外足加重の本質

バイクに乗っている人なら、誰もが聞いた事があるであろう

「コーナリングでは外足加重」


だが、それについて明確に解説されているものを

未だ読んだことも聞いたこともない。

言葉だけが一人歩きして、半ば迷信化しているようなものである。


その謎が解けた。


ヒントは、ランディーホーキンスのビデオ。

3巻あるうちの1巻め

マディーライディングの項である。

それを、いつもの様にスローで部分ごとに何回も見ていた。


まず気付いたのは、

通常路面のターンよりもバンク角が浅く

ハンドルも切っていないこと。

これは、ブレーキターンとアクセルターンを組み合わせた

スライドターンでコーナリングしていることによる。


次に気付いたのは、体の動き。

進入だけ僅かなリーンアウトで、後はリーンイン。

リーンウイズの部分は、アウトからインに移行する瞬間だけである。


最後に気付いたのは、お尻の動き。

最初から最後まで、ほぼシートに接していない。

シートに座ったとしても、それは荷重が掛かっていない状態である。



上記をまとめると

滑りやすい路面では、

車体を寝かさず、ハンドルも切らない。

スライドターンにより、タイヤが滑っている状態ではあるが

車体が立っていて、ハンドルが真っ直ぐであれば

転ぶ方向に力は働かない。


フォームはリーンイン。

ウイズやアウトでは、立った車体とバランスが取れず

スライド時の横Gに耐えられない。


シートではなく、外側のステップに加重する。

外足加重にすると、車体を起こす力が働くが

それを利用して、スライドで寝ていこうとする車体を立て

リーンインによって内側に崩れるフォームを支える。



以上の事からわかるのは、

コーナリング中に外足加重にするのは

車体を立てるためと、フォームを維持するためであること。

また、これはコーナー立ち上がり時に車体を起こす動作や

バンクやわだちで、リーンインのフォームをとる時と同じである。




<まとめ>



「コーナリングでは外足加重」というのは、

滑りやすい路面で車体を立てたい時

コーナー立ち上がり時に車体を起こす時

リーンインのフォームをとる時

というのが、本来の使い方である。

コーナー全てにおいて、外足加重という意味ではない。



言葉という先入観に惑わされるな。

本質を追求しろ。


それが理解できた時に

初めて技が使えるのである。
関連記事



  1. 無料アクセス解析