17/10/31(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/30(月)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/28(土)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕二頭筋・肩)=30分





17/10/27(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ダンベル体操+筋力トレーニング(胸)=30分





17/10/26(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/25(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/24(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/21(土)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/20(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/19(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





数量限定!29999円セール! ショウエイ X14 Z7 クエスト カスタムペイント ヘルメット 塗装 グンヘル レプリカ バリバリ伝説 巨摩 郡 CB750F

ショウエイ Z7ベースの、バリバリ伝説主人公の巨摩 郡レプリカ(通称グンヘル)です。
原作を忠実に再現するため、SHOEIロゴはペイントで入れてあります。

CA3I3136.jpg
CA3I3135.jpg
CA3I3134.jpg


好評につき、再セールです。
この機会に、あなたの夢を叶えてください!

参考ペイント料金 通常35000円~(税別)が・・・
なんと、数量限定(3個)で29999円~(税別)になります!
(X14・クエスト等も同価格でOK!)

Z7なら、
ヘルメット本体(ルミナスホワイト) 34048円
ペイント代 29999円x1.08=32399円
合計 66447円
です。

注:ベースヘルメットは、キズ無し/ホワイトに限ります。
(当店でお買い上げ・持ち込み共に可能です)


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://www.geocities.jp/zg42/sub1.htm





17/10/18(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/17(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/16(月)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





左手首のケガから2週間。

左手首をケガしてから、2週間。

やっと両手で顔を洗えるようになった(笑)



筋トレを再開して5日になるが、

そこで思うのは、やっぱり物や体は使わないと劣化が速くなるということ。


たった1週間、安静にしてただけなのに

筋力は落ちてるし、関節の動きが渋い。



今回の場合は、特に肘の関節。

ワンアームダンベルベンチプレスで、肘を伸ばそうとするんだけど

痛みがあって伸ばし切れない。



これは多分、日常生活で無意識に左手首を庇っているから。


肘を伸ばすとスジが張って痛いので、いつも少し曲げた状態になっていて

そこで関節が固まり始めていたのだろうと思う。



あと、同じ重量と回数でやってるのに

左側だけ筋肉痛が酷い。


これも、

たった1週間使わなかっただけで、筋力が落ちてる証。




痛みというのは、本能的な保護機能だし

医者の言うことも間違いではない。



だが、

本能に従い、盲目的に医者の言うことを守っていても良い結果にはならない。




その理由は、

そこに、自分の意思が介在しないから。



痛いから動かさず、医者が安静にしろと言うから従う。

それでも治りはするが、確実に完治までの期間は長くなる。

(完治というのは、リハビリも含めての話だから)




この考え方は、

ケガの治療に限らず、どんなことにも共通する。



結果を出せる人、変われる人っていうのは

人に依存しない。


自分の意志を持ち、自らを信じる。




その生き方は、時に人からは傲慢に見えるだろうが

人に迷惑さえ掛けなければ、そんなことは関係ない。



一度きりの、自分の人生なのだから

悔いの無いように生きる。



それが、いちばん大切なことだと思う。







17/10/14(土)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/13(金)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/12(木)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





17/10/11(水)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





筋トレ復活!(笑)

左手首のケガから、一週間ちょい。

やった翌日は、痛くて触ることも出来なかったが

日に日に回復しているので、スポーツクラブに行ってきた。

(まだけっこう痛くて、顔もまともに洗えないぐらいだから

たぶん、普通より早めだとは思う(笑))



最初は、ストレッチと足だけかな~なんて思ってたけど

ダンベルを持ってみると、意外とイケる。


試しに、ワンアームダンベルベンチプレスで徐々に重量を上げてみると

14キロまで耐えられた。


ケガをするまでは30キロでやってたから、約半分だけど

今の手首の状態なら、上出来だと思う。



こんな話を人にすると、「無理するな~(^-^;」なんて言われたりするんだけど

自分にとっては、無理なことじゃない。


前に肋骨にヒビを入れた時も、痛いとこを反対の手で押さえながらやってたけど

その方が何もせずに安静にしてるより治りが早かったし、筋肉や筋力も落ちなかった。



つまり、

「自分の感覚で、物事を判断する」

ってこと。



特に、

体なんてのは、何があっても自己責任。

医者や周りの言うことなんて信じない。


「信じるのは自分の感覚のみであり、それが自分にとっての正解だから」

である(笑)




17/10/10(火)筋トレ日記

いつものスポーツクラブ

ストレッチ&マッサージ(指圧)+マシンを使ったストレッチ+ダンベル体操=30分

筋力トレーニング(胸・上腕三頭筋・肩)=30分





アイスホッケー用ゴーリーマスク(Wall)カスタムペイント

アイスホッケー用のゴーリーマスクです。
Ben Bishop選手のレプリカですが、蓄光色の部分を蛍光イエローに変更。
顎部分のゼッケンを、30から1に変更しています。

CA3I3032.jpg
CA3I3033.jpg
CA3I3038.jpg
CA3I3037.jpg
CA3I3040.jpg




参考ペイント料金39800円(税別)~


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://www.geocities.jp/zg42/sub1.htm





埼玉のお山(左手首の骨折編)

また、やった(笑)



最初の新規ルート探索を終えて、一本目の丸太越え。

勢いよく突っ込んだら、フロントが先にあった切り株に当たり

丸太の上で転んだ。


その時に、左足が丸太とバイクの間に挟まり

ハンドルを持ったまま、地面に肘が激突。


左手がつっかえ棒みたいになって、

結果として、左手首に過大な負荷が掛かった。

(負荷の掛かり方は逆だが、強く手を着いたような感じ)




で、タイトルの左手首の骨折。


病院へ行ってレントゲンを撮ってもらったら、

今回はTFCC損傷(簡単に言うと、靭帯を痛めた)で、骨に異常はなかった。


が・・・

尺骨(手首の肘側の骨)の先端の、丸い突起の部分に骨折の痕がある。


一瞬、え?と思ったが、

20年ほど前に、やっぱりバイクで転んで強く手を着いたことが・・・


その時は、ただの捻挫だろうと思って病院には行かなかったんだけど

バッチリ折れてたらしい(笑)



ということで、

これでまた、骨折箇所が増えた。

(昔のだけど(^-^;)


ちなみに、骨折箇所は

右肩・右ひじ・恥骨・左足の親指・右足首

と、今回発覚した左手首の6ヵ所。


あと、肋骨のヒビや捻挫は数知れずだし

全身を調べ直したら、まだ気づいてない骨折もあるかも(笑)




バイク歴は35年ほどあるけど、それにしてもケガは多い方だと思う。

ケガをすれば痛いし、不便だし、お金も掛かるし、バイクに乗れないし、後遺症も残る

なので、出来れば避けたい。


なんだけど・・・

自分にとっては、これが一種のモチベーションになってるような気もする。



その理由は、

ケガをすると、何故だか生きる気力が湧いてくるから(笑)



それも、人間の本能なのかもしれない。


ケガをした翌日からは、妙に食欲が出て熟睡できる。

これは多分、体が自然治癒力を高めようとしているためだと思う。


もちろん、ケガをした直後や当日っていうのは

もうバイクに乗るのをやめよう!とか、あそこであんなことをしなければ・・・なんて後悔したりするけど

次の日には忘れてるし、逆にテンションが上がってる(笑)



そんな風に考えると、

オフロードバイクっていうのは、自分にとって丁度良い趣味なのかもしれない。


一般公道の様に、車相手の事故はないし

ロードレースの様に、重大な後遺症が残るようなケガも少ない。


ちょこちょこ、小さいケガはするけど

死んでしまうようなことや、日常生活に支障が残るようなケガは殆どないってこと。



更に言えば、誰もが気軽に出来るレジャーの方が危ない。

例えば、水遊びとか山登りとか。


海や川で溺れて亡くなる人なんて珍しくないし、

山だって、滑落したりクマに襲われたり(^-^;



こんなことは、実際に経験してる人じゃないと解らないかもしれないが

それが本質である。




話は戻って(^-^;



そうは言っても、

何もしなければ、ケガの可能性はかなり低くなる。


でも、そんな退屈な生活には耐えられない。


痛くても、不便でも、お金が掛かっても、バイクに乗れなくても、後遺症が残っても

オフロードを走り続ける。


死ぬまでね(笑)




追記

そういえば、左踵の骨折を忘れてた(^-^;

ということで、骨折箇所は7ヵ所ですw





埼玉のお山(探検ごっこ編)

先の日曜は、フリーライド350のNさんと2台で埼玉のお山を走ってきた。

本当は、前回のアリ地獄ルート等を案内するつもりだったが

なんとなく、新規ルートの探索ばかりになってしまった(^-^;



この新規ルートの探索っていうのは、けっこう面白い。


走ってる時に、あそこに枝道があったけど

あれはどこに繋がってるんだろう?、なんてとこから始まって

地図でルートを確認したり、情報を集めたり。


そして、実際に現地に行って探索するんだけど

その過程のどれもが楽しい。


なんとなく、子供の頃に帰れるっていうか

宝探しをしているような気分になれる。



ただ・・・(笑)


そんなルートっていうのは、廃道になってることが多く

木や草が伸び放題で、倒木もある。

(なので、ノコギリは必需品)


更に、先がどうなってるかわからないので偵察に行くが

アップダウンのある山道を、バイクに乗る格好で歩くもんだから

これが、また疲れる(^-^;

(バイクで走ってる方が、数倍楽だったりする(笑))


あと、

たまに、ライフルを持った害獣駆除の猟師さんと出会ったり。

(バイクに乗ってれば音がしてるからいいけど、歩きだと怖い(^-^;)



そんなとこを走ってると、往々にしてヤブ漕ぎになるが

今回役立ったアイテムが、ブレーキセイバーとダウンフェンダー。



ブレーキセイバーっていうのは、これ。


CA3I3076.jpg


ウチでも通販で売ってる、DRCのやつなんだけど

付属のカバーは貧弱なので、ゴムホースでカスタムした(笑)


ちなみに、別の紹介ページはこちら。

http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2225.html



これって、

普通は、転んだり岩にぶつけた時にペダルが曲がらないようにするための物っていう認識だけど

クランクケースとの間に木が挟まって、ペダルがあっち向いてホイしちゃうのも防げる(笑)


実際にヤブ漕ぎしてる最中には、ここに木が挟まってることが多いが

今回は、木が当たってもスルっと逃げてくれてペダルは無事だった。

(そのために、出来るだけ斜め前方にセットする)



それと意外だったのは、先に紹介したダウンフェンダー。


CA3I3077.jpg


ヤブ漕ぎしてる時は、やっぱりフェンダーとタイヤの間に木が挟まって動けなくなることが多いが

今回は、それが全くなくて比較的に楽に進めた。



この2つは、普通は要らないアイテムだったりするけど

探検ごっこには必需品だと思う(笑)





17/10/01(日)走行日記

171001.jpg


埼玉のお山。

セロー225


詳しくは、ライテクメモで。






  1. 無料アクセス解析