん(DRZ400)
whitebleachさん(CRM80)

の13人でした^^

気温28度 曇りのち雨 風 北1
CA281704.jpg

台風のせいで利根川遠征が延期になってしまったので、3連休最終日の今日は急遽相模川でのミーティングとなりました。

台風後の増水でクロカンコースの一部は水没していて、試しにバイクを降りて歩いて入ってみたら、腰の辺りまで水深がありました(^^;


雑記

休みに入ってから風邪をひいたのか、お腹を壊していて体調が良くなかったので久々にCRM80で走ったんですが、これが裏目に出ました。

ピストンリングが磨耗して圧縮が落ちているようで、低中速が殆ど無い・・・

回していないと走らないので、ギンギンで走っていたら、いつの間にかリアタイヤがパンク。

見なかったことにしてそのまま走り回っていたんですが、エンジン不調もあり早々にまったりモードにしてしまいました(^^;


そんな中で、今日も思わぬ収穫がありました。

午後からとあるAAクラスの選手が走りに来て、その走りをじっくりと観察できたことです。

昔なら「あ~、やっぱり速いな~」ぐらいにしか思わなかったんでしょうが、今回は色々なことが見えました。


流して走っているようなのに実は速い。

他にも速い人達はいたんですが、明らかに走りの質が違います。

その中でもいちばん強く感じたのは突っ込みのスピードの違いです。

加速ではあまりアクセルを開けていないので他の人達よりも遅かったりするんですが、コーナーの進入で追いつく。

加速で無理をせず、コーナー進入時のスピードを上げているので、安全で疲れない走りです。


その選手は若いので体力があるのは当然ですが、他の人達も体力的に劣るわけではありません。

進入時のギャップによる衝撃や減速Gに耐えられるフォーム作りが上手いんです。

その証拠に、この選手はほとんどスタンディングのまま長時間走っていました。

足の付け根から体を折り、少し膝を曲げた状態のまま、遠心力の掛かるバンクコーナーでもスピードを落とさずに旋回していきます。
(それも、フォームにほとんど変化はありません)


遠心力の掛かるバンクコーナーを他の人達よりも速いスピードで、尚且つスタンディングのまま走り抜ける。

これにはGに負けない強固なフォーム作りが必要であり、小手先のテクニックで補えるものではありません。

良い勉強になりました^^


今日も最高に楽しかったです^^
参加の皆さんありがとうございました&おつかれさまでした^^ノ


追記

そういえば、もう一つ忘れてならないことが。


AAクラスの選手は他の選手と比べてアクセルを戻すタイミングが早い。

他の選手はギリギリまでアクセルを開けていて、進入時にターンできるスピードまで落とすが、AAクラスの選手は早めにアクセルを戻し、そのスピードを出来るだけ殺さないようにしている。
(他の選手は「ブレーキングしている」ということが見ていて分かるが、AAクラスの選手は「ブレーキングをしていない」ように見える)

これはオーバル練習で進入スピードをターンポイント(コーナーの半分よりも奥)まで持続させることと同義である。



07/07/07練習会

本日の参加者は・・・

ghost(WR250F)
郁さん(ジェベル200)
えだっちさん(KDX125)
KOZYさん(RMZ250)
チューさん(XR250)
たけまんさん(KX100)
Nortonさん(セロー250)
まくすさん(KX250F)
かずさん(XR250)

の9人でした^^

気温25度曇り 風 北北東2
雨が降らず日も射さずという梅雨時としては最高のコンディションでした。
CA281699.jpg


本日のムービー


今日は先週に引き続き練習方法の説明をメインにしました。


ウォーミングアップ走行

オーバル走行を進入・ターン・加速に分けて練習する方法
(進入フォームをストレートで練習)
(片足スタンディングから太ももシッティング)
(片足シッティング&両足離しシッティング)

オーバル走行

L字走行

コブの通過&ジャンプ


今回の練習では私の体調が悪く、オーバル走行をまともに出来なかったのですが、そこから練習方法のヒントを得ました。

オーバル走行というのは進入→ターン→加速を効率よく練習する方法ですが、全ての動作を上手くつなげないと走りがバラバラになってしまいます。

そこで考え方を変え、まずは進入・ターン・加速を分けて練習してからオーバル走行でそれをつなぐ。

オーバル走行をすることが重要なのではなく、進入・ターン・加速という独立した動きを体に覚えさせる事が必要です。


これに関連して新たにメニューに加えたのがL字走行です。

曲がるポイントを一つ決めて、そこでL字を書くように右ターンと左ターンを繰返します。

オーバル走行だとどうしても走る場所が限られてしまいますが、L字走行であればちょっとフラットな場所があればどこででも出来ますし、U字ターンとなるオ-バルよりも、クロカンや林道においては実戦的な練習になります。


コブの通過&ジャンプ

この練習は人工的に作られた(出来てしまった)ギャップ・フープスを走る事やジャンプを飛ぶためのテクニックですが、やはり忘れていけないのは「フォームや走行意識を作るための練習」であるということです。

コブの手前
車体水平
進入・下りフォーム
腕を伸ばして余裕を持たせる
アクセルオフ

コブを上る
フロントアップ
加速・上りフォーム
腕を縮めてショックを吸収する
アクセルオン

コブの頂点
車体水平
ニュートラルフォーム
縮めた腕を伸ばしていく
アクセルオフ

コブを下る
フロントロー
進入・下りフォーム
腕を伸ばす
アクセルオフ

コブ通過後
車体が水平に戻る
加速・上りフォーム
腕を縮める
アクセルオン

*腕の屈伸でショックを吸収する。

*足首を90度に固定する。

*シッティングでは足の付け根で体を折って上半身を支える。

*スタンディングでは膝のクッションを使わない・前傾くの字のフォームを保つ。

*メリハリのあるアクセルオン・オフ。

(この辺りはオフテク用語解説集 へ追記します)


今日も最高に楽しかったです^^
参加の皆さんありがとうございました&おつかれさまでした^^ノ




07/07/01練習会

本日の参加者は・・・

ghost(WR250F)
BALさん(KLX250)
りゅうさん(CRM250)
郁さん(ジェベル200)
マークンさん(セロー225@ご挨拶)
しいなさん(YZ250F)
ジョチュウさん(CRM80)
かずさん(XR250)
ロッシさん(CRM250)
たけまんさん(KX100)
whitebleachさん(ジムニー@差し入れありがとうございました^^)

の11人でした^^

気温25度 曇り時々晴れ 風 南2
昼過ぎから時折日が射して暑い時もありましたが、前日に降った雨のお陰で埃もたたず、梅雨時期としては最高のコンディションでした。
CA281698.jpg

今日は練習方法の説明をメインにしました。


ウォーミングアップ走行

オーバル走行

オーバル走行を進入・ターン・加速に分けて練習する方法
(進入フォームをストレートで練習)
(片足スタンディングから太ももシッティング)
(片足シッティング&両足離しシッティング)

コブの通過&ジャンプ


練習時にもお話しましたが、ただオーバルをグルグル回っているだけでは中々上達しません。

練習方法にとらわれず、本質を見抜く。

全ての練習はフォームと走行意識を体に覚えさせるためにあります。

本日のムービー


雑記

最後にBALさんの先導でクロカンに出たんですが、ここで思わぬ収穫がありました。

それは最後尾から見た時に一人だけスタンディングで走っているロッシさんでした。

ロッシさんはシッティングよりもスタンディングで走ることの方が多いのですが、フォームに独特なものがあります。

これは背の低い人に共通する物なのですが、スタンディング時に足の付け根と膝がほぼ伸びた状態のままで走るのです。

このフォームはトライアルのインストラクターの後ろを走った時と、ブルカップで上位入賞した「流して走っているようで速い人」の後ろを走った時に見たものと同じでした。
(これらのことから、このフォームと走り方を「トライアル的流しスタンディング」と名付けます(笑)

ロッシさんの後ろにピタリとつけて観察していると、やはりというかなんというか変な感じです(^^;

ベタ足(土踏まずでステップに乗る)のままステップ上に垂直に立ち、腕以外の体は微動だにしません。

上手い人に共通するものは関節を固定させることが出来るという事ですが、トライアル的流しスタンディングではこれを関節を伸ばし切ることで代用しているようです。

これを一番強く感じたのが、こぶし大の砂利が敷き詰められ、気を抜くとタイヤが砂利の間に埋まってしまうような場所で90度ターンをした時です。

私ならシッティングに移行してしまう場面ですが、ロッシさんはイン側の腕を曲げ、ほんの少し体重を移動させることでスルスルっと曲がっていってしまいました。
(私もこれを真似したんですが、どうも上手く出来ませんでした(^^;)

この走りをゆっくりとしたペースで15分ほど続けたんですが、驚くほど疲労感がありませんでした。

このトライアル的流しスタンディングは膝と足の付け根のサスペンションが利用できないので、MX的な走りでは使えませんが、総体的なスピードが低く、ゴー&ストップの多いクロカンや林道ではかなり使えるテクです。
(この疲れないという特性を生かして、EDレースにも使えます)

勉強させていただきました、ありがとうございます^^


今日も最高に楽しかったです^^
参加の皆さんありがとうございました&おつかれさまでした^^ノ





  1. 無料アクセス解析