FC2ブログ

2019さいたまアタックツーリング&猿ヶ島アドベンチャーツーリング

2019年も、あと一日となりました。
今年一年、一緒に走ってくれた皆さんありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします^^







セロー250(DG11J)カスタム アタック仕様 セロッカー

セロー250(DG11J)カスタム アタック仕様 セロッカー

セロー250のフレーム・外装・ホイールに、
トリッカーの下記パーツをスワップした、アタック仕様です。
(エンジン・電装・アンダー&アッパーブラケット・フォーク・スイングアーム・リアサス・フロントフェンダー・フロントディスクローター)

基本的にはノーマルで、軽量化をメインとしたアタックに必要なカスタムを施してあります。

CA3I6099b.jpg
CA3I6100b.jpg
CA3I6101b.jpg
CA3I6102b.jpg
CA3I6103b.jpg
CA3I6104b.jpg


ガスガスTXTタイプライトカウル
アルミハンドガード
レンサルバーパッド
ステルスMXタイプハンドルバー
ウインカー埋め込み
CA3I6105b.jpg

自作スタックベルト
アチェルビスネオプレーンゲーター
CA3I6106b.jpg

97’CR125R純正ニッシン11mmフロントブレーキマスターシリンダー
CA3I6107b.jpg

97’CR125R純正レバー&ホルダー
キジマユニバーサルハンドルスイッチ
CA3I6109b.jpg

アクセルホルダー反転
CA3I6111b.jpg

メインスイッチ移設
サイクルメーター
タカツトライアルミラー
自作ゴム製タンクキャップ
CA3I6110b.jpg

自作ブレーキセイバー
自作ワイドステップ
CA3I6112b.jpg

アンダーガード
DRCスキッドプレートフォーム
CA3I6126b.jpg

自作ワイドサイドスタンド
フロントスプロケットカバーカット
CA3I6122b.jpg

フロントスプロケット13丁
アルミリアスプロケット50丁
チェーン128リンク
XAMスプロケットキャリア
チェーンカバーカット
チェーンガイドカット
前後タイヤIRCツーリスト
CA3I6123b.jpg

マッドガード反転
自作ローダウンリンクプレート
(穴間84mm→90mm)
CA3I6128b.jpg

スーパートラップサイレンサー
CA3I6113b.jpg

デカール&ステッカー
シート張替え
CA3I6117b.jpg
CA3I6118b.jpg

リアフェンダーカット
テールランプ加工
ウインカー埋め込み
CA3I6114b.jpg





トリッカー(DG10J)カスタム アタック仕様 フルサイズトリッカー

トリッカー(DG10J)カスタム アタック仕様 フルサイズトリッカー

セロー225の前後ホイールとYZ125のシュラウドを取り付けた、アタック仕様です。
(セロッカー製作のために解体されました(^_^;))

CA3I5334b.jpg
CA3I5354b.jpg
CA3I5414b.jpg
CA3I5497b.jpg





セロー250を増車した理由(真の225の後継機)

最後に、225と250の違いです。

225は、二輪二足で山を走るために作られたバイクです。

125をベースにした、小さく軽い車体。
転倒時にも役立つ、前後のスタックバー。
そして、他車よりもギア比を低く設定されたスーパーロー。
前後タイヤをツーリストにするだけで、大概の場所は走破してしまいます。

そんな設計者の想いが籠った225が好きで、乗り続けてきました。

更に詰めていくと、こうなりますが(^_^;)

CA3I3006.jpg


そんな立場からすると、250は受け入れがたい物でした。

小回りが効かず、重いハンドリングで
そのままでは、山を走る気にはなれません。

ですが・・・
225は基本設計が古く、
故障は多いし、スムーズさにも欠けます。

そこでの乗り換えを考えると、
小回りが効き、軽いハンドリングのフルサイズトリッカーになるのは必然でしょう。

CA3I5789b.jpg


ただ・・・
ベースとなるトリッカーは、プレイバイクとして作られているので
タンクやシートは、座って走ることを考えられてはいません。

これは、トライアル的なスタンディングであれば好都合なことですが
ニーグリップを必要とするシッティングでは、デメリットとなります。

私は、元がモトクロス&エンデューロ系なので
それを強く感じて、今回のセロッカー製作に至りました。

CA3I6019b.jpg


話は最初に戻りますが、
225は、二輪二足で山を走るために作られたバイクです。

二輪二足とは、=シッティングです。

そのコンセプトを受け継ぐのならば、
ホイールベースが短く、立ったキャスター角を持つセロー250
=セロッカーが、真の225の後継機だと私は思います。





セロー250を増車した理由(素材ゲットと外観の変遷)

これはラッキーでした。

タンク&シートに加えて、前後のホイールも同時にゲットです。
(フルサイズトリッカーのホイールは、225の物でしたので(^_^;))

CA3I5723b.jpg


素材が揃えば、後は料理するだけ。
直ぐに、セローとトリッカーをバラして合体させました(笑)

CA3I5886b.jpg


この仕様で一回乗り、
デカールを剥がしてシートを張り替えた仕様で、もう一回乗り・・・

CA3I5914b.jpg


今は、こうなったわけです(笑)

CA3I6021b.jpg


次で最後です(^_^;)





セロー250を増車した理由(フルサイズトリッカーにシュラウドの後付け)

この時点では、まだセロッカーのことは頭にありませんでした。

トリッカーは、スタンディングで走りやすいバイクなので
シッティングメインの自分の走りが変わるかな~?ぐらいにしか考えていませんでした。

しかし・・・(笑)

実際に山を走ると、
これまで通り、ほとんどスタンディングはしません(^_^;)

そうすると気になるのが、トリッカーの細いタンク。
ニーグリップし難くて、特に下りやハイスピード時に困ります。

そこで考えたのは、シュラウドの後付け。

YZ125の廃品を加工して装着しました。
CA3I5789b.jpg


この仕様で、だいぶ良くはなったのですが
まだ幅が足りず、思い切り前乗りしないとニーグリップ出来ません。

そこで、
250のタンク&シートを流用することを検討して、パーツ探しをしましたが
バラで揃えると高くつくし、加工にも手間が掛かる・・・

そんな時に舞い込んできたのが、格安での過走行車購入話でした。





セロー250を増車した理由(セロッカー乗りへの道)

セロー250に初めて乗ったのは、初期型(05)が発売された頃なので
もう14年ほど前になります。

その時の印象は、大方の225乗りの方と同じく
「これはセローじゃない!」でした(^_^;)

大きくて重く、ただの林道ツーリングバイクに成り下がってしまった。
それが正直な感想でした。

その数年後、トリッカーにも乗りましたが
評価は正反対でした。

跨った瞬間に、
「これこれ!これが225の真の後継機だ!」
って思いました。

それは、走ってみても変わらず
よく曲がるし、全てがスムーズだしで
何で250がこうならなかったのか?と疑問でした。

巷では、
このトリッカーにセローの前後ホイールを履かせた、フルサイズトリッカーが流行りだしていましたが
自分は225が有ったので、特に気にしてはいませんでした。

それが変化し始めたのは、さいアタをスタートさせて直ぐの今年の6月ごろでした。

一緒に走った人の中に、250乗りの方がいて
その人とセローについてやり取りをしている内に、フルサイズトリッカーに興味が湧いてきたのです。
(半ば洗脳された様なものでしょうか(笑))

そんな時、
初期型04の長期放置車ながら、走行4900キロというトリッカーを見つけてしまい
セロッカー乗りへの道を歩き始めたのです(笑)

CA3I5063b.jpg





セロー250カスタム(セロッカー)&トリッカーカスタム(フルサイズトリッカー)

長らく、アタック用のバイクはセロー225でしたが
思うところあって、セロー250を増車しました。

といっても・・・
すんなりと、ここまで来たわけではなく
間にフルサイズトリッカーを挟んでの話です。

始まりは、今年の7月ごろ
初期型04の長期放置車ながら、走行4900キロのトリッカーをゲット。

最初は、こんな感じでフルノーマルでした。
CA3I5063b.jpg

キャブ掃除したり、各部を整備したり、保安部品を外したりして
相模川で初走行した時の写真です。
(ホイールは225からの借り物で、すでにフルサイズになってます(^_^;))
CA3I5174b.jpg

その後、何回かのアタックでの使用を経て
最終的には、この形になりました。
CA3I5789b.jpg
CA3I5788b.jpg

このフルサイズトリッカーは、乗りやすくて気に入っていたのですが
シッティングメインの私の乗り方だと、タンクが細くてニーグリップがし難く
その対策のために、YZ125のシュラウドを加工して付けました。

が、(笑)

それでも、足りなかったので
セロー250のタンクシート移植を考えるようになりました。

そんな時、
運良く、格安での過走行車購入話が・・・

そしてゲットしたのが、これです。
(こちらも05の初期型です)
CA3I5723b.jpg

すぐさま、バラバラに(笑)
CA3I5735b.jpg

続いて、トリッカーもバラし
セローのフレームと外装に、トリッカーのエンジン・電装・前後足を組んで
セロッカーが出来上がりました。
CA3I5885b.jpg
CA3I5886b.jpg

そして、現在の姿(笑)
CA3I6019b.jpg
CA3I6007b.jpg
CA3I6021b.jpg
CA3I6020b.jpg

正直なところ、
250は、225の後継とは成り得ないと考えていました。

それが、何故に増車となったのか?を次で書こうと思います。





ショウエイ Z-7 バリバリ伝説 グンヘルレプリカ

DSC_1403.jpg
DSC_1406.jpg
DSC_1408.jpg


ペイントさせて頂いた、ショウエイ Z-7ベースのグンヘルレプリカです。
(オーナー様、写真をありがとうございます)

思いの外、このカラーのCBRに似合ってます。
ガレージやマシンも素晴らしく、なんかショップの広告写真みたいです。
ご満足いただけたようで良かったです^^


参考ペイント料金35000円~(税別)
(セール時29999円~(税別))


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://42ghost.web.fc2.com/sub1.htm





12/14(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、さいたまアタックツーリングでした。

参加者は5名様で、サポート隊の2名を併せて7台でのツーリングとなりました。

午前中は、レベル4のヒルクライムを含めたコースをご案内。
午後は倒木処理に新規ルート開拓と、充実の一日でした^^

CA3I5966.jpg

参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^





ショウエイ Z-7 バリバリ伝説 グンヘルレプリカ

GUN01.jpg
GUN02.jpg
GUN03.jpg
GUN04.jpg
GUN05.jpg


ペイントさせて頂いた、ショウエイ Z-7ベースのグンヘルレプリカです。
(オーナー様、写真をありがとうございます)

凄いガレージとコレクションです(^_^;)
ここへ並べて頂けるとは、ペインター冥利に尽きますし誇らしいです。
ご満足いただけたようで良かったです^^


参考ペイント料金35000円~(税別)
(セール時29999円~(税別))


本家カスタムペイントの部屋はこちら
http://42ghost.web.fc2.com/sub1.htm





さいたまアタックツーリング 2019年12月14日(土)

CA3I5859.jpg


<内容>
経験者の方はもちろん、アタックが初めての方も歓迎します
(オフロード初心者の方はご遠慮ください(^_^;))

<初参加の方は、以下のリンクページをご一読ください>
「アタックツーリングと、さいアタの難易度について」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2929.html
「アタックツーリングの持ち物とバイクについて」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2886.html
「サポート隊&装備のご紹介」
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2877.html

<場所>
埼玉県北部のお山
(某メジャーな地域ではなく、誰も知らないマイナーなところです(笑))
(場所を知りたいだけ等の方は、ご遠慮願います(^_^;))

<参加費>
無料です
怪我と弁当は自分持ちです
(傷害保険等には加入していません)

<持ち物等>
オフロードバイク
(125cc~350cc程度で、保安部品とナンバー登録は必須です)
オフロード用の装備一式
キャメルバッグ
(持っていない人は水分2L以上)
身の回りの物
(携帯電話・免許証・お金・タオル・ティッシュ等)
上記を入れるデイパック・ウエストバッグ
(バイクに積むと落とします)
工具は車載工具+αで充分です
(タイラップ・金属パテ・テープ・針金等)
お昼ご飯
(昼に駐車場所へ戻らないこともあるので、おにぎりやパン等の携行できるもの)

<タイムスケジュール>
「午前の部」
現地近くのコンビニに8時半までに集合
集合場所から、ベースとなるトランポの駐車場所へ移動し
ミーティング・走行準備をして、10時までにスタートします
昼頃にベースへ戻り、30分ほど休憩
「午後の部」
状況によって変わりますが、概ね3時~4時頃まで走ります
(遅くとも5時頃には終わります)
※上記は、天候等によって変動します
集合場所等の詳細は、個別に連絡します
※午前中のみや、途中離脱もOKです

<定員>
最少催行人員は1名様です
状況によって変わりますが、
定員は5名様程度とさせていただきます
(サポート隊の2名を併せて7名程度)
※12/2追記
現在の参加希望は4名様です^^
※12/8追記
参加希望が5名様になりましたので、受け付けは終了させていただきますm(__)m

<参加資格>
下記の規約に同意いただければ、どなたでも参加可能です
(営利目的ではありませんので、礼節を欠く場合はご遠慮頂く場合もあります(^_^;))
走るのは、メジャーな場所ではありません。
地元の方が、大切に守ってきた場所です。
私達は、その意思を受け継ぎ
次世代の人達も、その場所を利用できるようにする責任があります。
よって、参加は以下を約束できる方のみとさせていただきます。
○場所の表現は、「埼玉県北部」までにしてください。
○写真・動画の撮影はOKですが、SNS等の公の場所への投稿は控えてください。
※情報量が多いので、特にヘルメットカメラはNGです。
○同場所を走るのは、さいアタのイベント時のみにしてください。
※量が増えれば質が落ちます。
場所を独占するものではありません、これも守るためです。

<参加方法>
メールでご連絡ください
ghost-garage@angel.ocn.ne.jp
複数人での参加も可能ですが、その場合は個別にご連絡ください
(誘われての参加の場合、主旨を理解されていないことが多いためです)
聞いてみたいことがあれば、
お気軽に、お問い合わせください

<備考>
便宜上、俱楽部としていますが、継続する必要はありません
一度のみの参加でもOKです
以上、ご参加をお待ちしています^^
さいたまアタックツーリング俱楽部主宰 ゴーストみやざわ





11/30(土)さいたまアタックツーリングのご報告

昨日は、フェイスブックさいアタグループメンバー限定のアタックツーリングでした。

参加者は4名様で、サポート隊の1名を併せて5台でのツーリングとなりました。

午前と午後で、新規ルートを3本開拓してきました。

CA3I5859.jpg


参加の皆さん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
また、一緒に走れるのを楽しみにしています^^






  1. 無料アクセス解析