「LongWrongWayRound」パート2

さて、パート2です。

こちらはライディングサポートの記事がメインになります。


パート1で書いたように、Kさんはオフロード超初心者・・・というか、バイクそのものに乗ることが苦手。

これは前回、相模川で一緒に走った時に分かっていました。


この状態でオフロードに行っても、走るのがやっとで何も覚えることはできない。

すなわち、オフロードでのライディングアドバイスでは得られるものが少ない。

と、考えたわけです。


まずは、いつもの座学。

Kさんの場合は、それも更に遡り、バイクの取り回しや押し歩きから。

教習所では教えてくれない、バイク屋やオフロードライダーの裏ワザ?を覚えてもらいました。


次に、このDRSアドバイステキスト通りに基本フォームの修得。

アドバイス前
CA360285.jpg
CA360286.jpg

アドバイス後
CA360284.jpg
CA360287.jpg

もうぜんぜん違いますよね。

まだ力を入れる場所を体が覚えていないので、肩に力が入ってしまっていたり、背中が反ってしまったりしていますが、これだけ見れば上手くて速い人みたいです(笑


で、

ここまでは以前とそうは変わりません。

ここからが「ちょっと変わったこと」です。


それは・・・

なんと、自転車教習(笑

CA360289.jpg

ライテクメモを読んでいる方ならご存知だと思いますが、「自転車もバイクも同じ二輪なんだから共通したものがあるはず」という考え方を具体化したものです。


ここから、ライテクメモに書いたことを引用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バイクと自転車
2009年01月14日(水)01:52 管理人ghost

この数日、何となく考えていたこと。

それは自転車の乗り方。


別に競技性の強い物ではなく、普通のママチャリ。

これに乗る時に、無意識にしている動作を考えていた。


バイクと自転車は、エンジン付きと無しの違いはあれど、同じ2輪。

そこには必ず共通するものがある。


ここで思いついたのはコーナリング。

自転車で街角を曲がる時、誰でも意識せずにしている動作。


お尻を引いてアウト側にずらし、イン側のハンドルとペダルを押し、車体をバンクさせて曲がる。

(この時に重要なのがペダルの位置。イン側のペダルが後ろにきているはず。「イン側の足を引く=アウト側の足が前に出る」から行きたい方向に体全体が向く)


乗っている本人も意識していないし、傍から見てもわからないぐらいのわずかな動きだが、みなそれを確実にやっている。

それをしないと上手く曲がれないからだ。


これをオフロードバイクに当て嵌めてみる。

機械の構造と路面の違いはあれど、セオリーは全く同じ。



これを今日のMコースオールスタンディング耐久の時に試してみた。

とにかくイン側の足を引くことだけに集中する。


他には何も意識せずとも、それだけでスイっと曲がれる。


気づいてみれば、「外足を前に出す」のも「内足を後ろに引く」のも動作的に同じこと。

自転車に乗る時には自然にしていることがバイクに乗ると出来なくなる。


不思議なものだ(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引用終わり。



シッティングでターンする時。

よく「イン側の足を前に出す」って言いますよね。


それを実践している、そこの貴方。

それこそが、曲がれない原因です。


疑うなら、実際にやってみて下さい。

その辺のママチャリで構わないですから。


イン側のペダルを後ろに引く=イン側の足を後ろに引く

CA360294.jpg


イン側のペダルを前に出す=イン側の足を前に出す

CA360293.jpg

この2パターン。


やってみると分かりますけど、イン側の足を前に出すと、それだけで体がアウト側を向いてしまうんです。

だから、頭だけは行きたい方向を向いているのに、体は明後日の方向を向いているという変なフォーム。


身に覚えのある方は多いんじゃないでしょうか?

気負えば気負うほどバイクがアウトにはらんでいってしまって曲がれない・・・


その原因が、これです。



その他もみんな同じです。


お尻を引いてアウト側にずらすのも

イン側のハンドルとペダルを押すのも

車体を寝かすには必然な動作。


ペダルの動きを止め、惰性でコーナーに入る。

(この方が、直進性が切れ、車体を寝かしやすいからです)

これをバイクに置き換えれば、アクセルを戻した減速状態でコーナーに進入することです。



では、これらのことがバイクに乗ると出来なくなってしまうのは何故か?

それは・・・


足に力が入っていないからです。


自転車は、人間の脚力を動力としている構造上、いついかなる時でも足に力が入っている。

だから、誰でも自然に出来る。


それが、バイクの場合はシートにどっかり座り、足にまったく力を入れずとも走れてしまう。

そのため、曲がるということに必要な動作も出来なくなるのです。


その解決方法は一つ。

シートに座らない!(笑


まあ、それは言い過ぎですが、「いつもシートのスポンジが沈まない程度に腰を浮かせておく」ということですか。

(言い換えれば、「左右に体をスルスルっと移動できるようにステップへ体重を預ける」です)



それと、もう一つ。

自転車は軽くて、バイクは重い。


当たり前ですけど、そのぶん大きな動作が要るし、力も必要。

自転車と同じ動作でも、それを更に意識してやらなければならないということです。


以上が、自転車では出来てもバイクではできないことの理由です。



かなり自転車論が長くなってしまいましたが、まだまだ続きます(^_^;)



自転車教習の後は、これも新機軸のオンロード教習です。

これは以前から考えていたことではあるのですが、「オフロードスクールなのにオンロードを走るのも・・・」といった理由でやってませんでした(^_^;)


ここから脱却したのは、以前のスクールで何人かの生徒さんと接した経験からです。

先に書いた様に、こちらも生徒さんも一生懸命やっているのに得られるものが少ない。


その原因が、

経験が浅い人は、オフロードを走るのがやっとで何も覚えることはできない。

ということに気づいたからです。


そこで、「オフロードスクールなのにオンロードを走るのも・・・」というこだわりを捨てたんですね(^_^;)



ここで、走行中に基本フォームを作ります。

CA360298.jpg

CA360297.jpg


静止状態では出来ることでも、走行中にはできなくなる。

その理由は、走りだせばバイクの操作をしなくてはならなかったり、バランスを取ったり、加減速のGに耐えたりと忙しくなるからです。

それが更にオフロードを走るとなると、いつもバイクや体が振られている状態ですし、グリップが良くないのでタイヤが滑るという悪条件が加わります。


その「オフロードを走る」という悪条件を取り除き、フォームを作ることだけに集中する。

オフロード経験の浅い人は、ここから始めることが必要なんですね。


こちらは、片足を離し、荷重を加えることによってバイクを寝かせることの練習。

CA360300.jpg


ターンの練習

CA360305.jpg


横の砂利道で、フロントタイヤに加重を掛け、グリップさせる練習。

CA360295.jpg



そして、最後の締めとして・・・

ウチから5分のお山?でオフロード走行。

CA360308.jpg


東京ですよ、ここ(笑
CA360311.jpg


転ぶ練習と引き起こしの練習(笑
CA360314.jpg




いや~、久しぶりに長かったですね。

これで最後のまとめです(^_^;)


これまで、色々とアドバイスしたり、スクールや練習会をやったりしましたけどね。

その中で学んだのは・・・


フォームやテクニックは、1回じゃ覚え切れない。

だから、私は「練習方法を教えているんだ」ということです。


重要なのは「継続すること」

忘れては思い出して・・・の繰り返し。


それ以外に上達する方法はありません。



Kさんも、長旅の間に走ることに飽きたら、今回のことを思い出して練習してみて下さい。

数万キロ走る間には、かなり上達していることでしょう^^










追記


上記を読み返して、改めて思う。

何が本当に必要なのか?


それは、

「オフロードを走ること」

じゃなくて・・・



「バイクに上手く速く乗れるようになること」

なんだと。



「LongWrongWayRound」パート1

それは去年の12/7。

まだレンタルバイクをやっていた頃の話です。

BMWのR1200GSに乗るKさんがバイク&用品レンタルをされ、一緒に相模川で走りました。

その時の様子


Kさんは数年前に大型自動二輪免許を取得後、すぐにR1200GSを買い、あちこちツーリング。

1人でロシアツーリングへも行ってしまったというバイタリティーに溢れる方です。

KさんのサイトLongWrongWayRound

(オフロードは超初心者・・・というか、バイクそのものに乗ることや、弄ったりが苦手のようですが(^_^;))



それから2週間ほど過ぎたある日、Kさんから連絡がありました。

近いうちに海外ツーリングの旅へ出るので、そのオフロード練習用に個人売買でセロー225の中古を買ったとのこと。


で、

そのセローを見てみると・・・

まあ、年式が古いので仕方ないところもあるんですが・・・

あちこちボロボロ(^_^;)

オフロードを走る以前に、修理しなければいけない所がいっぱいでした。


「まあ、ここは気を取り直して、海外ツーリングに備え、メンテナンスを覚える教材にしましょう」

ということで、新たなお付き合いが始まるのです。



それから・・・

何回、自宅のある東京から来られたでしょうか。

(東京と言っても相模原からは最も遠い場所なので、片道2時間ほどの距離です)


12月の末には、今回の旅の相棒となるジェベル250XCを買い(当店仲介の業者オークションで購入して頂きました^^)雨の日も風の日も、毎回のように夜中までメンテナンスサポート。

CA360249.jpg

寒い夜中に一人で黙々と作業を続ける、そのバイタリティーには感心します。


そうこうしているうちに月日も経ち、メンテナンススキルもだいぶ向上しました。

(その間には、色々とありましたけどね(笑)

懸念だった海外へのバイク輸送の目処も立ち、出発準備に追われているようです。


が、

気にはしていたものの、準備できていないことが一つ。


それは、ライディングスキルの向上です。

セローやジェベルでフラットな林道に何回か行っていたようですが、バイクレンタルの時にもアドバイスはしていないので、多少オフロードに慣れたかな?レベル。


そこで、こちらもメンテナンスサポートをして頂いたりパーツを購入して頂いたりとお世話になっていることだし、「餞別として1日付きっきりでライディングサポートをしましょう」ということになりました。

(それが、一昨日の日記で書いた「明日はちょっと変わったことをします」でした)


さて、ここからやっと本題に入りますが・・・

書き疲れてきたのと、更に長文になりそうな予感がするので、一旦ここで打ち切ります(^_^;)


パート2をお楽しみに^^







09/02/21相模川

気温11度 晴れ WR250F
CA360283.jpg

今日は、仕事をさっさと片付けて、2時と早め?の現地入り。

たまたま居合わせた、Tさん@YZ250Fと2台で走ってきました。

(土日なら誰かしらいるか(^_^;))


久々のレーサーということもあり、感触を確かめつつ、2時半から4時半までオールスタンディングクロカン2時間。

その後、ウロウロしていたら、これも久々のMコースで新規開拓部分を発見。

ルートが変更されていたり、草木を刈って新たに作られたコースがあり、全部繋ぐと以前よりも2分ほど長いコースになっていました。

(私が4分→6分ほど。Tさんが7分ほど)


新コース部分は藪の中のシングルトラックで、タイトターンの続く、なかなか面白い所でした。

興味のある方は、Tさんに案内してもらって走ってみて下さい。


今日も最高に楽しかったです^^
練習に付き合ってくれたTさん、ありがとうございました&おつかれさまでした^^ノ



さて。

これから、「久々のレーサー」に関するライテクメモを書いて・・・

明日はちょっと変わったことをします。


お楽しみに^^




CR125Rピストンリング&クラッチ交換

昨日は、久しぶりの修理仕事。

(なんだかんだと、やることが多くて、最近はあまり外に出てません(^_^;))


HさんのCR125Rピストンリング&クラッチ交換です。

ピストンリング
CA360273.jpg

かなり吹き抜けちゃってます。

2ストモトクロッサーのピストンリングは定期的に交換しましょう(^_^;)


クラッチが滑って繋がり難くなってしまったということなんですが・・・
CA360278.jpg

オイル真っ黒です。


フリクションディスクが減ってるのはもちろん、金属製のプレートも段付き摩耗してました。
CA360279.jpg

そして、更に凄かったのが・・・


クラッチアウター
CA360280.jpg

なんか、山が減ってしまったスプロケットみたいになってますが・・・

新品は平らです。


う~ん。

ここまで段付き摩耗しているとニュートラルは出ないし、クラッチを切っていてもズルズルとバイクが進んで行ってしまいます。

このCRは’95と古いので以前にもクラッチアウターを交換しているようですが、レーサーの場合はクラッチ周りも定期交換部品ですね。



ということで。

今週も忙しかったので、明日の土曜日に相模川へ走りに行きます。


久々に乗るレーサーが楽しみです^^


09/02/13相模川

気温16度 曇りのち暴風雨(笑 セロー225

CA360268.jpg

仕事が忙しいですー

やることいっぱいですー


でも、週に1度はなんとか走ります(^_^;)

ということで、今日も相模川へ行ってきました。


現着は4時頃。

もうナイトランを覚悟の上です(^_^;)

天気予報では明日が暴風雨の予定だったんですが、既に風が強くて雨もパラついてます。


さっさと用意をして4時半から走行開始。

ウォーミングアップクロカンの途中でマディにはまり、バイクと地面に足を挟まれてやっとこ脱出したりしてたら、すでに暗くなりかけ。


あまり遠くに行くのも危ないので近くをウロウロしてたら、新しいコースを発見。

ここらは夏になると草がすごくて入れなくなるところなので、冬季限定コースでしょうか。


出来るだけ長いルートを選んでも1周2分ぐらいのコースなんですが、チマチマしててギャップや倒木が多いので、なかなか練習になります。

(雰囲気的には、去年の冬によく走っていた上流エンデューロコースに似てるかな)

と、いうことで、ここはミニエンデューロコースと名付けましょう(^_^;)


今日は、このミニEDコース/本コースサンド/グルグル林間コースの3本立て。

あっちへ行ったりこっちへ行ったりしながら、8時まで暴風雨の中を3時間半走ってました。


で、

こんなことや
CA360269.jpg

あんなことに
CA360270.jpg

(笑


馬鹿みたいに走り続けてたんで、全身がだるいです。

後はいつものライテクメモで。

CA360272.jpg


09/02/07相模川

気温10度 晴れ セロー225

真っ暗(笑
CA360266.jpg

CA360265.jpg

今週は平日に仕事が忙しかったので、土曜日の今日に走ってきました。

今回も、たまたま?居合わせたMさん@YZ125、Tさん@YZ250Fと3台でクロカン。
(いま気づいたけど、3台ともヤマハだ。セローは青くないけど・・・)

2時半~5時半までの3時間、ほぼ休みなしで走りまわってました。


今日も、毎度のオールスタンディングだったので、足がだるいです。

その辺の詳しいことはライテクメモで。


今日も最高に楽しかったです^^
練習に付き合ってくれた皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした^^ノ





  1. 無料アクセス解析