コーナリングの考察

<リーンイン・リーンウイズ・リーンアウト>


リーンイン・リーンウイズ・リーンアウトというのは

車体の中心に対して、体重心が内/外のどちら側にあるか?

ということであり

「左右の体重心位置=左右バランス」

を表す物である。


「フォーム=体の形」

を表す物ではない。


フォームという言葉で説明すると、体の形にとらわれてしまい

左右バランスまで考えが及ばない。



<左右バランスは、速度による遠心力と路面状況で変化する>


「代表例」


トライアル

速度/低

遠心力/低

フラットターン

リーンアウト


モトクロス

速度/中~高

遠心力/中~高

バンクターン

リーンイン・リーンウイズ


エンデューロ

速度/低~高

遠心力/低~高

フラットターン・バンクターン・わだちターン

リーンイン・リーンウイズ・リーンアウト



上記は、あくまで代表例であり

トライアルでリーンインになることもあるし

モトクロスでリーンアウトになることもある。



<問題点>


現在のコーナリング方法解説者は

トライアル・モトクロス出身の上級者に限られるが

そこが問題点。


その人達は、

自身の経験したジャンルの枠から出られないので

考え方に偏りが出てしまうのである。


それを解決するには、

全てを公平に考察できる解説者が必要である。

関連記事



  1. 無料アクセス解析