FC2ブログ

'10 tm250ED試乗 その3

007.jpg


聞けば、このサスはファクトリーモトクロッサー並みの性能を持っているらしい。

そう言われれば、モトクロッサーとの違いも頷ける。


モトクロッサーはレース用に作られたバイクだが、

所詮は大量生産品。

TMのようにコストは掛けられない。


他メーカーでも、同じようなバイクは作れるだろうが、

倍の金額もするバイクじゃ売れない。



どこがどういう風に変わっていて、

一般のサスとの違いを作り出しているのかは、わからない。


でも、

その違いは、確かに体感できた。




話は戻って。


最初の内は、エンストが多かった。

例えば、緩い坂の上り。


WRなら2速でトコトコっといけてしまう所でも

TMではエンジンが粘らなくてエンストした。



それが、劇的に変わったのは

マッピングコントロールを切り替えてから。

(手元のスイッチで、2種類のパワーモードが選択できる)


ハンドルに付く、クラッチ側の赤いスイッチ

010.jpg



最初はマディー走行用のマップ2で走っていたが

エンストの嵐。


それを、通常走行用のマップ1にしたら

嘘のようにエンストしなくなった。



本来は逆のような気がするが、

もう一度、切り替えて走ってみても結果は同じだった。


それに加えて、マディー走行用のマップ2では、

アクセルに一瞬遅れてエンジン回転がついてくるので、コントロールし難かった。



最後に、グルグル林間コースへ行ってみる。


ちゃんとした装備はしていないが、

フィーリングを掴むぐらいなら問題はない。



その4につづく
関連記事



  1. 無料アクセス解析