動画解析3

さて、本題です。


ここまでは、コーナーに進入するまでの話でしたが

コーナーを曲がれずに、そのスピードを落としてしまっては

何にもなりません。


では、どうやってスピードを落とさずに曲がるのか?


それがよくわかるのが、この画像です。

014b.jpg


このコーナーは、轍が深いので

それをバンクとして使えます。


この時のコーナリング方法は、モトクロスコーナリング。

=ハンドルを切らずにバイクを寝かして曲がる

=フォームはリーンウィズorリーンイン

です。


それを踏まえて、画像を見直すと・・・

Bさんは、バンク角が浅く

リーンアウトでハンドルを切っています。


自分の場合は、バンク角が深く

リーンウィズでハンドルを切っていません。



これは、進入スピードの速さとバランスを取るには

必然のことなんです。


具体的には「スピードによる遠心力に対抗するため」となりますが

その結果「ブレーキングを最小限に出来て、コーナリングスピードを上げられる」

ということでもあるのです。



また、これは進入スピードを上げられなかった場合でも同じです。

その場合は、アクセルを開けてコーナリングすることになりますが

アクセルを開ければ、バイクが起きようとするので

その力に対抗するために、同様の操作が必要となります。


つづく
関連記事



  1. 無料アクセス解析