FC2ブログ

19/03/30(土)筋トレ日記(町田コンディショニングジム健介)

町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/

コンディショニング=10分






19/03/29(金)筋トレ日記(町田コンディショニングジム健介)

町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/

コンディショニング=10分

筋力トレーニング(上腕三頭筋&二頭筋・肩・胸・背中)
マッスルプッシュダウン
イージーマッスルカール
イージーマッスルレイズ
イージーマッスルフライ
ポジティブベンチ
イージーマッスルラット
全て1セット
=30分





19/03/26(火)筋トレ日記(町田コンディショニングジム健介)

町田コンディショニングジム健介
https://www.cg-k.com/

コンディショニング=10分

筋力トレーニング(上腕三頭筋&二頭筋・肩・胸・背中)
マッスルプッシュダウン
イージーマッスルカール
イージーマッスルレイズ
イージーマッスルフライ
ポジティブベンチ
イージーマッスルラット
全て1セット
=30分





ショウエイ Z-7 バリバリ伝説 グンヘルレプリカ

グンヘルモンスター

ペイントさせて頂いた、ショウエイ Z-7ベースのグンヘルレプリカです。
(オーナー様、写真をありがとうございます)

マシンはCB750Fではありませんが、やはり赤いバイクに似合います。
ご満足いただけたようで良かったです^^


参考ペイント料金35000円~(税別)
(セール時29999円~(税別))


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://42ghost.web.fc2.com/sub1.htm





当ブログを初めて訪れた方へ(オフロードバイクテクニックに関して)2019/03/25追記

最新記事は、一番下にあります(^_^;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010/01/20


オフロードテクニックに関する記事を書き始めたのは2005/8

もう、4年と5ヶ月ほど経ちます。


この間には、色々なことがありました。

レンタルバイクをやったり

スクールを開いたり

ミーティングを主催したり

サポートをしたり

自らがレベルアップしたり


その経験を書き溜めてきた、オフロードテクニックに関する記事が下記の3つです。

HP版「オフロードテクニックに関するコラム」
http://42ghost.web.fc2.com/MXOFFTECH.htm

ブログ版「オフロードテクニックに関するコラム」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-category-6.html

ライテクメモ
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-category-17.html



これらは、4年と5ヶ月の間に膨大な量となりました。

初めて当サイト(ブログ)を訪れた人は、どこから読んでいいのか戸惑うでしょう。

また、過去の記事と現在を混同してしまうこともあるかもしれません。



これには、訳があります。

私自身が成長途中のライダーであり、常に変化を求めているからです。

(このスタンスは、一生変わらないと思います)


そのために、当サイト(ブログ)の位置付けは、

「自分自身の成長記録=ドキュメント」となります。

(ですから、過去の記事を消したり、改定することはしません)


ただ・・・

それでは、誤解や勘違いを招くことが多いので、このページを作りました。


ここに書くのは、オフロードライダーとしての、私の全てをまとめたものです。

まずは、ここを読み、それから過去の記事を辿ってみて下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1967/3/24生まれ


15~17歳
82’YZ80
MXとEDレースに数回出場

ブランク

23歳
90’RM80

25歳
91’CRM250R
肩の骨折

26歳
93’KX80-Ⅱ
EDレースに数回出場

27歳
93’YZ80改LW
MCFAJモトクロス80ccクラスに数回出場
踵の骨折

ブランク

30歳
相模川を走り始める

32歳
96’CR125R

33歳
89’CRM250R改EDレーサー

37歳
肘の骨折

39歳
★03’WR250F

42歳
★95’セロー225

45歳
★06’WR250F

★現在のメインマシン



オフロードを走り始めて27年になりますが

ブランクが数年あるので、実質は18年ぐらいでしょうか。

そのうち、10年ほどは初級者でした。


それまでにも、オンロードバイクには乗っていたので

フラットな所であれば、スピードだけは出せたのですが・・・

それにテクニックが追いつかず、怪我の連続でした。


また、オンロード時代の癖でフォームが悪く

腰痛のために、オフロードを止めようかとさえ思っていました。



転機になったのは、27歳の時に受講したベストテクスクールです。

オフテクコラムの冒頭でも書いているように

骨盤を立てたフォームのお陰で腰痛もなくなり

考えてバイクに乗るということを知りました。


ただ・・・

その頃の私には、足りないものが多く

ベストテク自体のスタートラインも高かったため

体で理解できるようになるまでは、時間が掛かりました。


自分なりの方法で、ベストテクを噛み砕いて解釈し

ようやく初級を抜け出せたと思えるようになったのは、

受講から8年経った35歳の時でした。



次の転機は、2007/9、40歳の時。

それは、ベストテクを軸にした考え方から

自らの考え方へ移行した時期でもあります。

(DRS立ち上げ時)


人から教えられることを理解しようとするのではなく

人と比較して、自分自身に足りない物を探す。


それは、

フォームの改善、体力のアップ、精神力の向上という形で表れ

現在も進行中です。



この変遷は、人にアドバイスする場合でも同じです。


初めは、自分なりに噛み砕いたベストテク練習方法のアドバイス

次は、自らの考えを元にした練習方法のアドバイス


そして今は、

ライディングに対するスタンスを、ブログで伝えることを主題としています。



私がアドバイスできることは、全てこのブログに書いてあります。


自分は、今どのレベルにいるのか

自分には、何が足りないのか

自分には、どんな練習が必要なのか


私の経験を参考にして、考えてみて下さい。



本当に、自分が成すべきこと

それは、

「自らが成長し、その記録を残すこと」


それが、

自分と同じように、上達できなくて悩んでいる人達の助けになる


そう信じて、

これからも、走り、書き続けます^^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



現在は、2011/08/07

上記を書いてから、1年半ほど経ちました。


ブログを読み返すと、

あの頃は、耐久走の延長でMコースを走ることに夢中になってたんですね。

(その時の自分には、必要な練習方法だったのだと思います)



それから半年ほどした2010/7

新たな転機がやってきました。


突然、あるプロライダーと話がしたくなり

数日後には、その目的を果たしていました。


自分では意識していませんでしたが

見えない壁に当たっていたのだと思います。



そこで聞いたこと、見たことは

後の練習やアドバイスに大きな影響を与え、今に至ります。


詳しくはライテクメモで書いているので、ここでは触れませんが

自らのレベルアップと共に、アドバイスすること=ライテクの理解度も向上し

DRS練習会や、mixiでのコミュニティ運営も再開しました。



今後の目標は、自らが上級者を目指すのは勿論のこと

これまで明らかにされていなかった、

「オフロードバイクライディングの本質」を解明することです。



大袈裟なようですが、これは私の人生を掛けた小さな革命です。


それは、才能や感性で上達してしまった上級者には、理解不能なことであり

本や映像媒体という、利益目的の発信手段では無理なこと。


初級者を10年以上続け、30年近く掛けて今のレベルまで来た自分が

インターネットという自由な発信方法を使ってしか、成し得ないことだと思うからです。



この闘いは、死ぬまで続きます。



2011/08/07



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2013/04/03追記


上記から、更に1年8か月。


体力の不足を感じ

2012年1月から、スポーツクラブに通い始めました。



ここでは、体力アップだけではなく

持病(坐骨神経痛)の治療や、怪我の後遺症の改善方法を知り

アドバイザーとしての勉強ともなりました。


それが一段落した、約1年後の2013年3月。

数か月の間休止していた、バイクでの練習を再開。


それに伴い、

DRSオフロードバイク練習会を本格始動しました。



自らの向上・ブログの執筆・実地でのアドバイス

この3本柱で、これからも走り続けます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2013/09/16追記


このところは、ライテクメモやトレーニング日記を書いていないので

近況報告を兼ねて(^_^;)




ある人を、練習会でアドバイスした事を切っ掛けに

8月からオフロードバイクスクールを復活させました。


その理由は、

これまでに蓄積してきたアドバイス方法を

形に出来るようになったからです。



また、以前のスクールと大きく違うのは

参加費が無料で、マンツーマンである事。


この2点は、

本質を追求する上で、どうしても外せない物でした。



勿論、このスクールでアドバイスすることは

他よりも有意義なものである事を自負していますが

私には、レースでの実績やインストラクターの資格等がなく

スクールへ参加する価値を見い出し難いと思いますので

下記の、参加者の感想と走りの動画を参考にして下さい。


DRSオフロードバイクスクール参加者の感想
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-1996.html


2010/01Mコース


2010/01Mコース1時間耐久


2010/06Mコース




最後に、自分の近況ですが・・・

8/17のクロスパーク勝沼遠征で、左足親指の骨を折り

こちらも、やっと復活したところです(^_^;)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2017/05/08追記



約3年8ヵ月ぶりの更新です(^-^;


その間は、mixiコミュニティの方でライテクメモを書いたり活動したりしていましたが

今年で50歳になったこともあり、ライテクメモをこちらに戻すことにしました。



この3年8ヵ月の間には、色々とありました。

ライテクを考えるのは勿論、初級者の人と一緒に走ったりアドバイスしたり

JNCCのAクラスライダーで、AAを目指すまっちゃさんをサポートしたり。



ですが・・・

テクニックという方法を確立し、それを実地でアドバイスしてもなかなか出来るようにならない。

私などは、才能のある上級者ではなく凡人の中級者なのだから

そんなに難しいことじゃないはず。


「私と同じことが出来れば、必ず同じ様に走れる」

そう考えて懸命にアドバイスしても、思うような結果は得られませんでした。



それが変わる切っ掛けになったのは、自身の筋力トレーニングの開始です。


2016年の9月頃から始めて、今で約8ヵ月になりますが

最初の3ヵ月は、ボディビル系のトレーニングを研究して実践することに集中。

この過程で、多くのことを学びました。


その後、筋力トレーニング用マシンメーカー鍛錬の社長である

大岡さんの提唱する、リアル筋力トレーニングというものに出会いました。


ここでは、ボディビルという競技としての筋力トレーニングではなく

単に力持ちになるための、本当の意味での筋力トレーニングの方法を知りました。


これは、2008年頃にボディビルディングという雑誌に連載されていたもので

その内容をまとめたサイトが下記で公開されています。

http://www.real-kinnryoku.com/


また、その流れでコンディショニング(整体)の重要性に気付き

今に至ります。


株式会社鍛錬ホームページ

http://reaction-resistance.com/TANREN-HP/index.html



この3年8ヵ月の間に解ったのは、

オフロードバイクというのは、れっきとしたスポーツであり

テクニック以前に、最低限の身体能力が要るということです。


それは、絶対的な筋力や持久力等ではなく

テクニックを覚えるための身体能力で、

私の言葉では「自分の身体を、自由に使えること」となります。


これは、オフロードバイクに限らず

全てのスポーツに置ける本質なのです。



その全ては、下記にあります。

長いですが、良ければ読んでみて下さい。

(mixiのIDがあれば、誰でも読めます)

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=75019606&comm_id=6110627&page=1&from=first_page



最後に。


ここに来て、

やっと、オフロードバイクテクニックの本質に辿り着けたと思います。


また、リアル筋力の大岡さんと出会うことにより

自分の立ち位置というものを再確認しました。


ベストテクの渡辺さんもそうですが、

何かを成せる人というは、天賦の才を持った人です。


その点、自分は凡人ですが

凡人には凡人なりの役割があると思うのです。


自分が成すべきことは、

オフロードバイクテクニックの本質を解明する事と共に、

ベストテクとリアル筋力を研究し、世に広めること。

つまり、研究家であるということです。


それが、どこまで出来るかは解りませんが

これからも、精一杯の努力をしていきたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2019/03/25追記


昨日で52歳になりました。
いつもは他の場所に書くんですが、諸々の都合が良いのでこちらに。


このところは、筋トレ日記の更新が滞ってますが
実は、2月の半ばに腰を痛めまして(^_^;)

二週間ほどで、一度は復活したものの
治りきっていませんでした。


その後、確定申告やらパソコンのモニターが突然死するやら
これは本体も危ないと、パソコンを新調するやらで忙しく
更には、ヤフージオシティーズ閉鎖に伴うホームページの引っ越しや
ショッピングカートやヤフオク出品の改装等、仕事漬けの毎日でした(笑)

ということで、もう一か月以上は筋トレから離れてますが
そこは割り切って、腰を治し切ることに専念してたという感じです。


で、この腰痛なんですが
原因は一つじゃなくて複数だと思います。


まず、腰が強くなったこと。

え?なんで腰が強くなったのに腰痛になるの?と思われるかもしれませんが
何かが変われば、必ず他の所へ影響するもので。


今回の自分の場合は、左足首のケガの後遺症でした。

例えば、ベンチプレスやショルダープレスの時に左足首が痛むようになったんです。
これは多分、腰が強くなることによって足に力が入るようになったからだと思います。

つまり、これまでは腰が弱くて踏ん張ることが出来なかったのに
それができるようになってしまったので、最も弱い左足首が痛むようになった。
ということではないかと思います。


その辺は、なんとなく自分でも解っていて
腰を痛める前は、自分としてはかなりの高重量を扱えるようになってました。

その結果・・・
筋トレ後には普通に歩くことが出来ず、左足を引きずるようになってました。

そうなると、日常生活でも左右のバランスが崩れた状態になるので
腰の右側に、過度な負担が掛かってたんだと思います。


それと、もう一つ思い当たるのが
リアル筋力のコンディショニングを五か月ほど続けたこと。

これも、なんで体に良いとされる運動をして腰痛になるの?と思われるかもしれませんが(^_^;)

人によって影響の出方は違うもので。
自分の場合は、たぶん良い方向に変わったからじゃないかと。


そう感じるのは、立ってたり座ってたりするのが楽になったからです。

これは、一時的に復活した頃に気づいてたんですが
立ってる時に、前よりもつま先の角度が開いてるんです。

骨盤が締まる方向(お尻の穴がギュッと閉まる方向)へ、自然と力が入るようになったというか。


人の体っていうのは面白いもんで、
意識して矯正しようとしても、そうはならないんですよね。

例えば、今回の場合は結果的に「姿勢が良くなった」ってことなんですが
つま先を開いて骨盤を締めようとしても、意識してなければ直ぐに元に戻ります。

つまり、無意識にそうなるまで姿勢は良くならないってことです。


以上をまとめると・・・

単純に考えて、
体に良い運動を五か月ほどほぼ毎日続けて、良くない方向へ行くわけがないですし
変わる時には辛さや苦しさがつきものです。

例えば、今回のパソコンの新調とか。

ウインドウズ8.1から10になったんですが、
初期設定やデータの引っ越しは大変だし、プリンター等のデバイスの設定も一筋縄ではいかず。
全てが終わるのに二週間ほど掛かりました。

ですが、それも最初だけで慣れれば新しい物の方が使いやすくなります。


体だって同じ。
変わる時には、何かしら影響があるもの。

それが、例え良い方向であっても。

特に今回の場合は、「大きく変わった」わけですから
大変なのは当たり前だと思います(^_^;)

ということで。
もう、「そういえば腰痛だったんだよな~」なんて思えるほど回復したので
ジム通いを再開しようかと考えてます。



それと、いつものメリットとデメリットについて。

今回は、腰痛というデメリットで一か月ほど筋トレを休まざるを得なかったわけですが
自分にとっては、それ以上のメリットがありました。


まず、仕事に集中できたこと。

やらなきゃいけないことは山ほどあるんですが、
やっぱり遊びの方が楽しいので(^_^;)


次に、ひょんなことからライテクに繋がる考え方を確認できたこと。

ある知人が株の取り引きをやってて、その流れでちょっと調べてみたら
「秒速で1億円稼ぐ男」というキャッチフレーズで有名な、与沢翼に行き当たりました。

最近、この与沢翼がセミナーで話してたことなんかがユーチューブで聞けて
それにド嵌りしてます(笑)


まあ、与沢翼っていうと派手な生活なんかがマスコミに取り上げられて
世間一般的に、良い印象を持ってる人は少ないと思います。

自分もそうだったんですが、
話を聞いて、180度印象が変わりました。

ストイックだし、人の何十倍も努力してるし、話は上手いし。

例えるなら、
修行僧のような・・・、高僧なお坊さんの話を聞いているような・・・


話の内容は、資産運用=お金儲けについてなんですが
要は、成功法則です。

この成功法則っていうのは、何事においても同じです。
それが仕事であっても、たとえ遊びであっても。


その考え方が、一致したのでド嵌りしてるんですが
これまでに、自分が言ってきた事と同じなんですよね。
例えば、本質とか集中とか継続とか・・・

言ってることは同じなんですけど、
向こうは実績もあるし有名人だしで、それを借りた方が説得力があるかなと。


まあ、これもベストテクやリアル筋力と似たようなものですね。
渡辺さんも大岡さんも与沢翼も、天賦の才を持った人達ですけど
自分は凡人なので。

ということで、
ベストテク研究家・リアル筋力研究家に次いで、与沢翼研究家になりそうです(笑)



最後にライテクの話。
(本題は、これなんですが(^_^;))

もう半年以上、バイクに乗ってないですが
それには訳がありまして。


自分が、筋トレやコンディショニングに嵌ってたということもありますけど
根本は、つまらなくなっちゃったからです(^_^;)

と書くと語弊がありますが・・・

なんで、つまらなくなっちゃったかというと
初心者・初級者が何故に中級へ上がれないのか?=「上手く速くなる方法」
っていうのが解っちゃったからなんです。


もちろん、それは良いことなんですが
何事も解らないうちや、手にするまでが楽しいもので。

解ったり、手にしてしまうと
急に色褪せて、つまらなくなってしまうんですよね。

それは、ライテクでも同じでした。


去年の夏に、20年以上悩んできたことの答えが出ました。

大雑把に書くと・・・
瞬間的な加速
エンジン&リアブレーキメインの減速とバイクコントロール
ステップへの加重
前後左右の体重移動
コーナリングではなく進入という考え方
この5点です。


これまで、自分が考えてきたのは
マシンやフォームや体の使い方でしたが、答えはそこにありませんでした。

では、どこにあったのかというと
自分の中でした。

「人が何故にできないのか?」
ではなく、
「何故に、自分はできるようになったのか?」
と考えたのです。

振出しに戻った感じですが、決してこの20年は無駄じゃなかったと思います。
というより、その20年があったからこそ本質に気づけたということでしょうか。


これからの課題は、表現方法です。

やはり、ユーチューブ等の動画かな?と思いますが
あまり表に出るのは好きじゃないので、どうなるかはわかりません(^_^;)


何かしているか、何もしていないか。
それは、次にここへ書く時までに答えが出ていると思います。


おわり





冬眠からお目覚め?(笑)

セロー225&YZ250FX

CA3I4302.jpg






  1. 無料アクセス解析