10/06/10相模川ライテクメモ

今日の超ロングMコース1時間耐久は

セローでオールスタンディングというハンデ付き。


これをやろうと思ったのは、前日まで降っていた雨のため

「コースが、ウエットでチュルチュルになっているだろう」

と、予想していたから。


でも、

その読みは見事に外れた。


コースは、ほぼドライ。

先週よりも乾いてる(^_^;)



が、

そのまま強行。


それが、

大変な苦労になるとも知らずに・・・(笑



自分、Mさん@YZ125の順にスタート。


う。

Mさん、けっこう速い・・・


迂回区間を抜けたあたりで、早くも後悔する。

「ペースが速くて、体力がもたん(^_^;)」

(それに、今日はもう2時間ばかりスタンディングで走ってるし・・・)



特に、コーナーで足腰に負担が掛かる。

スローペースなら、膝と腰を伸ばしていてもクリアできるが

スピードが速いとそうもいかない。


シートにお尻が着くぐらいまでポジションを低くし

立ち上がりで、また伸ばす。


それも、ギャップというオマケ付き。

不安定な台の上でスクワットしてるみたいだ。



それでも、

なんとか1周を終える。


タイムは8:11

え?

先週のファンティックのタイムと変わらん(^_^;)


路面コンディションが先週よりいい分

ハイスピードになってる。



が、

頑張りもここまで。


2周目に入ってすぐの、砂利道脇ストレートで抜かれる。

(いつも、ここで抜かれるな~)



で、

予定変更。

シッティングに戻して追いかける(^_^;)


そしたら、

いつものように、幻のヤブ区間入り口でコケてる(笑


これまた、

いつものように、奇声を上げ、バイクを踏んづけて通過(笑



そしたら、バチがあたった。


追いついてきたMさんをブロックしながら走ってたら

なんでもないところでズルごけ。

直ぐにバイクを起こして追いかけるも・・・


超ロング区間も終わりかけの高速S字で、それは起こった。


ここのS字は、コーナーの頂点が腰ぐらいの高さの草むら。

そこをショートカットすると・・・

ほぼストレートとして走れる。


ただ・・・

最初の右コーナーカット部分は、ちょっとした起伏があり

油断してるとハンドルを取られる。



で、

こんななった(^_^;)

CA360949(2).jpg


右コーナーカット部分で

ハイサイド気味に左へ飛ばされた。


気だけ先へいって、体が付いていかなかった。

これだけ飛ばされたのは久しぶり。

久々だから、写真を撮ってみた(笑



その後は、もうボロボロ。

とりあえずスタート位置まで戻るも、走り出す気が起きない。


1分、2分、3分、4分・・・

休んでいたら、少しずつ体力/気力ともに回復してきた。



ここで、また予定変更。

Mさんが戻ってくるのを待ち、先行で出る。


半周ほど引っ張って走るも・・・

どこかでMさんはコケていたらしい(^_^;)



そして、最終ラップ。

また、Mさんが戻ってくるのを待ち

今度は後追いで出る。



今日の練習は、ここからが本番になった。

お互いに、体力を使い果たしているから

気力の勝負。


シングルトラックでつつき回し

広い所でブチ抜く。


1周の間に、そんなことを数回繰り返して

1時間が終了。


車に戻ったら、

二人とも立っていられなかった(^_^;)




<まとめ>


自分の限界を超えること。

それは、一人では難しい。



そんな時、

パートナーがいてくれると、モチベーションを保てる。


多少のレベル差があっても

それは、練習方法でカバーすればいいこと。



パートナーに、最も大切なのは

気持ちの強さ。


それがなければ、

辛さや苦しみを共有することはできない。


関連記事



  1. 無料アクセス解析