09/10/04ライテクメモその11

動画は、これで最後。

(はぁ~、長かった(^_^;))

その10の玉砂利区間を抜けた後のフープス。

といっても、ここも玉砂利混じりの路面だから「玉砂利フープス」と命名(笑





まだ、この先も残り三分の一ほどのコースがある。

それは、またそのうち専属カメラマンさんに撮ってもらいましょう^^





写真じゃよくわからないけど、進行方向左側のラインは深いフープス。
091004_1622~0001-0001

だから、遠回りでも右のラインヘ。
091004_1622~0001-0003

この辺からスピードが乗ってくる。
091004_1622~0001-0004

もっと上体が前だろ。
091004_1622~0001-0012

微妙だな、これ。
091004_1622~0001-0006

そうそう、これこれ!
091004_1622~0001-0007

そのまま、フロント浮かせて。
091004_1622~0001-0008

あれ?
091004_1622~0001-0009

やっぱり、アクセル戻すのが早いな~
091004_1622~0001-0011




<まとめ>

ここの特筆はこれ。

091004_1622~0001-0007


足腰が弱かった時には、このフォームが作れなかった。

スピードが遅ければ出来たけど、ギャップの衝撃で負荷が掛かると耐えられない。

だから、座るか立つかの2択だった。


この3択めは、低く構えたスタンディング。

「座っているように見えて立っている」っていうやつだ。

それが出来るようになったから、腕も伸ばせるようになった。


このフォームをいつでも作れるようになれば、もっとスピードが上がる。


自分に足りないもの。

それを模索し、地道な練習を繰り返してきたことの結果である。




その12(総まとめ編)へ続く。




関連記事



  1. 無料アクセス解析