ファンティック私情記録&乗りやすいバイクってなに?楽しい!編

アンダーガードが付いた。

これで、安心してお山に行ける^^

(Pさん、ありがとうございますm(_ _)m)

CA361114.jpg



で。

いま乗ってる200

CA361115.jpg


なんだか、最近はこれに乗るのが妙に楽しい。

(また、失礼な事を書いているような気がするが(^_^;))



125よりもパワーがあるのは当たり前だけど

その訳は、もっと違うところにある。


前にもちょこっと書いたけど

立ったキャスター角によるハンドルの振られを感じなくなった。



もちろん、

安定志向の国産車よりも、難しいのは変わらないが

乗れるようになってしまうと、良い点ばかりを感じる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは、トレールとレーサーの関係にも似ている。

トレールは、サスが柔らかくてエンジン特性がマイルド

レーサーは、サスが硬くてエンジン特性がシビア


初心/初級の内は、限界性能が低いトレールの方が良いが

中級/上級とレベルが上がるにつれて、限界性能の高いレーサーの方が乗りやすくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



その、要因は

筋力のアップと、ポジション/ライテクの変化。


筋力のアップについては、元から体力が低かったため

やっと並のレベルまで来たところ。


だから、体力のある人には参考にならないが

今の自分よりも体力が低い場合には、まず筋力のアップが必要ということになる。



次に、ポジションの変化。


ファンティックに乗り始めたころは

その重心位置から、前へ乗るようにしていた。


だが、それでは上手く乗れず

キャスター角によるハンドルの振られを打ち消すため、後ろ乗りに。


思えば、これが間違いだった。


それに気付いたのは、125へ最後に乗った時。

なんとなく、思い切り前に乗ってみたら

ハンドルの振られを感じずに走れた。


最初の頃、自分では前に乗っているつもりだったが

それが足りなかったようだ。



その原因は、

全てがマイルドな、自分のWR250Fやセロー225に体が慣れてしまっていたから。

(注:ウチのWRは普通とは別物)


WRやセローでは、後ろに乗っていてもハンドルが振られるようなことはないし

セローに到っては、その重心位置から後ろ乗りの方が上手く走れる。



更に、ライテクの変化による影響も大きい。


その内容はライテクメモに書いているから割愛するが、

自分のライディングレベルが、マイルドで乗りやすいバイクよりも

ハードで限界性能の高いバイクを求めるようになってきたからだと思う。





自分のレベルアップと共に

ファンティックとの付き合いは、まだまだ続く。


このバイクと出会えて良かった。

心から、そう思う。

関連記事



  1. 無料アクセス解析