10/11/28相模川ライテクメモ

今日は体調不良のため、無理せず基礎練に集中。

(こういう時に無理して頑張ると、ぶっ飛んで怪我をする(^_^;))


猿ヶ島からはちょっと外れるけど、

石が比較的少なくて、フラットな広場がある。


そこで、徹底的にターンの練習。



アイドリングを高めにして、アクセルもクラッチも使わない。

(この状態だと、左手どころか、右手も離せる)


これは、

フォーム/ポジション/体の動かし方といった、体の使い方に集中するため。

やることを減らせば、それだけ集中力も上がるということ。



まずは、シッティングでクランク状にターンを繰り返す。

そして、同じようにスタンディングで。


最後に、この練習の肝。

「定常円旋回」

簡単に書けば、

円を描いて、クルクル回り続ける。


クランクでも8の字でも、必ずバイクが起きる時間がある。

その時に、どうしても集中力が途切れるから

その時間を無くしてやる。


これも、

やることを減らせば、それだけ集中力も上がるということである。



だが、

これも、他の練習と同じく

考えながらやらないと、得られる物は少ない。


車体に対する、体の向き/頭の向き

肘の上がり方/曲げ伸ばし方

ハンドルの握り位置/指への力の入れ方

ポジションの前後左右位置

ステップへ載せる、足の裏の位置/向き

骨盤を縦横へ寝かせる動き

肩甲骨を上げ下げする動き

ハンドルを押して切る動き

そして、バンク角。

それら全てを、クルクル回りながら試す。



この時の、良否判断方法は

片手を離してみること。


全てが良い状態の時には、

右手を離そうが左手を離そうが

何事もなくクルクル回っていられる。

目が回って、倒れるまで(笑



これを、スタンディングでもやる。


前は、これが出来なかった。

が、

いつの間にか出来るようになっていた(^_^;)


片手スタンディングで、定常円旋回。

試しにやってみて欲しい。


難しいから(笑




<追記>


一緒に練習した人が言ってた。

「これは、意識改革が必要ですね」って。


自分は当たり前の事としてやってるから気付かなかったけど

それが当たり前じゃない人にとっては、改革なんだ・・・

なんて思った。

関連記事



  1. 無料アクセス解析