11/08/21相模川ライテクメモ

今日は、久々の一人猿ヶ島。


このところは、必ず誰かしらと走ってたから

なんだか新鮮(^_^;)


だけど・・・

人の目がないから、気を引き締めないとダラダラになりがち。



そこで必要になってくるのが、集中力。

周りは気にせず、自分の世界に入る。


一回に走る時間を長くして、休憩はなるべく少なく。

今日は、1時間弱の走行を4ラウンドで小休止を3回だった。



練習内容は、

低速での基礎練習をメインにして、それに飽きたら少し飛ばす。

その繰り返し。


ただ、その基礎練習も

同じ事ばかり繰り返していては良くない。



最初は、基礎練習場でウォーミングアップ。

方法は問わず、とにかく体を動かす。


体が動き始めたら、あちこち徘徊。

練習課題を探す。



そこで目に付いたのが、

雨でマディーになった、堤防道路沿いの広場。

普段は人が大勢いるが、今日は水溜りが多くて誰もいない。


そこを、アイドリングでウロウロ。

課題は、「行きたくない所へいく+足を着かない」



なんとなく行ってしまう所というのは、自分にとって走りやすい場所だから

そこばかり走っていては、苦手を克服できない。


また、滑りやすい路面で足を着かないようにすれば

バランスの良い所に乗る練習になるし、足腰の筋力もつく。


これを、集中して1時間続けた。




その後、

休憩中に、なんとなく思う。


足腰の筋力は、オールスタンディングやノーフットで鍛えられる。

では、腕・肩・背中といった上半身はどうなのだろう?


これまでの練習で、確実に上半身の筋肉は増えているが

それは多分、耐久走で養ったもの。


もっと、効率良く筋力アップできる方法がないか模索してみる。



初めに試してみたのは、グーン

いわゆる、下手乗り。


初心者にありがちな、

グリップをぎゅっと握り、力の入ったフォームである(^_^;)


これで走れば、上半身の筋肉を使うかと思ったが

どうしても、腰に力が入ってしまう。



次に試したのが、キャンバーターン。

(下りでやるから、正確にはオフキャンバーターンだが)


最初は緩いRでやっていたが、負荷を感じられないので

どんどんエスカレート。


終いには、ここでやった。

1534.jpg


ほぼ、ホイールベース分でのターンだが

これはキツかった。

(初めてラジエターが吹いた)


が、

上半身への負荷は、あまり感じられなかった(^_^;)



最後に、

林間斜面での、連続キャンバーターン。


これも、広場でのマディー練習と同様に

行きたくない所へいくのがポイント。


数メートル間隔で並ぶ木の間を、グルグル回るが

フロントブレーキのみで走ったら、上半身に負荷が掛かった。



今日はここまでだったが、

上半身の筋力アップには、フロントブレーキオンリーが効くようだ。


また、単純に考えて

上半身はハンドル切れ角の保持に筋力を使うから

ハンドルが振られる大きめの玉石や、

フロントに抵抗の掛かる、サンドでの練習が良いかもしれない。


この辺りは、今後の課題である。
関連記事



  1. 無料アクセス解析