動画解説&解析 その10<まとめ>

昨日は、相模川で練習してきた。


大雨に降られて、橋の下で練習か・・・

と思ったが

しばらくしたら雨が上がり、他の場所も走れるようになった。


今回の練習場所は、いつもの猿ヶ島とは違い

川に沿って往復1キロほどある砂利道と

橋の下に石の少ない広場があるので

基礎練習には最高の場所である。



そこでどんな練習をしたかと言うと

徹底的な、「腰乗り=尾てい骨乗り」の反復練習。


具体的には、

骨盤を寝かし、背骨を曲げ(背中を丸めて)

1~2速のアイドリングで

ノーフットやワンハンドを織り交ぜ

砂利道を往復したり、広場でクルクル回ったり。

それも、全てをスラロームで走り

腰周りの筋肉に負荷を掛ける。


上記を、

小休止を挟みながら3時間続けた。




ここまで来るのに長かった・・・


オフロードを走り始めた頃は、

街中を走っていた時のクセで、腰を曲げていた。


これは、骨盤を寝かし、背骨を曲げるという

腰乗りとは根本的に違う。


最も大切なのは、

「腰に力が入っているか否か」


力が入っていなければ、

上半身の重さと各種Gや荷重が、腰に掛かり

腰痛を引き起こす。



自分の初期の状態がこれ。

走る度に腰痛が酷くなり、

オフロードを止めようかとさえ思っていた。


それが変わったのは、

骨盤を立てるようになってから。


今度は、逆に

オフロードを走る度に、腰痛が改善した。



だが・・・

レベルアップするためには、それだけでは足りなかった。


骨盤を寝かすことや、背骨を曲げることによって

自らの体重を移動させることが、必要だった。



それには、腰周りの筋力アップが課題であり

そのトレーニング方法が、

地道な「基礎の反復練習」なのである。





中級の上へのステップを、また一つ上がった。


そして

その道の延長線上には・・・

Everts_Explode_1024_20110607021002_20110804141721.jpg

この走りがある!
関連記事



  1. 無料アクセス解析