FC2ブログ

ファンティック2スト125&250in凸凹ランド(まとめ編)

今回、ファンティック2Tに乗ってみて強く感じたこと。



まず、本場のエンデュランサーは一味違う。

エンジン特性も、サスセッティングも、車体重心も

全てが、エンデューロを走るために高次元でバランスしている。


まあ、元からエンデューロ用に作られてるから

当たり前といっちゃあたりまえだけど(^_^;)



その中でも、ファンティックは特に日本人向き。

モトクロスなら、ほとんど足を着くことはないが

エンデューロでは頻繁に足を着く。


この時、他車より5~6cm低いシート高が武器になる。

他車では、その武器を手に入れるために

お金を掛けて、前後サスのローダウンチューンをするぐらいだが

それが元々備わっているわけだし、

専用設計だから、バランスにも優れる。



また、250にはセルスターターが標準装備というのも特筆もの。

2ストは4ストよりもキックが軽いが

それでも250となると重め。

更に、足場の悪い所でのリカバリー性には

雲泥の差がある。



以上を総合すると、

125は、

ミニモトから、フルサイズにステップアップする女性

自走で、林道・河原・モトクロスコースに行く男性

にお勧め。


その理由は、

女性なら、足付き性・扱いやすさ

男性なら、コスト・希少性・スポーツ性・乗りやすさ


女性は、男性よりも小柄な人が多いが

それは、同時に非力ということでもある。

その人達に最も必要なのは、足付き性と扱いやすさ。

低いシート高

125ならではの軽さ

マイルドなエンジン特性

その3つを併せ持つ、ファンティック2T125がベストである。


自走で、林道・河原・モトクロスコースに行く場合には

当然ながら、ナンバーが要る。

この時、出来れば任意保険も欲しい。

250では、バイク一台分の高額な保険料が掛かるが

125だと、車のおまけで年間5000円ほど。

自賠責保険も安いから、250よりもランニングコストが安くなる。

また、2ストのエンジンは構造が簡単。

ある程度の整備経験があれば、自分でオーバーホールできる。

これが、4スト250だったら

業者に頼んで、10万円オーバー。

もしも壊れてしまったら・・・なんて時の出費も少ない。



それから、今や2ストは希少。

新車で買える、公道走行可能な国産車は皆無。

モタードモデルもあるから、そのホイールだけ部品で買って

オンオフ両用なんてことも出来る。

スポーツ性においても、

2スト125の方が、4スト250よりも上。

排気量は半分だが、パワーは同等。

軽く、エンジン特性もマイルドだから

バイクに振り回されることもない。

レジャー感覚で乗るなら、ファンティック2T125がベストである



続いて250。

これは、

ズバリ、自分にお勧め。

もう、これしか考えられない(笑


その理由は今まで書いてきたが、

特に、

高い整備性

リカバリーの楽な、セルスターター

軽く、バランスが良く、足付きの良い車体

自分のレベルでも扱える、エンデューロ向きのエンジン特性



こうして、実際に2スト250エンデュランサーに乗ってみると

本場ヨーロッパのメーカーに、2ストが多い訳がわかる。


4スト250エンデュランサーは、確かに高性能。

だが・・・

それは、整備性・軽さ・足付き性・扱いやすさを犠牲にしたもの。

完全なる上級者用のバイクなのである。


そこに、2スト250エンデュランサーの存在価値がある。

高いコストパフォーマンス

長い歴史により、熟成された乗りやすさ

チャンバーや圧縮比の変更等による、セッティングの容易さ

そして・・・

2ストの欠点だった、セルの装備。


2スト250エンデュランサーは、確実に進化して

中級者用のバイクとして蘇ったのである。


006_20110302122849.jpg



欲しーーーーい!

誰か、お金貸して!

(笑




<追記>

そういえば、

今週末(3/5~6)のJNCC開幕戦サザンハリケーン大阪で試乗会があるそうです。

その後も、

JEC開幕戦 SUGO 2DAYS ENDURO(3/19~20)で車両展示。

3月中には、相模川で試乗会を開催するという話もありますので

東北・関東在住の人は、楽しみに待ってて下さい^^


車両に関するお問い合わせは、

輸入元のスクーデリアラナまでどうぞ。
関連記事



  1. 無料アクセス解析