10/12/12相模川ライテクメモ

今日は、軽いウオーミングアップの後

グルグル林間コースで、Mさん@YZ125/Mさん@WR250Fと走った。

そこでの出来事。



しばらく三台で走ってから、Mさん@YZ125の後ろに付いてみる。

(Mさんと走るのは四ヶ月ぶり)


あれ?

なんかおかしい。

けっこうなスピードで走ってるはずなんだけど

差が縮まらない。

というか、ちょっとミスしただけで離される・・・


ええ~・・・

なんだか混乱して、更に走りが乱れる。



そこで、それを確かめるべく

前に出てみる。


調子があまり良くなくて、ベストの9割ぐらいの走りだけど

それでも離れず付いてくる。


う~ん

これは本当みたい(^_^;)



このグルグル林間は、タイトターンの続く中低速コース。

アクセルを開けられるストレートなんて、

ほんの十数メートルほどしかない。


ここでは、軽く運動性能の高いYZ125が有利

それに、Mさんは中低速コースが得意。


対して、重く運動性能の低いWR250Fは不利

それに、自分は中高速コースが得意。


でも、

それらを差っぴいても

ここまでは速くなかったはず・・・



う~ん

これは、素直に上手く速くなったと言わざるを得ない(^_^;)




Mさんと初めて会ったのは06年の10月初めだから、

かれこれ4年と2ヶ月の付き合い。


最初は、

何を勘違いしたか、フルノーマルのXR250モタードだった(笑

秘蔵の写真

CA280509_20101213002241.jpg


そこから、

17インチのままで、オフロードタイヤ

前21インチ後18インチホイールに換装

YZ125に乗り換え

で、現在に至る。


そして、

これまた秘蔵の動画!

(ご本人の掲載許可済み)




人形がバイクに乗ってるみたいだから

ムラタセイサク君て呼ばれてた(笑



まあ、これがねえ

よく、今のレベルまで来たもんです。


この頃、よく言ってましたよね。

人よりスタートラインが低くても

人より歩みが遅くても

必ず上手く速くなれるって。

4年2ヶ月の間、諦めずによく頑張りました。


四ヶ月前に走った時は、

まだまだ初級の上かな~なんて思ってましたけど

もう、中級に上がったと言っていいんじゃないですかね。



これからも手厳しいことを言うかもしれませんけど

それは、Mさんのことを思うが故です。

(どうでもいい人には、何も言いません)


まだまだ先はあります。

これからも、お互い精進しましょう^^

関連記事



  1. 無料アクセス解析