12/02/16(木)トレーニング日記(背中がゾクゾク(笑)

今日は、スイムを40分ほど。


やっぱり、「自分のアドバイスしたことが形になる」っていうのは

嬉しいもんだなと思う。


このところは、あまり進展がなかったから書いていなかったけど

件の年配女性Oさんとは、ちょこちょこと一緒になっていた。

(やっと名前を聞いた(笑)


まあ、今までお互いの名前も知らなかったぐらいだから

それなりに遠慮しあっていたようなところがあって

「泳ぎを見て、少しだけアドバイス」っていうような感じだったけど

もう、それだけでは追いつかない段階まで来た。


なので、

今日は、プールの縁に掴まって、話ながら平泳ぎの足を練習した。



平泳ぎは、足の裏で水を蹴って進むが

この時の足の動きは、単純に前から後ろではない。


「木の葉のような形を描きながら」

が、ベスト。


Oさんは、まだそれが出来なかったので

その原因を探る。



実は、

この足の動かし方の話は、前からしていたのだが

なかなか形にできなかった。


これは、「足が下がる=背筋を伸ばせない」のと同じで

もっと根本的な原因があるから。



動きを見ていると、

まず、足を充分に引き付けられていない。


この段階で、もうアウト(^_^;)

足を充分に引き付けられないのでは、

「木の葉の半分の形」しか作れないからである。



そこで、アドバイス。

「もっと動きを遅く」

「足を充分に引き付けてから、ゆっくりと伸ばす」


これでだいぶ良くなった。

が、

まだ、木の葉のような形は描けない。



それは何でだろう?と、自分でもやってみる。

その形を見ていたら、もう一つ足りない物に気付いた。



それは、足首の引き付け。


足で木の葉の形を描くには、

足首の関節を動かさなくてはならない。


これは、手で木の葉の形を作ってみれば良くわかる。

スタートでは、手首が外向きに折れていて

終わりに向かって伸びていく。


この動きは、それが足になっても変わらないのである。



それをアドバイスして、もう一度やってもらうと・・・

綺麗な木の葉の形を描いて、足が動いた。


この瞬間は、

正直なところ、背中がゾクゾクした(笑




まあ、これもバイクの練習と同じで

形が出来たからといって、実践もできるとは限らないが

形が出来なければ、実践もできないってのも事実。


「形には、必然性がある」

ってことだ。




追記


バイクの話も書きたかったんだけど、

長くなっちゃったんで、また明日(^_^;)




関連記事



  1. 無料アクセス解析