努力

昨日も、たまたまMさん@YZ125と一緒だった。

昼間は別々だったけど、日が落ちる寸前に二台でテクニカルMコースへ。


これは、コースを案内しておきたかったっていうこともあるんだけど

技術=テクニックがどのくらい向上しているかっていうのを

確認するのが、本当の意図。


結果は・・・

ダメ、ダメ

中級の下から、初級の上に降格!

(笑



まあ、それは冗談としても

走破性が低いのは間違いない。


昨日は、初めてのコース&暗くて路面が見え難かったっていう状況だったけど

走破性が高い人は、それでもコケたりはしない。

(力で乗り切っちゃう人もいるけど、Mさんはそこまでの体力はない)



その理由は、やっぱり「テクニック=体の動かし方が足らない」っていうこと。


先の状況が読めていて、それに合わせて走ることが出来るなら速いけど

そうじゃないと、途端にペースが落ちる。

(その最悪パターンが転倒)


どんな状況であっても、転倒だけは避けられるテクニックがないと

初めてのことだらけのレースでは、結果を残せない。




と、

いつもの調子で厳しいことを書いてきたけど・・・


客観的に見れば、頑張ってると思う。


Mさんがオフロードを始めたころには、他にも何十人と一緒に走ってたけど

今でも走り続けてて、尚且つ初級から抜け出せたと思える人はいない。



それは、やっぱり努力してるからなんだろうなと思う。


走らなくなってしまった人達や

走っていても向上できない人達っていうのは

昔の自分と同じ。


上手く速くなりたいとは思っていても

それには何をしなければいけないのか?

っていうことに気付かなかったり

気付いていても努力を怠ったり。


それは、自分が経験してきたことだから

よくわかる。



そんな風に考えると

最初から努力を続けられているMさんは、すごいんだと思う。


四年以上走ってても、初級のままっていう人が大半だし

なにより、自分がそうだったから(^_^;)




と、

たまには褒めておこう

(笑
関連記事



  1. 無料アクセス解析