FC2ブログ

なぜ曲がれないか?

なんとなく、思ったんで書いてみる。


突っ込みの遅い原因は、バイクを寝かせられないこと。

=曲がれないっていうことだ。


思えば、自分もそうだった。

バイクを寝かせられない/曲がれないから、突っ込みのスピードも遅かった。



この曲がれない原因はなんだったんだろうか?


前は、コーナリングフォームを作ろうとしてた。

それが、フォーム改善の過程で

ストレートのフォームを崩さずにコーナリングする

という考え方に変わった。


いわゆる「何もしない」だ。

だが、それでは抽象的すぎる。



ストレートでは、前後の負荷(縦G)しか掛からないが

コーナリングでは、それにプラスして

左右の負荷(横G)が掛かる。


ここが重要。


フォームの改善が可能になったのは

体力=筋力のアップ。


左右の負荷(横G)で

フォームが崩れないようになった。


これが、「フォームの固定」


今でも、

ギャップやスピードにより

横Gにプラスして縦Gが掛かる場所では

筋力が足りなくて、気合で補う。



この、フォームの固定ができるようになったから

バイクを寝かせられるようになった

曲がれるようになった

突っ込みのスピードが速くなった

のである。




ここまでは、標準よりも体力が低かった自分の場合。


では、

標準もしくは、それ以上の体力があるのに

曲がれない人の場合はどうなんだろう?


自分に足りなかったのは体力。

自分が持っていたのは、フォームの固定という概念。


体力があるのに曲がれない人に足りないのは・・・

「フォームの固定という概念」ということになる。



この、フォームの固定にも種類がある。


力=筋力で固定しようとするのか

体の使い方=筋肉の使い方で固定しようとするのか


自分の場合は後者

体力が標準よりも劣るが故に

筋肉の使い方を覚えた。


例えば、

腕の力だけでなく、肩/背中の筋肉も使う

前面の筋肉だけでなく、後面の筋肉も使う

と、いったこと。



この考え方の根底にあるのは

見た目に表れる

フォームの形。


上級者のフォームには、一貫性がある。

それは必然性から生まれる物であり

フェイクではない。


自分のフォームが、上級者と違うのならば

そこには、必ず

自分が上手く速く走れない原因がある。



そこに、

目を向けられるか向けられないか

気付くのか気付かないのか

理解できるのか理解できないのか



問題は、

それだけだ。



関連記事



  1. 無料アクセス解析