FC2ブログ

簡単に作れて簡単に取れちゃう自作ステムベアリング外し特殊工具!

新カテゴリでーす。

ちょっと仕事疲れで壊れかけてまーす(^_^;)

(今週は走れそうもないし・・・(T_T))


書きたいことは色々あるんですが、なんせ時間が無くなってしまったもんで、サクっと書けることに流れます(笑

で。

新カテゴリの「メンテナンスの裏技?」


まあ、これから書く事は、バイク屋さんやメンテナンス好きの人には当たり前のことだったりするんで・・・

最後に「?」を付けました。


ですから、メンテナンスの裏技といっても、玄人さんには常識です。

読んで落胆しないようにして下さい(^_^;)



で。

タイトルの「簡単に作れて簡単に取れちゃう自作ステムベアリング外し特殊工具!」です。


いや、これね。

なかなか自信作で、後にとっておこうかなと思ってたんですが・・・

壊れかけてるんで、すぐにいっちゃいます。

(タイトルからして、壊れかけてますが)


オフロードバイクは泥や埃や水の中を走るのが当たり前なので、バイクの傷みが激しいです。

特に、走行後の汚れを落とすために高圧洗浄機を使ってしまうと、ステムやリアサスリンク周りのグリスが流れ出し、すぐにゴリゴリやキコキコになってしまいます。


私の考え方だと、リンクよりもステムの方が重要です。

リンクは、ベアリングが固着してもけっこうスムーズに動くもんです。

(キコキコ音がするまで気付かないで乗ってる人も多いんじゃないでしょうかね)

だから、ライディングに大きな影響はありません。


それに比べてステムは・・・


ステムベアリングがダメになってくると、まず動きが渋くなります。

これには殆どの人が気付きません。

(私も含めてね(^_^;))

これは少しずつ少しずつ症状が進行していくからです。


で。

これが更に酷くなると、ハンドルを切る時に、何かが引っ掛かるようなカクカクした動きになります。

ステムベアリングのレース(ボール側じゃなくて受け皿側)にボールの打痕が付いてしまい、そこからボールが出るショックがカクカクとした動きで表れるんですね。


こうなると、ライディングに多大な影響を及ぼします。


曲がる時には、まずバイクがバンクし、それに従ってセルフステアでハンドルが切れます。

ステムベアリングがダメになっていると、この自然な動きを阻害してしまうんですね。


そうなると、バイクをバンクさせてもハンドルが切れなくなるので、非常に曲がり難いものとなります。

また、常にハンドルへ力を加えていないと真っ直ぐ進むことも出来なくなるので、グリップをギュっと握った腕力を使う走りになってしまいます。


上記のように、ステムベアリングがライディングに及ぼす影響は大きなものなので、たまにはバイクをスタンドに乗せ、フロントホイールを浮かしてステムの動きをチェックしてみましょう。

バイクの重みが掛かっている時には気付かなかった、動きの渋さやカクカクとした動きが感じ取れると思います。


前書き終わり(笑


で。

本題でーす(笑

(もう書き疲れたからサクサクっと(^_^;)


「簡単に作れて簡単に取れちゃう自作ステムベアリング外し特殊工具!」とは

これです

CA360510.jpg


廃車にしたバイクのアクスルシャフトに、ボルトナットをビニールテープで付けただけ!

見た目は、すんごくしょぼいです!

わはははは


でもね。

これが使うとすごいんです。


このステムベアリング外し工具には、ちゃんとしたメーカー製の特殊工具がありますが、そんなもん持ってる人は見たことがありません。

(バイク屋でも、殆どの所は持ってません)


じゃ、どうするか?

長くて太いマイナスドライバーや、バールを改造したもので打ち抜く!


昔はコレでも良かったんですよ。

ボールベアリングの時代はね。


でも、今の主流はテーパーローラーベアリング。

(わかんない人は、自分で検索して調べてね)

レースが薄くて、ドライバーやバールが引っ掛かる出っ張りがない!


もう、いくら叩いても引っ掛かりから外れてしまい、いつまで経っても外れない(T_T)


そこで考えましたよ。

高い特工を買わずに済む方法を。


それは、今の方法のひとつ前。

ボルト・ナット・アクスルシャフトの組み合わせは同じ。


だけど、ビニールテープで固定していなかった・・・

この時は、下に落ちようとするボルト・ナットを騙しだましレースに固定して、下からアクスルシャフトを当てて叩く。

落ちては、少しナットを回して調節して・・・ということを繰り返し、早い時でも5分ぐらい、調子の悪いときには10分ぐらい掛かってました。


それが・・・

新型を使うと、どんなに遅くても数十秒で外せるようになりました^^

こんな風にね

CA360503.jpg


CA360504.jpg


CA360508.jpg


のほほほほ

(完全に壊れた(^_^;))



そういえば、上で書き忘れましたけど、小さいバイク(50や80)と大きいバイク(125とか250とか)じゃステムの太さが違うので、2種類作りました。

CA360510.jpg

上が、大きいバイク用で下が小さいバイク用。


前から見るとこんな感じ

CA360511.jpg


あ。

それと、普通の人なら言われなくても分かると思いますけど・・・


アクスルシャフトの工具を掛ける側をボルト・ナットに固定。

(単純に面積が広いんで)

ビニールテ-プは、縦を先に巻いて、それを止めるように横を巻く。

これを2~3回繰り返すと強度が出ます。

(1回巻きだと横にずれます)



さあ、これから仕事に戻りますよー

朝4時までがんばるぞー

(^_^;)


終わり
関連記事


コメント
こんばんわ!沖縄でZRX400に乗ってますてるてーるといいます(・∀・)

以前ステムベアリングの交換をする前にいろいろ調べてたらここにたどり着きました。

このベアリングレースを外す方法凄いですね(笑

素人の自分でもほんとに数十秒ほどで外せましたから(笑

自分の場合はいらないアクスルシャフトが無いのでホムセンで使えそうな長いボルトでやりました。

この方法ものすごい簡単かつ面白いのでよろしければ自分のブログでも紹介してもよろしいでしょうか??

2010/08/19(木) 01:41 | URL | てるてーる #IBg6opwU[ 編集]
こんばんは。

参考にしてもらえて良かったです。

他にも苦労している人は多いと思うんで、ぜひ紹介して下さい^^
2010/08/19(木) 01:55 | URL | 管理人 #fZQeSxjk[ 編集]
はじめまして、奈良の沼田と申します。
私もDIYでkdx125のフロント廻りを交換中で、インナーレースがはずせなくて困っております。
ネットをウロウロしていたところこちらへたどり着きました。
もしよろしければ、シャフトの先に付けるボルトナットのサイズを教えていただければ大変有り難いです。
よろしくお願いいたします。
2014/04/19(土) 13:02 | URL | 沼田隆俊 #XtDHfxHE[ 編集]
はじめまして。
バイクによってレースの径が違うので
自分のバイクのサイズを計って、ちょうど良いサイズのボルトナットを探すといいと思います。
2014/04/20(日) 23:16 | URL | 管理人 #wDtUC2Kw[ 編集]
はじめまして、この方法!天才的ですね! 
これなら原付から大型までできますね
専用合具よりつかえますね(簡単に外せました)
情報、心から感謝します

よろしければ?
私のブログでも紹介してもよろしいのですか?
2017/09/29(金) 15:36 | URL | まる☆ #SFo5/nok[ 編集]
どうぞー
2017/09/29(金) 16:52 | URL | 管理人 #wDtUC2Kw[ 編集]
ありがとうございます
心から感謝します
2017/09/29(金) 17:32 | URL | まる☆ #SFo5/nok[ 編集]
ありがとう。
2018/03/02(金) 21:43 | URL | 名前書き忘れてます #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://ghost42.blog21.fc2.com/tb.php/1091-6806a6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  1. 無料アクセス解析