続、ベストテクコーナリングの本質

なんだか・・・

大切なことを忘れていて

それを思い出したような気がする。



裏DRShttp://mixi.jp/view_community.pl?id=5446812に、

「ベストテクコーナリングの本質」についてのコメントをもらった。


Aさん(仮名)は、40代後半の方だが

やはり、ベストテクを参考にしながらも

理解できず、身につけることができなかったとのこと。


それは、まだベストテクが雑誌に連載されていた頃の話らしいが・・・

その後も、

自己流でなんとなく走っているだけで、技量が向上することもなく

加齢によって体力が低下し、それに伴って技量も落ちていくだけだろう

と、思われていたらしい。



それが変わる切っ掛けとなったのが

DRSアドバイステキストhttp://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-1021.htmlと、

先輩ライダーからのアドバイス。


その先輩ライダーからは、

トライアル的な8の字を描くことをメインとした練習方法をアドバイスされ

それによって、

DRSアドバイステキストが実感として感じられるようになった。


結果として、

それまでより緊張せずに(無駄な力を使わずに)

リラックスしてスムーズに走ることができるようになりました。

とのこと。


Aさんからは、

先輩ライダーと共に、私への感謝の言葉もいただいている。



その時の詳しい経緯は、後述するが

コメントの最後に、こう書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベストテクコーナーリングが色々なコーナリング方法の中でのベストなものではないかもしれませんが、

私のように初級者であったり、走るステージが公道(林道)の場合は、ベターなものだと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここで思い出したのは、

世のオフロードバイクライダーの大半が

Aさんと同じ状況であるということ。


コースを走っていたり、

レースに出ている人なんて、ほんの一握り。

多くは、

林道や河原を走る、初級者の人達である。


その人達が求めているのは

上手く安全に走ること=転倒を避けること

人より速く走ること=転倒というリスクを省みないこと、ではない。



Aさんは、こうも書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の「ベストテクコーナリングの本質」を読んで、

今の自分が身につけようとしているものがベストテクコーナリング的なものなのだろうと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここで気付く。

ベストテクコーナリングとは

「走破性と安定性を重視した、エンデューロ向けのコーナリング方法」

であると同時に

「上手く安全に走る、一般的なオフロード向けのコーナリング方法」

でもある、

ということに。



そのヒントが、前述の「詳しい経緯」の中にある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先輩ライダーから基本のオフロードライディングを教えていただく機会がありました。

トライアル的な8の字を描くことをメインとした練習でした。

その時、わかったのはトライアル的ターンを極低速だけでなく普通の速度で行えばいいという事でした。

それまでは、極低速のトライアル的ターンは普通の速度でしないものだという思い込みがあったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここで、自分の感覚が少しずれていたことに気付いた。

一般的な感覚だと、トライアルの速度は「極低速」であり

「低速」とは、普通の速度だということである。

それは、今後直していくとして・・・


ポイントは、

「それまでは、極低速のトライアル的ターンは普通の速度でしないものだという思い込みがあったのです。」

これは、自分にも当て嵌まることであるが

思い込み=先入観である。


そして、

「トライアル的ターンを極低速だけでなく普通の速度で行えばいいという事」

それに付け加えるならば、

「トライアルのスタンディングターンを、シッティングターンに応用する」


それは、まさしくベストテクコーナリングである。




<あとがき>


自分では気付かなかったけど・・・

DRSアドバイステキストで書いていたことは

人より速く走るためではなく、

上手く安全に走るための、アドバイスだったのだと思う。


その気持ちを思い出させてくれた、Aさんに感謝します。

ありがとうございましたm(_ _)m




そして・・・

上手く安全に走ることが出来ないのに

人より速く走ることができるわけないんじゃないの?

と思う。


あ。

誰に言ってるわけでもなく

自分への戒めですから

(^_^;)
関連記事



  1. 無料アクセス解析