12/02/28(火)トレーニング日記(復活!(笑)

復活!(笑


今日は、ウエイトを20分ほどとスイムを30分ほど。

思ったよりも、風邪の影響は少なかった。


体調がいいっていうのは、やっぱり幸せなことだ^^





風邪ひいた(T_T)

風邪ひいた(T_T)


金曜、土曜と少し仕事が忙しくてバタバタしてたら

日曜は、昼になっても眠かった。


そのうち、体の痛みと寒気が・・・

で、走りに行けなかった(^_^;)



スポーツクラブに通い始めて二ヶ月弱。

お腹を壊したことはあったけど、体調は良かった。

それもあったから、けっこう精神的にもガックリ。


でも、

この二ヶ月弱は、動きっ放しだったから

少し休めっていう、体からの信号だったのかもしれない。


実際に、足首の関節痛が抜けないままだったし。

(右足首はじん帯を伸ばしてて、

左足は踵を骨折してるっていう、古傷の影響もあるんだろうと思う)



あと、今日(月曜)はクラブの休館日だったから

ちょうど良かったっていうのもある(^_^;)


また、明日から再スタートだ^^





12/02/24・25(金・土)トレーニング日記

金曜は、スイムを30分ほど。


で、今日は

仕事の都合で、クラブに着いたのが終了20分前。

だったけど、15分は泳げた(^_^;)


明日は、相模川だ^^





12/02/23(木)トレーニング日記(ウエイト&スイム)

今日は、ウエイトを30分ほどと・・・スイムを30分ほど。

(なんだか気が向いたので(笑)



ウエイトでは、

いつもよりメニューを減らす代わりに、負荷を増やした。


汗だくでフラフラになってから、

そのままスイムへ。


筋肉に負荷は掛けられるし、それを直ぐに解せるしで

やっぱり、いい。


これからは、このパターンでいこう。

(ウイリー練習で、筋肉痛にならなければだけど(^_^;))





12/02/22(水)トレーニング日記(「ウ」動画公開!(笑)

今日は、ウエイトを35分ほど。


で、

早速、「ウ」動画(笑



ま。

5年半ぶりの練習だから、こんなもんでしょって感じ(^_^;)



でもって、フォームチェック。

uiri-400b.jpg
10b.jpg
003c.jpg


うん、

前よりは、腕や肩の力が抜けて

腰周りに力が入ってる。


でも・・・

参考動画のライダーと比べると

骨盤が寝てるし、腰周りの力も足りない。

(自分では、骨盤を立ててるつもりなんだけど)


このままでも、距離は伸ばせるようになると思うけど

根本的な部分が違うから、

参考動画のようなスローウイリーは難しいだろうな~


ま。

諦めずに続けるしかないんだけど。




12/02/21(火)トレーニング日記(「ウ」動画?(笑)

今日は、スイムを30分ほど。

まだ腰の重さが取れないので、ウエイトトレーニングは控えた。



で、

お待たせの、「ウ」動画。


まずは、ポイントごとのキャプチャーから。

(まだ、ひっぱる(笑)



最初は、

前に書いた、両足着きウイリーから練習。

(片足着きウイリーは、オフロードでさんざんやったので)

1_20120222022348.jpg

シートの後ろに巻いてあるのは、

ズリ落ち防止用のタイダウン(^_^;)



一回め

2_20120222022526.jpg

様子見って感じ。



二回め

3.jpg

ちょっと、調子が出てきた。



三回め

4_20120222023139.jpg

だいぶ、調子が出てきた。



四回め

5_20120222023212.jpg

ちょっと、横のバランスも取ったりして。



そして本番(笑



一回め

6.jpg

様子見で、ちょこっと上げる。



二回め

7.jpg

背中が丸まっちゃって、パワーで上げた感じ。



三回め

8.jpg

アクセル4煽りぐらい続いた。



四回め

9.jpg

左に傾いちゃって、すぐ落ちた。



五回め

10.jpg

あまり続かなかったけど、

フォーム的には、これが一番いいかな。



六回目

11.jpg

これが、下の画像の直後。

ビビって足が外れた(笑

012b_20120219231955.jpg



身の危険を感じたので、

この日の舗装路練習は、これにて終了(^_^;)

12.jpg



ということで、

「ウ」動画は、明日公開!(笑





12/02/20(月)トレーニング日記(アドバイスのポイント&ちょこっとシッティング)

今日は、スイムを35分ほど。


Oさんと一緒になったので、

今回は、平泳ぎのコンビネーション(ウェイブ泳法)をアドバイスした。



「まだ、足の動きもちゃんと出来ていないのに・・・」

と、本人は訝しげだったが

これには、それなりの理由がある。


Oさんの最大の欠点は、背筋を伸ばせないこと。

それには、お歳・・・っていうことも関係してくるが

何とか動くようにしていかなければ、先は無い。



前に書いたように、ウェイブ泳法というのは

背中を丸めたり反ったりの動きが大きい。


そう。

それを利用して、

背筋を、強制的に動かす作戦である(笑



思った通り、最初は背中を反ることが出来なかったが

それでは息継ぎができないので、やらざるを得ない。


少しずつ背筋が伸びてきて、

最後には、だいぶ動くようになっていた。


後は、これの繰り返しで

その動きを、他の状況でも出来るようにしていくだけだ。




と、こんなことをしていたら

先の日曜に、相模川でやっていたことを思い出した。



あの日の最後は、

フラットスロープコースを走りながら、あれこれ試していた。


それは何故かと言うと、

WRでの、コースの走り方を忘れてしまっていたから(^_^;)



ウチのWRは、フォークスプリングをソフトにしてあるので

他のバイクよりも乗りやすいが、

セローと比べたら、サスが硬くパワーもある。


だから、それなりの走り方をしなければ

逆に、セローに乗っている時よりも遅くなってしまうのである。



そのポイントは、「スタンディング」


セローだと、サスが軟らかいので

ギャップをよく吸収してくれて、ハンドルの振られが少ない。

(トライアルタイヤの軟らかさも、それを助長している)


なので、シッティングが多くても走れるし

コーナーの突っ込みでも、サスが沈んでくれて曲がりやすい。

(タイヤもグリップするし)



これは、「特に体を大きく動かさなくても、走れる」

ということでもあるが、

その感覚のままで、WRに乗ると

「止まらない・曲がらない・アクセル開けられない」

の三拍子になってしまうのである(笑



こういった状況の時に効く練習方法が、

「ちょこっとシッティング」

変な名前だが、これがいちばん合ってる(^_^;)


具体的には、

クリッピング(減速から加速へ切り替わる瞬間)以外は座らない。


ストレートはもちろんスタンディングで、

コーナーのクリッピング目指して、少しずつ腰を落としていく。

(この時に、イン側のステップに体重を乗せるようにしてバイクを寝かす」)


そして、

クリッピングで「ちょこっと」だけ座る(笑


立ち上がりでは、アウト側のステップに体重を乗せるようにして

車体を起こしながら、また少しずつ腰を上げる。


その立って座ってを、

どんなにストレートが短くても、確実に繰り返す。



この、

「イン側のステップに体重を乗せる」

「アウト側のステップに体重を乗せる」

「少しずつ」

っていうのが、練習のポイント。


ステップに体重を乗せるっていうのは

「ステップ加重で、バイクを寝かしたり起こしたり」の練習になるし、

少しずつっていうのは、

「ブレーキング中に、ステップでバランスを取る」

っていう練習になるからである。



この動きを、体が思い出すと

ハードブレーキング

バイクを寝かしながらコーナーへ進入

クリッピングでフロントタイヤをグリップさせる

早い立ち上がり

パワーに負けないフォーム

コーナー前後のギャップを足腰のサスで吸収

といった走りが可能になる。



要は、

「コースを走りながら行う、基礎練習」

ってことだ。




前フリが長くなったが(^_^;)


この練習をしていた時に、

いつもの、Lさん@YZ250FとNさん@YZ125が一緒に走っていた。


なので、

ついでに、この「ちょこっとシッティング練習」をアドバイスしたのだが

話していたのは、ほんの数分のこと。


それは、

いつもOさんにアドバイスしている時間と変わらなかった。



これが何を意味するのかと言うと

アドバイスというのは、

「目的を絞って、出来るだけ簡潔に」

っていうのが、ポイントなのかな?と。


それを、スイムでOさんにアドバイスしている内に

なんとなくだけど、解ってきたみたいだ。



ま。

それも、OさんやLさん・Nさんのように

継続して会うことができなければ、無理だけど(^_^;)





で、

「ウ」動画なんだけど・・・

長くなったんで、また後日(笑


013b_20120219231929.jpg





12/02/19相模川

気温7度 晴れ WR250F

011_20120219231142.jpg


今日は、ちょっとウイリー練習はお休み。

久々にWRに乗ってきた。



あと、先日の「ウ」動画(笑)が見られるようになったので

とりあえず、かっこいいとこだけキャプチャー(^_^;)


012b_20120219231955.jpg


すでに安定角を超えてますが・・・

この後、どうなったかは

また後日(笑





12/02/18(土)トレーニング日記(泳ぎの変化)

今日は、スイムを30分ほど。


で、

また、少しだけど変化があった。


スイムは、

ウイリー練習と、ウエイトで負荷を掛けた筋肉を解すため

=ストレッチって割り切ってる。


そのために、

いつもは大きく体を動かして、ゆっくりと泳いでいるが

久々に、飛ばして泳いでみた。



そしたら・・・

前よりも、速く泳げるようになってる(^_^;)

これには、自分でも驚いた(笑


まあ、

ゆっくりと泳いでいる時でも、フォームは気にしているから

少しは技術的な向上もあるだろうけど

やっぱり、筋力のアップが効いているのだと思う。



最初の頃にも飛ばしてみたことがあったんだけど

その時は、速く泳げなかった。


その訳っていうのは、

ゆっくりとなら出来ていることが、

速くなるとできなくなってしまっていたから。


例えば、

クロールなら、水をしっかりと掻く腕の動きとか

平泳ぎなら、ウェイブ泳法の背中の動きとか。


単純に、

「水の抵抗に、身体が負けていた」

ってことだ。



これも、オフロードバイクと一緒だな・・・

と思う。


明日は、久々にWRを出すつもりだから

それを確認して来よう。





12/02/17(金)トレーニング日記(ウエイト40分&トラクションサークル)

今日は、ウエイトを40分ほど。


もう、流石に書くことないな~

ということで、バイクの話(^_^;)



この話http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-1781.htmlの繋がりで

裏DRSの方へ、こんなコメントをもらった。


忘れないように、こちらへ転載。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、四輪の知人から教えていただいた知識ですが、四輪のレースでは「トラクションサークル」を意識することが大事だということです。

 「トラクションサークル」とはブレーキと加速時の縦のグリップと、コーナーリング時の横のグリップ、あるいはコーナーでそれら2つの組合せを図にしたものです。
 詳しくは、
http://park.zero.ad.jp/~zbk61233/index_Grip.html
http://blog.goo.ne.jp/hkomori_2005/e/e0969e48a258f986f01c49d06e01dad9
を参照してください。

 コーナーリングの基本として、ブレーキはコーナーリング手前に終わらせておくというのがよく言われています。
 しかし、よりスムーズに早く走れるようになるにはトラクションサークルをきれいに描けるようになることが二輪のオフロードでも必要なのではないかと思います。
 実際、みやざわさんの走りはクリッピング寸前までブレーキをされています。短い時間でターンされたあとはすぐに加速に移られています。これはトラクションサークルはきれいな円(半円)になっているのだと思います。

 私自身の体験でいいますと、フォームがきまるようになるとコーナーでバイクはバンクさせつつあるのですが、クリップ寸前までブレーキができます。そして加速に移りやすくなります。路面が荒れていてもコーナーリングが安定しています。安定するというのは、バイクが勝手にギャップなどに対応してくれてバイクを(無理に)操る必要がないということです。


 最後にまとめて書きますと、トラクションサークルはオフロードの二輪でも有効な理論であって、それを実現するためにはフォームを作ることが大切ではないかということです。


 おまけの余談になりますが、トラクションサークルを紹介したサイトの2つ目には、四輪でトラクションサークルを獲得するのに速いスピードではなくても遅いスピードで練習して身につけたとあります。四輪でも二輪でも基本の獲得にはスピードでごまかせない低速での練習が有効なのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その、お返事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

情報ありがとうございます。
トラクションサークルっていうのは、初めて聞きました。
参考にさせていただきます。


まあ、この「コーナー奥までブレーキを引きずる」っていうのは
ベストテクの「ブレーキはこするように掛ける」とか、
「ブレーキングではなく、進入」と同じ意味なんですよね。

あと、二輪ロードレースの本でも読んだことがありまして
数年前から意識してやろうとしてはいたんですが
やっぱり、フォームが決まって来るまでは出来ませんでした。


それと、これはフラットダートだけじゃなくて
エンデューロコースなんかでも、なんら変わる事がありません。

それを実感するのは、
誰かの後ろを走っている時ですね。

特に、セローで走っていると
立ち上がりやストレートの加速では、グーンて離されちゃうんですけど
コーナーのクリッピングでは追いついちゃうんです。

で、追突しそうになるんで
おっとっとってなって、また離されるんですけど
次のコーナーのクリッピングでは追いついちゃうんです。

で、追突しそうになるんで・・・以下、繰り返し(笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



難しいことは、今の段階じゃわからないけど

なんとなく、

バイクに乗っている人間の体は、四輪で例えるとボディーの一部なのかな~

と、思う。


弱すぎても、強すぎてもダメ。

剛性と、しなりが必要なのかなと。



それを、フォームで言えば

「関節の固定と、ダンパー化」

かなあ?


ま。

走り続けていれば、その内わかるだろう。

(笑





12/02/16(木)トレーニング日記(背中がゾクゾク(笑)

今日は、スイムを40分ほど。


やっぱり、「自分のアドバイスしたことが形になる」っていうのは

嬉しいもんだなと思う。


このところは、あまり進展がなかったから書いていなかったけど

件の年配女性Oさんとは、ちょこちょこと一緒になっていた。

(やっと名前を聞いた(笑)


まあ、今までお互いの名前も知らなかったぐらいだから

それなりに遠慮しあっていたようなところがあって

「泳ぎを見て、少しだけアドバイス」っていうような感じだったけど

もう、それだけでは追いつかない段階まで来た。


なので、

今日は、プールの縁に掴まって、話ながら平泳ぎの足を練習した。



平泳ぎは、足の裏で水を蹴って進むが

この時の足の動きは、単純に前から後ろではない。


「木の葉のような形を描きながら」

が、ベスト。


Oさんは、まだそれが出来なかったので

その原因を探る。



実は、

この足の動かし方の話は、前からしていたのだが

なかなか形にできなかった。


これは、「足が下がる=背筋を伸ばせない」のと同じで

もっと根本的な原因があるから。



動きを見ていると、

まず、足を充分に引き付けられていない。


この段階で、もうアウト(^_^;)

足を充分に引き付けられないのでは、

「木の葉の半分の形」しか作れないからである。



そこで、アドバイス。

「もっと動きを遅く」

「足を充分に引き付けてから、ゆっくりと伸ばす」


これでだいぶ良くなった。

が、

まだ、木の葉のような形は描けない。



それは何でだろう?と、自分でもやってみる。

その形を見ていたら、もう一つ足りない物に気付いた。



それは、足首の引き付け。


足で木の葉の形を描くには、

足首の関節を動かさなくてはならない。


これは、手で木の葉の形を作ってみれば良くわかる。

スタートでは、手首が外向きに折れていて

終わりに向かって伸びていく。


この動きは、それが足になっても変わらないのである。



それをアドバイスして、もう一度やってもらうと・・・

綺麗な木の葉の形を描いて、足が動いた。


この瞬間は、

正直なところ、背中がゾクゾクした(笑




まあ、これもバイクの練習と同じで

形が出来たからといって、実践もできるとは限らないが

形が出来なければ、実践もできないってのも事実。


「形には、必然性がある」

ってことだ。




追記


バイクの話も書きたかったんだけど、

長くなっちゃったんで、また明日(^_^;)






12/02/15(水)トレーニング日記(体が曲がる&意識と無意識)

今日は、ウエイトを40分ほど。

もう、あんまり書くことないかな~と思っていたが

あった(笑


ウエイトでもスイムでも、

始めと終わりには、必ずストレッチをするんだけど

そのお陰で、徐々に体が柔らかくなってきていたみたい。


昨日までは気付かなかったんだけど・・・

今日、終わりのストレッチをしていたら

なんだか、いつもより体が曲がる。


筋力アップもそうだけど

効果が現れるのは、一ヶ月ぐらいが目安のようだ。



で、

バイクの話。


裏DRSで、この記事http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-1726.htmlについて

話の流れから、こんなことを書いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>ゴーストさんはブレーキングから加速まで何処に意識があります?

そうですね~
最近は、勝手に体が動くようになっちゃったんで
正直なところ、よくわからなかったりするんですが。

動画を見直して、考えてみました。

意識してるのは、フォームですね。
これには、もちろん腰も含まれますけど
ハンドルの握り方とか、肘の上がり方とか、アゴの引き方とか、背中への力の入れ具合とか、骨盤の角度とか、腿の上げ方とか、膝の角度とか、足首の向きとか。

意識してるのは、それだけで
後は体が勝手に動くと言うか
なるようになるというか
フォームが決まらなければ、操作も無いというか

う~ん
最後の「フォームが決まらなければ、操作も無い」
っていうのが、いちばん合ってるような気がします。

私も昔は、ブレーキングがこうで、進入がこうで、ターンがこうで、加速がこうで、立ち上がりがこうで、フォームがこうで
なんて分けて考えてたんですけど
いつの間にか、そういう概念が無くなりました。

もしフォーム以外で何かを意識してるとすれば
それは、タイヤのグリップだと思います。

転ぶとか転ばないとか、滑るとか滑らないとか、速いとか速くないとか
そういうのって、全てはグリップ力で決まると思うんですよね。

グリップ力が最大になるように、フォームを決めて、バイクをコントロールする
ってことになるんですけど

わかりましたか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この文章は、あまり深く考えずにサラサラっと書いたものなんだけど

現在の自分を、よく表しているものだと思う。


基礎練習を続けてきて、今はウイリー練習に特化しているわけだけど

それは、コース状況や路面状況やバイクの操作といったものではなくて

全て、身体の使い方。


そして、

それは、タイヤのグリップ力に帰結する。



グリップ・フォーム・コントロール

この三つの要素が、高次元でバランスしているのが

上級者と呼ばれる人達。



「意識することが、何も無くなった時=全てを、無意識に出来るようになった時」


もしかしたら、

そこが、ライテクに置けるゴールなのかもしれない・・・

と、思う。





12/02/14(火)トレーニング日記(スイム30分&足着きウイリー)

今日は、スイムを30分ほど。


もう、ほとんど筋肉痛は取れたので

明日は、またウエイトに戻ろう。



で、

ウイリーの話。


練習を始めた頃は、内容を明かしていなかったので

書いていなかったが、

ずっと、足着きウイリーの練習をしていた。



これには二種類あって、

一つ目は「片足着きウイリー」


リアブレーキに足を乗せ、

もう一方の足は、地面に着いておく。


この状態で、

フロントをポンと上げ、リアブレーキで落とす。


それを繰り返し、

フロントが上がり過ぎた時に、無意識の内にリアブレーキを踏めるように

体に覚えさせる。

(最初と二回目にバク転した時は、この段階を飛ばしてしまっていた(^_^;))



二つ目は「両足着きウイリー」


両足を地面に着いたまま、

フロントをポンと上げる。


この時に、アクセルを開けなくても、

フロントが上がりっ放しになっている角度までもっていく。

(その角度を、安定角とかバランス点と言う)


が・・・

これは、かなり怖い(^_^;)



この画像ぐらいまでフロントを上げないと

その角度にならないが、

バイクに乗っていると、すでに後ろへひっくり返っている感覚(笑

002b.jpg


また、

安定角までいくと、フロントの重さが無くなり

フワフワっとした感じになるので

その不安定さも手伝って、非常に怖い(^_^;)



だが、

ここが勝負どころ。


その怖さに耐え、

アクセル開度や、体の角度を調整していると

体のどこに力を入れるのか?ということや

前に書いた、V字バランスの取り方が

感覚的に掴めてくる。



これを、どこまで練習するかによって

両足をステップに乗せてのウイリーの成功確率が決まる。


三回目にバク転した時は、

重力による負荷に耐えられず

安定角に入った瞬間に、体がシートからずり落ちてしまったが

この段階を飛ばしてしまっていたのだから、それも当然のことだったんだろう・・・

と、今では思う(^_^;)





12/02/13(月)トレーニング日記(市民プール&ウイリーの「ウ」(笑)

昨日は、ほとんどウイリー練習だけで4時間。

(みんなが帰った後も、夜8時半までやってた(^_^;))


なんだけど・・・

先週ほど筋肉痛は来なかった。



特に、腕周り。

前回は、上腕二頭筋と三頭筋がパンパンになってたけど

少し痛いかな程度。


それと共に、

肩や背中の筋肉痛も少なくなってる。



気になるのは、

腰の重さと、首の痛み。


この変化は、使う筋肉の部位が変わってきたのか?

それとも・・・

ウイリーに必要な筋肉、

略してウイリー筋が着いてきたのか?(笑




で、

今日は、スポーツクラブの休館日だったんだけど・・・

腰と首の筋肉を解したくて仕方がなかった。


ので、

他に泳げるところはないか探してみた。


が・・・

自宅のある、相模原の市民プールも休館日(T_T)



諦め切れなくて、更に探すと

隣の町田市の市民プールは開館中。


場所を確かめてみると、ウチから車で3分。

相模原のプールよりも近かった(笑



ということで、

40分ほど泳げて、無事に筋肉痛を解せた。


次の休館日からは、

この手でいこう^^




で、本題のウイリー練習。


前回、前々回は

過去の経験から、オフロードで練習していたが

今回は、舗装路でお試し。



バク転のリスクさえ回避できれば、

やはり、オフロードよりもやりやすい。


具体的には、

タイヤのグリップ力と

フロントを上げるまでの安定性。


グリップ力が高ければ、タイヤがスリップすることがないから

リアへの体重移動が少なくて済むし、

上げたフロントを維持する時にも、コントロールしやすい。


また、

フロントを上げる瞬間には、出来るだけハンドルを真っ直ぐにしたり

その他の操作に集中したいが、

オフロードのように、常に振られている状態ではないので

それもやりやすい。



そんなこんなで、少しはフロントアップ状態が続くようになった。

(まだ、ウイリーの「ウ」ぐらいだけど(笑)


その時に動画を撮ってもらっていたが、

事情があって、それを見られるのはちょっと先になりそう(^_^;)




最後に。


途中で、ウイリー練習に飽きて

ちょっとコースを走ってみた(笑


前回、前々回とウイリー練習ばかりしていたし

先々週は走れなかったから、3週間ぶりになる。



そこで、ある事に気付いた。


腰が強くなってる・・・


自分は、初級者の人と比べると

突っ込みのスピードが速い。

が・・・

逆に、立ち上がりでは同じか

少し遅かったりする(^_^;)

(特に、オフキャンバーのタイトターン)



その原因が、腰の弱さだった。


突込みでは減速Gが掛かるが、

轍をバンクに見立て、バイクを寝かしてコーナリングできれば

落とすスピードを最小限に出来るし、

横G=遠心力を殺すこともできる。



だが、

加速では、そうもいかない。


遠心力による横Gに、加速Gが加わり

それは、車体が起きるにつれて強くなっていく。


その時に、横Gや加速Gに逆らい

足の付け根から体を折って、前傾させなければいけないが

それが、どうしても出来なかった。



そうなると、体がバイクよりも遅れてしまうので

ハンドルを切ることも、バイクを寝かし続けることもできず

アウトにはらみそうになったり、アクセルを開けるタイミングも遅れてしまう。

(この時の身体の動きを、「体が泳ぐ」と表現する)




前に、Mコース耐久をよくやっていた頃。

その当時は、たまに声を出して気合を入れていたが

思い返してみれば、

それは、コーナーでの各種Gに耐えようとしている時だった。


その時のブログに、

声を出さなくても・・・と書いた記憶があるが

やっと、その段階に辿り着けたのかもしれない。





12/02/12相模川

気温10度 晴れ セロー225

007_20120212222202.jpg


いや~疲れた~

ほとんどウイリー練習のみで、4時間ほど。


今回は動画を撮ってもらったので

それが楽しみ。


じゃ、おやすみなさい(笑





12/02/11(土)トレーニング日記(お休み((笑)&前後バランスの幅 )

また、お腹が壊れた(T_T)

(もう、Bさん@WR250Fの呪いは解けてるはずなんだけど(笑)



でも、週末になるとお腹を壊してしまうのは

なんかあるのかな~とも思う。


前は、週一でバイクに乗ることが当たり前だったけど

それが、毎日の体力トレーニングに置き換わって

特別なことになってるとか、

ウイリーをマスターするっていう、はっきりとした目標があるから

そのプレッシャーで、無意識の内に緊張してるとか(^_^;)


ま。

明日、走ることが出来ればいいんだけど。



ということで、ちょっと予習。


前回感じたポイントっていうのは、

「前後バランスの幅」


これは、V字バランスとも言われるけど

真横から見た時の、バイクと人間の形。


単純に、

そのV字が開けば、バランスの幅が広くなるし

閉じれば、バランスの幅も狭くなる。

(ヤジロベエみたいなもんか)



下の画像は、

先日の自分のものと、参考動画からキャプチャーしたもの。

(二枚目の画像は、左右反転)


uiri-400b.jpg
003c.jpg


こうやって見比べてみると、

その差が、良くわかる。


動画のライダーは、

足の付け根が直角・骨盤が起きている・背中が真っ直ぐ

自分は、

足の付け根が直角より開いている・骨盤が寝ている・背中が曲がっている


これによって、

V字が閉じ、バランスの幅が狭くなってしまうのである。



この原因は幾つかあるが

第一が、「心」=恐怖心の問題。

「バク転しそう・・・」という怖さから

無意識の内に、体重を前に移動してしまう。


第二が、「技」=操作の問題。

上がり過ぎたフロントを落とすリアブレーキ操作と

パワーを断続して、前後バランスを調整するクラッチ操作。


第三が、「体」=筋力の問題。

腰周りや背中の筋力=体幹が弱いから

背筋を伸ばした姿勢を保てない。


第四が、「機」=マシンの問題。

CRMはレーサーよりも低速トルクはあるが

4ストよりも弱い。

また、車体が大きくフロントも上げ難い。

今回は、それらをカバーするセロー225改。


「心・技・体・機」

この四つが全て揃った時に・・・

成功への扉が開く!

(笑








12/02/10(金)トレーニング日記(筋肉量&参考ウイリー動画)

今日は、ウエイトを30分ほど。

あと、通い始めてから一ヶ月経ったので

機械で、体重やら筋肉量やらを測定してみた。


が、

ぜんぜん変わってない・・・


まあ、体重は毎日計ってて

62キロの前半から後半を行ったり来たりしてるのは

わかってたんだけど、

筋肉量が変わらないっていうのは、

いくらなんでもないだろう(^_^;)


ということで、

もう、機械は信用しないことにした(笑




で、

昨日書いた、「ウイリーマスターへの道!」のつづき。


まず、目指すのはこれ!




毎日、これを見て研究している(笑



それと比べて、

自分には何が足りないのか?

自分が出来ない原因は何なのか?


次回からは、

その辺りを書いていってみようと思う。





12/02/09(木)トレーニング日記(一ヶ月&ウイリーマスターへの道!(笑)

今日は、スイムを40分ほど。


そういえば、

スポーツクラブへ通い始めたのは、1/10からだから

明日でちょうど一ヶ月。


トータルで24日行ったから、4788÷24で1回あたり199.5円。

まあ、良いコストパフォーマンスじゃないかと。


初めの日に、体重やら筋肉量やらを計測しているので

それが一ヶ月でどれぐらい変わっているか楽しみ。



で、

話は昨日のつづきへ。


もう、タイトルでバレちゃってるけど(笑

習得しようとしている小技とは、これだ!

uiri-400.jpg



この写真を撮ったのは・・・

91年型のCRM250Rを新車で買った頃だから、今から20年前の1992年。

24歳の時だと思う。


その当時は埼玉に住んでたから、

場所は茨城の利根川河川敷。



これを見ると、「な~んだ、出来てんじゃん」て感じだが

写真は一瞬を切り取るもの。


瞬間的には、ここまで上げられても

それを持続できなかった。


なので、

これは、ただのフロントアップ(^_^;)



そして・・・

この日の最後。


上げたフロントを落とせなくて

バク転。

(正確には、バック転=後転)


サイレンサーが地面に突き刺さって折れた。

と同時に、心も折れた(笑




話は、更に9年遡る。

15歳でモトクロスを始めた時にも

ウイリーの練習はしていた。


その時の最後は、よく覚えている。

当時は82年式のYZ80に乗っていたが

フロントが上がったまんま、アクセルを戻せなくなって暴走。


人間は後ろに落ちて、バイクだけ遥か彼方まで走っていった。

これで、心が折れた(笑




そして、先に書いた

このブログを書き始める切っ掛けとなった、5年半前のこと。


それが、この記事。

http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-13.html


そして、またバク転(^_^;)

http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-12.html


この時は、いいとこまで行ってたんだけど

舗装路でやってたから、ダメージが大きかった。

そして、また心が折れた(笑




今年は、バイクに乗り始めてから30年め。

今度こそ、ウイリーをマスターする!

(笑





12/02/08(水)トレーニング日記(小技の真相公開!(笑)

今日は、ウエイトを40分ほど。


まだ、日曜の筋肉痛が治まりきっていないので

下半身を重点的にトレーニングした。



と、ここまで書いたけど・・・

さすがに特筆事項が無くなってきた(^_^;)


のと、

核心に触れないように

小技練習のことを書くのも面倒になってきた(笑


ので、

まだ小技を習得したわけじゃないけど

前倒しで公開!

(と言っても、殆どの人は気付いてるだろうけど(笑)



それは・・・

バイクに乗ってれば、誰でもやりたいこと


だけど・・・

やってみようとしても

すぐに怖くなってやめちゃったり


少し続けても

ぜんぜん出来なくてあきらめたり


いいところまで行っても

失敗して心が折れたり

すること・・・



そう!それは!


長くなったんで、つづく(笑





12/02/07(火)トレーニング日記(スイムの効果&バレンタインのチョコ(笑)

今日も、まったりとスイムを25分ほど。

なんか、先々週と同じパターン。



だけど、スイムはやっぱりいい。

これが、ウエイトやランニングや自転車だけだったら

たぶん、家でウダウダしてた(^_^;)


何がいいって、体に余計な負荷が掛からないところ。

感覚的には、水の中でストレッチしてる感じ。


だんだんと、筋肉の張りが取れていくのがわかるし

体が軽くなって、頭もスッキリする。



特に、今回の小技練習では首周りの筋肉を使ったから

それを解すのに、平泳ぎが効いた。


前に書いたウェイブ泳法というのは

背筋を丸めたり伸ばしたりの動きが大きい。


この時に、首も曲げ伸ばしするから

それが良い運動になっているみたいだ。


泳いだ後は、痛みが引いて楽になった。



でも、

小技練習は、下手なウエイトトレーニングよりも

筋力が付く。

二日経った今でも、腕・肩・背中の筋肉痛が治まらない。


特に、上腕二頭筋(力コブの出来る筋肉)と三頭筋は

パンプしっ放し。

一回り太くなったまんまだ(笑



だが・・・

これは、もちろん良いことではない。


今は、力を使う事でしかバランスを取れないが

それを、体の使い方=体重移動で取れるようになった時

その時が、小技をマスターした瞬間なのだと思う。




追記


今日も、件の年配女性と一緒になった。

そしたら・・・

タオルなんかの荷物を置いている場所を聞いてくる。


なんでなんだろう?と思っていたら

そっと、バレンタインのチョコが置いてあった。

(まあ、いつものアドバイスのお礼代わりだが(^_^;))


なんだか、中学生時代に戻ったような・・・

不思議な気分だった(笑


でも、幾つになっても

そういう純粋な気持ちを忘れちゃいけないんだな~と思った。





12/02/06(月)トレーニング日記(首が痛い&バランスの幅)

今日は、スイムを25分ほど。


やっぱり筋肉痛がきた(笑)ので、

ストレッチ感覚で泳いだ。


前回よりはだいぶ軽いが、特に首が痛い。

ここが、今回気付いたポイントの要だったりする。



そのポイントとは、バランスの幅。

それは、体の動き=体重移動で広くも狭くもなる。


参考にしている小技の動画を分析すると

殆ど、体に動きがない。


と言うと、話が矛盾するが・・・

自分の場合は、無意識の内に体重移動をしてしまい

結果的に、バランスの幅を狭くしてしまっているのである。



その原因を解決していけば・・・

必ず前に進むことが出来る。





12/02/05相模川

気温9度 晴れ セロー225

016_20120205232002.jpg


今日は、無事に走りに行けた(^_^;)


体慣らしのオールスタンディングクロカンの後は、

小技練習に集中。


今回も、

筋肉痛の気配(笑



ただ・・・

色々と試していたら

これまで気付かなかったポイントが見えた。


それにも筋力が必要なことは間違いない。

また、地道な日常トレーニングに戻ろう。



続けていれば・・・

必ず出来る日はやって来る!





12/02/04(土)トレーニング日記(プロテイン&明日は本番)

今日は、スイムを25分ほど。

これで今週は、6日間の皆勤賞(笑


あと、今日からプロテインを飲み始めてみた。

ボディービルの真似事をしてた時に、急激に筋肉量が増えたのは

これの影響も大きかったんじゃないかと思う。


その時には、

一杯600円だったかのクラブ特製プロテインドリンクを飲んでいたが

今は、その頃みたいにお金がないから粉末を溶かす安いやつ(^_^;)


まあ、

それでも効果に変わりはないだろう。



で、

明日は、本番の相模川。

今週は、走りに行けるのか?(笑


011b_20120205013632.jpg





12/02/03(金)トレーニング日記(懐かしい感じ&ストイック)

今日は、ウエイトを35分ほど。

時間は短かったが、重量を上げて負荷を増やしてみた。



一つのトレーニングが終わると、もうヘロヘロ。

息は上がるし、汗だくになるし。


全て終わった時には、真っ直ぐ歩けず

体が熱くて、しばらく服も着れなかった。


これも懐かしい感じ。

20代の頃にボディービルの真似事をやってた時は

毎回こんなだったな~と。



その時は、

自分よりも頑張ってた知り合いがいたから、張り合いがあったし

殆ど人のいないクラブだったから、周りに気を使うこともなかったけど

今回は一人だし、ちょっと毛色が違うから気も使う。


ま。

Mコースで、一人1時間耐久をしてるようなもんかな。




と、

こんなことをやってると

傍からはストイックに見えるらしい(^_^;)


だけど、

それは違う気がする。



ストイックっていうのは禁欲的って意味。

だから、自分には当て嵌まらない。

好きな事をやってるだけだから。




人生なんて、あっという間だ。

「やりたくねえことやってる暇はねえ」

ってこと。



どんなに人のために生きたって

最後に残るのは、自分独りなんだから。





12/02/02(木)トレーニング日記(自宅トレーニング&出来る可能性)

今日は、スイムを40分ほど。

それとは別に、またちょっと新しいことを始めてみた。


今の仕事は、デスクワークメイン。

PCに向かっていることが殆どだから

気分転換も兼ねて、ちょこちょこ休憩を取る。


今までは、その時に休んでいるだけだったが

軽い運動をするようにした。


例えば、ストレッチしたり

手近な道具を使って、筋力トレーニングをしたり。



ウチは、自宅兼事務所にPCがあるので

休憩するのは台所(^_^;)


なので、目に付いたのがフライパン(笑

これを片手で振り回していると

けっこう、腕や肩のトレーニングになる。


それと、水の入った18Lのポリタン。

スタンディングで、足の付け根から体を折ったフォームを作り

ポリタンを持って負荷を掛ける。

これは、腰周りの筋力アップに効く。



そんなことをしていると、

これも、バイクに乗った練習と同じだな~と思う。


コースを走らなくても、工夫次第で相応の練習はできるし

ポイントを絞れるっていうところも同じ。



でも、

自分が日常トレーニングを始めるのに

「スポーツクラブへ通う」っていう形から入った様に

それも、直ぐには難しいことなのかもしれない。


だから、バイクの練習にしても

最初はコースを走って、それに慣れたら基礎練習

っていう手順が必要なのかなと。


よく考えたら、

自分も、20代の頃はコースばかり走っていたし(^_^;)


ま。

それも、続けなければ先は無いけど。




話は変わって。

件の年配女性。


真面目に、

ビート板を使った練習をしていた。


が・・・

状況は、かなり厳しい。


かなりのお歳だから

もう体が動かないのかもしれない。

(聞いても教えてくれないが、たぶん70歳以上(^_^;))



でも、出来る可能性が1%でも有るのなら

やる価値はある。


乗りかかった船だから

行けるところまでいってみよう。


って・・・

バイクでやってる事と変わらないな(笑





12/02/01(水)トレーニング日記(腰周りのトレーニング&腰痛)

今日は、ウエイトを45分ほど。


また、腰周りのトレーニングを増やした。

(腹筋・背筋)

あまり負荷は掛けずに、回数を多くして

様子を見ながら(^_^;)


それでも、効果は感じる。

特に、車に乗っている時。

普通の車なら、ソファーに座っている時のように

シートバックに上半身の体重を預ける事ができるけど

ウチの車は軽トラ。


シートバックが思い切り立っていて、調整なんて効かない。

なもんで、いつも腰に上半身の体重が載っている状態。

だから、腰の調子の良し悪しが直ぐわかる。



一口に腰痛と言っても、原因によって対処法は違う。

仕事で腰を酷使するような場合であれば

その仕事をやめるしか方法はないと思うが、

大半は運動不足から来る物だろう。


自分の場合が、その代表例。

生まれつき腰の筋力が弱く、運動も好きではなかったから

腰は弱る一方。

(床に座るという、日本式の生活も良くなかったのだと思う)


そのせいで、大人になるにつれて姿勢が悪くなり

更に腰へ負担が掛かる。

(体が成長することによって、腰の筋力とのバランスが崩れていく)


そのまま、トラックの運転手なんかやってたから

もう最悪。

慢性的な腰痛持ちだった。

(いくら整体に通っても、根本的な解決にはならなかった)



腰に力を入れることが出来なかったから

バイクに乗っても、腰が丸まった状態。


そりゃあ、腰に負担が掛かって当たり前。

骨盤を立てるということを覚えるまでは

バイクに乗るのが辛くて仕方がなかった。



だけど、それも途中経過に過ぎなかった。

ある程度のレベルになると、

骨盤を寝かすことによる体重移動が必要になってくる。


そうなると、腰の筋力アップは必須。

だが・・・

40年以上も負担を掛けてきてしまった腰は

直ぐに強くなる訳もない。



それには、相応のプロセスと時間が掛かる。

まずは、

バイクに乗っている時に、出来るだけ腰を動かすことから始め

今は、ウエイトとスイミングの日常トレーニングで

腰周りの筋肉を増やしている最中。



それが、どのくらいの時間が要るのかはわからないが

続けなければ、結果は出ない。


とにかく、やるだけだ。





12/01/31(火)トレーニング日記(ウエイトとスイム&分かれ道)

今日は、スイムを40分ほど。


ウエイトは体が重くなる感じだけど

スイムは、逆に体が軽くなる。


本来なら、

ウエイトで筋肉に負荷を掛け、それを泳ぎで解して帰って来る

っていうのがベストなんだろうな。


ま。

気が向いたら、そのうち(^_^;)




で、いつもの年配女性。

もう、専属コーチみたいになってる(笑



前よりは進むようになってるんだけど

一般的に見たら、まだまだ。


その原因の一つが、

キックする時に、足が下を向いてしまうこと。


単純に、

前に進むには、真後ろに蹴るのが最も効率がいい。

下を向けばむくほど、その力は上方へ逃げてしまう。



それを直すため、水面から足が出てしまうぐらい

極端に上へ蹴ってもらった。


が・・・

どうしても出来ないらしい。

(普通は、意識すれば上に向かって蹴れるんだけど)




それはなんでだろう?と泳ぎを観察していたら

あることに気付いた。

背中が丸まったまんまだ(^_^;)


何かに例えれば、海老みたいな感じ。

体が、への字に折れてしまっている。


当然のことだが、背中が丸まれば足は下を向く。

その姿勢のままじゃ、上に向かって蹴れないのも無理はない。



それと同時に、あることを思い出した。


そういえば・・・

最初に話した時、ビート板を使ったバタ足や平泳ぎの足の練習が

上手く出来ないと言っていた。

(息が苦しくなってしまうらしい)


その時にも、不思議に思ったが

会ったばかりなので、深追いせずに軽く流していた。



ビート板を使って上手く泳げないのは、

「背中が丸まっている=背筋を伸ばせないこと」が原因。


その訳は単純で、

背筋を伸ばせないと、アゴが上げられないから

いつも顔が水に浸かっている状態になり、苦しくなってしまうのである。

(これでは、平泳ぎの息継ぎもできない(^_^;))



それを指摘すると・・・

「う・・・」と、女性の表情が固まった。


さて、

ここが分かれ道。


これまでは、

自分でも気付かないことを指摘されていたから良かったが

「ビート板を使って上手く泳げない」というのは、そうではない。


自分でもよくわかっていること。

それでも、どうしても出来ないことだ。


それを指摘された時に、

プライドを捨てられるか=アドバイスを素直に受け入れられるか?


それが、

「上手くなれるか否か」の分かれ道になる。



一拍置いても固まっていたので

もう一押し。


「出来ないことには必ず原因がある。

それを解決しないと、前には進めない」



この一言で、決着はついた。

元の表情に戻り、素直に練習を始めてくれた。


ほっと一息である(^_^;)




つづく。

のか?

(笑






  1. 無料アクセス解析