11/01/10相模川ライテクメモ<玉砂利&サンド基礎練>

このところ、ずーっと気になっていたことがあった。


それは、あるライテクDVDのワンシーン。

そこだけ、この一週間ほど毎日見ていた。

それも、スローとストップモーションを繰り返して(^_^;)


その答えがやっと見えた。


で、

それを実際に試すため、相模川へ。



まずは、基礎練習場でウオーミングアップ

しようと思ったら・・・


げ!

リアブレーキがスカスカ(T_T)


ま、

別にリアブレーキを使わなければいいことだし

フロントブレーキのみで走る練習になる!

と、前向きに考える。

(ただの整備不良だけど(^_^;))



いつものように、体をほぐして

気になっていたことをやってみる。


う~ん

いい感じ。



これもいつもながら

なんでこんな簡単なことに気付かなかったんだろう・・・

とか、

前に、これやってたよな・・・

とか思う。




とりあえず、それは置いといて

なんとなくクロカンへ。


ふと、ここで足が止まる。

004.jpg

見渡す限り、玉砂利が敷き詰められた河原(^_^;)


ここは、けっこう得意なところなんだけど

もっと自在に走り回れるようになれば、

テクニックも向上するんだろうな~、なんて考える。



ということで、

ここで基礎練習開始。

シッティング

スタンディング

8の字

オーバル

クランク

スラローム

円旋回

etc・・・

考えられる、全てのことをやってみる。


細かいギャップが延々と続くようなもんだから

常に体重移動を繰り返していないと、上手く走れない。

少しでも体の動きが止まると、ハンドルが取られて転びそうになる。


それと、常に体を動かしてるから

筋力アップにもなり、一石二鳥

(笑




ここで、もう一つ考えが浮かぶ。


そういえば、さっきMさん@YZ125を見掛けた。

(また、たまたま(^_^;))

ここで、どれぐらい走れるか?

それを試してみよう!

(笑



で、

連れて来た。


Mさんは、足腰がしっかりしてるから

スタンディングが得意。

それならば、けっこうスムーズに走ってる。


でも、あえて不得意なことを練習しないと向上しない。

ということで、シッティングオンリー

プラス・・・

005_20110110221323.jpg

ふかふかサンドと玉砂利の混合路面に挑戦してもらう。



そしたら、3分に一回ぐらいの割合で転ぶ(^_^;)


サンドの円旋回が、どうしても上手くできなくて

黄昏てるとこ(笑

006_20110110220652.jpg


まあ、

身長が低くて、足が付けないってハンデはあるけど

同じぐらいの背丈の上級者はいっぱいいるし

その人達が転ぶことは無いだろう。


ということは、

テクニック=体の使い方が上手ければ

転ばずに走れるということ。



これを克服できた時には

中級の中に、手が届く所にいると思う。

(それだけ難しいってこと)


練習あるのみ!

である。




長くなったんで、続く。
関連記事



  1. 無料アクセス解析