11/01/08相模川ライテクメモ

今日は、猿ヶ島ご案内クロカンだったから

テクニック的には特記事項なし。

でも、出来るだけスタンディングで走ってみた。

(WRだとスタンディングし難くて、すぐシッティングになってしまっていた)


そしたら、けっこう走れるようになってる。


ここで、このぐらいのターンをすると

体が耐えられない!って、気持ちは構えるんだけど・・・

崩れずに行けてしまうし、そこから関節を伸ばすことも出来る。

少しずつだけど、腰が強くなってきているようだ。




それと、今回は

まともにリム打ちして、リアタイヤがパンクした。

(空気圧はフロント0.8k、リア0.6k)


これは、たぶん走り方が変わったせい。


スタンディングで加速する時に、

今までは、なし崩し的に体が遅れていた。


これでもリア加重にはなるが

体重が後方に逃げてしまい、グリップ力にはならない。


それが、腰が強くなったことにより

体が遅れず、グリップ力に変換できるようになった。

(ステップに体重を乗せられるようになったということ)



そのため、タイヤが潰れる量が多くなり

結果的にリム打ちをしたのだと思う。

(実際に、パンクする直前はスタンディングでフル加速していた)



トラブルの原因は、走り方によって変わる。

ということである。
関連記事



  1. 無料アクセス解析