エンデューロコーナリング(=ベストテクコーナリング)林道編

今日は、こんな林道っぽいフラットダートで練習してみた。

(傾斜は緩いがRはキツめ。林道を模してるからキープレフト(笑)



上から

005_20111218231505.jpg


下から

006_20111218231558.jpg


置き撮りだけど、動画を撮ってみた。






まあ、

速く走ろうと思えば、スタンディングで進入になるんだけど

そこをあえてシッティングで。


いつもは通過するだけだから、何も覚えてないけど

こうやって往復を繰り返してみると

走り方が昔と違うことを感じる。


その「何が違うのか?」ってところが

テクニックのポイントなんだろうなと思う。



今は何も感じなくなったけど、

昔は、こういう下りコーナーではフロントが滑りそうな恐怖感があった。


進入の時に土煙が上がってるから、

ある程度は強くブレーキングしてるはずなんだけど

フォームやポジションは殆ど変わらない。


これは、

セルフステアを殺さずに、フロントタイヤへ加重できるようになったからだと思う。


それと、バイクを寝かしながらブレーキングしてる。

昔だったら、

コーナー手前で減速してコーナリングって具合で

もっとスピード差があったはず。


それが今は、コーナーの奥までブレーキを引き摺っていて

滑らかにスピードが落ちていく。


これは、

微妙な前後ブレーキの操作が出来るようになったのと

スライドをコントロールすることができるようになったからだろう。



上りでは、バイクの向きが変わるのが早い。

感覚的には、もう少しバイクが寝ていても良さそうなもんだけど

バイクが見えて直ぐに向きが変わり、車体が起きて加速状態になる。


これは、クリッピングでハンドルを切るっていう

エンデューロコーナリング(=ベストテクコーナリング)の特徴だと思う。

(上りのコーナリングでは、殆どリアはスライドしていない)



それと、これはコーナリング中も同じだが

加速状態の時に、あえてステップから全体重を抜いている。

(もちろん、ニーグリップの類もしていない)


自分の場合は、

体がしっかりしていないから、横に体が振れてしまうが

この状況であれば、それでも問題は無いということはわかってもらえると思う。




最後に、

同じことを「腰の力を抜き、腕に力を入れて」やってみる。

(典型的な初心者フォーム)


まったく上手く走れない(^_^;)

どころか・・・

折り返しの砂利が深い場所でのUターンで転んだ(笑



やはり、これが本質。

上で書いているようなことは、上辺のテクニックに過ぎない。


「腰で乗る」ということが出来るようになったからこそ

それが可能になったのである。




そして、ある言葉を思い出す。


それは、内足上げの練習をしてもらった人の感想。

「バイクに乗ってる感じがしない」


そう、

その感覚が、=上級者の感覚

なのである。



「腰で乗る」

それは、シッティングに置いての本質であり

エンデューロや林道といった状況の違いにおいても変わらない。


それを確信した。



関連記事



  1. 無料アクセス解析