10/08/08 8時間パワーエンデューロ ライテクメモ

今回のコースの中で最も楽しく走れたのは

廊下からすり鉢。


廊下は少しウエットだったけど、スタックするほどじゃなかった。

すり鉢は、直登ラインだけ整地してあって

スピードを乗せていくと、登頂間際の二段になった木の根でジャンプできた。


逆に、最も楽しくなかったのは

沢へ降りていく、1本ラインの下り。


スピードなんて、歩くぐらいしか出せないけど

体に掛かる負荷は大きい。


同じように、

どの状況でも、上りより下りの負担の方が多かった。



これは、

平らな所を走っている時の、減速と加速にも例えられる。


減速=下り

加速=上り


強制的に、体へ負担が掛かる下りとは違い

減速の場合は、ある程度スピードが出せないと体に負担は掛からない。



ここが、

自分の弱いところであり、練習するのが難しいところ。


普段の河川敷では、下りを重点的に。

出来るだけ、お山へ行って練習することが必要。


関連記事



  1. 無料アクセス解析