限界

う~ん・・・

何もやる気が起きん。



その訳が、タイトルの「限界」



発端は、Mさん@YZ250Fと走った富士ヶ嶺オフロード。

同じスピードで

同じようにスライド

でも、

こちらは転ぶ。



次に、

Lさん@CR125と、Mさん@YZ125の3台で走ったミニ林間コース。

1周のタイムを測ったら

Mさん 12.9秒
Lさん 12.7秒
自分  12.1秒

経験5年のMさんよりも、始めて7ヶ月のLさんの方が速い。


それに、

レベル差を考えれば、自分はLさんと1秒以上の差があって当然。



最後に、

アントワン・メオ選手の動画。


決して、力で抑え込む走りではないが

あのバンク角を維持できるのには、それなりの理由がある。




上記に共通するのは、

「体」=筋力


MさんとLさんは元から「体」に優れるし

もちろん、メオ選手も同じ。


それがあるから、MさんとLさんは上達が早いし

メオ選手の走りが可能になるのである。




これまでは、

週に一度走るだけで、普段の体力トレーニングは全くしていなかった。


その理由は、

バイクに乗って、筋力を上げる方法を模索していたから。



その結果、確実に筋力は上がったが

それも限界を迎えた。


「技」=テクニックのレベルが上がるスピードに

筋力が追いつかなくなったのである。




今までは、技で体をカバーしてきたが

ここからまた、新たな章に入る。



変わり続けること


それが、

上達することであるからだ。
関連記事



  1. 無料アクセス解析