リターンマッチ

たまに、「レースに出ないんですか?」と聞かれることがある。



その時々でバラバラだが、

「お金が無い」

とか

「時間が無い」

とか

「興味が無い」

とか

「必要じゃない」

とか、答えている。


だけど、

どの答えも、正解であり不正解。


レースに出られないほど、お金や時間が無いわけじゃないし

レベルを上げるには、レースに出ることも必要だと思っているから。




では、なぜ出ないのか?


その理由は、この言葉に集約される。

「レースに出られるようなレベルじゃないから」


これだけだと誤解されがちだが、

この言葉には、もっと深い意味がある。




それは・・・

「雪辱戦」

だから。


20代の頃に、いくつかのモトクロスレースやエンデューロレースに出たが

万年初級者のレベルでは、草レースでも表彰台なんて夢のまた夢。

下位で入賞するのが精一杯で、レース中の大怪我を機にオフロードから遠ざかった。



そんな過去があるから、

次に出る時には、自分で納得のいく結果を出したい。


楽しむこと

参加すること

経験すること

それらに意義を見出す。

そんな時期は、とうの昔に過ぎた。


だから、

今は独り、相模川で己を高めている。


結果を残すための、孤独なレースだ。




次にレースに出るのが、いつになるのかはわからない。

それは、その時の自分が教えてくれることだから。



でも、

これだけはやりたいと思う事がある。


それは、

昔に所属していたチーム名で出ること。



そのチーム名で結果を残さなければ・・・


怪我でリタイアした

走り切ることが出来なかった


あのレースが終わらないから、である。
関連記事



  1. 無料アクセス解析