17/09/29(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





セロー225 トライアル用ハンドル

セローのハンドルを、トライアル用に交換した。

(いつもの如く、ガレージに落ちてたやつ(笑))


メーカーはエトスで、たぶん4.7インチ。

(トライアル用としては低いタイプ)


ちなみに。

前のハンドルは、レンサルのモトクロス用。

(これもガレージに落ちてたやつなので、タイプは不明(笑))


上がトライアル用で、下がモトクロス用。

CA3I3066.jpg

CA3I1529.jpg


見ての通り、絞りとエンドの高さが違う。

(全体の高さと幅は同じぐらい)


トライアル用は、絞りが緩くエンドが上がってて

モトクロス用は、絞りがきつくエンドが下がってる。


タイプによって差はあるけど、この傾向は同じ。


つまり、トライアル用は真っ直ぐな棒に近く

その方が、スタンディングで走るのに都合が良いということである。



突き詰めると長くなるので、簡単にするが・・・


トライアルバイクに乗ったり、トライアルの競技をするんだったら

スタンディングで走るのは当たり前。


でも、トレールやエンデュランサーでお山を走るのであれば

そんなことに拘る必要はない。


シッティングの方が、楽に走破できるのなら

それで走ればいい。


大切なのは、

スタンディングすることじゃなくて、無事に通過することだから。



だが・・・

スタンディングの方が、走破性が高いのは間違いない。


だから、トライアルはスタンディングオンリーなんだけど

トレールやエンデュランサーでも、それは変わらない。


つまり、

「走破性を高めようとすれば、走りもバイクも自ずとトライアルに近づく」

ということである。


先日のお山では、トライアルバイクに先導してもらったので

出来るだけ同じ様に走ってみた。


その時に気付いたのが、ハンドルの違いだった。



そんなこんなで、トライアル用のハンドルに換えてみようと思ったわけだが

これも、1年続けた筋トレの成果。


足腰の筋力がアップして、楽にスタンディングが出来るようになったからである。





17/09/28(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





ダンロップ エナセーブ EC203 165/65R13 インプレ

前回のタイヤ交換から、約3年半(走行距離、約16000キロ)。

距離は走らないから、まだ山はあるんだけど

ゴムがヒビヒビになってしまったので交換した。


前のタイヤは、4本で送料込み9320 円の激安タイヤ。

http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2048.html

今回は、4本で送料込み18520円の高級タイヤにしてみた(笑)


yjimage.jpg



高速を含めて400キロほど走ってみたが、

激安タイヤとの差は、そんなに感じない。


もちろん、新品だから

高速安定性・グリップ力・転がり抵抗と、全ての面で良くなってはいるんだけど

それが、どこまで続くかってところ。


国産タイヤだから安心感はあるけど、前のも特に問題は感じなかったし・・・

答えは、数年経ってみないと出ないような気がする(^-^;



本家トランポの部屋は、こちら。
http://www.geocities.jp/zg42/HIJET.htm





埼玉のお山(アリ地獄ルート編)

今回は、地元の山師さんに先導してもらい

2台で走ってきた。



この山師さんと走るのも3年ぶりで、

これまでに行ったことがないルートを案内してもらった。


トラ車の先導・未経験ルート・夏の雨上がり

ということで、厳しいものになるだろうとは予想していたが

想像以上にキツかった(^-^;

(おまけに、熱中症対策の強力アイテムである空調服を忘れていった(笑))



中でも、最もハードだったのは

通称「アリ地獄」ルート。


ここは、尾根の窪地で

片側は、ザクザク路面+最後に木の根と岩のヒル

もう一方は、難易度の高いガレガレ路面ヒルと

一度下りたら、どちらも自力で上がるのは難しい。

なので、アリ地獄と名付けた(笑)

(なんとなく下まで降りてしまうが、降り切って上を見ると愕然とする(^-^;)



「ザクザク路面+最後に木の根と岩」の上から。

(写っていないが、右の木の根と左の岩がステアっぽくなってる)

DSC_0079.jpg



まあ、ここは前にも来たことがあるし

最後のステアっぽい所さえ、二人で協力すれば上がれるんだけど

今回は、反対側からのアプローチの方が地獄だった。



ハンドルを切っただけじゃ曲がれないコーナーから、斜度が急になるが

前日に複数のバイクが走った様で、路面が掘り返されて粘土質の泥でグチャグチャ(^-^;


スタックを繰り返しながらも何とか上っていくが、

途中の左コーナーで、トラ車がもがいてる。


見ると、

コーナー途中の真ん中に、深いギャップと木の根が・・・



本当の地獄は、ここからだった(笑)


トラ車は、アウト側まで車体を振ってクリアしたが

セローだと、何回トライしてもそこまで行けない。


仕方ないので、深いギャップと木の根のイン側を通そうとするが

路面がキャンバーっぽくなってて、どうしてもギャップに吸い込まれる。



この頃には、もうトラ車の姿は無かった。

自分が上るので精一杯で、声も聞こえないぐらい先まで行ってしまった。

他にヘルプしてくれる人もいないし、一人で何とかするしかない(^-^;



そこで役立ったのが、1年続けてきた筋トレ。


テクニックは、もう使い切った。

後は押しの一手。


木の根にリアが引っ掛かったバイクを、

アクセル全開で、渾身の力を込めて押す。



すると・・・

意外にも、割とすんなり上がった。


他にも筋トレの効果は感じているが、

やっぱり最後は力なのね、と思った(笑)



その後も、止まっては再発進を繰り返し

なんとか、自力で上り切ると・・・

山師さんが、「よく一人で上ってきたね!」なんて言ってた(笑)



その時の写真がこれ。

(タイヤに纏わりついた泥が、路面状況を物語る(^-^;)

DSC_0075.jpg




最後に。



8ヵ月ぶりのお山は、やっぱり楽しかった。

何が楽しいかって言うと、他には無い物があるから。



例えばの話。

河原だってコースだって、道になってれば走破できないなんてことはまず無い。


でも・・・

お山では、それが当たり前。



そのために、

テクニックを磨き

体力を向上させ

バイクを改造する



「速く(スピード)ではなく、上手く(テクニック)」

その練習に最適な場所が、お山なのである。





埼玉のお山(バイク編)

先の日曜は、久々に埼玉のお山へ行ってきた。

(最後は今年の1月末なので、8ヵ月ぶり)



まず、バイクのことから。


変わった点は、

前後新品タイヤ(ツーリスト)・マフラー(スーパートラップ)・バーパッドインミラー・ダウンフェンダー。



CA3I2959.jpg


当然だけど、新品タイヤはグリップする(笑)

滑るタイヤの時期が長く、その動きを体が覚えているので

なんか変な感じ(^-^;


マフラーは、スムーズにエンジンが回るようになってて

スピードを出すのに向いてるし、アクセルコントロールもしやすい。


ただ・・・

低速のトルクは落ちてるし、瞬発力にも欠ける。


最もメリットを感じたのは、ズルごけした時。

確実に軽くなってて、引き起こしが楽だった(^-^;



CA3I2996.jpg


バーパッドインミラーは、とりあえず実用に耐え得る(笑)

後ろも見えるし、何より折り畳みの手間がないのがいい。



CA3I3006.jpg


ダウンフェンダーは、スタンディングでメリットを感じた。

狙ったラインにタイヤを乗せやすく、

軽くなったので、フロントアップもやりやすい。

泥跳ねも少ないし、今のところデメリットは感じない。



つづく





17/09/24(日)走行日記

DSC_0075.jpg


埼玉のお山。

セロー225


詳しくは、ライテクメモで。





18’YZ125Xインプレッション

CA3I3021.jpg


一言で書くと「欲しい!!!」(笑)



モトクロッサーのYZ125と違う点は、サイドスタンドの追加とリア18インチ化ぐらいに思えるが・・・

乗ってみると、全くの別物。

(ちなみに、ガード類以外は完全ストックの新車)



跨ると、サスの沈み込みが大きい。

見た感じは、そんなにシートは低くないけど

身長174cmで、片足だとベタ着きで尚且つ膝が曲がる。


跨るだけで楽しくて、何回も乗ったり降りたりした(笑)

(ちなみに、3cmローダウンしたYZ250FXよりも足つきがいい!)


走ってみても、サスはヤワヤワ。

かといって、腰がない訳じゃないし良く動く。



エンジン特性も、マイルドの一言。


アクセルの開け始めで、急にパワーが出ないし

回転が上がっても、2ストらしい加速感がない。


擬音で表すと・・・

元のYZ125が、カッ!カッ!カッー!って感じなら

YZ125Xは、ボエ!ボエ!ボエー!って感じ(笑)

全体的に、フィーリングが重くなってる。


あと、低速での扱いやすさも特筆もの。

意図的に、極低速で坂を上ってみるが

クラッチを全く使わなくても、けっこう走れる。


流石に、4ストには敵わないが

2スト125とは思えないほど低回転のトルクがある。



その上で、

2スト125特有の、軽さや曲がりやすさは損なわれていない。

ブンブン振り回して走れるので、楽しいこと楽しいこと(笑)



とにかく、元のYZ125とは別物。

サイドスタンドやリアホイールは、後からでも変えられるが

サスやエンジン特性は、ユーザーレベルじゃ無理。


特にエンジン特性。

フライホイールを重くしたり、圧縮比を下げたり、YPVSの特性を変えたりしたって

間違いなく同じ様にはならない。


これが、YZ125から1万円アップの58万円なんて信じられない。

掛かってる手間からしたら、安すぎる。


さっきまで、6万ぐらい高いのかと思ってた(笑)

(ウチで、このYZ125Xを売ったのに(^-^;)



私感だが・・・

このYZ125Xは、セロー225やWR250Rに次ぐヤマハオフロードの名車だと思う。


その理由は、「造った人達の、魂が込められているから」


本当にオフロードが好きで、自分の乗りたいバイクを形にした

コストという縛りのある中で、最高の物を作りだそうという気持ち

それが、バイクから伝わってくるのである。



ということで。

このYZ125Xは、初めてレーサーに乗る初級者に特にお勧め。

ヤマハというメーカーが、わざわざ初級者用として造ってくれたのだから(笑)





17/09/22(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩)=30分





17/09/21(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





17/09/20(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





17/09/19(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩)=30分





なんとなくヤマハ(笑)

CA3I3019.jpg


手前から、

17’WR250R

18’YZ125X

17’YZ250X

15’YZ250FX

ブルー一色(笑)


自分が、03’WR250F・06’WR250F・15’YZ250FXと乗り継いできてるから

なんとなく、ヤマハが性に合う人達が集まって来るんだろうな~と思う。

(お山用もセロー225だし)



外車はもちろん良いし、国産他メーカーも良いとは思う。


でも・・・

オフロードの世界に限ると、なんだかんだでヤマハになっちゃうんだな。


日本人には、日本人が造った物が一番合うと思うし

その中でも、造った人達の心を感じることが出来るメーカーだから。



工業製品だし、メーカーだって商売だから

コストを掛けられなくて、足りない部分も多々ある。


それでもヤマハに乗るのは、メーカーや造った人達の心意気を感じるから。

無機質な機械という物の性能だけじゃなくて、心が籠ってるからである。



YZ125Xインプレに続く。





17/09/18(月)走行日記

CA3I3020.jpg


相模川(猿ヶ島)

YZ250FX

2時間ほど。


詳しくは、ライテクメモで。





チャンバー修正始めました!(笑)

オフロードバイクには転倒が付き物。

4ストだったり、左に転ぶ分にはいいですが

2ストで右に転ぶと・・・

チャンバーがベッコリと凹んで、人間も凹む(^-^;


が、

チャンバーは高いものなので、大概は凹んだままで我慢するっていうことになると思います。



そこでのチャンバー修正です。


修正前

CA3I3002.jpg

修正後

CA3I3004.jpg


完全に元通りと言うわけにはいきませんが、

大きな凹みは、ほぼ治っていると思います。


修正代は、1か所3000円(税別)から。

後は、凹みの場所や大きさによってというところでしょうか。

(写真の物は、かなり酷いんで9000円ぐらい)


ちなみに。

純正・社外問わずで、ロードバイクでもOKです。


お気軽にお問い合わせください^^



〒252-0201
神奈川県相模原市中央区上矢部3-12-8-102
ゴーストガレージ 代表 宮澤健輔
TEL 042-753-6022
FAX 042-785-5339
携帯 090-8306-4564
メール ghost-garage@angel.ocn.ne.jp
お問い合わせフォーム





17/09/16(土)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





セロー225ダウンフェンダー

なんとなく思い立って、セローのフロントフェンダーをダウンタイプにしてみた。

CA3I3006.jpg


ちなみに、元はこんな感じ。

CA3I0979.jpg


材料は、ガレージに落ちてたTLM220(多分)のフェンダー(笑)

それと、ガラクタパーツの中から見つけたキャブ用バンド。

CA3I3009.jpg


これに、100円ショップで買った小さなL字ステー4個(確か2個で100円)と

カラー・ボルト・ナットを組み合わせた。

CA3I3008.jpg


フォークとキャブ用バンドの間に、L字ステーを差し込んで締めただけなんだけど

けっこう、ちゃんと付いた(^-^;

(製作費200円(笑))



乗ってみると、やけにハンドリングが軽い。

慣れなくて、なんかフラフラする。


元がそんなに重い物じゃないから、大して変わらないだろうと思っていたが

重さが半分以下で、更に位置も下がってるから影響は大きいみたい。


それと、これまであったものが無いのは心許ないし

路面が良く見え過ぎて、なんだか変な感じ(笑)



このダウンフェンダーっていうのは、トラ車なら当たり前の装備。

理由は、

泥詰まりの少ない場所を走るのと、タイヤの行き先を目で確認できるようにするため。


お山では、この2点が当て嵌まるし

更にフロントが軽くなったから、間違いなく走りやすくなるだろうと思う。



あと、ダウンフェンダーにしようと思った最大の理由は・・・

下りで転んだ時に、フェンダーとタイヤの間に木が挟まって動けなくなる事があるから。

(バイクの重さが乗っちゃってるから、一人だと引っこ抜けなかったりする(^-^;)


まあ、転ばなきゃいい話なんだけど(笑)





17/09/15(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





17/09/14(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩)=30分





17/09/13(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





タカツトライアルミラー改バーパッドINミラー(笑)

今週末のお山に向けて、セローを整備した。

そこで、なんとなく始めたのがミラーの変更。


あーでもないこーでもないと、考えたり試したりした末に行き着いたのが・・・

このバーパッドINミラー(笑)

CA3I2996.jpg


元は、こんなタカツのトライアルミラーだったんだけど

ハンドルにクランプする部分が壊れて、ミラーとステーの部分だけ残ってた。

1729.jpg



それを、バーパッドに突き刺し

タイラップで縛って完成(笑)



この位置じゃ後ろが見えないんじゃないの?、と思われるかもしれないが

体を捻ると、意外とよく見える。


どっちにしろ、ちゃんとした物でもお山に入る時は折りたたんじゃうし

スタンディングじゃ見えない。


舗装路を移動する時だけに要るものだから、これで十分だし

たぶん、いちばん壊れ難いと思う。

(既に壊れてるという話もあるが(^-^;)



別に新品が買えない訳じゃないけど、

それじゃつまらないから、考えたり試したりしていじくりまわす。


そんな楽しみがあるのも、

オフロードバイクならではだと思う。





17/09/12(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





オールスタンディング&ノークラッチ&ノーフロントブレーキ

昨日の相模川では、本当はFXに乗りたかったんだけど

まだサスのモディファイが上がってきてないので、セローに乗った。


まあ、

それはそれで、来週のお山に向けての最終チェックになったから良しとしよう(^-^;



で、タイトルの「オールスタンディング&ノークラッチ&ノーフロントブレーキ」

逆に言うと、「座らずに、シフトチェンジとリアブレーキだけで走る」(笑)

その練習を2時間半続けた。


この練習をしていて思い出すのは、左足首をケガした時のこと。

ちょうど、この動画を撮った翌週だった。

(2013年12月30日)





それまで、すごく調子が良くて乗れてた。

足腰に力が入り、お山の急な九十九折れをスタンディングで全て下れた。

それも、自分にとって最も速いスピードで。


だが、

左足首をケガしてからは、それが出来なくなった。


更に、2015年8月には右足首の骨折。

1年後に、プレートを抜く手術をしたが

今年(2017年)の初めには、歩くのも辛いぐらいの両膝の痛みが・・・



膝の痛みがなくなり、スタンディングが出来るようになった今だから言えることだが

全ての原因は、足の筋力の低下。


実際、脹脛と太腿は一回り太くなったし

足腰に力が入るようにもなった。


それも、

諦めずに、スポーツクラブに通い続けた結果だと思う。



動画を撮った時から、4年弱。

やっと、あの頃に戻れそうな気がする。





17/09/10(日)走行日記

CA3I2986.jpg


相模川(猿ヶ島)

セロー225

2時間半ほど。


詳しくは、ライテクメモで。





17/09/08(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩)=30分





17/09/07(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋)=30分





17/09/06(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸)=30分





17/09/05(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(肩・前腕)=30分





17/09/04(月)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(上腕三頭筋・前腕)=30分





セロー225新品タイヤ(IRCツーリスト)&スーパートラップマフラーのインプレ

CA3I2959.jpg


まず、新品タイヤ。


すげーグリップする。

アクセルを開けるとフロントがポンポン浮いて、

なんだかパワーアップしたみたい(笑)


まあ、それは当たり前なんだけど

これまでは、真っ直ぐ走っててもリアタイヤがスリップしてたっていうこと(^-^;


リアタイヤがスリップすれば、

縦方向だけじゃなくて、横方向にも滑ることになるから

アクセルを開ける→横に滑る→車体が傾く→真っ直ぐ走らない

となるわけで。

中洲エンデューロコースでも走りやすくなってた。



次に、スーパートラップマフラー。


だいぶ前から持ってたんだけど、

お山では出来るだけ静かな方がいいから封印してた。


正直なところ、性能はイマイチで

高回転でのパワーも、低速トルクも落ちてると思う(^-^;


ただ、軽さとエンジン特性の変化はメリット。


ノーマルマフラーと比べると、2キロ近く軽いし

ギクシャク感が無くなって、エンジンがスムーズに回るようになる。



この2つを、お山でも試したくなってきた。

その日は近いか?(笑)






  1. 無料アクセス解析