12/02/01(水)トレーニング日記(腰周りのトレーニング&腰痛)

今日は、ウエイトを45分ほど。


また、腰周りのトレーニングを増やした。

(腹筋・背筋)

あまり負荷は掛けずに、回数を多くして

様子を見ながら(^_^;)


それでも、効果は感じる。

特に、車に乗っている時。

普通の車なら、ソファーに座っている時のように

シートバックに上半身の体重を預ける事ができるけど

ウチの車は軽トラ。


シートバックが思い切り立っていて、調整なんて効かない。

なもんで、いつも腰に上半身の体重が載っている状態。

だから、腰の調子の良し悪しが直ぐわかる。



一口に腰痛と言っても、原因によって対処法は違う。

仕事で腰を酷使するような場合であれば

その仕事をやめるしか方法はないと思うが、

大半は運動不足から来る物だろう。


自分の場合が、その代表例。

生まれつき腰の筋力が弱く、運動も好きではなかったから

腰は弱る一方。

(床に座るという、日本式の生活も良くなかったのだと思う)


そのせいで、大人になるにつれて姿勢が悪くなり

更に腰へ負担が掛かる。

(体が成長することによって、腰の筋力とのバランスが崩れていく)


そのまま、トラックの運転手なんかやってたから

もう最悪。

慢性的な腰痛持ちだった。

(いくら整体に通っても、根本的な解決にはならなかった)



腰に力を入れることが出来なかったから

バイクに乗っても、腰が丸まった状態。


そりゃあ、腰に負担が掛かって当たり前。

骨盤を立てるということを覚えるまでは

バイクに乗るのが辛くて仕方がなかった。



だけど、それも途中経過に過ぎなかった。

ある程度のレベルになると、

骨盤を寝かすことによる体重移動が必要になってくる。


そうなると、腰の筋力アップは必須。

だが・・・

40年以上も負担を掛けてきてしまった腰は

直ぐに強くなる訳もない。



それには、相応のプロセスと時間が掛かる。

まずは、

バイクに乗っている時に、出来るだけ腰を動かすことから始め

今は、ウエイトとスイミングの日常トレーニングで

腰周りの筋肉を増やしている最中。



それが、どのくらいの時間が要るのかはわからないが

続けなければ、結果は出ない。


とにかく、やるだけだ。



関連記事



  1. 無料アクセス解析