ベストテクの解明

つま先の件から、考えることがベストテクにシフトしている。


自分が上達するために必要なこと。

それとは、また別の方向で。


その方向とは、上手く走ること。

「速く」ではない、あくまで「上手く」だ。



色々な人を見てきて思う。

速く走るということに、技術の占める割合は少ない。


それは、

「アクセルを出来るだけ多く長く開けられた者の勝ち」

だからである。



今まで見てきた例でも

筋力に優れる人は、間違いなく上達が早い。


これは、技術ではなく

「筋力でバイクを押さえ込んでしまっているから」

ということに他ならない。


体重移動が出来なくても

体の使い方でGに耐えられなくても

バランスでバイクに乗れなくても

転びさえしなければOKということである。



それはそれでいいと思う。

本人が納得さえしていれば。


だが、自分はそこで留まらない。

目標は、もっと高い所にあるから。




その道標がベストテクなのかもしれない。

ということに改めて気付いた。


以前にも書いたが、

ベストテクはモトクロステクニックではなく

エンデューロテクニックである。


コーナリング一つ取っても、

「ハンドルを切らずにバイクを寝かして曲がる」

もしくは

「リアタイヤをスライドさせて曲がる」

のではなく、

「ハンドルを切ってバイクを寝かさずに曲がる」

「リアタイヤをグリップさせて曲がる」


単純に考えて、

「バイクを寝かさない=滑りにくい=転びにくい」

「タイヤをスライドさせない=転びにくい」

である。


それはすなわち、安定志向のテクニックであり

「転ばずに走破する=無事」を、第一の目的とする

一般的なオフロードテクニックであることを意味する。



オフロードと言うと

モトクロスやエンデューロといった競技が目立つが、

コースを走ったりレースに出ている人は、ほんの一握りで

大半は、林道ツーリングやファンライドの初級者ライダー。

その人達のためのテクニックなのである。




そのために追い求める物。

それが、

「力ではなく、技術」

「速さではなく、上手さ」

であり、

「ベストテクの解明」

なのである。
関連記事



  1. 無料アクセス解析