09/10/04ライテクメモその10

ここは、首吊りの森を抜けて、土手を上がった所。

本当は、撮影開始地点の右斜め後ろのヤブから出てきて、ほぼ直角に左へ曲がってからストレート。

(この動画では、その部分が切れてしまっている)

よーく音声を聞くと、「あっ!」という声が入っているのが笑える。





また、ここは、その7で書いたロングストレートと同じ道で、その反対側。

位置的には、首吊りの森を正面に見て、左右反対方向に走っていることになる。


最後に右ターンしていくところ辺りから、ジャジャジャっという音が聞こえるが

その辺りから数十メートルが、大き目の玉砂利が敷き詰められた区間。

なので、ここを「玉砂利の前のストレート」と命名(笑





エンジン音からすると、ほぼ直角に左へ曲がってから少し走っているみたい。
091004_1558~0001-0001

全開だけど、遅い(笑
091004_1558~0001-0003

この辺で、もうアクセル戻してるな~
091004_1558~0001-0004

ここで煽って。
091004_1558~0001-0006

また、開け足してる。
091004_1558~0001-0007

ということは・・・
091004_1558~0001-0008

ブレーキングしてないっていうことか。
091004_1558~0001-0009




<まとめ>

上で書いたように、ここではブレーキングしてないみたい(^_^;)

そういえば、今の走り方だと、エンジンブレーキメインでフロントを補助に使ってる。

(リアはシッティングでたまに使うぐらい)


これを分析すると・・・

コーナーのかなり手前でエンジンブレーキを掛けて減速。

そこから再度アクセルを開け足して、コーナリングスピードを調整。

ということになる。


う~ん。

本当は、もっと奥までアクセルを開けて、ちゃんとブレーキングで速度調整しなきゃいけないと思うんだけど・・・


今の自分のレベルじゃあ、これで正解なんだろうな~

一足飛びには行けないからな~

これもカバーテクなんだろうな~


次回は、もうちょっと頑張って、アクセルを戻すのを遅くしてみよう(^_^;)





その11に続く。




関連記事



  1. 無料アクセス解析