10/01/24 Mコース動画解説(最後のチュルチュル轍区間)

最後のチュルチュル轍区間の最も奥

曲率の大きい右ヘアピン。

雨が降ると、最大の難所となる。


<ポイント>

ここには、轍が2本ある

コースなりに走れば外側の轍だが・・・

単純に内側を走った方が距離が短い

また、ここも重要なパッシングポイント

ちなみに、この2本の轍からアウトに抜けるのはドライライン

ウエット時は、

轍の外側(轍に入らない)から進入し

轍が切れた所で鋭角にターン

イン側のフラットでグリップの良い草の上を走る



Nさん@セロー225




Mさん@YZ125




ghost@WR250F





関連記事



  1. 無料アクセス解析