FC2ブログ

18/12/04(火)筋トレ日記(町田コンディショニングジム健介)

町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/

コンディショニング=30分

筋力トレーニング
腕振り訓&イージーマッスルカール
(上腕三頭筋と二頭筋のスーパーセット)
マッスルプッシュダウン&イージーマッスルデッド
(ライイングエクステンションとアームカールのスーパーセット)
全て3セット。
=60分

ダブルスプリット
マッスルプッシュダウン&マッスルプッシュダウン
(プッシュダウンとアンダーグリップチンニングのスーパーセット)
3セットずつ。
=30分





18/12/03(月)筋トレ日記(町田コンディショニングジム健介)

町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/

コンディショニング=30分

筋力トレーニング
イージーマッスルラット&ポジティブベンチ
イージーマッスルデッド&イージーマッスルフライ
(背中と胸のスーパーセット。全て3セット)
=60分





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(「受ける、受ける、受ける」&筋トレ開始から、2年と3ヵ月)

先に、「ゴールドジムに通ってた頃よりも、早いペースでデカくなってる」なんてことを書いたが
それには、マシンの違い以外にも理由があると思う。


それは、この時のリアル筋力無料セミナーでのこと。
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2756.html

大岡さんが、セミナー終了後にマッスルラインの使い方を説明してくれたんだけど
補助をしながら、「受ける、受ける、受ける」と繰り返し言ってた。

これは、重りを戻す時(いわゆるネガティブ)で粘るってことだが
フリーウエイトのリアル筋力を実践してきた身からすると、???って感じだった。

何故なら、
フリーウエイトのリアル筋力における定義は、最大筋力位での静止であり
ネガティブでの負荷は、ボディービル系筋トレのテクニックだからである。


だが、その疑念は直ぐに晴れた。

他には何も意識せず、受けることを繰り返していると
軽い重りでも、これまでとは全く違うように効く。


その理由は、
マッスルラインというマシンが、最大筋力位の範囲でしか動かないように設計されているからだと思う。

つまり、
同じネガティブの負荷でも、全く質の違うものであり
「自然に、最大筋力位で重さを受けることが出来る」ということ。


その時に、
何故に、フリーウエイトのリアル筋力では筋肥大しなかったのかということが解った。


頭では、最大筋力位で重さを受けるということを理解していても
体が付いてこなかった。

具体的に書くと、足腰の強さ。


当然だが、
フリーウエイトだと、軌道が不安定になるし体を支えるものが殆どない。

なので、それを補うのに足腰の筋力を使うが
目的の筋肉に重さを乗せようとしても、先に足腰が負けてしまっていたのである。


これは、マッスルラインを使い込んで更に実感した。

なので、最近は腰の強化のためにデッドリフトなども始めたが
それには、イージーマッスルデッドが役立ってる。


足は、まだまだだが
それも、時が来ればやる気になるだろう(^-^;

筋トレ開始から、2年と3ヵ月。
このマッスルラインとの再会が、大きなターニングポイントとなる気がする。





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(汎用性)

マッスルラインの、もう一つの特徴は
シンプルが故に、汎用性があること。

例えば、先のイージーマッスルラットなら
手の向きをパラレルにして脇を締めると、三角筋後部に入るし
画像のマッスルプッシュダウンなんかは、
上腕三頭筋用のマシンなのに、肩や背中や上腕二頭筋まで出来る。

muscle13.jpg


おまけに、このコンディショニングラインも筋トレに使えるから
工夫すれば、バリエーションは無数にある。

conditioning-gym-kensuke20180906_1.jpg



もちろん、ウェイトスタック式のケーブルマシンやハンマーストレングスでも
追い込めるし、筋肥大もするとは思う。

だが、負荷の掛かり方や関節への負担は明らかに異なる。

経験が浅いと無理かもしれないが、
筋トレ歴が3年ぐらいある人なら、このマシンの良さが解るだろうし
一度使ったら、病みつきになると思う(笑)





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(ハンマーストレングスとの違い)

マッスルラインの最大の特徴は、
プレートローディング式の、レバレッジマシンであること。
(一般のスポーツクラブにあるのは、ウェイトスタック式のケーブルマシン)

簡単に書くと、シーソーみたいなテコの原理を使ったものだが
下記ページを読んでもらうと解りやすいと思う。
http://www.aeon-mall.co.jp/FitnessShop/news-m4.html


代表的なのは、
ゴールドジムや、コアなジムにしか置いていないハンマーストレングス。

通ってたゴールドジム南大沢東京にも、下記の4台があった。
ワイドチェスト、インクラインプレス、フロントプル、ロウイング

img-1534833080.jpg


ただ、同じプレートローディング式のレバレッジマシンなのに
見た目や使用感は、かなり違う。

例えば、背中を鍛えるマシンだと
ハンマーストレングスでは、このフロントプルだが

frame_color_6931,second_frame_color_436,upholstery_color_7126


マッスルラインだと、このイージーマッスルラット。
(画像は、こちらから拝借https://std-andante.jimdo.com/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E7%B4%B9%E4%BB%8B-%E2%85%A2/

image.jpg

小さいし、シンプルだし、飾り気はないしで
ホントに、これで効くの?って感じ(^-^;


見た目だと、力点が手か肘かの違いだけだが
使用感は、まるで違う。

ハンマーストレングスのフロントプルは、ゴールドジムでよく使ってたんだけど
イージーマッスルラットを使い込んだ後に、改めてやってみたら
何だか疲れるだけで、効いてる気がしない。

軽い重りだと、スカスカで効かないし
かといって、重くすると凄く疲れるみたいな。


それは、ウェイトスタック式のケーブルマシンでも同じで
このラットプルダウンなんかも、やる気がしなくなった(^-^;

20160314233549.gif


前の記事で、背中が発達したと言う様なことを書いたが
それも、このマシンのお蔭かなと思う。





鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(デカくなった?&ゴールドジム休会)

CA3I4135.jpg


う~む。
間違いなくデカくなってる。

それも、
ゴールドジムに通ってた頃よりも早いペースで。


CA3I4131.jpg


特に、三角筋の前部と後部が発達して
肩がデカくなると共に、肩幅が広く見えるようになった。


あと、人からよく言われるのは背中。
自分では見えないけど、脇の下を触るとモッコリしてる(笑)

胸は前からあったから、正面から見ると逆三角形だったんだけど
後ろからでも、そうなってるらしい。


こうなると、もっと続けたくなる。
なので、とりあえずゴールドジムに休会届を出してきた(笑)

次は、マシンの使用感などを書いてみたいと思う。





18/12/01(土)筋トレ日記(町田コンディショニングジム健介)

町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/

コンディショニング=30分

筋力トレーニング
腕振り訓&腕振り訓
(三角筋後部と三角筋前部のスーパーセット)
マッスルプッシュダウン&腕振り訓
(三角筋中部のコンパウンドセット)
全て3セット。
=60分






  1. 無料アクセス解析