17/07/31(月)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・上腕二頭筋・肩・背中・前腕)=30分





17/07/30(日)筋トレ日記

市営アイススケート場に併設のトレーニングルーム

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・上腕二頭筋・肩・背中・前腕)=75分





ミニモト3時間耐久レースの写真。

バンクに、当てにいこうとしているところ。

あんまり攻めてるようには見えないけど、本人的には攻めてる(笑)


170723b2.jpg



コーナーの突っ込み。

あんまり攻めてるようには見えないけど、

よく見ると、フロントタイヤが潰れてリアタイヤが浮いてるので

攻めてる(笑)


170723d2.jpg



バイクが止まって、押そうとしてるところ。

この直後に、足がもつれて転んだ(笑)


170723e2.jpg





17/07/28(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕二頭筋・上腕三頭筋・肩)=30分





前腕の筋トレと、必要性。

昨日は、また何となく思い立って前腕をやった。

(前腕をやるのは、これが初めて(笑))



先日の胸もそうだけど、

バイクに乗ってから、やることが変わり始めた。


その理由は、ライディングと筋トレが結びついたからだと思う。


減速Gに耐えられたのは、胸・肩・腕の筋力がアップしたから

首が痛くならなかったのは、ベンチブリッジをやってたから

背中の疲労を感じないのは、他の部位の筋トレで自然に筋力がついてたから

etc・・・



今回の前腕も、その繋がり。


背中と同じく、他の部位をやってれば前腕も発達はするんだけど

自分の場合は、それだけじゃ足りないってこと。


前腕の筋肉は、手首を固定したり動かしたりと

バイクに乗れば、常に使ってる。


だから、

体が、必要性を感じたのだろうと思う。



これは、ライテクでも一緒なんだけど

バイクに乗ってないと、何も気付かないし思い浮かびもしない。


つまり、

「必要性は、実践の中でしか生まれない」

ということ。



筋トレを始めてから、あと1ヵ月で1年。

その時期が、近づいてきたみたいだ。





17/07/27(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(前腕)=30分





ダンベルベンチプレスの挙上練習。

昨日は、またダンベルベンチプレスをやった。

今回は、一人で挙上できるMAXの片側28キロ。


これで2回挙上したら、3回目は出来なかった。

まだ、胸の筋力には余裕があるのに・・・


ということで、

思い立って、挙上の練習だけすることにしてみた。




セオリーは、これ。






この通りに、

背中を丸めて、腕を伸ばしてとやってみるが

上手くいかない。



それでも続けていたら、あることに気付いた。



それは、「力の入れ方」


軽めのダンベル(片側20キロ)で、挙上を繰り返していると

徐々に腕が伸びなくなってくる。


この時に、胸に力が入っていないことに気付いた。


それが解ってからは、面白いように楽に挙がる。

これまで、腕や肩の筋力が足りなくて出来ないのかと考えていたが

体の使い方が上手くなかったみたいだ(^-^;



この、力の入れ方っていうのは

ボディビル用語で言う、神経系の発達と同義ではないかと思う。


神経系の発達なんていうと、難しく感じるけど

要は、

何処の筋肉を使っているか?

それが、自分で意識できているか?

だと思う。


つまり、

自分の場合は、「腕を伸ばす時に、胸の筋肉を意識できていなかった」

ということ。



また一つ、前に進めたと思う。





17/07/26(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





体の使い方の練習。

足の筋肉痛が、やっとピークを越えた。

が、

まだ気合が入らないので、適当に筋トレ(笑)


なんとなく胸をやりたくなったんで、

ダンベルプレス。



気付いたら、

「最大筋力位で、限界まで静止する」っていうのばかりやってた。


これは多分、

バイクに乗った時の負荷を、体が覚えてるからだろうと思う。



今回のレースでは、前走車を抜くことが多かったが

それには、タイトコーナーでの突っ込みの速さが要る。


この時には、身体に相当の減速Gが掛かる。

その減速Gにメインで耐えるのは足だが、もちろん上半身も使う。


その時の負荷が、

ダンベルプレスと同質なのである。



ダンベルプレスの最大筋力位で静止していると、

徐々に疲れて、限界を迎える。


その時に、どこの部位や筋肉が耐えられなくなってくるのか?

ということを見極めるのがポイント。



具体的には、

手の平なのか?

手首なのか?

前腕なのか?

上腕なのか?

肩なのか?

胸なのか?

ということ。


もちろん、

最も大きい、胸の筋肉が限界を迎えて終わるのが良いが

大概は、他の部位が先に悲鳴を上げる。



更に、ここで終わってはいけない。

限界を迎えた部位の負荷を逃がすように、フォームを変え

耐え続ける。



これが、「体の使い方の練習」


減速でも、ダンベルプレスでも

「押す」という体の動きは変わらない。


バイクに乗って、無意識にしていることでも

筋トレなら、意識して出来る。


ということである。





17/07/25(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=40分

筋力トレーニング(胸)=20分





ミニモト3時間耐久レース(その2)

で、自分のこと。



とりあえず、足の筋肉痛が酷い。

特に、太もも前側の大腿四頭筋。

(歩き方が変になるくらい(笑))


モトクロスコースでギャップは少ないし、

ジャンプも飛んでないから、殆どシッティングだったんだけど

足には、常に力が入ってたみたい。

(シートが平らなので、突っ込みで体が前にずれちゃう(^-^;)


それに比べると、腰から上の疲労が少ない。

前は、背中と首周りが痛かったりしたが

それも殆どない。

確実に、筋力はアップしている様だ。



走りの方は、

それに伴って、力でバイクを抑え込むようになってる。


体の移動量が少なく、

アクセル・クラッチ・ブレーキといったバイク操作も、あまりしない。


ドーンと突っ込んで、減速Gに耐えて

バイクをあまり寝かさずに、遠心力に耐えて

ガバっとアクセルを開けて、加速Gに耐える

みたいな(笑)



あと、走り終わって手の平を見たら

左手の小指の付け根にだけ、マメが出来てた。


この、マメっていうのは

走り方によって、出来る位置が変わってくるものなんだけど

小指の付け根だけ、っていうのは初めてのこと。

なんか不思議な感じである。



最後に、空調服。


曇ってて、比較的に涼しかったけど

暑さに慣れていない体で50分走れたのは、空調服のお蔭。


それに、走っている間は殆ど体力の低下を感じなかった。

が・・・(笑)


バイクが止まってしまったのが、ゴールまで数十メートルの所だったので

押してゴールしようと思ったら・・・

足がもつれて、派手に転んだ(笑)

(走っている時は、転ばなかったのに(^-^;)


これが、空調服のデメリット。

50分走ってるんだから、相応に体力は低下してるはずなのに

それに自分で気付けなくなる。


つまり、感覚が麻痺してしまうってことである。

(転んで、初めて気付くみたいな(^-^;)


この、空調服については

そのうち、改めて書こうと思う。



まあ、

何はともあれ、約5ヵ月半ぶりのバイクは楽しかった。


これも、

その間に、違う形で努力を続けていたからだろう。


筋トレを始めてから、あと1ヵ月ちょっとで1年。

自分を信じて、前に進み続けようと思う。



おわり





ミニモト3時間耐久レース(その1)

昨日は、ミニモト3時間耐久レースに出てきた。

マシンは、XR75改95cc

CA3I2846.jpg

(改造多数で、何気にお金かかってる(^-^;)



5人組で出て、

自分の走行時間は、30分と20分の合計50分ぐらい。

なんだけど・・・

また、ラスト5分でバイクが壊れた(^-^;


前回は、ジェネレーターとクランクシャフトを止めてるウッドラフキーが飛んだが

止まり方からすると、今回も同じ感じ。



この原因は、たぶん走り方の違い。

他の人の話だと、3速と2速をメインに使ってるみたいだけど

自分の場合は2速と1速で、3速には殆ど入らない。

(メインは2速で、タイトコーナーやスピードが落ちた時のみ1速)


理由は、

高いギアだと、加速が鈍くて他のバイクを抜けないから。


まあ、これはレースとコースの特性によるものが大きい。

初心者や初級者の人が多くて、頻繁に追い抜きをしなくちゃならないのと

コース自体が狭くて、チマチマしてるから。

(2速で引っ張ると、直ぐにコーナーか前走車が現れる(^-^;)



この解決策は、

ウッドラフキーの強化(現状では、事情で純正より強度が落ちてるらしい)か、

ギア比の見直し(3速メインで走れるように、ギア比を下げる)が良いと思う。

(そうすると、エンジンパワーも・・・っていう話になるかもしれないけど(^-^;)



つづく





17/07/21(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=55分

ウオーキング=5分





超久々のスイムと、気付いたこと。

昨日は、超久々に泳いできた(笑)

(2年ぶりぐらい?)


ストレッチをするんだけど、何か物足りなくて

「体は、何を欲しがってるんだろうな~?」なんて考えてたら

急に泳ぎたくなった。

(プールが併設だと、こういった時に便利)



で、その時に気付いたこと。


平泳ぎでは、特に何も感じなかったんだけど

クロールにしてみたら、なんか速く泳げるようになってる(^-^;


もちろん、技術的には向上していないから

これは筋力がアップしたせいだろう。


一搔きで進む量が増えてて、すぐに25Mが終わってしまう。

なんだか不思議な感じだった。


バイクでは、ここまでの変化はないだろうけど

何か変わってると良いなと思う。





17/07/20(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=45分

スイム=15分





バイクモード

今週末は、久々にバイクに乗るので

バイクモード(笑)

天気予報を毎日チェックしてる。


そういえば、

毎週の様にバイクに乗ってる時は、こんなだったな~

なんて。


筋トレだと、殆どお天気は関係ないから

忘れてた(^-^;



火曜は、胸・上腕三頭筋・肩の筋トレをしたんだけど

上腕二頭筋の時の、疲れが溜まってるみたいで

水曜は、ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操のみにした。

(筋肉痛は、もう無い)


あと、これまでの経験から

追い込んだ後に筋力が回復するまでには、中4日ぐらい掛かるので

今週は大人しくしていようと思う(^-^;









17/07/19(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=60分





17/07/18(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





約5ヵ月半ぶりのライディングウェア。

CA3I2831.jpg



次の日曜日は、バイクに乗る予定なので

久々にライディングウェアを引っ張り出してみた。

(最後に乗ったのは今年の1月末だから、約5ヵ月半ぶり)


試しに着てみると、どこもかしこもパツパツ(笑)

特に、胸と太腿がキツい。



あと、暑い(^-^;

着替えてウロウロしてるだけで、汗がダラダラ。


今度の日曜は、草レースに出る予定だから

熱中症にならないようにしないといけないんだけど、

今回は、この空調服があるから大丈夫だと思う。

CA3I1700.jpg





筋肉の限界(上腕二頭筋、五日目)

筋肉の限界じゃなくて・・・

筋肉痛の限界を超えた(笑)



昨日と同じく、4キロのダンベルカールからスタート。

筋力は落ちてるけど、まだ20回ぐらいは出来る。


それよりも、筋肉痛が辛い。

筋力と共に、筋肉痛も限界を迎えて終わる。


間違いなく、

これまでの筋トレの中で、最も辛い。


筋トレと言うより、精神修行みたいな感じ(^-^;



何セットか続けるうちに、10回も出来なくなってきたので

EZバーに移行。

(これも昨日と同じく、20キロと10キロでコンセントレーションカール)


変化は、また突然やってきた。


10キロでコンセントレーションカールをしていたら、

いつの間にか、筋肉痛が消えてた(笑)


冗談じゃなくて、本当に。

さっきまで、腕を曲げ伸ばしするだけで激痛が走っていたのに

痛くない。


それと共に、筋力も戻ってる気がする。

試しにダンベルカールをしてみると、一発だけなら10キロでも上がる。

昨日は5キロも上がらなかったのに・・・


え?、なんで?って感じ(笑)



難しいことは解らないけど、

これは多分、体の中で痛みを軽減する物質が出たからじゃないかと思う。

(セロトニンとかエンドルフィンとか)


だって、

痛みが消えたのは事実なんだけど、物理的に筋肉痛がなくなったわけじゃないから。



と、いうことは・・・

「筋肉痛の限界を超えただけで、筋肉の限界はまだ先にある」

ってこと。


ただ・・・

もう精神的に続かない。


なので、ここで終わりにしようと思う。



次は・・・(笑)




追記

家に帰ってから、また筋肉痛が出始めた。

これからどうなるのか怖い(^-^;





17/07/15(土)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕二頭筋)=30分





筋肉の限界(上腕二頭筋、四日目)

もう、筋肉の限界と言うより

全身疲労&筋肉痛との闘い(^-^;


動作してる時は、あんまり感じないんだけど

セットが終わると、疲れと痛みで暫く動けなくなる。



メニューは、ちょっと変えて

4キロのダンベルカールを50回。

これを5セット。

20キロと10キロのEZバーで、コンセントレーションカール。

共に限界まで。

(最大筋力位で維持できなくなるまで)



最後に5キロのダンベルカールで締め、と思ったら・・・

あら?、左腕が動かない(笑)

真面目に、5キロのダンベルが1回も上げられない。


EZバーだと、右腕がカバーしてしまうので気付かなかったが

確実に筋力が落ちてたみたい。

(左の方が、右よりも筋力が弱い)



全身疲労&筋肉痛も、更に酷くなってるけど

あと1日だけ頑張ってみようと思う。





17/07/14(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕二頭筋)=30分





筋肉の限界(上腕二頭筋、三日目)

筋肉痛に加えて、全身疲労も来た。

動きたくないけど、まだ筋肉は動く(^-^;



メニューは昨日と同じ。


動き出しは辛いんだけど、

痛みさえ気にしなければ、そんなに筋力は落ちていない。



最近の、ボディビルのセオリーでは

筋肉痛が残っている時はトレーニングしない方が良い、と言われたりする。


でも、

昔は、そんなことは関係なくやってたらしいし

アスリートの練習に、そんなセオリーはない。



まあ、どちらも間違ってはいないんだろうけど

自分にとっての正解は、実践することでしか見つけられない。



つまり・・・

やる前に、答を出すな

やってみてから、答えを出せ

ということである。





17/07/13(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕二頭筋)=30分





筋肉の限界(上腕二頭筋、一日目と二日目)

今週は、上腕二頭筋ウイーク(笑)



一日目は、

軽い筋肉痛が来たぐらいで、いつもの感じだったけど

二日目は、いきなり辛くなった。


ちなみに、

7キロのEZバーで、アームカールを100回。

これを、3セット。

20キロと15キロのEZバーで、コンセントレーションカール。

共に限界まで。

(最大筋力位で維持できなくなるまで)


これで、

物を持つと、腕がプルプルするぐらいまで行った(笑)



一夜明けた今日は、筋肉痛が酷いけど

無視して、三日目に突入してみようかと思う。





17/07/12(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕二頭筋)=30分





17/07/11(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=45分

筋力トレーニング(上腕二頭筋)=30分





筋肉の限界(胸、六日目と七日目)

まず、六日目。


何故か、全身の疲労が抜けた。

筋力も変わらない。


ここまで来ても変化がないということは、

なんか、エンドレスのような気がする・・・



七日目は、

市営アイススケート場に併設のトレーニングルームに行った。


終わりは、突然やってきた。

胸でも肩でもなく、腕が痛い。


つまり、

筋肉痛でも、肩をケガしたのでもなく

大胸筋の腱を痛めたということ。

(大胸筋の停止部は、上腕骨にある)


これは多分、マシンフライで可動範囲を広げ過ぎたせい。

無理をすると、取り返しのつかないことになりそうなので

ここで終わりにする(^-^;




まとめ



七日目も、

腱を痛めるまでは、大胸筋は変わらず動いた。


これは、

肩よりも、胸の方が筋力に余裕があるということだが

動かない所まで行けなかった、一番の理由は

追い込みの甘さだと思う。



具体的に書くと、胸以外の筋力の不足。


例えば、ダンベルベンチプレス。

最後の最後でも、片側20キロのダンベルが12回は上がった。

本当なら、もっと重くして数回程度で追い込みたいが

補助なしでは挙上できない。



これは、

胸には余裕があるのに、腕や肩の筋力が追いついていない

ということを意味する。


上記は、どの種目でも言えること。

ベンチプレスでも、

大胸筋が限界を迎える前に、腕や肩が動かなくなる。



現状では、ここが精一杯のところ。

胸に関しては、また時が来たら再チャレンジしてみようかと思う。


次は・・・(笑)





17/07/09(日)筋トレ日記

市営アイススケート場に併設のトレーニングルーム

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=60分






  1. 無料アクセス解析