10/07/24耐久モトクロス/ライテクメモ

走り出す前に、抜きどころが少ないって聞いてた。

確かに、昔の自分だったらそう思ったかもしれない。


でも、今は違う。

抜けない所の方が少ないじゃん(^_^;)



もう、他の人とは走ってる所が違う。

意識しなくても、コースなりに走ってない。


アウトいっぱいから、ペタって寝かして

インの杭をかすめて立ち上がる。

スピード差さえあれば、シケインみたいなとこでだって抜ける。


もっとコースは広いのに、なんでみんな同じラインばかり走ってるの?

それじゃあ、いつまで経っても抜けないよ!

っていう感じ。



砂利が浮いてるような路面だって、散水直後のツルツル路面だって

タイヤに荷重をかけてやれば、滑る気がしない。


もし、荷重のかけ方をミスって滑ったとしても

それをコントロールできる。


フロントタイヤのトラクションを手のひらで感じる。

リアタイヤのトラクションをお尻で感じる。

それが出来ている内は転ばない。




いつの間にか、そんなことが出来るようになっていたんだ。

昔は何も考えてなくて、ただアクセルを開けるだけだったのに。


そのころ自分を抜いていった人達が、どんな感覚で走っていたのか?

っていうことが、やっと解るようになった。



あの頃の自分に教えてあげたいと思うが、

教えたって出来ないんだろうな。

心も体も足りないから。


技だけじゃなくて、心や体の鍛錬を積み重ねて来たから

スーッと、技を吸収できるようになったんだ。




無駄だった事なんて無い。

全ては必然。


「中級の上」への道が見えた。


関連記事



  1. 無料アクセス解析