09/10/04ライテクメモその2

ここからは、Mコースを走っている動画を紹介

そして、検証してみる。


まずは、スタート直後の第一コーナーから第二コーナー。



ここは、ウエットになるとチュルチュルになる区間だが

この日のコンディションは良かった。



いきなりダメ出し(^_^;)

まあ、フォームは悪くないんだけど
本当はもっとイン側、草むら上のラインを走るべき。
(なんとなく、この周はアウトへ行ってしまった)
091004_1632~0001-0007


だから、余計な修正をするはめになる。
091004_1632~0001-0010



この、低く構えたスタンディングはかっこいいかも(^_^;)
091004_1632~0001-0004



でも、その直後がいけない。


上体がギャップの衝撃に耐えられず、潰れる。
091004_1632~0001-0002


そのままコーナリング
091004_1632~0001-0003


これは最終ラップに近くて体力が落ちていたこともあるが・・・

フロント荷重を抜けていないので、もうちょっと路面状態が悪ければ前輪をすくわれて転んでいただろう。


なんとなく、上体が立って肘が下がった昔のフォームに似てる。

かっこわる~(^_^;)



これは、肘がグッと上がってかっこいいかも。
ほほほ。
091004_1632~0001-0005


ここまではいいんだけど・・・
091004_1632~0001-0011


う~ん、胴体がよじれてるな~
091004_1632~0001-0012


上半身は、バンク角やハンドル切れ角に合わせて動いてるわけだから

それに伴って下半身も動かしてやらないとこうなる。

早い話が、シートにどっかり座っちゃってるっていうことだ。


さいなら~
091004_1632~0001-0013



<まとめ>

久しぶりに自分の走ってる姿を見たけど、確実にフォームは変わってる。


前にどこかで「フォームは一生変わらない」なんて書いてあるのを読んだことがあるけど

それは間違い。

意識して体に覚えこませれば変わる。


自分にとって、この変化に重要だったのは

体力/筋力のアップ。


それらは、

引いた顎

真っ直ぐな手首

上がった肘

力の感じられる肩

ぶれない胴体

車体をホールドする膝

90度に保たれた足首

といった、フォームに表れる。



その3に続く。





関連記事



  1. 無料アクセス解析