話と言葉の違い。


先日、あるトライアル系の人から

「踵が下がると、膝が動かなくなる」

という言葉を聞いた。


理屈はなんとなくわかるが

聞いた時には、正直???だった。



それが・・・

上半身/下半身の動きを分けて考えるのではなく、

「それぞれが、胴体を基準にして同じ役割をしているもの」

そう考えたら理解できた。

(足首を手首に置き換えてみるということ)



「手首が下がると、肘が動かなくなる」と同義だ。

謎が解けた!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんな感じで、話にはポイントがある。

他にも色んな話は聞いているが、何故かこの言葉だけが強く印象に残った。


人によってレベルが違うから、気付くポイントは違う。

だが・・・

これだけは共通する。



「人の話の中から、今の自分に必要な言葉を見出せるかどうか」



人の話し全てを覚えきれるわけがない。

たった一つでいい

話のポイントを掴むこと。




話を聞くのではなく、言葉を探す。

それが、タイトルの「話と言葉の違い」である。




関連記事



  1. 無料アクセス解析