11/07/09相模川ライテクメモ<モトクロスとエンデューロ>

当日は、30度越えの暑い日で

今日は、熱中症気味で頭がボーっとしてた。


まだ暑くなって間もないので

少しずつ体を慣らしていかないと危ないかも(^_^;)



ま、それはいいとして。

今回は、ウチでヘルメットをペイントしてもらった

Mさん@CRF250Rと一緒に走った。


ちなみに、メットはこれ

003_20110710201037.jpg

004_20110710201117.jpg

006_20110710201158.jpg

シンプルなデザインながらも、

ゴールドラメのラインが効いてて、カッコいいんじゃないかと。

(Mさん、ご注文ありがとうございました^^)



さて、このMさん。

40代前半で、自分と同い年。


モトクロス系の人で

エンデューロは得意ではないらしい。


が、

色々と話を聞いていると、レベルは高め。


ライセンス持ちではないが、

クロスパーク勝沼のビッグテーブルトップジャンプを飛び切るというから、

現役でもNAクラスで、元IBと言ってもいいぐらいのレベルではないだろうか。



でも、

やっぱり、エンデューロは得意ではないということなので

まったり走れる、ウチのセロー225をレンタル。

下流コースツーリングと、猿ヶ島クロカンを走ってもらった。


実際に一緒に走ってみると、

やはり、走りは安定している。


中級者以上に共通しているのは、

体のしっかり感=フォームが崩れないこと。

それを感じる。



が、

これもやはりだが

エンデューロは勝手が違うらしい。


Mコースのテクニカル区間に入ったら

木の根にブレーキペダルをヒットして

ステップの上に乗るぐらいまで曲げてしまった(^_^;)



そこは、右に回りこみながら段差を上るような場所だが

轍が深いので、バイクを立てたままターンしなければならない。


こういった所を走り慣れていれば

初めての場所であっても、無意識の内に体が動くものだが

普段、バイクを寝かして曲がっていると

そうもいかないらしい。



最後の最後に、

フラットな場所で、ちょっと周回。


こういった所は、やっぱり得意みたいで

開けっぷりがいいし、フォームも崩れない。


オフロードを走るという基礎は

モトクロスもエンデューロも共通なので、

少し慣れれば、自分なんかよりも速く走れるようになってしまうと思う(^_^;)




近い内に、一緒にクロスパーク勝沼へ行くので

それが楽しみである^^
関連記事



  1. 無料アクセス解析