FC2ブログ

エトス:ETHOS : 究極エアゲージ(100kPa)

究極エアゲージ(100kPa)
yag100.jpg


トライアルを知り尽くしたエトスデザインが作った、トライアルの為の究極エアゲージです!

送料込み2999円!


○目指したのは「究極の使いやすさ」

○プロのメカニックが望む全ての機能を投入した本格プロフェッショナル仕様。

○ホイールのエアバルブに押し当てやすい90度タイプのチャックを採用。

 四輪用などに多い45度タイプとは比較にならない使いやすさです。

○チャックは360度自由に回転。

○空気圧の微調整に便利な「プッシュボタン式減圧バルブ」を操作しやすいゲージ横に装備。

○一度計測すれば、エアバルブからチャックを放しても

 ゲージの針は計測値を指したまま止まる「計測値ホールド機能」搭載。

○ゲージは「ダイアフラム式」で計測精度/耐久性抜群。

○計測可能範囲 0.05~1.0kgf/cm2



トライアル用ではなく、モトクロス/エンデューロ/ゲロアタック用として使用しています。

モトクロス/エンデューロでもタイヤの性能を発揮させるためには、

フロント0.65kgf/cm2、リア0.6kgf/cm2程度まで落とすことが必要と言われています。


以前はオンロードバイク用の4.0kgf/cm2測れるものを使っていましたが、

1.0kgf/cm2以下の目盛りが大雑把なため正確に調整できませんでした。


また、測定精度においても差があります。

このゲージで正確に0.6kgf/cm2で測定した後、

以前使っていたゲージで測り直すと1.0kgf/cm2近くあって驚きました。


長い間0.4kgf/cm2も高い空気圧で走っていたのかと思うと恥ずかしくなりますし、

正確なセッティングができずに損をしていたのかとも思います。


値段は高くないものですが、落下の衝撃からガードしてくれる吸収ラバーや、

空気圧の調整に便利なプッシュボタン式減圧バルブが付いていたりと作りが良く、

買って損のない物だと思います。


某エンデューロAAライダーの方にもお使いいただいています。

マディーレースでは0.3kgf/cm2まで空気圧を落とすそうですが、

そこまで落とすとなると普通のエアゲージでは計れません。


エンデューロライダーは意外と空気圧に無頓着ですが、

「レベルを上げるには、まず正確な空気圧管理から!」

ということでしょうか(^_^;)


トライアルタイヤを履かせたセロー225でも使用しています。

0.4kgf/cm2で走るので、必需品です。


<Q:1kg以上のエアが入ったタイヤを計測すると壊れてしまいますか?>

計測範囲に余裕があるので、多少なら1kg以上に針がふれても問題ないようです。

ちなみに、当方は1kg以上のエアを入れてバイクを保管していますが、

最初は口金と当たる部分を斜めにして1kg程度まで抜き

(口金との接触部分からエア漏れを起こさせる感じです)

その後で、しっかりと口金に押し付けて本調整をしています。


<Q:デジタルエアゲージでも代用できるんじゃないですか?>

確かにデジタルエアゲージでも細かく測れますが、高精度なものは非常に高価です。

とても2999円で販売できるものではありません。

となると、数千円で売られているデジタルエアゲージの精度は・・・

ですね(^_^;)

それが、究極エアゲージがアナログたる由縁です。



ご注文は、こちらのショッピングカートからどうぞ^^
http://ghostgarage.cart.fc2.com/
関連記事



  1. 無料アクセス解析