10/12/18・19相模川2daysライテクメモ6<時間>

<時間>


最近、なんとなくだけど

残された時間が気になるようになってきた。



自分は、元から体力(筋力)が低いから

体のどの部分を使って走っているのかが、よくわかる。

(その時々に応じて筋肉が増え、体が大きくなる)


これは、すでに出来上がってしまっている人や

元から体力のある人には、無い利点。

研究材料としては、最高である。



だが・・・

それがどこまで続けられるのか?

ということが、残された時間が気になるようになってきた理由。


特に腰周り。

徐々に強くなってきてはいるが

それでも普通の人と比べたら弱い。


急激な、フォームや練習方法の変化に耐えられず

何日も、重さを引きずることもある。



「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」


焦っても、すぐに腰は強くならないし

過ぎれば、再起不能なダメージを負う可能性もある。


しばらくは、体と相談しながらの練習になりそうだ。



<追記>


いま思えば、上半身(特に肩周り)を固める乗り方だったのは

弱い腰を守るためには、必然の形だったのかもしれない。


心・技・体は、共に進む。

それを、改めて実感する。



7に続く

ような気がする

(笑
関連記事



  1. 無料アクセス解析