10/08/17ウチから10分のお山 ライテクメモ

場所は、いつものここ。

CA360132.jpg

(写真はRMXで行った時のもの)


この坂を上り切ると、けっこう広い空き地があって

そこで、8の字やオーバルの練習ができる。



最初は普通に練習してたけど

なんとなく、いつもと違う練習方法を思いついた。


それは、

ステップワークと、シートワーク(この言葉は、いま考えた(^_^;))



スタンディングでのバンクの切っ掛けは、ステップ加重。

これを体に覚え込ませるために、バイクの上で歩く(笑

(エスカレーターの上で歩いてるみたいな感覚)

なんだかアホくさいけど、これが効く。



ただステップの上で足踏みしてるだけなんだけど

何故だか、何もしていない時よりも上手く走れる。


特に、坂の上り下り。

コーナーやギャップ等の、普通なら不安定になる所でも

余裕を持ってバイクをコントロールできる。


これは、バイクの上で足踏みすることによって効果的にステップへ加重を掛けられ

尚且つ、意識しなくても前後左右のGに体が反応するからだと思う。

(いつも動いているから、無意識の内にバランスを取っている)



これを、シッティングで応用したのが

シートワーク。


真っ直ぐ走っている時でも、

シートの角に座り、バイクをバンクさせる。

それを左右で繰り返す。


シッティングでバイクをバンクさせる時の動きを

強制的に体へ覚え込ませる練習。



ポイントは、

肘の曲げ伸ばしと、骨盤の横への動き。


帰りの舗装路では、シートの角に座り直さなくても

この2点の動きだけで交差点を曲がることができた。




最後に、両方に共通するポイント。


頭と胴体を固定して、四肢のみを動かす感覚。


スタンディングでは股の間で、シッティングではお尻の下で

バイクを遊ばせるようにする。


ハンドルと体を正対させるのではなく

常に、フレームと正対させる。


スタンディングではステップに荷重。

シッティングではシートに荷重。

「ハンドルに荷重は載せない」


関連記事



  1. 無料アクセス解析