12/07/28モトクロスヴィレッジ ライテクメモ(だから、走り続けられる)

突然だけど、

ミニモト4時間耐久(4人組)に出てきた。


出るのが決まったのも、突然だけど(^_^;)

(話を聞いたのは数日前で、確定したのは前日の夜(笑)




で、

このレースは、一昨年も出たやつ。


端的に言えば、

耐久モトクロス。



ま。

レースって言っても、

ミニモト(XR75)だし

多くが、初心者・初級者だしで

ゆる~いレース。

(コースを走るどころか、マシンに乗るのもぶっつけ本番(笑)




が、

(笑


一たび走り出しちゃえば

そんなことは関係ない。


細かい所で、後ろにビタ付けして

広い所に出たら、ラインを変えて抜きまくる。


特に、今回のマシンはパワーが出てたから

面白いように抜けた。




そんなことを、

5~6周続けただろうか。

(時間にして20分ちょっと)


この日、一番の抜きどころで

2台をまとめてパスしようとしたら・・・


先行車が、こちらにフラフラ~っと寄ってきて

ドーン!

(接触)

あー!

(はじき出されてコースアウト)

バーン!

(転倒)

うおー!

(バイクの下敷きになった)


手のひらを、思いっ切り打撲して

終了

(笑



この時点で、

まだ、レース開始から1時間経ってなかったから

2回目の走行もありだったけど、

1時間半で、マシンも終了した(^_^;)




で、

本題(笑



ゆる~い、とは言っても、

レースはレース。


今回は、熱中症対策もあり

ウオーミングアップを入念にした。



まず、20分ほど歩いて

少しだけ(5分)ランニング(^_^;)


その後、

いつものストレッチを15分ほど。



その甲斐あってか、

スタートして直ぐに調子が出たし

走ってても、疲れは少なかった。




で、

最も変わったのは、走った後の疲労感。


熱中症にならなかったのは、もちろんのこと

(前回は、熱中症で1時間以上動けなかった)

翌日の今日も、疲れを引き摺らなかった。

(スポーツクラブにも行ってきた)



これも、

この半年の成果かと思う。





<あとがき>


確実に、前に進んでいる。

それを、実感した一日だった。



結果は、転倒で終わったし

打撲した手のひらも

転んだ時に、変な風に使った体も痛いけど

そんなものは、そのうち癒える。



前に進んでいるという、充足感。

それこそが、最も大切なもの。


だから、走り続けられる。

これからも。





12/07/28モトクロスヴィレッジ

気温33度 晴れ XR75

021.jpg


何故か、

ミニモト4時間耐久(4人組)に参戦。

(^_^;)





7/18(水)~7/21(土)トレーニング日記(瞬発力と持久力の関係)

7/18(水)は、ビヨンド美メディテーション ヨガ40(ソフ~トなヨガ(笑)

と、ウエイト&バランスを90分ほど。

7/19(木)は、ボディシェイプ60(エアロビクス+軽いウエイトトレーニング)

7/20(金)は、グループパワー45(26回目)

そして、今日(7/21(土))は

カラダ・うごく15(3回目)

バランスボール30(3回目)

シナプソロジー10(3回目)

腰痛予防ストレッチ30(3回目)



今回の特筆は、

初参加のボディシェイプ60。


イメージ的には、

ウエイトトレーニング+エアロビクスだったけど

実際は、ほとんどエアロビ。

(エアロビ40分のウエイト20分ぐらい)


エアロビってのも初めてだったけど

リズム感はないわ

持久力はないわ

で、

ついていけたのは、最初の5分ぐらい。

後の35分は、ずーっとウロウロしてた(笑



が、

それでも、汗だくでヘロヘロ。


ま、ウロウロしてただけって言っても

小走り程度ではあるから

それを40分続けるだけでも運動量は多い。

(まだ、ランニングマシンで走ったこともないんだし(^_^;))



それを痛感したのが、

次の日のグループパワー。


プログラムが始まる前にも

大腿四頭筋に軽い筋肉痛はあったんだけど、

レッグス(足)のパートになったら

もうボロボロ。


前回から、曲が変わり

足首に負担が掛かるようになったので、

それも相まって

最初に参加した時よりも辛かった(^_^;)




<あとがき>


ダンス系のプログラムに参加するようになって

解ったけど。


軽い負荷が長く続く方が、

筋肉への負担は大きいようだ。



これは、瞬発力と持久力の両方を使う

グループパワーで顕著に表れる。


自分の場合、他の人(特に女性)より

瞬発力(瞬間的に物を持ち上げたりする力)は、あるはずだが

持久力に欠けるから、

それに体力を奪われてしまい

結果的に、筋力が落ちてしまう。


それは、すなわち

もっと持久力をつけなければ

グループパワーでのウエイトも上げられない、ってこと。




でも・・・

少しずつだけど

また、

太ももやふくらはぎが、太くなり始めてる。



確実に、

体が変わってきている。


それは、確かなことだ。





7/16(月)~7/17(火)トレーニング日記(準備運動)

7/16(月)は、ビヨンドパワーヨガ60(ハードなヨガ?(笑)

7/17(火)は、

カラダ・うごく15(2回目)

巻くだけシェイプ20(2回目)

グループパワー60(25回目)



今回は更新が早いけど、

それは、ちょっと書きたいことがあったから。



まず、

昨日のビヨンドパワーヨガ60。


日曜に走ったから、軽くストレッチがわりに

なんて思って参加したら・・・


思いっきりやられた。

(笑



ヨガの基本は、静的な動きなんだけど

「パワー」が付くだけあって

ポーズはキツいし、次の動きに移るスピードは速いし。


で、

ヨガなんだけど、

汗だくで、ヘロヘロになった。

(^_^;)




でもって、

本題は今日のこと。


前に、グループパワーで呼吸を止めないようにしたら

疲れが少なかった、って書いたけど

今回は、

それよりも、更に疲れが少なかった。



特に、足。


やっぱり、それがウイークポイントだから

これまでは、いつもギリギリだった。


レッグス(足)のパートの途中で、

「もうダメ~」

「まだあんの~」

「もういいよ~」

なんて、

毎回、心の中でグチってた。

(笑


が、

今回の心の声は・・・

「あれ~?」

「なんだか楽勝~」

「もう終わり~?」

(笑



で、

これにも、呼吸法と同じく

ちゃんとした理由がある。



それは、

準備運動。



まず、一つは

ランニングマシンで、ウオーキングを始めたってこと。


前の準備運動は、ストレッチだけだったけど

それをするのにも、

ある程度、体を温めておいた方がいいってことで

最初に、1キロ(12分ほど)歩くようになった。



二つめは、

ナイト会員から、正会員にチェンジしたこと。


前者の時は、クラブに入れる時間的な関係で

グループパワーの前には、スタジオプログラムへ参加できなかった。

(火曜日は20分前だったけど、金曜日は、なんと5分前(^_^;))


それが、

カラダ・うごく15と、巻くだけシェイプ20に参加できるようになったので

十分に、準備運動が出来ていたのだと思う。



上記は、体力トレーニングだけでなく

バイクに乗っての練習や、

レースに出る時の参考にもなる。


今回の場合は、

準備運動が出来ていたので、良い結果になったが

逆に言えば、

準備運動をしていなければ、パフォーマンスを発揮できない

ってことでもある。



特に、レース前なんていうのは

朝が早かったりして、体も起きていないから

歩いて

ストレッチして

軽く運動して

なんていう、儀式?が必要になるんだろうと思う。



次にレースに出るのは、いつになるか解らないが

練習の時から実践して、

その日のために、備えておこう。

(笑





12/07/15相模川ライテクメモ(新たなモチベーション)

一か月ぶりの走行。


走り始めて、すぐに

その違いが解った。


体がブレないように、関節へ力を入れるが

その力が、前よりも少なくて済む。



足首も、いい感じ。

体力トレーニングでは頼りなかったが

明らかに以前とは違う。


ブーツの中の、ほんのちょっとした遊び。

その力の入れ加減で、ステップに加重し

バイクを寝かすことが出来る。



そして、

その成果は、形となって表れた。


いつもの下流コースツーリング。

行きの途中から、なんとなく片手スタンディングで走ってみた。


そしたら・・・

特に問題なく走れる。


???

なんでだ?



前にも、片手スタンディングで走ってみたことはあるが

その時は短い時間だったし、起伏の少ないストレートのみだった。


が、

今回は、行きの途中から帰るまでの

ほぼ全て。


その中には

コーナーもあれば、上り下りもある。



その訳は、

少し疲れてきた時に解った。


調子の良い時は、スタンディングの基本フォームである

前傾くの字を維持できているが、

なんか上手く走れないな?と感じた時には

間違いなくフォームが崩れ、腰から体が曲がっている。

(前傾くの字では、足の付け根から体を曲げる)



これを矯正するのに良かったのが、

離した左手を、腰の後ろに添えておくこと。

(どちらにしても、左手はやることがないのだから(^_^;))


こうしていると、腰が曲がれば直ぐに気付くので

その度に修正できた。




前傾くの字を、ある程度の時間ではあるが

維持できるようになった。


これは、間違いなく

技術のアップではなく、体力のアップ。


バイクに乗らなくても

レベルは上がる。


それを、

改めて実感した。




<あとがき>


体力トレーニングを始めてから半年。

これまでにも、その効果は感じてきた。


でも、

それ以上に感じていたのは

自分の体力の低さ。


スポーツクラブで、新しいことに挑戦する度に

そして・・・

他の人と比べる度に

凹む日々だった。



だが、

それも、もう過去のこと。


人並み以下の体力でも、ここまで走れるようになった。

ということは・・・

人並みになれば、もっと上に行けるってことだ。



それが、

新たなモチベーションとなる。


また半年。

次は、一年が目安。


俺は、

前に進み

変わり続ける!





12/07/15相模川

気温29度 晴れ セロー225

058.jpg


前回が6/10だから、一か月走ってなかったんだな~

でも、体力トレーニングの効果は確実に感じた。


詳しくは、また後で。





7/10(火)~7/14(土)トレーニング日記(リズム感とランニングマシン)

7/10(火)は、わけあってお休み。

7/11(水)は、ウエイトとバランスを60分ほど。

7/12(木)は、グループパワー45(24回目)

7/13(金)は、ビヨンドマーシャル40(2回目)

そして、今日(7/14(土))は

カラダ・うごく15(2回目)

バランスボール30(2回目)

シナプソロジー10(2回目)

腰痛予防ストレッチ30(2回目)



木曜のグループパワーは、

また、新しいトレーナーの先導。


これも

新鮮で良かった。



後のプログラムは、みんな2回目だけど

そこで、また

嫌なことに気付いた。


ビヨンドマーシャルは、格闘技系のダンスだし

バランスボールも、その上に座って体を動かすものだけど

疲れてくると、動きがちぐはぐになる。


まあ、これは体力不足ってのが主な原因だけど

リズム感にも欠けてるみたいだ(^_^;)


ま。

それも、続けていれば

少しずつ向上していくだろう。



それと、

最近、やっとランニングマシンを使い始めた。


と言っても・・・

走るんじゃなくて、歩いてるだけ(笑



でも、

普段は、ほとんど歩かないし

足首のリハビリ?にも良いような気がする。


何事も、負担を感じない程度に少しずつ

ってことかな。




で、

明日は、相模川へ行く。



オフロードバイクライダーに

戻る日。


久々の、

自分のステージだ^^





7/9(月)トレーニング日記2(オフロードバイクで使う筋肉)

つづき

なんだけど、いつの間にか金曜になってる。

(^_^;)


時の経つのが早過ぎ。

(笑




で、本題。

「オフロードバイクで使う筋肉」

の話。



これまで、「筋肉には大きく分けて2種類ある」って書いてきたけど

実は3つめがあった。


一つは「持久系の筋力」

二つめは「瞬発系の筋力」


そして、新たに発見した筋力が・・・(笑

「バランス系の筋力」



それに気付くことが出来たのは、

お世話になってるトレーナーのお蔭。


前に、

マンツーマンで行う、パーソナルトレーニングを受けたって書いたけど

その前に、オフロードバイクで使う筋肉について考えてもらっていた。


そして、実際のトレーニングでアドバイスしてもらったのが・・・

バランス系のトレーニング。



それを具体的に書くと、

バランスボール(一抱えもある、大きくて丈夫な風船みたいなもの)

の上で、腕立て伏せをしたり

バランスディスク(バランスボールの円形クッション版(笑)

の上でスクワットしたり、片足で立ったり。

(直径30cmぐらいのディスクを2個使う)



特に、バランスディスクは目から鱗だった。

(実は、その存在さえも知らなかった(^_^;))


ディスクに両足で乗った瞬間に

「あ。自分が探していた物はこれだ!」

って直感的に思った。



ディスクの上でバランスを取るには

足首と膝の関節を、小刻みに動かさなくてはならない。


更に、そこからスクワットするなら

股関節はもちろんのこと、全身の関節も使う。



この動きっていうのは、

バイクで、オフロードを走っている時の感覚によく似ている。


細いステップの上で、

路面からの衝撃や負荷に耐えながら

関節を、ミリ単位で動かして体重移動をする。



すなわち、

前から書いてる

「関節を固定したり、動かしたりする力」

ってのが、これ!ってこと。


もちろん、メインで使うのは大きな筋肉だけど

バランスを取る時には、それ以外の小さな筋肉も総動員する。


その小さな筋肉を鍛えるには、

実際にバランスを取るトレーニングをしなければならない

ってことだ。




で、

最近は、

ウエイトの時に、併せてバランス系のトレーニングをしているが

ここで問題発生。


怪我の後遺症が残る足首が、負荷に耐えられない・・・


これは、予想外だった。

グループパワーの時にも足首は使うが、

バランスを取るような動きではないので

さほど影響はなかった。



あと、

ダンス系のプログラムの時にも

異常は感じていた。


疲れてくると、

足首が動かなくなる・・・




さて、

この足首を

壊さずに、どう鍛えるか?

っていうのが、今の課題。


そのために、

あれこれ試している。



結果は、また次回で(^_^;)




7/9(月)トレーニング日記(6か月&腰痛(坐骨神経痛)について)

今日は、スポーツクラブの休館日なんだけど

6か月の節目なので更新。


今月の出勤は、20日。

(その内、1日は他のクラブの体験)

けっこう頑張ったかな(笑




なんだかんだとあったが

無事に半年続いた。


最初は、とにかく続けることが目標だったけど

3か月めぐらいから変化が始まって

最近はもう、そのスピードに自分がついていけなくなってる(^_^;)


なので、

これまでに書き漏れていることを少し。



まず、

腰痛(坐骨神経痛)について。


しばらく前に、ペアストレッチを受けたが

その後の2~3日は、驚くほど寝覚めが良かった。


それまでは、朝起きても1時間ぐらいは寝ぼけた状態だったが

ペアストレッチの翌日は、起きた瞬間に目が覚めてた。


これには自分でも驚いたが、

多分、前は腰痛のせいで眠りが浅かったのだろう。


それが、腰の状態が改善されたことで眠りが深くなり

寝覚めが良くなったのだと思う。



が・・・

(笑


根本的な原因は、

筋力の不足。


体重や重力に負けないように筋力をつけて

いつも、良い姿勢を保てるようにならなければならない。


だから、一時的な改善に過ぎないんだよな~

(^_^;)



で、

そこからストレッチにも目覚めた(笑


それまでは

「ラジオ体操と同じ、準備運動に過ぎないんだろう」

なんて思っていたが、

そんな浅いもんじゃなかった。



そこで、腰痛以外に気付いたのが

怪我の後遺症と、体のバランス。


18年間、正座が出来なかったってのは前に書いたけど

その原因になってたのは、筋肉の硬さ。


それは、足首だけじゃなくて

全身に及ぶ。



ストレッチにも、色々と方法があって

それによっては、更に筋肉を伸ばすことができる。

(一人でやっても、ペアストレッチと同じ効果があるってこと)


あと、もう一つ大切なのが

習慣化。


何十年も掛けて硬くなってしまったものだから

直ぐに柔らかくなるわけもない。



これを解決する方法が、

やっぱりスポーツクラブ。


色々なストレッチ系のプログラムに参加することによって

半ば強制的に継続することができる。


「行けば、背中を押し続けてもらえる」

ってことだ(笑



それから、体のバランス。

これまで書いていなかったような気がするが・・・

自分は、体が歪んでいる。


それは、もう

中学生時代から感じていた。



具体的には、

右肩が落ちていて、顔なんかも右に歪んでる。


あと、

首の付け根(背骨のいちばん上)の骨を両手で触ると

真ん中にないのが解る。


が、

それも徐々にだが、改善されてきている。



これまで、その原因は

「骨の歪み?」って思ってきたが

それは違ってたみたいだ。



単純に考えて・・・


骨っていうのは、

一つ一つが独立したパーツ。


学校の理科室にあるような、

骸骨の形にはならない。

(バラバラになっちゃうってこと)



じゃあ、なんで形を維持できてるかっていうと

筋肉やスジや軟骨なんかが、骨同士を繋いでいるから。


その中でも、

筋肉の影響っていうのが、最も大きい。



すなわち、

左右の筋肉に、硬い柔らかいの差があったら

どちらかに骨が引っ張られてしまって、体が歪む

ってこと。


だから、

硬くなってる方の筋肉を伸ばしてやれば

自然に骨の歪みも取れるってことだ。




なんて、考えることができれば

簡単なことなんだけど・・・


ここまで30年以上も掛かった。

(T_T)


あ~あ~

(笑




長くなったんで、つづく。

(^_^;)





7/8(日)トレーニング日記(最近、参加したプログラムのまとめ)

今日は、相模川で走行・・・じゃなくて

スポーツクラブへ行ってきた。


前はナイト会員だったから、日曜はダメだったけど

訳あって、7月から正会員(月額9240円)にチェンジしたので

OKになった。


それもあって、今日もスタジオプログラムに出まくり(笑

(差額をペイしないと・・・という事情もある(^_^;))



参加したプログラムは、

グループパワー60(23回目)

ビヨンドボディメイク ヨガ40(初心者向けのヨガ)

カラダ・うごく15(軽いストレッチみたいなもの)

巻くだけシェイプ20(ゴムバンドを使ったトレーニング)



グループパワーの先導は、初めてのトレーナー。

プログラムはいつもと同じだけど

新鮮な感じで良かった。


で、

ちょっとびっくりしたのが、巻くだけシェイプ20。


これって、プログラムの名前から

「女性が痩せるためのもので、軽いトレーニング?」なんて思ってたけど、

まったく違ってた(^_^;)


実際は、いま流行している

加圧トレーニングみたいなもの。


ウィキペディアより転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加圧トレーニング(かあつトレーニング)とは文字通り圧力を加えた状態でするトレーニングのこと。

発明者、佐藤義昭が45年以上に渡り研究を重ねてきたもので、腕の付け根と脚の付け根に適正な圧力をかけて血流を制限し、この状態でトレーニングをすると、少ない負荷のトレーニングでも大きな効果が得られる。

ポイントは“適正”に加圧すること。適正に血流を制限すると、腕や脚に血液がプーリング(滞留)し、行き場を失った血液は今まで血の流れていなかった場所に流れるようになる。

その時、体はきついトレーニングを続けたときと同じ状態になっていると考えられ、この状態でトレーニングを行うと、軽い負荷でも大きな負荷をかけたときと同じ効果が得られる。

さらに、脂肪を燃焼させたり、肌の弾力を維持させたりする働きのある、成長ホルモンの分泌量が増大する。

除圧後は血行がよくなるので、冷え性の改善や肩こりの緩和も効果がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このプログラムでは、

薄くて長いゴムを、たすき掛けにしたり

骨盤に巻いてトレーニングするんだけど、

軽く体を動かすだけで、腕や足がパンパンになる。


その時の負荷も強くて、

加圧トレーニングの一端を体験することができた。




で、

最近、参加したプログラムのまとめ。


自分は、

とにかく、走ったり自転車を漕いだりってのが苦手。

(自転車は10分だけだし、ランニングマシンなんて未だに使ったことがない(笑)


それを補うために、最初は泳いでたわけだけど

グループパワーに参加したのが、転機になった。



このグループパワーは、

スタジオプログラムの中では、無酸素運動に近いものになるけど

自分みたいな持久力の低い人間にとっては、十分な有酸素運動になる。


それを切っ掛けにして、シェイプボクシングやビヨンドマーシャルといった

格闘技系の有酸素運動プログラムに参加するようになった。


今後は、それを更に進めて

最後は

辛い思いをせずに、自転車を漕いだり走ったり出来るようになればいいな~

なんて、考えてる。



なんでもそうだけど、

いきなり難しいことに挑戦しても出来るわけがない。


人それぞれスタートラインは違うんだから

自分なりのスタンスで歩を進めて行けばいい。


どんなに時間が掛かっても、

ゴールは、確実に近づいてくる。





7/5(木)~7/7(土)トレーニング日記(呼吸法の続き&NEWプログラム)

7/5(木)は、ウエイトとその他を90分ほど。

7/6(金)は、グループパワー45(22回目)とスイムを60分ほど。

そして、今日(7/7(土))は

カラダ・うごく15(軽いストレッチみたいなもの)

バランスボール30(バランスボールを使ったトレーニング)

シナプソロジー10(脳を活性化させるトレーニング)

腰痛予防ストレッチ30(重いストレッチ(笑)

の、4種類のスタジオプログラムに参加してきた。



まず、金曜のグループパワー45に関して。

今回も、呼吸法を意識してやってみたら

明らかに疲れが少なかった。


1回だと、気のせい?ってのもあり得るが

2回続けてだから、もう確定だろう。



汗をかく量も減っているし

(オーバーヒートしなくなった?(笑)


なんとなく泳ぎたくなって、スイムを追加したし

(これまでは、グループパワーの後に泳ぐ気になんてならなかった(笑)


ヘロヘロになってないから

いつも先導してくれるトレーナーが悔しがってた。

(ヘロヘロになってる姿を見るのが楽しいらしい(笑)



あと、これはまだ「なんとなく」の域を出ないんだけど

なんだか、筋肉の様子が違う(笑


特に上腕二頭筋。

(力こぶの出来る筋肉)


ウエイトだと、トレーニング直後に

バーンして

(筋肉の焼ける感じで、正しくはバーンアウト)

パンプするが

(筋肉が一時的に肥大化することで、正しくはパンプアップ)

グループパワーでは、筋肉痛になるだけで

それがなかった。

(逆に、ウエイトでは筋肉痛にならない)


だが、今回はそのどちらでもなく

バーンせずに、パンプだけしてる感じ。


それも、

その状態が、ウエイトの時より長く続く。



この理由を少し考えてみると・・・


前に書いたように、

有酸素運動時の筋肉は、酸素を使ってエネルギーを生み出す。


ということは・・・

ちゃんと呼吸をしていないと、筋肉に十分な酸素が供給されず

疲れやすいのはもちろん、発達をも妨げてしまうのだろう。



更に、

ということは・・・


これまで(20回)のグループパワーでは

「ちゃんと呼吸をしていなかったために、筋肉の発達が遅かった」

ということでもある。


ガーン!

(T_T)

(笑



嫌なことに気付いちゃったけど、

この経験がなければ

これほど、呼吸が大切だってことに

気付いてなかったかもしれないし。


「呼吸法の実証にもなった」ということで

前向きに考えよう(笑




次に、バランスボール30。


バランスボールの上に座って

(一抱えもある、大きくて丈夫な風船みたいなもの(笑)

色々と体を動かすんだけど、

これが、意外と運動量が多くて疲れた。

(初めてだから、ほとんど呼吸してなかったかも(笑)



最後に、腰痛予防ストレッチ30。

「予防」っていう名前になってるけど、

坐骨神経痛もちの自分にとっては

「改善」の方が合ってるな。


いつも一人でやってるストレッチを、更に進めた感じで

筋肉が、伸びる伸びる(笑


もう伸びすぎちゃって、

特に硬くなってる場所は、ピキピキ状態。


途中で、危険を感じるぐらいだった(笑





なーんてやってると

まだまだ知らないことがいっぱいあるんだな~

なんて思う。


さて、

次は、何に挑戦してみようか。

(笑





7/4(水)トレーニング日記(正座)

このところのスタジオプログラムで、

ちと、足首や膝に負担が掛かったので

今日は休息日にした。


けど、

書きたいことがあるので、更新(^_^;)



それは、

「いつの間にか正座が出来るようになってた!」

ってこと。


それだけだと、「え?」って感じだけど

27の時に、踵の骨を折ってから

リハビリ不足?で、左足首の可動範囲が狭く

正座をすると足が痛くてたまらなかった。


が、

つい先日、トレーニングの途中で

何気なく正座をしてみると・・・


あれ?痛くない(笑


トレーニングしている内に

自然と、足首の可動範囲が増えていたみたいだ(^_^;)



18年ぶりの正座は、なんだか新鮮で

意味もなく、ずーっと正座してたりした。

(笑


次は、何が起こるんだろう?

(笑





6/24(日)~7/3(火)トレーニング日記(呼吸法)

6/24(日)は、休息日。

6/25(月)は、休館日。

6/26(火)は、グループパワー60(19回目)

6/27(水)は、シェイプボクシング50とボディークリエイト60。

6/28(木)は、なんだか忙しくてお休み。

6/29(金)は、グループパワー45(20回目)

6/30(土)は、ウエイトを60分ほど。

7/1(日)は、休息日。

7/2(月)は、ビヨンドボディメイク ヨガ40とビヨンドマーシャル40。

そして、今日(7/3(火))は、グループパワー60(21回目)。



前回の日記から、また10日だけど

色々あったな~


有り過ぎて書き切れないから、

ちょっと触りだけ。



前の日記で書いた、グループコア30から始まって

(体幹トレーニングに特化したプログラムで、他のクラブの体験でやった)

シェイプボクシング50(シャドウボクシングを音楽に合わせてやるようなもの)

とか、

ボディークリエイト60(ストレッチを深く追求したようなもの)

とか、

ビヨンドボディメイク ヨガ40(初心者向けのヨガ)

とか、

ビヨンドマーシャル40(シャドウ格闘技?(笑)みたいなもの)

といった、新しいスタジオプログラムに挑戦していた。



その中で、特に印象に残ったのが

呼吸法。



正直なところ、この呼吸法ってのが

今までよく解ってなかった。


有酸素運動っていうのは、

文字通り、酸素を消費することで運動エネルギーを生み出す。

(対して、無酸素運動は酸素を使わない)


だから、単純に

「体に取り込む酸素の量が少なければ、体力も落ちる」

ってこと。



これに、なんとなく気付き始めたのは

シェイプボクシングに参加していた時。


シャドウボクシングをしている選手って

シュッ、シュッ、っとか言いながら練習してたりする。


あれって、風切音を口で言ってるのかな~なんて思ってたけど

呼吸を止めないようにする方法だった(^_^;)



次のヨガでも、

もちろん、呼吸は大切な要素。


吸って~、吐いて~、なんてのを繰り返してたら

なんとなく、呼吸に対しての違和感がなくなってきた。



そして、

それを、本番?のグループパワーでやってみたら・・・

明らかに疲れが少ない。

(トレーナーの掛け声と同じように、声を出してみた)


これまでは、いつもプログラムが終わるとフラフラで

しばらくは動けなかったんだけど、

すぐにシャワーを浴びて帰ってこれるぐらい

体力の消耗が少なかった。




う~ん

体力トレーニングっていうのも

中に入ると、奥が深いんだな~なんて思う。


と、共に

Mコースを走ってる時に、声を出してたのも

まんざら外れてなかったのね~、なんて思う。





<あとがき>


ドロドロになったバイクを洗車してる時、

いつも思ってた。


屈んだり覗き込んだり、自分の居る場所を変えたりしないと

全てを綺麗にすることはできない。


それって、

ライテクでも同じだよな~

なんて。



今までも、屈んだり覗き込んだりはしてたけど

反対側に回ってみたら、全く洗えてなかった。


そんな感じかな。



ドロが乾いて固まっちゃってるし

体力トレーニングには、高圧洗浄機みたいな物もないけど

続けていれば、そのうち綺麗になるだろう。


「スポーツクラブ」っていう洗剤も使ってるし(笑





<追記>


そういえば、これを書こうと思って忘れてた(^_^;)


この有酸素運動で言う、酸素っていうのは

ガソリンと酸素の混合気を燃やす、バイクのエンジンでも同じかな

と思う。


酸素が少ないと、ガソリン(筋肉)の量を増やせないし

もしガソリン(筋肉)が多かったとしても、ちゃんと燃えてくれない。



あと、こんな考え方もある。

空冷エンジンでは、「風」

水冷エンジンでは、「水」


どちらも、エンジンを冷却するために必要だから

それが足りなければ、オーバーヒートしてしまう。


いくらパワーがあっても、直ぐにオーバーヒートしてしまうんじゃ

使い物にならない。


それは、体でも一緒だ。



この辺りは、体力トレーニングの中でも

「技」=テクニックの部類に入るかと思う。


要は、

「体や筋肉の使い方」ってこと。



そのテクニックも、この場所に来てみなければ見えなかった。

それが、「環境を変える」っていうことの

もう一つの意味である。






  1. 無料アクセス解析