イメージトレーニング

最近は、参考になるDVDが手に入ったので、毎日のようにそれを見ている。

で。

なんとなく、その時のイメージトレーニング方法を書いてみる。



まずは、どんな種類の動画か?


レース物よりスクール物。

一つひとつのカットが大きくて見やすいし、ポイントを抑えているので飛ばす部分が少ない。


言語はどうでもいい。

日本語でなくても、英語でもイタリア語でもいい。

と言うか、解説なんて参考にならないから理解できない方がいい(笑

(いま見ているのもイタリア語)


ジャンルは、エンデューロ系がお勧め。

モトクロスやトライアルは、競技性が強すぎてあまり参考にならない。

一般のオフロードに最も近いエンデューロ系がいい。



最初は一通り流して見る。

で。

2回目からが本番。


コマ送り機能の付いてる再生ソフトならそれで。

付いていなければ、一時停止と再生を繰り返す。

動画を連続写真として見るのである。



見るべき部分はフォーム/ポジション/バイクの動き。

走り方なんかどうでもいい。


頭の角度

頭の向き

肘の高さ

手首の角度

腕の動き

背中/腰の角度

胴体の振れ

胴体の向き

足の動き

膝の位置

足首の角度

足首の位置

シッティングポジション

スタンディングポジション

バンク角

ハンドル切れ角

etc・・・


それも、全てを見ない。

頭の角度ならそれだけ。

ワンカット通して、そこだけを集中して見る。


だから、ワンカットで数十回見ることは当たり前。

長い時には、それを数時間続けていたりもする。



そんな事を繰り返していると、今まで見えなかった物が見えてくる。


初・中級者とのフォームの違い

上級者に共通するフォーム

自分のフォームとの違い

etc・・・

全て、このテクニックメモに書いている事である。



こんなことは難しいことじゃない。

DVD再生機器と数千円のお金があれば、誰でも出来る。


要は、それをやるかやらないかっていうことだけだ。


怪我や雨で走れない時にこそ、それをするべきだと思う。

努力なしに結果は得られないんだから。







関連記事



  1. 無料アクセス解析